りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS スワローズ×タイガース1回戦in神宮球場

<<   作成日時 : 2006/04/01 00:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006. 3. 31 東京ヤクルトスワローズvs阪神タイガース 1回戦
明治神宮野球場 18:02開始〜21:13終了 天候:晴れ
主審 友寄、塁審(1)渡真利 (2)本田 (3)佐々木
観衆 29,669人 3塁側内野A指定1階44列39番で観戦

Tigers  | 0  0  0   0  0  2   0  1  0  |  3
Swallows | 0  3  0   0  0  1   0  0  X  |  4

(Tigers)●井川(6)相木(1)能見(1)−矢野
(Swallows)○石川(6)H木田(2)S五十嵐(1)−古田

 いよいよ今年も開幕ということで、さっそく神宮へ行って来ました。今年はオープン戦にも行っていないので、初観戦です。
WBCトロフィー
 この時期のナイターなので、寒いの覚悟なのですが、何時頃行こうか思案していたところ、WBCの優勝トロフィーが今日から神宮でお披露目ということだったので、ちょっと早めに4時頃神宮着を目指し出発。今日の観戦は3塁側の内野スタンドなので、普段は正面まで回らないのですが、わざわざ1塁側から回り、トロフィーをちょっと見て球場入りしました。

 で、やっぱり寒いんですわ、これが。スタンドのほとんど最上段に近いところということもあったのでしょうが、とにかく風が強い!でも、とりあえずビール・・・。仕方ありません、楽しみの一つですから。

 タイガースの練習を見つつ、まったりと試合開始を待っていたわけですが、開幕というのに、寒さが一番にきてしまい、どこか緊張感がありませんでした。わくわくはしていたのですが、どうもオープン戦のような感覚。
メンバー表交換
 それでも、メンバー表交換の辺りからは、いよいよ本番だという雰囲気がようやくしてきました。一応、この写真は、スワローズ古田新監督の初メンバー表交換のシーンということで記念に。

 開幕セレモニーは、開幕戦らしく君が代の斉唱や少年野球の選手「だけ」の始球式、監督そしてWBC参加選手への花束贈呈などでした。途中で怪我で抜けた石井弘投手へも花束があったのは良かったですね。

 さて、いよいよ試合・・・なのですが、やっぱり今日は寒かったです。ときおり風がやむと、ホッとするのですが、ほとんど強風が吹き荒れていました。試合の方も荒れ荒れ(あれあれ?)でしたねぇ。スコア的には、そうでもないのですが。
 今日の試合に関しては、本当にリズムが大事だなぁと感じました。結局、試合の流れ、リズムがそのまま試合展開に繋がってるなぁと思いながら、応援をしていました。

 まずは井川。とにかく立ち上がりの1回は最高でした・・・が、こういうときって、得てして後が恐いんですよね。去年もこんな感じじゃなかったかな?思うに、調子がいいときって、ひとつリズムが崩れるとなかなか修正が効かないのかなぁ。井川の崩れるきっかけは、ラミレスのホームランでした。あのホームラン、ラミレスには失礼かもしれませんが、本当に出会い頭という感じがしました。もちろん、パワーがあるから、あそこまで飛んだんでしょうが、振ったら当たったという感じに見えたな。で、いい感じで投げていたところに、あのホームランで一気にリズムが崩れてボロボロになってしまいました。
 まぁ、1年目、2年目の投手じゃないんで、そういうところで踏ん張って欲しいとは思うのですが、今日はダメでしたね。何とか、8人攻撃のあの回を3点で抑えたのは、さすがなのですが、ラミレスの一発以外の失点は四球でランナー溜めて長打+パスボールですからねぇ。取られ方が悪かったし、3点以上の重みがチームにかかってしまいました。
 井川は3回にも先頭のリグスに二塁打を打たれてヘロヘロだったのですが、ここを何とか0点に抑えて、ちょっとリズムを取り戻したって感じでした。4回、5回はランナーこそ出すものの、ちょっとは安心して見ていられたのですが。

 最終的なスコアが僅差になりましたが、雰囲気的にはスワローズに圧されまくった(というか、勝手にこけてしまったのだが)試合展開でした。でも、結局、この点差で納まったのは、スワローズ側にもリズムに乗り切れない要因、逆に言えば、タイガースが持ちこたえることができた要因があります。それは、全ての打席をタイガースにとってピンチで迎えた古田を完全に討ち取ることができたこと。おそらく、古田に1本でも出ていれば、もちろん点差も広がりますが、明日以降にも影響の残る負け方になっていたかもしれません。とにかく、この一線だけは死守したって感じで、とりあえず試合にはなりました。だからこそ、明日以降の試合には期待ができそうです。

 打撃陣では桧山、鳥谷、矢野に初ヒットが出なかったのは残念ですが、とにかく他の選手にはどんな当たりにせよヒットが出ました。特に藤本!他の選手が四苦八苦している中で3安打、1四球、素晴らしかった!
 流れ、リズムの話に戻すと、5回の攻撃で下位打線、2死で井川という場面だったのですが、ここでアウトになれば、次は赤星からで、ようやく流れがタイガースかなぁというところだったんですよ。でも、ここで井川がボテボテながらピッチャーへの内野安打で出塁。塁にランナーが出るのが藤本以外では初という段階だったので、うれしいには嬉しかったのですが、ちょっと複雑な気分でした。でも、今日の赤星は石川の前に全くタイミングがあっていなかった。この場面でも中途半端な空振りで三振。これが、今日の試合に関しては返って良かった。
 次の回、3打席目、どうかなぁと思った藤本が、しっかりと内野安打で猛打賞。これがこの回の今岡の2ランに繋がりました。
 この回に藤本の後、シーツがヒットで出て二塁で憤死という場面がありました。あのアウトがなければ今岡の一打で同点だったのに・・・・と思ってしまいがちですが、これは仕方ありませんよね。ちょっとした隙をついての先の塁ですから、残念だったなというだけで、これからも、この積極性を忘れないで欲しいです。

 投手陣では井川の後、相木、能見が登板。相木は初めて生で見たのですが、なかなかいいボールを投げていましたね。死球を2つも当ててしまいましたが、宮本への死球はかすっただけですからね。ラロッカへの死球の後にも内角を攻めていた証明ですし、ボールのキレもよく、これからも働いてくれそうです。
 能見は、ちょっと厳しい判定もあり無死満塁というピンチを背負ってしまいましたが、鳥谷の好守備もあり、しっかりと無失点で切り抜けました。場面的には左対左で岩村をきっちり抑える役目が果たせませんでしたが、この大ピンチを切り抜けたことは今年のこれからの財産になるような気がします。

 そういう諸々を含めて、負けてしまったことは残念だし、正直しっかりやれば勝てた試合だなぁという思いもあるのですが、開幕戦らしい見所のある試合でした。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
遂にセ・リーグが開幕!
やっと野球のシーズンがきました。バイトが多いのでテレビであまり観れないの残念です。観たかった試合をピックアップ!セ・リーグは中日 0-2 広島が1番観たかった!川上と黒田の投げ合い、そして岩瀬のまさかの失点と、緊迫した試合だったことが結果からわかります。やっ.. ...続きを見る
浪人生の心
2006/04/01 02:31
????z?????????
&&&?&&?&&?&?&&&&?a&&&&?&&&&&&??&&&&&&&&&&?&&&&&&&&&&&&ε&&&?&?&&&&?&??&?&&?|&?&&&Τ?&&礦&&&?&&&?&&&?&?&&&?&&?&&&&&&&d&&??d&&&&?&&&&&&&&&?&? ...続きを見る
??%?????????????????
2006/04/03 17:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スワローズ×タイガース1回戦in神宮球場 りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる