りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS タイガース×スワローズ5回戦in甲子園

<<   作成日時 : 2006/04/29 22:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006. 4. 29 阪神タイガースvs東京ヤクルトスワローズ 5回戦
甲子園球場 14:00開始〜17:25終了 天候:小雨のち曇のち晴れ
主審 名幸、塁審(1)橘高 (2)杉永 (3)吉本
観衆 48,517人 3塁アルプス指定席48段22番で観戦

Swallows| 0  0  0   0  0  0   3  0  0  |  3
Tigers  | 0  0  3   0  0  0   2  1  X  |  6

(Swallows)川島(6)●五十嵐(0/3)H高津(1/3)高井(2/3)松井(1)−米野
(Tigers)安藤(6)○金澤(1)H藤川(1)S久保田(1)−矢野

 5月連休が始まったというわけで、今日、明日と今季初の甲子園詣でです。甲子園まで行って対スワローズというのも、芸がないのですが、これは日程だから仕方ありませんね。
 連休初日ということで、朝、新幹線で一端神戸へ帰り、荷物を置いて、いざ甲子園へ!
WBCユニフォーム
 甲子園に行って、まずやりたかったのは資料館へ行って、WBC関連の藤川と久保田のユニフォームを見ることでした。試合開始前1時間を切った時間ということもあって、資料館自体はあまり混雑はなく、すんなり写真を撮ることができました。ただ、ガラス張りなので接写しなくてはならず、全身をうまく撮ることができませんでした。ともあれ、これで神宮での優勝トロフィー、東京ドームでの金メダルその他諸々、そして甲子園でのユニフォームと3点セットが揃いましたよ。

 今年初めての甲子園で、いつもと違う雰囲気を感じたのは、入場のときの荷物チェック。各入場門前にテントがあり、そこで他の球場同様の荷物チェックをやっていました。缶、ビンの持ち込みが禁止になったことは知っていたので、どういう形でやっているのかなと思っていたのですが、あまり混乱もないようでスムーズに進んでいたのは、何よりでした。

 さて、試合です。タイガースの先発は安藤だったのですが、どうしても週末の試合の観戦が多いので、安藤、江草の先発の試合が多いです。江草は勝ってくれるのですが、安藤の試合は・・・ということは忘れて、今日の試合に集中です。
 立ち上がりの安藤は、いきなり青木を四球で出したところから始まりました。真中がピッチャーゴロ併殺で助かったのですが、岩村に詰まった当たりながらレフト前ヒット。なかなかすんなりいきません。
 2回も一死からリグスにヒット、3回は先頭の川島にヒットと、何とか無失点で切り抜けますが、毎回ヒットを打たれる内容です。3回に川島なのですが、右投げ左打ちで、打席の姿を見ると、いかにも打ちそうな構えなんですよね。

 タイガースは、その川島を3回に攻略しました。一死から赤星がセンター前ヒット。ここで盗塁期待なのですが、今年の赤星はあんまり走ってくれませんね。ただし、そのプレッシャーは相当なものがあるのでしょう。やはり攻撃の起点は赤星です。
 続く、藤本はライト前に抜けるかという打球を放ちますが、これはラロッカが何とか止めました。が、内野安打で、その間に赤星は一気に3塁へ。やっぱり速い!
 さて、クリーンアップです。とにかく1点は確実に欲しいところだったのですが、どうもシーツが変化球にタイミングがあっていないような空振りが続きました。とにかく併殺だけは恐い場面だったのですが、ここで何と完璧なホームラン!3点先制です。

 先制点をもらった安藤ですが、今日はあまり良くありませんでしたね。
 4回も簡単に二死を取ったと思ったら、リグスに二塁打を打たれてしまいます。5回にも先頭の米野にヒットと、5回までの毎回ヒットが続きます。さらに6回も先頭の岩村に四球を出してしまいました。ここはラミレスをサードゴロ併殺に抑えるのですが、ラロッカにはまたもヒット。またまた毎回安打の記録が継続されてしまいました。それでも、とにかく1イニング1本に抑えているのが良いのか、いつもながらの粘りのピッチングなのか、何とか無失点で切り抜けていきました。

 タイガースもなかなか追加点が取れない中で、守りの方は終盤7回から金澤を投入して逃げ切りを図ります。
 ところが、金澤は不運な当たりが続いたという不運もあったのですが、誤算のピッチングでした。宮本ヒットのあとの米野の打球は鳥谷のファインプレーで二塁封殺となったのですが、続く代打ユウイチのショートゴロを今度は鳥谷がエラー・・・。この回も併殺で終わりと思った瞬間だっただけに、少し流れが悪くなってきてしまいました。
 そして、青木の打球が・・・・まさかの同点3ラン。ヒットで得点されるというシーンは想定していましたが、ホームランだけはありえないと思っていただけに、ガックリです。さらに、続く真中の打球を金澤がはじく形で内野安打。この辺りは、本当に嫌な流れでした。ただ、ここで岩村が何故かバントをしてキャッチャーフライになったのは助かりました。ラミレスはきっちり抑えて、とにかく同点止まりで終盤勝負になりました。

 7回裏の攻撃は、金澤の代打、林。スワローズは五十嵐に代わりました。五十嵐は、いいときはいいのですが、今日は悪い五十嵐でしたね。とにかく制球が定まらずに林、赤星に連続四球でチャンス拡大。ここで五十嵐から高津に交代。
 藤本はきっちり初球にバントを決めて、クリーンアップに託します。まずはシーツが粘って四球を選んで満塁。高津もあまり良くありませんでした。ここで金本を迎えて高井に交代です。
 さて、こういう場面、どうしても悪いことを予想してしまいます。一死満塁、併殺になってしまえば無得点ですし、終盤の流れも悪くなってしまいます。昨日は同じような展開で逆転負けしただけに、とにかく金本、何とかしてくれ!という気持ちで応援をしていました。嫌な予感はしたのですが、それは決して口には出さないようにして・・・。
 が、願いも空しく、金本の打球はピッチャーゴロ。最悪の展開・・・と思ったら、何と高井のバックホームがありえないほどの暴投!二者生還でおいしい勝ち越し点でした。一瞬、ファーストに投げようとしたように見えましたが、それで焦ったんでしょうか。とにかく、最悪の結果になるところを逆に助けてもらい、一気に流れがタイガースに!
勝利のスコアボード

 8回表は藤川。安定してます。二死から宮本にヒットを打たれますが、危なげなく米野を三振にとります。
 9回表は先頭の鳥谷に貴重なホームランが出ました。これで勝利を確信・・・。
 そして最後は久保田が締めてくれました。土橋、青木を連続三振の後、真中に四球を出して毎回ランナーを出す結果になってしまいましたが、岩村も三振にとって、毎回被安打はストップ。久保田の調子は完全に戻ってきましたね。

 スワローズの攻守に渡るミスにも助けられましたが、見事な勝利で、初の甲子園詣でで、きっちりと六甲おろしを歌うことができました。さぁ、明日も勝つぞ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
猛虎劇場『其の二十二』・・・阪神、同点にされるも勝利もぎ取る・・・
今日は昨日のリベンジで、見事我らが阪神タイガースが勝利した。 序盤でまずは阪神が得点し、同点にされるも、最後は阪神○6−3●ヤクルト の得点差で勝った。 今の阪神には連敗は許されない。そんな中で勝利した。           ↓↓先制ホームランを打ったシーツ選手↓↓ ...続きを見る
ごんぞ〜の『楽歩快走』な日々
2006/04/29 23:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
タイガース×スワローズ5回戦in甲子園 りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる