りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS [二軍]タイガース×ホークス19回戦in阪神鳴尾浜球場

<<   作成日時 : 2008/09/14 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2008. 9.14 阪神タイガースvs福岡ソフトバンクホークス 19回戦
阪神鳴尾浜球場 12:30開始〜15:38終了 天候:晴れ
主審 坂井、塁審(1)水落 (3)土山
1塁スタンドで観戦

Hawks | 1  0  0   0  0  1   0  0  0  |  2
Tigers | 0  0  0   1  2  1   0  0  ×  |  4
(Hawks)●大場(5)久米(1)小椋(2)−的山、的場
(Tigers)〇上園(6)玉置(1)橋本健(1)S能見(1)−小宮山、岡崎

 今日は、甲子園に行く前に、久々に鳴尾浜へファームの試合を観に行くことにしました。ほぼ5年ぶりです。
 おそらくマイナーなアクセス方法だと思うのですが、通い慣れた方法なので、今日も、阪神武庫川団地前駅から徒歩で行きました。久しぶりなので、かなリ変わっているだろうなと予想はしていたのですが、駅前に大きなスーパーができていてビックリ。まぁ、ロケーションとしては、団地があるわけだし、これくらいの規模の店舗があってもおかしくはないんですけどね。

 さて、球場に着いて、これも予想はしていたのですが、試合開始30分前にも関わらず、スタンドはすでに満杯…。立見を覚悟したのですが、席を詰めてもらい、なんとか座ることができました。

画像
 今日の試合、両チームの先発は、上園と大場。まさか、大場を見れるとは思ってなかったので、思わぬ収獲でした。この2人の投げ合いなら、鳴尾浜で見るのは、ちょっと寂しいですが、数年後に一軍の交流戦なり日本シリーズなりで見ることができれば、今日の試合が見れたことが大きな自慢になることでしょう。2人には、そういう意味でも頑張って欲しい…
 序盤の上園は、快調なのかなと思れせる立上りでしたが、3番の中西にホームランを打たれると、いつものグダグダなピッチングに…。それでも失点しないのは、上園らしいと言えば上園らしい内容。ピッチングスタイルは、そう簡単には変わらないということでしょうかね。
 一方の大場は、さすが黄金ルーキーと思わせる立上りでしたが、中盤から、やや怪しくなってきて、ランナーが出ると、ボールが高めに浮いてヘロヘロ状態。4回には、1安打2四球の満塁から、フォードに押し出しの四球で同点。その後、野原、小宮山を抑えたところは、さすがでしたが、5回には庄田にタイムリー2点打が出て、タイガースが勝ち越しです。
 大場が一軍に定着していない理由も何となくわかったし、野原、小宮山レべルと、桜井、庄田レベルの差も歴然と出たシーンだったと思います。

画像
 試合は、6回に上園が1点取られたものの、その裏にバルディリスのタイムリーが出て、2点差のまま終盤へ…
 タイガースの継投は、玉置を狭んで、橋本健と能見というお馴染みの面々。二軍だと格が違うという感じでしたが、能見あたりは、一軍なら見送られるようなボール球を振らせていたという印象で、正直どうなんだろう…。一軍のこれからの正念場やCS、日本シリーズと、戦力として、ぜひとも出てきて欲しいんですけどねぇ。
 とりあえず、二軍の勝利を見届けて甲子園へ移動しました…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
[二軍]タイガース×ホークス19回戦in阪神鳴尾浜球場 りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる