りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS 【2012観戦記-18】vs.スワローズ8回戦@神宮【5勝8敗3分】

<<   作成日時 : 2012/07/01 22:37   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 8 / コメント 0

・・・・・・・・・・・雨中の乱打戦、安藤踏ん張れず・・・・・・・・・・・・
2012. 7. 1 東京ヤクルトスワローズvs阪神タイガース8回戦
明治神宮野球場 14:01開始〜17:34終了 天候:曇りのち雨
主審 石山、塁審(1)深谷 (2)嶋田 (3)吉本
観衆 21,029人 S指定席 3塁側10入口17段79番で観戦

123456789TOTAL
Tigers
Swallows×

(対戦成績4勝3敗1分、通算29勝33敗7分:4位 9.0差)
[バッテリー]
(Swallows)村中(4 0/3)山本哲(1)○フェルナンデス(1)(1勝)H押本(1)日高(1)バーネット(1)-相川
(Tigers)●安藤(5 1/3)(3勝5敗)加藤(2/3)久保田(2/3)鶴(1 1/3)-藤井、小宮山
[本塁打]
(Swallows)田中2号(3)

画像
天気予報も気になる今日の試合でしたが、とりあえず午前中は曇り空ということで、問題なく家を出発。今朝の最新の予報では夕方から夜にかけて降り始めということだったので、何とか試合に影響のないことを祈りつつの出発でした。とりあえず、観戦用雨具はしっかりカバンに入れて・・・。

「ナゴドは鬼門」なんていう戯言は全く信じていないんですが、その割にはゲン担ぎはしてしまうんですよねぇ。というわけで、神宮へ行くときは勝ち負けで千駄ヶ谷から歩いていくか、信濃町から歩いていくかを決めているのですが、昨日は千駄ヶ谷から行って勝てたので、もちろんそちらで下車。
・・・・・ところが、いきなり予期しなかった事態が!千駄ヶ谷で降りて、目の前の東京体育館の敷地を突っ切っていくわけですが、今日はなんと工事中で封鎖されてましたよ。仕方ないので、いつも帰り道に使っている迂回路を通らざるを得ませんでした。
さらに、日本青年館の横の公園も突っ切りたかったのですが、今日はフリマで人がいっぱい。仕方なく、その間を縫って日本青年館まで出て、そこから、いつもの経路で神宮へと到着しました。

球場入ったら、これまたゲン担ぎで昨日と同じ鶏めし弁当を買おうと思っていたのですが・・・なんと売ってない!?仕方がないので、鳥から&メンチカツ弁当を購入。なんとしてでも鳥(ツバメ)を食いたかったというだけ。最後の最後、生ビールは昨日買った愛想のいい売り子のお姉さんから買えましたが、ここまで、ゲン担ぎを邪魔され、ちょっとザワザワした気分で練習を見ていました。

心配していた天気も、パラパラと水滴は落ちてくるくらいの傘もいらないくらいの雨は降っていましたが、もう全く問題ない感じで、普通通り、試合開始を待ってました。あとはどこまで保ってくれるか・・・?

シートノック前のキャッチボールで、いつも金本とやっている新井が、上本とコンビを組んでいたので、今日は金本お休みかなぁと思って先発オーダーを聞いていたら、五番に新井良をもってくるという、かなり斬新(だけどおもしろい!)オーダー。新井兄弟が続いて爆発してくれると、盛り上がるぞぉ〜!

画像
さて、なんとなくあった気持ちの中のザワザワ感なんですが、試合序盤の出来事に決定的になってしまいました。初回の失点は、まぁ仕方ないでしょう。一死3塁からショートゴロで、しっかり鳥谷もランナーを目で追い込んで一塁送球をしたのですが、絶妙のタイミングでスタートされてしまいました。ただ、このミレッジの走塁は、ちょっと後のプレーに影響したんじゃないかなという気がしてます。

ザワザワ感決定打のその1は、2回のブラゼルへの死球です。うまく避けて背中に当たったのかなと思ったんですが、もろ右肘だったみたいですね。うずくまるブラゼルの顔が真っ赤で、こりゃマズイぞという感じ。結果、ここで代走・浅井になってブラゼルは交代。こういう怪我での選手交代って、正直、ベンチのゲームプランも崩れるわけで、なおかつブラゼルが対スワローズ、@神宮でホームランをよく打っているという事実を考えれば、村中、何当ててるんや!と言いたいような一球でした。
で、さらにこのブラゼルの死球をきっかけにした満塁のチャンスをモノにできず、悔しさだけが残る展開。

その裏にザワザワ感決定打その2が起こります。ここも一死3塁という1回と全く同じシチュエーション。ランナーはバレンティンでした。松井淳の当たりを強い打球でしたが、平野の正面の打球。これにバレンティンが何を考えたか、ホームへ走るんですよね。ゴロゴーのタイミングなんかじゃなく、ほぼ平野が捕球したくらいにスタートするという、まず考えられない走塁。きっと初回のミレッジの走塁が頭にあったんじゃないかなと思うんですが、さすがに平野はホームに投げてタッチアウト。ただ、このときバレンティンが藤井に体当たりして、ちょっと藤井の様子もおかしくなってしまいました。
もう勘弁してくれよ・・・という感じで、正直、『スワローズ殺人野球』というフレーズが頭に浮かんでしまいました。このあと、藤井はそのままマスクをかぶりますが、安藤への返球もままならないなぁという様子だったので、松井が走ってくるんじゃないかなと思っていたら、案の定。もう容赦ないな、スワローズ。と思ったんですが、ここは藤井が一枚上。きっちり送球して余裕の二塁タッチアウト。
この送球見てたら、大丈夫だったんかなぁと思ったんですが、打席が回ってきたところで代打で小宮山と交代になってしまいました。普通、ここでの代打って考えられないので、やっぱり、どこか痛めちゃったかなぁ。

この時点で、先発メンバー2人が交代するという非常事態。安藤も何とか抑えつつも、細かい制球がままならず、4回裏には四球2つと相川の二塁打で1点追加されてしまいます。本当に嫌な展開だったんですよね。

この嫌な流れを一掃してくれたのが、5回の攻撃。
安藤からの攻撃だったので、正直、ワンアウトは覚悟していたのですが、その安藤が見事なクリーンヒットで出塁。さらにマートンが右中間へ二塁打を打って、一気に一打同点のチャンスを作ります。ここで、平野が四球を選んで満塁で鳥谷。
一打席目もヒットを打ってますし、昨日から調子が上向きの鳥谷ですから、当然期待なのですが、無死満塁はとにかく最初のバッターが肝心。その鉄則通り、鳥谷が高いバウンドで一塁を越える同点タイムリーを打ってくれたので、一気にタイガースに流れがやってきました。

画像
もうこのあとの攻撃は、今年初めてじゃないかと思うくらいの素晴らしい打線のつながり。
新井がヒットで続いて平野が生還すると、新井良が兄に続いてのヒットで続いて、再度、無死満塁になります。ここで、ブラゼルに代わって入っていた浅井が初球をセンターへ大きな犠牲フライ。
さらに大和がヒットでまた満塁にしたあと、小宮山の併殺崩れの間にさらに1点・・・と打者10人の猛攻で5点を取りました。特に、負傷退場の2人に代わって出ていた浅井、小宮山も得点に絡めたというのところが、序盤からのザワザワ感を払拭してくれました。

これで一気に流れに乗りたかったところだったんですが、どうも今日の安藤はピリッとしませんでしたね。正直、調子は悪かったと思う。ビシッと決めたかった逆転したすぐ裏の5回の投球も、鋭いヒット3本で1点を返されて、さらに宮本には右中間への大きな打球・・・・ここで大和の超々大ファインプレーが出て助かったんですけどね。本当だったら、これで試合が決まったと言ってもおかしくなかったような、それほど大きなプレーでした。

ポイントとしては、素晴らしい攻撃に続いた、この大和のプレーで乗っていけなかったところが、今日の試合を決定付けたような気がします。
大和のプレーでひとまずリードを保った直後の6回表のマートンからの攻撃で、平野が送ったあと、鳥谷ヒット、新井四球で、再び満塁のチャンスを作りました。本当なら、ここで1点でも2点でも取って、流れを決定付けたかったところ。新井良、浅井に何とかして欲しかったなぁ。まぁ、ここで代打ってのは、まずないだろうし、2人の真価を見せたかったところでしたけどね。

で、この攻撃のとき、ベンチ前で安藤がキャッチボールしていたので、正直、「えっ、続投?」って思いました。まだ6回とは言え、5回のピッチングは本当にいっぱいいっぱいという感じ。ファインプレーに助けられましたが、あれが抜ければ当然同点になって、そのあとの展開次第では一気に再逆転されていたかもしれない内容でしたからね。

ただ、逆にやっぱり6回からの継投ということになると、藤川、福原の抜けたブルペン、結構キツイんだろうなという事情もあったかもしれませんね。本来なら、今日の加藤のところでも、渡辺辺りで行きたいんでしょうが、昨日2イニング投げているということもあったんでしょうね。

画像
安藤の6イニング目。やっぱり限界でしたね。さらには、投球練習のときに、やたら足元の泥濘を気にしてました。こういうときって、まずいい結果出ないんですよね。少なくとも先頭の松井淳に四球を与えたところで、遅くとも交代じゃなかったかなぁ。相川は抑えるものの、森岡、ミレッジに打たれて一気に1点差。一死2,3塁という絶対絶命のところで、仕方なく交代。
一昨日の試合もそうだったんですが、こうやってバタバタしだすと、流れを押し留めることができません。せめて、このイニング最初から交代であれば、仮に加藤でも良かったと思えるのは、まぁ結果論ではありますが・・・。
一昨日、昨日と田中は当たってないと思っていたのですが、この前の打席にクリーンヒットを打ってたりしていたので、嫌なことはイヤだったんですけどね。・・・まさかホームラン打たれるとは・・・・。
もうこの辺りになると、結構雨も降っていて、雨具が大発動していたのですが、そういう状況で打たれたこの一発、正直キツイものがありました。

このあとは、激しい雨の中、流れをより戻せずに逆に一方的に攻め込まれる展開に・・・。
ちょうどタイガースの猛攻の終わりくらいから降り出した雨は、少なくともタイガースに味方してはくれなかったようです。

結局、いい流れをつかみながらも、その流れを掴み損ねて逆に相手にミスミス渡してしまったという試合でしたね。途中までは観戦連勝がまた伸びるかなぁと思ったんですが、そうそう甘くはなかった。ブルペンも苦しいですが、ブラゼルと藤井の怪我の様子も気になります。最後、バレンティンへの死球で乱闘もどきがありましたけど、鶴にもバレンティンにも悪気はないのはわかりつつも、怒りたいのはこっちだよ・・・と正直、思ってしまったのも事実です。終わってみれば、踏んだり蹴ったりの敗戦になってしまいました・・・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
阪神、投壊逆転負け!
5回は先発安藤から打者一巡の攻撃で、5点を入れたのになぁ。 ...続きを見る
ぼけ〜〜〜っと人生充電記!
2012/07/01 23:45
阪神5−9ヤクルト  6回裏、田中の3ランで奈落の底へ!投手陣リードを支えきれず!! 
 阪神先発の安藤は、1回裏に、ショートゴロの間に3塁走者返られ得点され、4回裏は、相川にタイムリーを打たれて、2点をリードされて ...続きを見る
成り行きアラカルト日記
2012/07/02 00:10
一時逆転するも…安藤を引っ張りすぎて明らかなる継投采配ミスの再逆転負け
●阪神5−9ヤクルト○/神宮球場 ...続きを見る
勇皇の気炎万笑〜野球と虎道楽〜
2012/07/02 09:02
【阪神】ヤクルトに逆転負け
(神宮) 阪  神000 050 000=5 ヤクルト100 114 20X=9 ...続きを見る
FUKUHIROのブログ・其の弐
2012/07/02 18:59
逆転もつかの間★グダグダのゲームに
雨のせいやない ...続きを見る
ウル虎の★
2012/07/02 21:04
先発・中継ボロボロで逆転負け
[画像] ...続きを見る
虎虎虎
2012/07/02 22:16
先発・中継ボロボロで逆転負け
    ヤクルト9−5阪神阪 神 000050000=5ヤクルト 1001014 ...続きを見る
虎虎虎「ミラー版」
2012/07/02 22:17
継投のタイミングミスで敗戦
2点リードされた5回表、安藤のヒットをきっかけに連打で村中をKO[E:punch] 6安打を集中し5得点で逆転[E:up ...続きを見る
けんぴーの回遊録
2012/07/02 22:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【2012観戦記-18】vs.スワローズ8回戦@神宮【5勝8敗3分】 りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる