りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS 【2012観戦記まとめ4】投手成績ランキング!

<<   作成日時 : 2012/10/14 21:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

観戦記まとめ第4弾は投手成績編!対象試合はインデックスを参照してくださいませ!

2012観戦記インデックス

勝敗
画像
3勝 メッセンジャー(2敗)、能見(3敗)
2勝 久保(1敗)、岩田(2敗)
1勝 (0敗)、秋山(1敗)、福原(3敗)
0勝 スタンリッジ(3敗)、安藤(4敗)

メッセンジャーと能見が3勝を見せてくれてトップ。能見は最初は3連敗という期待外れのシーズン序盤でしたが、その後は安定したピッチングを見せてくれたと思います。リリーフ陣が打たれて勝ちが付かなかった試合もありましたからね。メッセンジャーも安定したピッチングで安心して見ていられた試合ばかりでした。
残念だったのは、スタンリッジと安藤ですね。安藤は期待してたんだけどなぁ。ちょっと残念な登板ばかりでした。スタンリッジは観戦相性が悪かった・・・・。

セーブ数
画像
4S 藤川
1S 榎田

まぁ、あえてランキングつける必要もない部門ですけど、今年は藤川以外の榎田セーブってのが1試合見ることができました。藤川は当然トップなんですけど、今年は2試合ほど1点守れずに引き分けになっちゃった試合があったからなぁ。意外とセーブがつかない展開の試合も多かったですね。

先発防御率
画像
1位 能見(2.34)
2位 岩田(2.87)
3位 メッセンジャー(3.77)
(参考) 久保(0.43)、スタンリッジ(4.29)

とりあえず規定投球回数を37イニング(試合数)としました。今年のメッセンジャーは援護がなくて敗れるという印象も強かったんですが、勝敗と防御率を見ると、自分が見た試合に関しては、意外と援護があった試合が多かったです。もちろん、援護なくて負けた試合もありましたが・・・。

リリーフ防御率
画像
1位 加藤(0.69)
2位 (1.00)
3位 渡辺(1.50)
4位 筒井(1.93)
5位 藤川(2.70)

リリーフ陣は10イニング以上ということで選定しました。藤川以外のメンバーは毎試合見たようなイメージがありますねぇ。本当によく頑張ってくれたという感じ。特に加藤ですよ。最初の頃は、スタンドで見ていても周りのファンが何も知らずに投げる前からダメ出ししてましたが、もうそんなこと言う人もいないでしょう。みんな、かなり投げたので、しっかりと休養して来季も頑張ってほしいですね。

奪三振
画像
1位 能見(55個)
2位 メッセンジャー(35個)
3位 岩田(30個)
4位 加藤(14個)
5位 スタンリッジ(12個)

ここは能見の独壇場ですね。タイトルとって、観戦した登板試合も一番多かったので当然の結果でしょうか。スタンリッジがいかにも少ないのが、成績に直結してしまったかな。先発陣の揃う中で、加藤がランクインしているのは、凄いよね。

投球数
画像
1位 能見(940球)
2位 メッセンジャー(783球)
3位 岩田(692球)
4位 スタンリッジ(356球)
5位 渡辺(319球)

当然、先発陣が並ぶ部門ですが、ローテーションの関係もあるものの、スタンリッジとの相性がやっぱり悪かったなぁと痛感する結果です。そんな中、渡辺がランクイン。久保や安藤より球数投げてくれているわけですよ。本当に頑張ってくれたなぁと感謝するしかない!

対戦打者数
画像
1位 能見(245人)
2位 岩田(189人)
3位 メッセンジャー(187人)
4位 スタンリッジ(90人)
5位 安藤(81人)

当然、試合数、投球数に比例して・・・ということになるんですけど、結果同様、スタンリッジと安藤が内容的にもかぶった一年って感じがしますね。

最後にワーストランキング3連発。
被安打
画像
1位 能見(55本)
2位 岩田(48本)
3位 メッセンジャー(45本)
4位 安藤(29本)
5位 スタンリッジ(22本)

ワーストな方の記録は率を計算した方がわかりやすいかなとも思うんですが、とりあえず、自分の目の前でどれくらいやられたかっていう意味で、単純に数でランキングしてみました。となると、どうしても先発陣が揃うってことになるんですけど、イニングを投げてくれれば被安打数も増えるってわけで、長く投げてくれた表れとも言えます。それにしては、安藤は打たれすぎだったでしょうかね。

与四死球
画像
1位 メッセンジャー(16個)
2位 能見(15個)
3位 榎田渡辺(9個)
5位 岩田スタンリッジ筒井(8個)

リリーフ陣がランクインしてきています。今年のタイガースを見ていて、一番イライラしたのは、際どいところを狙っての四球が多かったなぁという印象があったこと。これは先発、リリーフを問わずでした。みんな、よく投げてくれたんですけど、もうちょっと思いきった攻めってのを見せて欲しいなと思いますね。

被本塁打
画像
1位 能見(6本)
2位 メッセンジャー安藤秋山(3本)
5位 岩田加藤久保スタンリッジ筒井福原渡辺(1本)

まぁ、満遍なく打たれましたな・・・ってことで。今年の能見は、かなりホームランを打たれたという点で、去年までとは違ったピッチングになってしまいましたが、観戦試合の中でも同様でした。打線がなかなか打てない中で、ホームラン打たれるってのは、本当にダメージでかいですからね。秋山、2試合で3本は打たれすぎ・・というか、だから2試合しか先発できなかったのかなぁ。今年はキャンプのときから期待していただけに、残念でした。

これで観戦時のまとめは締めです。球場で観戦した試合以外も、ほとんどテレビで見ていたので、こうしてピックアップした成績だけ見ると、ちょっと印象とは違う選手もいたりして、集計していておもしろかったです。

みなさんの観戦で活躍してくれた選手は誰でしょうか?
あえて、こういう評価をすると、また来年以降、球場に観戦に行ったときに、違った見方もできると思います。相性の良かった選手はより活躍を期待し、相性が悪かった選手はより応援して活躍して欲しい。どういうチーム構成になってくるか、わかりませんけど、来年は大活躍したけどランク外っていう選手がたくさん出てきてくれると嬉しいな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【2012観戦記まとめ4】投手成績ランキング! りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる