りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS 【2013観戦記-1】vs.ファイターズ オープン戦@甲子園

<<   作成日時 : 2013/03/10 09:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

・・・・・・・・・・・今年の観戦は甲子園から!・・・・・・・・・・・・
2013. 3. 9 阪神タイガースvs北海道日本ハムファイターズ
阪神甲子園球場 13:30開始 天候:晴れ
主審 友寄、塁審(1)吉本 (2)土山 (3)坂井
観衆 15,021人 中央特別自由席で観戦

123456789TOTAL
Fighters
Tigers

[バッテリー]
(Tigers)藤浪、加藤、●伊藤和、二神-藤井、清水
(Fighters)ウルフ、○武田久、大塚、乾、S矢貫-鶴岡、大野
[本塁打]
(Fighters)ホフパワー(1)

画像
昨年末から3月いっぱいを期限で大阪に出張が決まってから、待ちに待った週末がやってきました。とにかく、この甲子園でのオープン戦を見に行こうと、ずっと予定をたてていました。
まず、今日の試合ですが、対戦相手がファイターズで、甲子園という舞台ということもあって、藤浪と大谷の対戦があったら、おもしろいなと思いつつ発売日にチケットを購入。残念ながら、大谷は二軍調整ということでしたが、期待通り、藤浪の甲子園初登板と重なってくれました。オープン戦ではありますが、記念すべき日に甲子園にこれたことは、非常にラッキーでした。

今日の試合は全席自由席ということで、せっかくだからグリーンシートで見ようと『中央特別自由席』を購入していたのですが、ちょっと早めの11時に甲子園に行ってみたら、すでに長蛇の列。う〜む、みんな考えることが一緒みたいです。
その列をみたところで、グリーン最前列は当然のごとく諦め、とりあえず室内練習場の壁に掲示されたというファンクラブのダイヤモンドプラス会員のプレートを見に行き、とりあえず自分の名前をチェック。見つけられるかなと思っていましたが、しっかり五十音順だったので簡単に見つけられました。

入場の列に並び始めてから、ちょっとして開門。ちょっと早めの開門だったので、タイガースの練習もちょっとだけ見ることができました。久しぶりだったので、最初はタイガースが練習しているのが普通の光景として目に入ってきたのですが、甲子園で見れるのは本当に久しぶりだなぁと、席を確保してから初めて気がつきました。

画像
さて、今日の試合はとにかく藤浪ですね。甲子園でどういうピッチングを魅せてくれるか・・・。
個人的には、とにかくしっかりと抑えて欲しいと思う一方で、勉強のために打たれてもいいかなと、ちょっと気楽に見ていました。どちらにしても、期待を感じさせてくれるピッチングさえしてくれればと思っていたわけです。
で、結果はもう期待通りでしたね。先日のバファローズとの練習試合では、立ち上がりからランナーを出す中での投球でしたが、今日はきっちり三者凡退でのスタート。一歩一歩、しっかりとステップを踏んで進んでいる感じがしました。
3回には、自らの牽制悪送球もあって1点を失ってしまいましたが、そのあとのピンチも最後は併殺でしのいでの4回5安打1失点。球速も150キロを越えてましたし、やっぱりオーラがあるなぁと感じました。
正直、キャンプのときでも、いきなり開幕からローテーションじゃなくても、しっかりとプロの身体を作って夏頃に出てきてくれればいいんじゃないかな・・・なんて思っていたのですが、どんどん期待値は上がってしまいますね。こういう投げっぷりを見せられてしまうと。

画像
投手陣で言えば、藤浪のあとを加藤、伊藤和、二神が登板。
加藤はキャンプが二軍だったので、今年初めて見たわけですけど、今年もやってくれそうな内容でした。正直、あまり心配してません。逆に心配なのが伊藤和ですね。頑張って欲しいピッチャーではあるんですが、点を取られた結果以前に、藤浪と違って、これっていうものがないんですよね。ちょっと出直しかなぁ。
出直しといえば、サイド二神。初めて見たのですが、キャンプのときとはすっかりフォームが変わって、イメージとは違いましたが、なかなかハマッてるんじゃないでしょうか。とにかく、フォームをここまで変えたということは、もう後がないってことで、気持ちの面でも変わっていってくれることも期待します。

バッティングは今日は打てませんでしたね。まぁ、ウルフ、武田久っていうレベルは、そうそう簡単には打てないとは思いますが・・・・。
ただ、去年みたいに、簡単に抑え込まれるということがなくて良かった。突破口を開いたのが西岡であり、福留であったことも、さすがってところでしょうか。
特に福留は、果敢に二塁を狙っての二塁打。チームの中で、一番足が動いているんじゃないかな?若い選手も、こういうところをもっともっと吸収して欲しいですね。

画像
今日、打点をあげたのが藤井と日高の両キャッチャー。
勝負強さはさすがです。まずは、福留の二塁打から作った二死3塁からセンター前にしっかりと打ち返した藤井。去年辺りだとチャンスを作っても、二死になっちゃうともうダメかなぁという雰囲気があったので、この場面でも、ちょっとあかんかなという気持ちになりかけていたんですが、それを打球音とともにかき消してくれました。今年のタイガースはやっぱり一味違うのか!?

最後の日高のヒットも嬉しかった。日高といえば、個人的には昔、神戸でみたサヨナラヒットの印象が強烈で、9回日高が打席に立つと、ちょっと期待感が半端ないわけですが、今日もその期待に応えるタイムリー。簡単には負けないよという姿を見せてくれました。西岡、福留が目立つ中、日高も頑張って欲しいし、補強に否定的なファンにも認められるくらいの活躍を期待したいものです。

今日は残念ながら1点差で惜敗という結果になってしまいましたが、それなりに見所もありました。やっぱり球場観戦は楽しい!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【2013観戦記-1】vs.ファイターズ オープン戦@甲子園 りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる