りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS 藤浪がマエケンに投げ勝ってズムスタ3連勝!!!

<<   作成日時 : 2013/07/07 19:40   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 0

今日の試合開始が13時半ということで、試合前からテレビの前で待機していましたが、どうやら雨が降ったらしく、グラウンド整備で30分、試合時間が繰り下げられたとのこと。結局、試合前のまったりした感じは映像を通じて楽しめましたけど、何となく時間を損した気分。中継が始まった時間には、かなり晴れていたので、どれくらいの雨が降ったのか、わからなかったのですが、グラウンド、特にファールゾーンに水が浮いている部分も若干見えました。ズムスタ、ちと水はけ悪いんじゃないのとか、思いましたけど・・・・とりあえず、無事、試合が挙行されて良かった。

今日もJ Sports1での中継で、山本浩二さん&池谷さんの解説。広島地方、日テレ系の地上波中継でしょうか。

今日は西岡が一番に復帰して、結果を残していた坂が良太に代わってサードに入るという形。さらに5番に今成、6番新井さんという思い切った打順の入れ替えでのジグザグ打線で、打倒マエケンに挑みました。前回の対戦にしても、それほど抑え込まれたという印象はなく、結果的に作戦ミスから、最後はマエケンペースにしてしまったということもあって、さて、今日はどう攻略していくか。とにかく、それだけと言っても過言ではないくらいの対戦ですよね。

そして、久々の登板になった藤浪。やはり、高卒1年目で疲れも出てきた頃だろうし、それなりにまだまだ発展途上のピッチャーなわけで、プロの壁にぶち当たるのは想定内。ただ、藤浪に関しては、そういうものも、全て自分の力に変えていけるんじゃないかなという雰囲気を持っているのが、やはりモノが違うと感じさせてくれるところ。雨のおかげもあって、結果的に二週間ぶりの登板になって、多少、蓄積してきた疲労も取れてきたでしょうし、そういう意味では楽しみな登板でした。

まずは対マエケン。マエケン自身の調子は良かったと思いますね。前回は、やや調子を落としている中で、やられてしまったという形だっただけに、さて、どう対応していくか。
一巡目は、右打者がイマイチ、左打者はそれなりに対応していたのかなっていう印象でした。2回表、先頭の今成が三塁線を破る二塁打で出塁しましたが、結局、坂のセンターフライで三塁へ進めるところまで。唯一、右打者でいい当たりを飛ばした藤井の打球がファーストライナーになってしまったのが、残念。
二巡目は4回二死から、今成がセーフティバントの内野安打で出塁するも、新井さんが泳がされてのレフトフライ。前半は、やはり得点していくのは苦しいかなぁという展開だったんですが、個人的には、比較的、各打者が粘って球数を投げさせているところに、後半の期待がありました。まぁ、マエケンほどのピッチャーなら、多少球数が増えようが、びくともしないでしょうが、それでもリズムに乗せてスイスイ投げさせるよりは、チャンスがやってくるはずです。

5回も先頭の坂がセンター前にヒット。今成、坂のコンビ、なかなか結果を残してくれますねぇ。で、ここで藤井がバントの構えで、またかぁという作戦をとってきました。もちろん、マエケンが投げているわけで、そうそう簡単に連打は期待できませんが、逆に、だからこそ、もうちょっと相手を揺さぶる作戦もアリじゃないかなと思うんですよね。
結果的に、一つバントを失敗したあと、ヒットエンドランに切り替えたみたいですけど、1つファールにして追い込まれたところで勝負あったかなぁ。センターに打ち上げてしまいランナー進めず。藤浪の送りバントもマエケンの好フィールディングでランナー送れず。最初の藤井へのバント指示が、流れを変えなきゃいいのになぁと、いつもながらに思ってしまいましたね。

一方の藤浪の立ち上がりは、前回の浜スタのような荒れ具合は影を潜めて、春先と同じような体調には戻ってきたかな、という立ち上がりだったと思います。ただ、ランナーを出してからのセットポジションでは、制球ままならないという感じで、2回二死から梵に初ヒットを許したあと、堂林に四球。この辺りは相手に対する隙になりかねず、まだまだ課題でしょうか。ただ、二塁にランナーが進んだことで、ランナーを気にせず、自分のリズムで投げて石原を三振。序盤ということで力のあるボールもいって、抑えることができました。
3回には一死からルイスにヒットを許しましたが、ここは執拗な牽制を見せてくれました。多分、カープとしては走らせたいところだったと思うのですが、菊池の打席ではランナーを動かさない形で三振にとり、さらに丸の打席で走ってきたルイスをきっちり二塁でアウトに。イニングごとに成長の跡を見せてくれますな。

対マエケン、三巡目の6回。そろそろ何とかしてよぉという大和からの打順。
大和が三振に終わったあと、池谷さんが「タイガース打線は一発がない」という話をした直後に、1251試合連続出場歴代3位の記録を達成した鳥谷がライトスタンドへの一発で先制!池谷さん、ナイス!

3回のルイス盗塁死のあと、4回、5回とカープ打線の早打ちもあって、リズムよく抑えてきた藤浪が、鳥谷の先制ホームランが出て、どうなるかなと注目した6回裏でした。マエケン、ルイスと簡単に打ち取ったあと、やや粘られたあとに菊池にサード強襲ヒット。打球方向が変わる間に、菊池に二塁を陥れられて、一気にピンチとなりました。ルイスまでは、カープ打線も淡白になってきたなと感じていましたが、そうそう簡単には行きませんね。
同点のピンチで丸。藤浪の課題とされる左打者ですが、ここまでは三振、ファーストゴロと抑えていますが、やはり勝負どころとなれば、お互いにその真価が問われる場面だったと思います。ただ、ここは一塁が空いているということで、ボール球を振らせるピッチング。フルカウントから歩かせて塁を埋めました。どうしても、ストライクが欲しいところで、ボールが甘く入りそうなところですけど、きっちりとコースに投げ込んでいました。ここは納得の四球というところでしょう。

中西コーチがマウンドへ行って一拍置いたあとの対エルドレッド。この三連戦、あまりタイミングもあっていないなぁと感じていた打者ですが、それでも、注意しなければいけないバッター。ちょっとドキドキしながら見てましたが、最後はきっちりとコースに投げ込んで、エルドレッドに打ち損じさせてのファーストファールフライ。中盤のピンチ、乗り越えました。

この直後、タイガースの攻撃が始まった新井さんの打席途中で、雨が強くなって中断。試合中も、テレビ画面にしっかりと映り込むくらいの雨が降ったり止んだりの天候で、あまりコンディション的にはよろしくなかったですが、この雨自体はレーダー的にはかなりまとまった雲によるものとのこと。テレビを見ていても、一気に梅雨時の試合開始前みたいな雰囲気で、一気にグラウンドにも水が溜まってきていました。

今日は夕方から用事があって、13時半開始だから、最後まで大丈夫だろうなと思っていたところが、30分繰り下げ。それでも藤浪とマエケンだから、そんなに長い試合にはならんだろうと思っていたら、この雨。やんでも、グラウンド整備に結構かかるだろうなというくらい、まとまった雨で、ちょっと気が気ではありませんでした。もうここでコールドにしてくれれば・・・・というのは、正直なところでしたけどね。

ほぼ中断25分くらい経過してから、やや小雨になった中でグラウンド整備が始まりました。まぁ、コールドで勝つより、しっかりと9回やって勝った方がもちろんいいわけで、これ以上、雨が降らないことを祈るしかなかったのですが、テレビを見ながら、ちょっと時間だけは気になってきました。
そして、この中断が試合にどういう影響を及ぼしていくのか・・・・・。

17時も過ぎたところで、日差しも出てきて、約1時間の中断を経て試合再開。
さすがに、この長い中断で、カープは小野にピッチャーを代えてきました。雨が降らなければ、絶対になかった展開でしょう。これも勝負のアヤになってきそうな流れですが、これもまたドーム球場では決して考えられない野球の面白さです。

そんな7回の攻撃は、あっさりと三者凡退。なんとなく、雨で気勢をそがれた感じもなくはありませんでしたが、とにかく、1点差なので、気合を入れて守っていかなくては・・・・。
というわけで、タイガースもピッチャー交代。7回は筒井を投入。筒井は藤浪のリズムを引き継いで、カープ打線を三者凡退。あちらの打線も、やや気勢は削がれてたのかな。いずれにせよ、このイニングはお互いにウォーミングアップみたいな位置づけで、終盤勝負になってきました。

8回裏のタイガースのマウンドは安藤。昨日のリベンジなるかという登板でしたね。まぁ、昨日打たれたからと言って、回避するレベルのピッチャーではないし、安藤自身にとっても、願ったりの登板だったでしょう。で、その安藤は石原、代打・會澤を内野ゴロに打ち取ったところで、加藤にスイッチ。和田監督、慎重だなぁ。今日の安藤なら、あまり間違いはないかなぁと思ったんですけどね。
まぁ、加藤は安心のピッチング。代打・廣瀬もショートフライで、残り1イニング!

9回表、ミコライオから、今成が4安打目となるレフトフェンス直撃の二塁打で出塁後、新井さんが秘打(?)高いバウンドのサードへの内野安打でチャンス拡大。一死1,3塁で坂が、これもうまく合わせたなぁ。レフト前へのタイムリーで貴重な追加点が入ります。昨日、今日と、今成はもちろんですが、坂も貴重な働きですよ。いいですねぇ。
流れは完全にタイガースに来た!というところで、藤井のショートゴロを梵がエラーしてくれて一死満塁で、代打・桧山!

・・・というところで、個人的にタイムアップ。残り1イニングを録画に託し、一旦離脱しました。

帰宅して録画再生。桧山は残念ながら三振だったようですが、西岡が三遊間をきっちりと割って、大きな2点タイムリー。これでほぼ決まったかな。
最終回は福原で、先頭の菊池にヒットを許しましたが、やっぱり9回の得点は大きかったですね。あまり心配することもなく、クリーンアップを抑えて快勝!

マエケンを打ち込んだとは言えませんでしたが、それでもこういう形で、各チームのエースに勝っているのが、今年のタイガース。この3連戦に関しては、今成、坂の活躍は本当に嬉しいですし、何より、今日の藤浪も、前回までの課題をしっかりと踏まえた上での好投。ややカープ打線に助けられた感もありますけど、マエケンに投げ勝ったことは、多少なりとも自信にして欲しいです。

とりあえず、カープに3タテ。メッセンジャー、榎田、藤浪とそれぞれ久しぶりに白星がつきました。
苦しい試合が続きますが、ここで踏ん張るかどうかで、これからは重要。あさってからは沖縄ですね。このところ、地方球場は相性がいいようなので、ここはそのゲンを担いで勢いつけて帰ってきて欲しいと思います。

<今日の試合結果>
カープ 0-4 タイガース (11回戦@ズムスタ)
 (対戦成績7勝4敗、通算41勝30敗2分:2位)
[試合開始] 14:00 [試合終了] 18:16 [観衆] 31,686人
[バッテリー]
(Carp)●前田(6 0/3)(6勝5敗)小野(1 2/3)菊地原(1/3)ミコライオ(2/3)今井(1/3)-石原
(Tigers)藤浪(6)(5勝3敗)H筒井(1)H安藤(2/3)H加藤(1/3)福原(1)-藤井彰
[本塁打]
(Tigers)鳥谷5号(1)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
阪神、完封リレーで広島を3タテ!
7回表降雨コールド、藤浪初完封勝利! となるところが、62分の中断で試合再開。 流れが変わらないよう短冊に書かなきゃ、、、夜になる前に試合は終わってるか‥‥ ...続きを見る
ぼけ〜〜〜っと人生充電記!
2013/07/07 19:58
藤浪がマエケンに投げ勝ち5勝目
 2週間ぶり登板の藤浪くん、結果的にとも言えるが、マエケンに投げ勝ち、1か月以上なかった白星。チームもカープを3タテ。(対広島 11回戦 マツダ 4対0で勝ち) ...続きを見る
なんやかんや、そしてTigers
2013/07/07 23:46
【阪神】広島に完封勝ちし、3タテに成功。
(マツダスタジアム) 阪 神000 001 003=4 広 島000 000 000=0 ...続きを見る
FUKUHIROのブログ・其の参
2013/07/08 08:17
7月7日 馬入練習試合観戦からの湘南ひらつか七夕まつりの件を前振りに、藤浪くんがマエケンに投げ勝った...
昨日は、魚介と明太子の冷製カッペリーニのドリンクバーとサラダのセットのランチからの ←図書館でマエケンの本を借りてから、 クルマで馬入グラウンドの練習試合見学へ。⇒練習試合結果のお知らせ(vs 4−0 関東学院大学戦)【湘南ベルマーレ公式】 とは言っても、… ...続きを見る
ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2
2013/07/08 11:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
藤浪がマエケンに投げ勝ってズムスタ3連勝!!! りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる