りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS 【2014観戦記-1】vs.ファイターズ オープン戦@甲子園

<<   作成日時 : 2014/03/08 20:22   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ギリギリまで、どうしようかと考えていたのですが、思い切って行くことにしました。今日は、今シーズンの初観戦、初遠征、初甲子園!というわけで、朝、新幹線で移動して、甲子園直行。
新幹線は途中、雪の影響での徐行があるとのことだったのですが、ほぼ定刻通りの大阪入りで、何とか無事に甲子園に辿り着くことができました。

画像


今日は前売りチケットを買っていなかったので、久々に当日券を購入。まぁ、オープン戦だし、ノンビリしたものです。しかも、オープン戦はファンクラブで当日券半額とのことなので、普段あまり恩恵を受ける機会が少ない関東ファンとしては、大いに利用させて頂きましょう…という感じで、チケット窓口へ。というわけで、今年も去年に引き続き中央特別指定席という名称のグリーンシートをゲット。
とりあえず、チケットは比較的すぐに買えたのですが、自由席故に入場の列が…開門まで30分以上ありましたが、寒い中、頑張って並びましたよ。

画像


試合は、かねてからの予告通り、藤浪×大谷のプロ入り後初の投手対決。オープン戦だし、2年目だし、それほど特筆すべきものでもないんだけど、一応、ナマ観戦の話題としては、美味しい!
ただ、今日の藤浪はイマイチだったなぁ。立ち上がりはまずまずだと思ったのですが、完全にランナーにモーションは盗まれまくっているは、どんどん球数は増えていくわ。

画像


それでも、藤浪だから、悪いなかでも、いろいろと試しているんじゃないかなと思わせる部分もあって、3回の最後にようやく盗塁を刺してからは、ちょっとファイターズの走塁にも躊躇というか、タイミングが合わないところも、見てとれました。今日は失点を重ねてしまいましたが、開幕に向けての調整段階ということで、きっちり仕上げてきてくれることを期待してます。今日は、この時期に100球を投げ切ったということで、ヨシとしましょう。

一方の大谷に、タイガース打線は、やっぱり沈黙…。大谷が良かったのか、そもそもタイガース打線がどん底なのか?タイガースの早打ちが助けてしまったとは言え、藤浪の半分の球数で抑えられてしまいました。疲れからか制球を乱した5回にようやく1点を返したわけですが、個人的には、この1点の取り方は良かったと思います。

画像


福留が粘って四球を選んだあと、良太が会心のヒットで一死1,3塁の場面。結果、坂の内野ゴロの間の1点でした。点差を考えれば、もちろん納得できる結果ではありませんが、こういうチャンスでランナーを進めることもできずに点が取れなかったのも、去年のタイガースであり、ドラゴンズやスワローズにしぶとく内野ゴロで失点していたのもタイガースなんだよね。そういう意味で、ギリギリのプレーながらも、1点もぎ取った意味はあ、結果以上に大きいと感じました。

逆に課題を感じたのが、その次の6回の攻撃。マートンのタイムリーが出て、さらに代打の関本のピッチャー強襲で、さらに1点。で、このとき、ピッチャーから一塁への送球が逸れて、セッキーが2塁に進むわけですが…3塁に進んでいた、マートンの代走の柴田、ホームに還ってこれませんでしたかね。セッキーがセカンドに行けるタイミングで、行けなかったとは思えないくらいの位置まで柴田は進んでいたんですけど。
さらに言えば、次の大和のピッチャーゴロ。完全にランナーを見ずにファーストに緩い送球をしたので、当然、ホーム狙ってるかと思ったら、完全に自重。この辺り、柴田の走塁センスに絶望的なあものを感じてしまったのですが…

次のイニングには、今成、西田のタイムリーで1点差まで詰め寄っただけに、あの走塁は残念でした。あっ、西田のタイムリーのあと、簡単に凡退したのも柴田かぁ。頑張って欲しいんだけどなぁ。

画像


投手陣は、藤浪のあと、山本−加藤−福原−呉と繋いで、加藤が打たれた一発のみに抑えてくれました。福原は、緩いボールをうまく使って、一味違うスタイルを魅せてくれました。
山本はいきなり二連打で無死1,3塁のピンチを背負いましたけど、スクイズ失敗もあって、無失点に切り抜けました。彼については、結果よりも変化球のキレに驚愕!左打者の外に流れるボールでしたが、ずばずば決めてましたね。バックネット裏の位置から見ると、その変化が凄く良くわかりました。楽しみが、更に増してきたなぁ。
最後は呉昇桓。ランナーを出してピンチを背負うものの、今日はキッチリ後続を切って、無失点甲子園デビューでした。去年の久保は久保で、期待感を持って見ていたのですが、やっぱり狙って三振が取れるピッチャーは抑えでは安心できるなぁ…と改めて感じました。願わくば、本当にリードを護る場面での登板が見たいですね。多分、そうでないと真価が計り知れないと思うんです。焦らずとも、近々見ることができるとは思いますが…。

<今日の試合の観戦記録>
2014. 3. 8 阪神タイガースvs.北海道日本ハムファイターズ オープン戦
阪神甲子園球場 13:00〜16:23 天候:曇り時々晴れ
主審 杉本、塁審(1)梅木 (2)良川 (3)丹波
観衆 12,706人 中央特別自由席(グリーンシート10段111番)で観戦

画像

タイガース 5-6 ファイターズ
[バッテリー]
(Tigers)●藤浪(5)山本(1)加藤(1)福原(1)呉昇桓(1)-清水、藤井彰
(Fighters)○大谷(5)クロッタ(1)矢貫(1)鍵谷(1)S谷元(1)−近藤、尾崎
[本塁打]
(Fighters)北(1)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【2014観戦記-1】vs.ファイターズ オープン戦@甲子園  りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる