りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS 能見完封で完璧リベンジ!!!!

<<   作成日時 : 2014/04/12 17:08   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 6 / コメント 0

今日のジャイアンツ戦はデーゲーム。シーズン終盤の秋口だと、デーゲームのイメージはあるんですが、この時期のジャイアンツ戦@甲子園って、やっぱりナイターのイメージなんですよね。最近は春先の週末は決まって昼間の試合ですが、ジャイアンツ戦だけはナイターの印象しかなくて、何となく違和感。

というわけで、今日は昼間からまったりとテレビ観戦。中継は日テレG+で、解説は赤星さんと水野さんの両チームOB。例によって地上波とのコラボなんでしょうけど、地上波が始まるまでは実況氏のみの中継でした。まぁ、いつものG+仕様。

中継に入る前に、G+のジャイアンツ番組の番宣みたいな番組をやってたんですよ。中継始まるのを待つ前に、まったりと見てたんですけどね。そこでMCの一茂が、原監督にインタビューしたときの話として、「7月くらいに今年のジャイアンツを見せられれば・・・」みたいなことを言っていたという話をしてたわけです。まぁ、聞きようによっては、日本シリーズが本番だよみたいな、他球団ファンからしてみれば嫌味とも取れなくはない発言なんですけど、個人的には他のチームも、特に優勝するチームって、そういうところがあるような気がするんですよね。
いつも言っている2005年の優勝したときのタイガースには、JFKという磐石のリリーフ陣がいましたけど、この形が本当の意味で定着したのが、交流戦の頃でした。その年の個々の選手の状態であるとか、新戦力の状況とか、シーズンに入れば、構想に対して、いろいろな誤差が生じてくるわけで、そこを修正しつつ、最後まで戦う型を交流戦くらいに固められればいいのかな。多分、原監督はそういうイメージをしているんだと思います。逆に言えば、それが決まっていかないと、チームとしても状態がよくない、必然的に下位に低迷ってことなんじゃないかなぁ。
今年のタイガースにしたって、いきなり西岡の大怪我に見舞われたことで、構想を練り直さざるを得なかったわけで、それが上本が入ることで今のところ十分にカバーできているっていうのは、今後を考える上でも大きいですよね。まぁ、これが去年だったと思うと、こうまでうまくハマらなかったと思うし、これが今年のチーム力でもあるわけだし。
ただ、和田監督が、原監督のように先を見据えて戦っているかと言われるかというと、ちょっと疑問で、西岡→上本は、あくまでもアクシデントによるもの。作戦にも見られるように、最初に決めたことに拘りすぎる感があって、そういう点では極めて不安だし不満。シーズンが深まるに従って、そういうところが、どう変化していくかっていうところは、注目しておきたいと思っています。

試合の方は、能見と内海のマッチアップということで、数年前は、それこそ1点取った方が勝ちみたいな展開が多かったな。そういうところで、常に能見が投げ勝っていたという印象があったんだけど、最近はやや内海優勢の感があります。まぁ、タイガース打線が本当に打てなかったということもあって、そういう点では、いまのタイガース打線対内海っていうのは、かなり楽しみでした。

立ち上がりはお互いにまずまず。今日も昨日に引き続きの投手戦かなという感じでした。能見の方がややボール球も多くて、不安は不安でしたけど、こういうときは、それくらいが丁度いいんですよ。
案の定、先制はこちら。良太がバックスクリーン横に一発かましてくれました。うんうん、良太に求められるのは、こんな思い切りのいい一打です。
良太の2打席目は4回裏。二死1塁からマートンを敬遠気味で歩かされた後のバッティングでしたね。思い切り振った打球はどん詰まりのフライになりましたけど、それがレフト線にポトリと落ちるラッキーなタイムリー。良太がマートンに後ろで当たってくると、マートンとの勝負も避けるわけにはいかなくなるし、打線としても機能していきますよねぇ。

打線といえば、6回の攻撃。今日もクリーンアップが炸裂しましたねぇ。もう「マートン、最高!」しか出てこないんだけど、ここも鳥谷がヒットで出て、ゴメスが繋ぐ、そしてマートンが仕上げみたいな流れで、本当にこれ以上ない、そしてこうなってくれるだろうという期待に完璧に応えてくれました。
赤星さんも指摘されていましたけど、ゴメスが繋げば、ほぼマートンが結果を残してますよね。相乗効果が半端ないし、マートンの好調さを最大限活かしているのが、ゴメスであることは、もう間違いないですね。

打線の方は、ジャイアンツ期待の若手バッテリーに対して、遂に鳥谷にも打点がつき、さらにマートンがダメダメ押しのタイムリーと、期待以上に一方的な展開になってきました。攻守に完全に流れに乗ってきたって感じでした。

そして、やっぱり今日は能見ですね。開幕の結果を受けて、相当の覚悟で望んだ登板だったはず。立ち上がりはまずまずではあったんですけど、ポイントになったのは、4回だったと思います。
先頭のアンダーソンに四球、村田にはフルカウントからランアンドヒットを決められて、無死1,3塁という大きなピンチを迎えるわけです。1点リードの場面でしたから、同点は仕方がないかなという場面でしたけどね。で、ここで恐いジャイアンツ打線から、ロペスをファーストフライ、阿部、坂本を連続三振で無失点でしのぐわけです。その裏に良太のラッキータイムリーが出たことと合わせて、ここは能見が自ら流れを呼び込んだんじゃないかなと感じました。

ピンチと言えるピンチはここだけでしたね。このあとは大量援護にも助けられましたし。
ただ、今日の能見の課題は、何としても開幕のリベンジを果たすこと。それには、もう完封しかないですよね。
最終回は対クリーンアップでしたけど、危なげなく三者凡退で、しっかりと東京ドーム開幕戦の完璧リベンジを果たしてくれました。いやぁ、良かった。能見もホッとしたと思うけど、ファンのみんなもホッとしたよね。

昨日に引き続き、ジャイアンツ相手に投打のかみあった好ゲーム。これを本当の勢いに変えていかないといけないね。明日も頑張ろう!!

<今日の試合結果>
タイガース 9-0 ジャイアンツ (5回戦@甲子園)
 (通算8勝6敗 vs.ジャイアンツ3勝2敗)
[試合開始] 14:00 [試合終了] 16:51 [観衆] 46,186人
[バッテリー]
(Tigers)○能見(9)(2勝1敗)-藤井
(Giants)●内海(6)(2敗)今村(1)笠原(1)-阿部、小林
[本塁打]
(Tigers)新井良1号(1)、マートン6号(3)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
能見完封! 2日続けて気持ちイイ〜!
 能見がG打線を完封。打っては新井良太の先制アーチにタイムリー2塁打。そして今日も打ちました神様仏様マートン様の3ラン! (対巨人 5回戦 甲子園 9対0で強もジャイを倒して気持ちイイ) ...続きを見る
なんやかんや、そしてTigers
2014/04/12 19:10
4/12 第4回いせはら芸術花火大会の件を前振りに、阪神9−0巨人(甲子園)はじめ同日のプロ野球&J...
まずは、昨晩管理人の地元で行われた「第4回いせはら芸術花火大会」の件。 伊勢原市公式イメージーキャラクター・クルリンも花火会場に遊びに来ております。ぜひ探してみてください!! pic.twitter.com/0lD5zytLUX&amp;mdash; いせはら芸術花火大会 (@ight2013) April 12… ...続きを見る
ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2
2014/04/13 11:35
【阪神】巨人に完封勝ち!
(甲子園) 巨 人000 000 000=0 阪 神010 103 22X=9 ...続きを見る
FUKUHIROのブログ・其の参
2014/04/13 11:45
エースとキャプテンが復活!
今シーズン初めてライスタで観戦。中盤以降はもうお祭り状態。久しぶりに声がかれたわ。 打線は相変わらずの好調。不調だった鳥谷も猛打賞。そこへ持って来て、能見が素晴らしいピッチングを見せたら、そら勝って当たり前やね。 ...続きを見る
自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガ...
2014/04/13 14:55
エースとキャプテンが復活!
今シーズン初めてライスタで観戦。中盤以降はもうお祭り状態。久しぶりに声がかれたわ。 打線は相変わらずの好調。不調だった鳥谷も猛打賞。そこへ持って来て、能見が素晴らしいピッチングを見せたら、そら勝って当たり前やね。 ...続きを見る
虎談巷説 阪神タイガース的日常
2014/04/13 14:55
内海滅多打ちで轟沈(≧∇≦)。読売は首位から陥落\(=⌒◇⌒=)/
甲子園での阪神vs読売戦。阪神の先発は読売キラーとして名を馳せる能見、読売の先発は2011年、2012年とチーム最多勝の絶対的エースの内海。読売としてはこの「伝統の一戦」、絶対に負けるわけにいきません。 その読売は1回表2アウト1、2塁のチャンスを作りますが、5番ロペスがショートゴロに倒れて先制出来ません。 一方阪神は2回裏2アウトから新井良太が1号ソロを叩き込んで先制します。 読売は4回表にもノーアウト1、3塁と絶好のチャンスを作りますが、5番ロペスはファーストファールフライ、阿部... ...続きを見る
地平を駆ける猫を見た −No Limit...
2014/04/13 20:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
能見完封で完璧リベンジ!!!! りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる