りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS 相手の勝ちパターン崩しての逆転勝利!

<<   作成日時 : 2014/05/21 22:16   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

交流戦、バファローズとの2回戦は、今日もFOX SPORTS LIVEでのテレビ観戦でした。解説は岡さんだったんですが、相手チーム寄りの岡さん解説も、ちょっと新鮮でした。

テレビをつけると、今日は2-0のリードで、2回表二死から榎田が三振したところから。とりあえず、得点シーンをテーブルスコアでチェックしたのですが・・・。
先頭の上本が二塁打の後、例によって大和が送りバント。もう諦めるしかないにしても、何故、こうも当たり前のように送りバントなんでしょうか。特に、いきなりのランナー2塁で、選択肢としては打たせて進塁打というのも大和なら、当然できるはず。送りバントなら、1つのアウトを献上ですが、打っていけば、ひょっとしたら、さらにチャンスが広がるかもしれません。最近の大和は打たせると打ち上げることも多いので、ここはバントで・・・ということだとしても、しっかりと意識させればいいだけのこと。結果的に、得点が入りはしたものの、正直、勢いを感じない得点シーンだったんじゃないでしょうか。あとで流れたVTRを見ると、ちょっとラッキーなところもあったようですし、相手がしっかり守っていれば、得点できずパターンでした。
ましてや、相手のピッチャーはプロ初先発の東明でしょ。和田監督の作戦は、相手のことを全く考えずに、ただひたすらワンパターンに感じるんだよなぁ。

一方でバファローズの2回裏無死1塁からの攻撃で、安達が強打でタイムリー二塁打を打ちましたよね。イニング的にも、バッターのタイプ的にも、まず1点を返していきたい場面で、和田監督なら絶対に送りバントだと思う。でも、結果的に打たせたことで、一気に同点の形ができていくわけです。もちろん、結果論ではあるんだけど、オートマチックで送りバントするよりは、ワクワクするし、期待も持てます。和田監督が指揮を取ってから、本当にそういう気持ちになったことが、ほとんどないんだよね。

勝ち越した3回も先頭上本ヒットのあと、大和が送りバント。ここも、結果として鳥谷のタイムリーが出たわけなんだけど、ここまでの榎田の調子を考えても、1点勝ち越して、そのまま勝てると考えているんだろうか。もし、そうだとしたら、全く試合の流れとか考えずに作戦立てているとしか考えられない。
かと思えば、5回裏無死2,3塁の同点のピンチの守備では前進守備をひかず。ベンチが考える1点に対する重みというか、ゲームプランが全くわからない。こういう野球をしていたら、当然、勝利の波はやってきませんよ。

挙句の果てに、同点に追いつかれたあと、ランナーを残して榎田から鶴にスイッチした直後に、きっちりホームランで逆転されてしまいました。このランナーを残して交代で被ホームランっていうパターンを、今年は何度見ていることでしょうか。ピッチャー代えるのは、いいにしても、毎回毎回、同じことを繰り返すって、ベンチはどう考えているだろうか。チームとして、きっちりと取り組んで欲しいなぁ。

試合の方は、その直後にバファローズの必勝リレーの比嘉から、マートン、今成の連打を起点にして、坂の併殺崩れと、新井さんのホームランで、起死回生の同点劇。ここは、もうベンチワークのいらないところで、よく選手たちが反発力を見せてくれました。ガックリきても、おかしくないところだったけどね。

7回の攻防は、いずれも先頭打者の鳥谷とT-岡田が二塁打で出塁。打順の絡みもあったけど、タイガースはゴメス三振で勢いが止まっちゃったかなぁ。マートンが敬遠気味に歩かされてから、今成がきっちりと6-4-3のダブルプレー。一方のバファローズは、送りバントで一死3塁から当たっている坂口に勝負を挑んで、結果的にフルカウントから歩かせて、ピッチャー安藤に交代。

安藤だから大丈夫だと思ったんだけど、イニング途中の交代はやっぱりプレッシャー半端ないんだろうし、見ていてもハラハラですよね。まぁ、こういう場面で簡単にど真ん中投げて打たれてきたピッチャーたちとは場数が違って、空いているベースをうまく使いつつ、何とか無失点で切り抜けたのは、さすが。

それでも、防戦一方で、ピッチャーも早め早めの交代になったので、やっぱりピッチャーが足りない・・・。安藤にもイニング跨ぎを強いるしかないわけで、加藤もそうだったように、2イニング目は簡単にはいかないよね。先頭の9番バッターを山崎をフルカウントから四球を出してしまったのは、そういう理由も絶対あるわけで、苦しいピッチングが続きましたが、何とか抑え切ってくれました。

このまま延長になったら、正直ピッチャーいないぞと思っていた9回表。これしかないというところで、二死からゴメスが特大のホームランで勝ち越し!本当にいいところ、最後の最後で打ってくれました。
これで、心置きなく、ラストは呉昇桓を投入。何が起こるかわからない試合の流れではあったのですが、坂口をヒットで出したものの、危なげなくゲームセット。

今日はベンチワークの拙さを選手が取り返してくれたという試合でしたね。こういう試合で勝っていくしかないけど、今日に関しては、バファローズの勝ちパターンの継投を打って逆転したというのは、大きな価値がありました。カード連敗は絶対に避けなければいけない交流戦で、今日みたいな勝利は大きいですね。
ヤキモキしましたけど、とにかく結果は良かった。次はホークス、難敵ですが、総力を挙げて勝ちたいね!

<今日の試合結果>
バファローズ 6-7 タイガース(交流戦2回戦@京セラ)
 (通算26勝20敗 vs.バファローズ1勝1敗)
[試合開始] 18:01 [試合終了] 21:58 [観衆] 34,039人
[バッテリー]
(Buffaloes)東明(3 2/3)マエストリ(1 1/3)比嘉(1)H馬原(1)●佐藤達(2)(1勝1敗1S)-伊藤、山崎
(Tigers)榎田(4 2/3)鶴(1/3)H加藤(1 1/3)○安藤(2)(2勝1敗)S呉昇桓(1)(1勝11S)-鶴岡、清水
[本塁打]
(Buffaloes)安達3号(3)
(Tigers)新井2号(2)、ゴメス8号(1)

ゴメスはもちろんヒーローだけど、今日はやっぱり新井さん!

阪神タイガース グッズ クリアファイル 25.新井
阪神タイガース

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 阪神タイガース グッズ クリアファイル 25.新井 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
負けそうやったけど勝ったでぇ!
 新井の兄ちゃんとゴメスのホームランで、今日も負けてしまいそうな試合を勝ちに持って行けました。(セ・パ交流戦 対オリックス 2回戦 京セラD 7対6で勝てて良かった) ...続きを見る
なんやかんや、そしてTigers
2014/05/22 01:12
【阪神】オリックスに雪辱!
(京セラドーム大阪) 阪   神201 003 001=7 オリックス020 040 000=6 ...続きを見る
FUKUHIROのブログ・其の参
2014/05/22 06:30
マー君レギュラーシーズン無敗記録ストップの件を前振りに、5月21日のセ・パ交流戦+α
連勝もいつまでも続くもんじゃないし… 5/21 カブス6−1ヤンキース〜田中、連勝記録は「34」で止まる 4失点でメジャー初黒星さらに詳しいことはこちらをご覧いただくとして、  ↓  ↓  ↓ (Ser.7678・3409日連続更新) ssasachan / スーパーサウスポーあさち… ...続きを見る
ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2
2014/05/22 07:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
相手の勝ちパターン崩しての逆転勝利! りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる