りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS 総力戦でよく勝った!

<<   作成日時 : 2014/05/06 23:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 7 / コメント 0

ゴールデンウィークの観戦週間も終り、今日からしばらくはテレビ観戦です。今日はJ Sports2での観戦で、解説は野村弘樹さん。

観戦試合は終わったのですが、9連戦は始まったばかり。ビジターが2カード続くところで、まず最初のカードは負け越してしまったので、何とかここでリカバーしたいんですよね。

今日は1番セカンドで荒木を抜擢。センターに大和を戻しての布陣。なんとなく、昨日からバタバタしてるなぁっていう印象なんですけどね。で、スワローズの荒木には痛い目にあったけど、ドラゴンズの荒木はスタメン落ち。神宮では初ヒットの出た荒木には、このチャンスを活かしてもらって、スワローズの荒木みたいに活躍してもらって、ベンチのバタバタ感を払拭してもらいたいと思いながらの観戦でした。

1-1の同点での5回裏の攻撃。一死から福留、鶴岡の連打でチャンスになった場面で、藤浪にバントのサイン。ツーアウトになってもランナーを進めるという思想はわかるんですが、送ったところで、このあとの荒木に託すということになるわけで、作戦としてはどうだったんだろうなっていうのが、どうしても残っちゃいますね。解説の野村さんも言っていたけど、藤浪に打たせても良かったんじゃないかな。
もちろん、荒木に期待してということなんだろうし、ここで荒木が打ってくれれば、勢いもつく『いい采配』ってことになるんでしょう。ただ、荒木の場数を考えても確率的には非常に厳しいし、やっぱり藤浪に掛けてチャンスを広げる形にして欲しかったな。ここで併殺になったって、次は1番からの攻撃になるわけだしね。案の定、藤浪はバント失敗するし・・・・。
こういうところの胆力というか勝負勘みたいなものが和田監督には依然として感じられないし、結局、それがチームの足を引っ張ってると思うから、イライラしちゃうんだろうなぁ。今日は9回の攻撃でも同じような想いを抱いてしまったんですが、それはまた後の話。

今日は藤浪っていうことで、注目していたのは球数。できる限り少なく、そして長いイニングを投げてもらいたいからね。もちろん、100球前後で云々って言う話はあるけど、いずれにしても、どれくらい球数を少なく抑えていけるかっていうのが、現時点での課題ですしね。
立ち上がり、簡単に1番、2番を抑えたときはいい感じだなと思ったんですが、次のルナに四球を出したところから、球がバラツキ始めて、結局球数がどんどん増えてきてしまいました。

4回で73球、5回の先頭の谷繁には粘られて14球で結局、四球。で、山井に送りバントを決められるわけですけど、どうしても、この送りバントの成否の落差って、本当に酷いよね。相手には決められるけど、こちらはほぼ確実に失敗してる・・・。流れ的には嫌なところでしたけど、ここはとりあえず鳥谷のファインプレーに助けられました。ドラゴンズも乗り切れてないようですね。ただ、藤浪の投球数も確実に増やされてしまいました。

100球目を迎えた問題の6回は対クリーンアップ。藤浪にとっては大きなポイントになるイニングでした。
先頭のルナに対してもフルカウントからのボールがすっぽ抜けて四球。平田をうまく追い込みながら、逆方向に打たれて繋がれてしまい、無死1,2塁のピンチを作ってしまいました。で、森野は送りバント。きっちり決められてしまいました。この辺りの精度はタイガースにも欲しいところですね。
藤浪は和田を抑えたものの、高いバウンドの内野ゴロになってしまって1点リードを許してしまいました。ナゴドではこういう打球での1点が勝負を決めたりするんだよね。
何とか後続を絶って1点に抑えたのは、藤浪にとってもよく粘ったと思うし、一つ壁を越えたような感じなんだけど、結局、最初の四球が失点に繋がっているし、まだまだだなぁ。
もうちょっと投げてみせて欲しかったけど、直後の攻撃で二死から鶴岡が二塁打を打ったところで、当然代打ということで、降板。正直、今日も物足りなかったけど、とにもかくにも試合は作ったし、球数から考えても、いいタイミングだったでしょうか。

鶴岡の二塁打から作ったチャンスで、タイガースは勝負手の新井さん、セッキーの連続投入。新井さんは一塁が空いていたからか、やや歩かせ気味の四球でのセッキー勝負でした。
フルカウントから一球粘ってからのライト線への流し打ち、お見事!代走の田上がホームインして同点。新井さんもホームに突っ込みましたが、これはアウト。とりあえず、藤浪の負けを消しました。切り札2枚を切って同点止まりっていうのも、もの足りませんけど、二死からの攻撃だから致し方なしかな。

後半は継投勝負になって、やや有利かなぁと思ったんですが・・・。
7回裏、加藤が大島にヒットは打たれるものの、岩崎を三振にとって二死1塁にしたところで、安藤にスイッチ。対ルナなんですけど、2-2の平行カウントにした後の一球・・・キャッチャーは清水になってましたけど、盗塁警戒でのウェストって意味があったのかなぁ。ちょっと清水の状況判断が良くなかったと思いました。フルカウントにしちゃ、いかんでしょ。ここでランナーにはスタート切られる、ルナにはライト前に打たれるで、1,3塁とピンチを広げる結果になってしまいました。安藤だから、四球の確率は低いと思うけど、フルカウントにするリスクは大きかったと思うし、そのあとの勝負球も限られてきた結果のライト前ヒットのような気もしました。
ランナー背負って平田となれば、攻める方も厳しくいかなきゃいけないし、安藤もいいボールを投げていたけど、際どいところを見送られての四球になって、満塁。で、厳しいところに投げざるを得なくなっての森野にもフルカウントから四球で押し出し・・・・。和田は何とか抑えてくれましたが、ここで1点ビハインド。
安藤は責められないなぁ。やっぱりここは清水でしょ。あのウェストがこの結果に繋がってしまったと思うと、ちょっと悔いが残ります。

こんな悔しい1点を追う最終回は、対岩瀬。このところ、どうしても線になっていない打線がどうやって、この岩瀬を打ち崩していくか。
先頭のマートンが粘りながらセンター前にヒットを打つわけですが、続く今成にやっぱり送りバントな和田采配。1点取らなきゃどうしようもないけど、1点だけでは勝てない展開。しかも、バッターは今成でしょ。消極的だよね。こういう作戦が本当にイヤ。
福留セカンドゴロでランナーは3塁に進みましたがツーアウトを取られて、代打に良太。当然、あちらはあと一つのアウトを取ればいいだけで、切り札も切ってしまっているところで、良太敬遠は当然の策。俊介の一打に掛けた場面になりました。
で、高いバウンドの内野ゴロ、面白いなと思ったプレーで俊介のヘッスラが効きましたかね。間一髪セーフで何とか同点。ここはとにかく、俊介、よくやった!というシーンでした。でも、ここも1点だけなんだよね。清水はあえなく三振でチェンジなんだけど、今日の岩瀬だったら、きっちり逆転できたと思う。1点取る作戦は指示できるけど、一気に得点を重ねるには打線の調子次第っていうのが、和田監督の野球ですし、もうこれは受け入れるしかないんだけどね。と納得しようとしつつも、やっぱり受け入れがたい想いはずっとあります。
結局、同点に追いついたにせよ、ここまでで切り札切って、選手も結構入れ替えて、どうやって点を取るんだろうっていうね。相手のリリーフ陣との兼ね合いもあるけど、やっぱり我慢比べになると、ビジターは辛いし、その辺りのゲームプランが全く見えない。

10回裏の平田からの打順は、もう呉昇桓で来るかなと思いましたが、ここは二神が10回から11回ツーアウトまでのピッチング。今日の二神は、8回を抑えた玉置と合わせて今日の収穫かな。いいボール投げてるじゃないですか。フルカウントからも乱れることなく、しっかり5人の打者を抑えてくれました。
11回二死から、代打の野本に対して左対左ということで高宮を投入・・・っていうか、あと呉昇桓しか残ってなかったけどね。二神がナイスピッチングだっただけに、あえて代える必要があったのかなぁ。
まぁ、高宮はしっかりと野本を抑えてくれて仕事完了。一軍に上がってきてからの高宮は何気にいい仕事してくれてます。そんな高宮に大きなプレゼントが!

12回表の最後の攻撃で、先頭の良太が三遊間を破るヒットを打ち、代打で梅野を起用。梅野だから、もちろん打たせたいんだけど、ここはランナー進めるべきじゃないの?って、ちょっとベンチワークのチグハグさが気になったんだけど、あちらの小熊の調子を見ていると、明らかにバントはもったいないなっていう感じでしたね。
この場面でのベンチの考え方はよくわからないけど、とにもかくにも梅野が思い切りひっぱたいた打球はレフトスタンドへ勝ち越しのツーラン!
これで一気にタイガースに流れがきました。さらに清水のヒットから大和が送って鳥谷のタイムリー。なかなか取れなかった1点が非常にスムーズに入ってくれました。

ちょうど3点差で、最後は呉昇桓がきっちり三者凡退でゲームセット。ベンチワークのチグハグさは感じたけど、全員野球でよく勝ったよなぁ。個人的には、梅野はもちろんだけど、延長をしっかり投げた二神、高宮は殊勲功だったと思います。ちょっと苦しい状況で、ビジターでの今日の勝利は本当に大きかったし、ホッとしました。9連戦の真ん中での総力戦でしたけど、勢いつけて行きたいですね。

<今日の試合結果>
ドラゴンズ 3-6 タイガース (延長12回)(7回戦@ナゴド)
 (通算21勝13敗 vs.ドラゴンズ5勝2敗)
[試合開始] 18:00 [試合終了] 22:47 [観衆] 25,113人
[バッテリー]
(Dragons)山井(7)H福谷(1)岩瀬(1)H祖父江(1)H高橋聡(1)●小熊(1)(1敗)-谷繁
(Tigers)藤浪(6)加藤(2/3)安藤(1/3)玉置(1)H福原(1)H二神(1 2/3)○高宮(1/3)(1勝)S呉昇桓(1)(1勝8S)−鶴岡、清水
[本塁打]
(Tigers)梅野2号(2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
延長12回、ベンチ入り最後の野手梅野が決めた
 ゴールデンウィーク最終日。道路も渋滞していたところが多かったでしょうが、ナゴヤドームも延長戦に入って試合は動かず。しかし、ここで得点できなければ勝ちがないという12回表。無死1塁の場面で登場の代打梅野くん。1ボールの後の甘い球を強振。打った瞬間、「やったー!」の2ラン。お見事梅野くん!(対中日 7回戦 ナゴヤD 6対3で熱戦を制す) ...続きを見る
なんやかんや、そしてTigers
2014/05/07 00:01
5/6 GW最終日はShonanBMWスタジアムに行って来ました【湘南2−1栃木】+阪神は延長勝利ほ...
同じ公園内では12時からイースタンの横浜DenA対埼玉西武があったし、それにも間に合う時間には着いていたので、そっちとのダブルヘッダー観戦も可能だったんですが… 結局のところサッカーの試合開始前に何回か外野フェンスの外側からチラ見。 (高校時代藤浪くんとバッ… ...続きを見る
ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2
2014/05/07 06:01
ルーキー梅野選手のツーランで中日との延長戦を制す!
&nbsp;一二三四五六七八九十十一十二&nbsp;計HE阪  神010000101003&nbsp;6120中  日001001100000&nbsp;350 延長戦を制したのはルーキー梅野選手のツーランでした。でも、中日クローザーの岩瀬投手から1点をもぎ取った俊介選手の渋い同点打もお見事でした。リリーフ陣が踏ん張りましたが、先発藤浪投手はもう少しがんばって欲しかった気もします。今成... ...続きを見る
ポケモン的なるブログ
2014/05/07 07:19
ルーキー梅野選手のツーランで中日との延長戦を制す!
一二三四五六七八九十十一十二計HE阪  神0100001010036120中  日001001100000350 延長戦を制したのはルーキー梅野選手のツーランでした。でも、中日クローザーの岩瀬投手から1点をもぎ取った俊介選手の渋い同点打もお見事でした。リリーフ陣が踏ん張りましたが、先発藤浪投手はもう少しがんばって欲しかった気もします。今成選手がセカンドを守ったり、投手陣もほとんど虫干し状態でしたが、雰囲気のいい勝ち方でした。明日につながりそうです。 明日は岩崎投手を守り立てて、 がんばれタイガー... ...続きを見る
ポケモン的なるブログ
2014/05/07 07:19
【阪神】12回の死闘を制し、中日に先勝!
(ナゴヤドーム) 阪 神010 000 101 003=6 中 日001 001 100 000=3 〔延長12回〕 ...続きを見る
FUKUHIROのブログ・其の参
2014/05/07 17:53
梅野の一発で総力戦を制する
野手も投手も使い切っての総力戦。チーム一丸でつかみ取った勝利やね。梅野もベンチの采配もお見事。 ...続きを見る
自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガ...
2014/05/07 19:54
梅野の一発で総力戦を制する
野手も投手も使い切っての総力戦。チーム一丸でつかみ取った勝利やね。梅野もベンチの采配もお見事。 ...続きを見る
虎談巷説 阪神タイガース的日常
2014/05/07 19:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
総力戦でよく勝った! りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる