りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS 8月ラストゲームも流れをつかめず連敗・・・

<<   作成日時 : 2014/08/31 21:48   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 0

甲子園に戻っての3試合目、カード勝ち越しを掛けたスワローズ戦は、今日もスカイAでのテレビ観戦でした。解説は岡さん。

先発の岩貞は甲子園初登板。ファームでも投げていないらしいですね。これから、何度も登板するマウンドですから、最初にいいイメージを持てる初登板にして欲しいという期待を込めての応援でした。

その岩貞の立ち上がり。昨日の金田と同じように、先頭の山田にヒットで出塁されたあと、比屋根は送りバント。小川監督も、まず1点という作戦なんでしょうが、昨日も今日もバッターは違うものの、初球はヒッティングで2球目にバントっていうパターンなんですね。
川端はうまく打たせてショートゴロに抑えたあと、畠山には四球を出してしまいました。昨日の流れとはちょっと変わったところで、昨日、打ちまくられた雄平との勝負。ここの雄平との対戦は審判に泣かされた感じでしたね。2-2からのボールはストライクと言ってくれてもいいようなボールだったし、最後もハーフスイング取ってくれても良かったんだけどなぁ。
際どい勝負が四球になって、満塁になったあとの飯原。畠山の打席からややコーナーを狙う感じで窮屈な投球になってましたね。この飯原の打席もハーフスイングを取ってくれなくて、苦しかったのは当然なんですが、カウントを悪くして、最後は甘くなったところを、しっかりセンター前にタイムリーを打たれてしまいました。全体的に警戒し過ぎて墓穴を掘ったというような立ち上がりでしたねぇ。一番よくない失点の仕方でした。

取られた点は仕方がない。相手が小川なので、ここから、どれだけ我慢できるかってところが、今日の岩貞の注目ポイントになりました。
2回、3回といい感じで立ち直った感があったんですが、4回一死から、初回にタイムリーを打たれた飯原に四球を出したところからピンチが広がりました。どうしても、タイガースのピッチャーって、際どいところを狙ってカウント悪くするケースが凄く多いし、そこからどんどん苦しくなってくることが、本当に多いですよね。
続く、相川、谷内の打球は痛烈でしたが、鳥谷、ゴメスが処理しきれず内野安打、エラーとアンラッキーなところもありましたけど、それこそ踏ん張りどころなんですよね。小川はしっかりと三振に取ったものの、山田にストレートの押し出し四球。1点献上・・・もったいない。

6回も一死から相川にヒットを打たれてから、何を警戒しているのかストライクが入らずに谷内に四球。小川が送ったところで鶴に交代でした。今日は無駄な四球が多すぎました。岡さんは、梅野の変化球中心のリードを指摘してましたけど、自分で自分を苦しくしてしまって、正直なところ、残念な登板でしたね。

代わった鶴にしても、二死ながらランナー溜まったところでの上位打線で、非常に苦しいところに放り込まれて、ちょっとベンチワークもいかがなものかなぁというイニングになってしまいました。この前の攻撃で、梅野が出れば岩貞に代打というシーンがあって、結局回らずに続投になったわけですが、こういうときって、得てして結果が良くないってのもあって心配はしたんですけどね。
山田への四球は想定内でしたけど、比屋根のところにバレンティンを持ってきたところで、ちょっと結末が見えてましたねぇ。鶴がどうこうということではなく、岩貞もそうだったけど、慎重になりすぎてカウントを悪くして押し出しか痛打。これがタイガース投手陣のあるあるですからねぇ。今日の主審もコースに厳しいし、結果、バレンティンに四球で、またも押し出し1点献上。
タイガースベンチは、川端を迎えて、高宮にチェンジしましたけど、全てにおいて後手後手を踏んでいる感は否めませんでした。

昨日の今日で、どうしても守備からリズムを作るということができず、かと言って、攻撃の方もさしたる策を労するわけでもなく、昨日と同じような展開。というより、東京ドームで澤村に抑えられた試合も、こんな雰囲気だったなぁ。このところ、こういう展開が多すぎて、優勝を狙うチームとしては、どうなんかなぁという試合が続きますね。

7回には、ゴメスの一発でようやく反撃の狼煙。マートンのヒット、福留四球で、それこそ一気に同点、逆転に結び付けたい流れにもなってきたところでの代打攻勢でしたが・・・新井さんライトフライ、セッキー三振。チーム全体のリズムが良ければ、ここで一気に流れを引き寄せられたんでしょうけど、やっぱり、ここまでの流れを断ち切るには、まだまだエネルギーが足りなかったかも。まぁ、新井さん、セッキーを投入して得点できなかったら、仕方ないと切り替えるしかありませんね。小川も踏ん張りどころをさすがに知っているなぁというピッチングをされてしまいました。

試合の流れを引き戻すには至らなかったものの、8回、9回を投げた今日の歳内は良かったかな。ただ、9回にやっぱり四球を出したのは、今日の流れに引きづられた感じでした。その後のフィールディングは素晴らしかったけど、最後の反撃に期待するためには、9回も、8回同様、しっかりと三者凡退でリズムを作りたかったですね。まぁ、勉強だな。

3点差を追う最終回の攻撃は、昨日に引き続いての対バーネット。昨日のバーネットはノーチャンスでしたが、今日はゴメスが倒れたあと、マートンと福留が連続ヒットで、最後の反撃チャンスを作ってくれました。
代打の坂が続いてくれると、おもしろい展開になったと思うんですが、ここはショート深いところのゴロで二塁封殺。ランナーいなければ内野安打コースでしたが、結果的には残念なバッティングになってしまいました。それでも、鶴岡が粘ってフルカウントから、坂の打球よりも更に深いところへのショートへのゴロで内野安打で続いてくれました。

2点差になって、ランナー2人を置いて狩野。ここで魅せてくれないかなぁと期待はしたのですが、最後は打ち上げてショートフライでゲームセット・・・結局、押し出しの2点が致命傷になってしまったなぁ。

最後は盛り上げてくれたとは思うのですが、反撃も遅かったし、守勢に回ったときの脆さは相変わらずでした。もう一度、ネジを締めなおして、9月の最後の踏ん張りを期待したいです!

<今日の試合結果>
タイガース 2-4 スワローズ(20回戦@甲子園)
(通算62勝55敗1分 vs.スワローズ10勝10敗)
[試合開始] 18:00 [試合終了] 21:32 [観衆] 37,103人
[バッテリー]
(Swallows)○小川(8)(7勝5敗)Sバーネット(1)(2敗11S)-相川
(Tigers)●岩貞(5 2/3)(1勝2敗)鶴(0/3)高宮(1 1/3)歳内(2)-梅野、鶴岡
[本塁打]
(Tigers)ゴメス22号(1)
*********優勝ライン80勝まで18勝8敗***********

甲子園90周年での優勝を目指して、9月の再進撃を期待!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
スワローズ小川を攻略できず痛い連敗
 もう諦めたんか? 負けるもんかという気迫が感じられへんのよね。自分とこは点よう取らんくせに、相手には押し出し四球で点を与えてしまう体たらく。何なのさ。対ヤクルト 20回戦 甲子園 2対4で情けない負け) ...続きを見る
なんやかんや、そしてTigers
2014/08/31 22:50
【阪神】ヤクルトに連敗
(甲子園) ヤクルト200 101 000=4 阪  神000 000 101=2 ...続きを見る
FUKUHIROのブログ・其の参
2014/09/01 04:57
3カード連続の負け越し
最下位ヤクルトにまさかの連敗。打ち合って負けたんやったらまだしも、投手の出来と貧打で連敗というのが痛い。 ...続きを見る
自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガ...
2014/09/01 22:13
3カード連続の負け越し
最下位ヤクルトにまさかの連敗。打ち合って負けたんやったらまだしも、投手の出来と貧打で連敗というのが痛い。 ...続きを見る
虎談巷説 阪神タイガース的日常
2014/09/01 22:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
8月ラストゲームも流れをつかめず連敗・・・ りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる