りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS 延長サヨナラで厳しい試合を勝ち切った!

<<   作成日時 : 2014/09/29 21:39   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

昨日はタイガースの試合のない日曜日・・・ということで、夜は手持ち無沙汰だったので、まったりとカープの試合を見ていたんですよ。スタンドの雰囲気という意味でいうと、ちょっと甲子園とは温度差があるかなぁって思ったんですけど、その辺りは初めてのポストシーズン開催というモチベーションがあちらにはあるのはわかるのですが、ややタイガースファンの方が醒めた目で見ているのかな。それでも、やっぱり甲子園でCSやって欲しいし、もっと言えば日本シリーズも甲子園で見たいんですよね。対戦成績を見ても、ズムスタよりは甲子園の方が戦いやすいだろうし、その後を考えると、やっぱり甲子園CSは、できれば譲りたくないところ。
もちろん、CS否定派なので、それで日本一まで行っちゃっても本当に嬉しいかっていうと、はっきり違うと言えるんですけど、例えば、優勝を経験したことのない若手にとって、その舞台は大きな経験値を稼ぐことにもなりますし、逆に言えば、今年のこのチームだからこそ、来季以降の飛躍を促すためにも、そういうシーンを見てみたいと思ってるんですよ。優勝しているわけではないので、勝敗度外視で楽しむのもアリだと思いますしね。

というわけで、タイガースはもちろん、カープにしても負けられない今週の戦い。タイガースにとっては、最後の「三連戦」で、今日と明日は甲子園で対ベイスターズ。ここを連勝して、勢いをもってズムスタの「最終戦」に挑んでいきたい試合です。
今日はスカイAでのテレビ観戦で、解説は佐野さん。先日観戦した浜スタの試合と同じ岩田と久保のマッチアップで、テレビをつけると、2回表無死1,2塁のピンチで、スコアは0-0。
このイニングは岩田が下位打線に対して、しっかりと抑えきってピンチを脱出して、今日の二人の投げ合いも、投手戦の様相でした。

それにしても、今日も久保を打てん・・・。ランナーは出すものの、きっちり併殺に取られたりして、まさに術中という感じ。打席でも、簡単に追い込まれてピッチャー有利のカウントから攻め込まれているという、前回同様のピッチングをされてしまいました。
そんな久保に対して、互角のピッチングを見せる岩田も素晴らしい。1点を取られることが致命傷になりかねない展開の中、危なげない内容。ただ、やっぱり隣の芝生は青く見えるもので、ベイスターズ打線の、特にクリーンアップには一発の恐さがあるだけに、本当にこういう緊迫した試合展開ってのは、ドキドキします。ただ、ブランコがいないことと、やっぱり、ここは甲子園だということが、浜スタでの試合とは大きく異なるシチュエーションですよね。

岩田は8回を無失点に抑えて、久保に対して一歩も引かず。岩田が投げている間に得点が欲しかったタイガースですが、8回裏に打席が回ったところで、代打というのは攻めていかなければいけないので仕方ないところです。同じように最多勝を狙っている久保が続投するのとは、チームの置かれている状況が違いますからねぇ。
岩田にとっては二桁勝利がかかった試合で、何とかこの8回に1点でも得点をあげて、勝ち投手の権利が欲しいところ。鶴岡の代打の隼太が倒れたあと、その岩田の代打・新井さんが一塁強襲のヒットで出塁。ここでランナーを代えていかないのは、ベンチワークとしてはどうなのかなぁ。もちろん、ピッチャーが久保だから、盗塁を仕掛けるのも厳しいんですが、それを意識させるのも、作戦だと思うのですが・・・・。
それでも、上本がセンターフライで倒れたあとの大和のライト線のヒットで二死2,3塁とチャンスが広がってクリーンアップ。鳥谷敬遠で満塁策をとって、あまり久保に合っていないゴメス勝負。なんとか、打って欲しいという願いを込めて応援していたんですが、2-2からの高めのボールをきっちり打ち返したんですけどねぇ。やや詰まったか、ショート正面。う〜ん、今日もあと一本の壁が・・・。

これで岩田は二桁勝利に届きませんでしたが、今年は本当によくやってくれたと思いますし、ポストシーズンも大いに期待したいです。もちろん、来季以降に向けても、今年の岩田の活躍は心強く感じました。久保とのラスト2回の投げ合いで一歩も引くことがなかったというのも、岩田自身にとって大きな自信になったんじゃないでしょうか。

9回表は呉昇桓がきっちり抑えるものの、その裏、先頭のマートンのヒットをタイガースも活かせず。結局、久保には完璧に抑えきられてしまいました。来季への宿題を残してしまいましたが、また、お互いにいい勝負を見せて欲しいと思いますし、タイガースもこのまま終らないようにレベルアップしていきたいね。

スコアレスでの延長戦。10回表はイニング跨ぎの呉昇桓、完璧!しっかり抑えて、その裏は、その呉昇桓の打席からですが、もちろん代打で、セッキー、新井さんに続く三枚目の西岡。
ベイスターズは国吉を投入してきたのですが、久保に比べるまでもなくコントロールが酷かった。西岡はしっかりと四球を選び、もちろん上本には送りバントのサインだったんですが、初球が内角へのボールでパスボールで、西岡が労せずして二塁へ。ランナーとしての西岡っていうのは、タイガースの他の走者にはない「ピッチャーを牽制する走塁」ができる選手ですから、その辺りで活路が開いていかないかなと思っていたのですが、思いもかけず大きなチャンスになってきました。
三塁にランナーを進めたくないベイスターズは、上本を敬遠しましたが、こうなれば大和は、それこそ送りバントですよねぇ。サヨナラのケースですから、これは良しなんですが、ベイスターズは、ここも鳥谷敬遠の満塁策。
二打席連続での鳥谷敬遠、ゴメス勝負で、やや心配なのはゴメスに力が入りすぎることで、もう気楽に打ってくれればいいんだけどなぁと願いながら、最後の瞬間を待ちました。内野は前進守備で正面にさえ飛ばなければ、何とかなりそうな打席で、1-0からの2球目のストライクを悠然と見逃したのを見て、かなり期待は高まりましたね。がむしゃらに振りにきていないことで、かなり落ち着いているなっていう印象を受けたので・・・。

結果は、しっかりと振り切ってのセンターへのサヨナラ犠牲フライ!一振りで決めてくれました。
何とか勝ちましたが、守備で守りきって、そして僅少差で勝つといういい形での勝利ですね。去年とは違い、終幕に向けて勢いつけていけるでしょうか。そのためにも、今日のサヨナラはいい景気づけにしていきたいね。


<今日の試合結果>
タイガース 1x-0 ベイスターズ(延長10回)(23回戦@甲子園)
(通算74勝67敗1分 vs.ベイスターズ16勝7敗)
[試合開始] 18:00 [試合終了] 21:23 [観衆] 26,492人
[バッテリー]
(BayStars)久保(9)●国吉(0/3)(1勝3敗2S)H林(1/3)加賀(1/3)-黒羽根
(Tigers)岩田(8)○呉昇桓(2)(2勝4敗38S)-鶴岡、藤井
*********5連勝フィニッシュまであと残り2試合!***********

今日の試合も岩田に尽きる!ポストシーズンも頼むよ!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
さよなら勝利はええんやけど・・・
 0対0で迎えた延長10回裏。1死満塁からゴメスのセンターへの犠牲フライでさよなら勝ち。それはええんやけど、今日も岩田が気の毒でした。(対DeNA 23回戦 甲子園 1対0で勝ち) ...続きを見る
なんやかんや、そしてTigers
2014/09/29 22:31
【阪神】DeNAにサヨナラ勝ち!
(甲子園) DeNA000 000 000 0=0 阪  神000 000 000 1X=1 〔延長10回〕 ...続きを見る
FUKUHIROのブログ・其の参
2014/09/30 19:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
延長サヨナラで厳しい試合を勝ち切った! りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる