りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS ここにきての痛恨の6連敗・・・

<<   作成日時 : 2014/09/11 21:42   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 0

ジャイアンツとの直接対戦のラストゲーム。さすがに、ゲーム差を考えても、直接叩けない状況では順位を逆転する可能性が低くなってしまいましたが、それでも、残り全部勝てば何が起こるかわかりません。現実を見ると厳しいかもしれませんが、ファンの立場で応援するなら、これから全部勝つつもりで期待を込めていきたいものです。

というわけで、今日は日テレG+でのテレビ観戦でした。解説は、川藤さんと桑田さんという全く両極端の解説スタイルのお二人。3回裏一死から能見さんがチーム初ヒットを打った場面から。で、スコアは0-4で、いきなり初回に4点取られてのビハインド・・・。

テーブルスコアをチェックすると、能見さんの立ち上がりに、死球、四球、四球の一死満塁から2本のタイムリーでいきなり大量失点かぁ。
まぁ、取られた失点は仕方ないにしても、まだまだ攻撃が9回残っている段階で、諦めることはないよね。で、さらにテーブルスコアを見てみると、その裏、マートンがエラーで出塁したあと、上本には打たせてフライアウト。う〜ん、この辺りかなぁ。昨日はマートン出塁で上本バントを批判しましたけど、基本的にビハインドのケース、特に初回に大量失点された直後は、このケースで和田監督は絶対にバントさせないっていうのは、これもいつものパターンなんですよね。
個人的な野球観でいくと、これって逆なんですよねぇ。和田監督って、0-1で勝つことしか想定していないように思えます。で、その形が崩れたときにパニクってしまう・・と。まだ序盤、今日のケースだったら、まず1点づつ返すっていうのが、4点差を逆転していくための第一歩だと思うんだけど、こういうケースでは、「一気に逆転」を狙っていくんですよ。で、そのための作戦は・・・・ない!・・・昨日の無死3塁でもそうなんだけど、得点するための作戦の選択肢がほとんどなくて、ただ打つだけなんですよね。そんなに簡単に連打が出るんだったら、こんな苦労はしないですよ。
打撃陣の調子がいいときは、それでも選手の力量で得点が重ねられるでしょうけど、今は明らかに調子が悪い。だからこその連敗なわけで、そんなときに何とか勝ちを拾っていくためには、ベンチワークが必要なんだけどね。

能見さんのヒットが出た3回裏の一死1塁でも、上位打線はただ打つだけ。意図を持った打席なら、まだ活路も見出せたんでしょうけど、まずマートンが打ち上げたのはダメ。上本が三塁線を破りましたが、二死2,3塁で、鳥谷に一打出ずで、結局、無得点。能見さんランナー、打者マートンで小細工ってのは、さすがにないのかもしれないけど、普段の意識付けの問題でもあって、こういうシーンの積み重ねが、ジャイアンツとタイガースの差になっているような気がするなぁ。

続く4回裏も、先頭のゴメスがヒットで出ても、新井さん、福留が簡単に三振。隼太がヒットで繋げたものの、梅野サードゴロ。コツコツと初回から返していれば、1点差になっているところを無策で4点差をキープされてしまうという展開なんですよね。
だんだんイニングが進むと、それこそ何の作戦も取れなくなるだけに、早いイニングから仕掛けることが必要なだけに、そこでベンチワークが何もないってのは、やっぱりシンドイ。このイニングで、桑田さんの解説でも、ピッチャー目線で、澤村も1点1点取られると不安だし、先頭が出たら送るべきみたいなことを言っていましたが、そういう視点での考えは和田監督には一切ないんですよ。というか、初回のオート送りバントとか考えても、相手の心理とかはあまり考慮してないしね。

能見さんは毎回迎えたピンチも踏ん張って、代打が出るまでの5回をなんとか初回の4点だけに抑えていたのですが、結局、打線の方がコツコツとでも点差を詰めることができずにいれば、どうしても流れが悪くなってきます。
6回、代わった金田でしたが、小林の降り逃げから二死2,3塁のところで、橋本に前進守備のマートンの頭を越されて、あっさり2点追加されました。どうしても、こういうケースで失点を重ねて、流れを掴む野球ができないっていうのが、今年はずっと続いてしまったという感じでした。結局、今日も、今年の悪い面での集約みたいな試合展開になってしまった・・・。

こんな悪い流れの中、7回登板の高宮が阿部、亀井と連続三振。そして、村田のファールフライを鳥谷がファインプレーで、三者凡退に抑えて、多少なりとも流れが変わってくれたのでしょうか。
先頭の梅野がヒットで出塁したあと、高宮の代打に帰ってきた西岡が登場。ここでフェンス直撃(外野手のグラブを弾いた!?)の二塁打で続いてくれて、ようやく甲子園が盛り上がってきました。さすが、西岡。見せるべきところで、しっかり見せてくれました。
上位打線に回って、マートンが死球で無死満塁になり、このチャンスに上本が、ようやくタイムリーで応えてくれました。

ただ、なおも無死1,2塁でクリーンアップ。それこそ、和田監督のやりたい「一気に同点、逆転」という攻撃は、こういう場面でこそ実現して欲しいシチュエーションになってきたわけですが、ここでもう一押しができないのが、今のチーム状況でしょうか。本当に打つしかない場面だし、絶好のチャンスだったのですが、鳥谷がレフトフライ、ゴメス三振・・・・。更には、キャッチャーの牽制悪送球で二人のランナーがそれぞれ進塁したものの、新井さんも三振。盛り上がりも一気に沈静化されてしまいましたね。澤村の踏ん張りにやられました。

このあと、守備面では歳内登板の2イニングで、ゴメスやマートン、更には新井さんのファインプレーが出たりして、ようやく、タイガースの選手の動きにもキレが出てきたなぁ、気持ちが出てきたなぁと感じさせてくれたのですが・・・遅いよなぁ。

それでも、遅きに失したとは言え、少しでも反撃していきたい最後の攻撃。歳内の代打・今成からの攻撃に期待を込めての応援でした。今成はピッチャーゴロに倒れるものの、上位に回って、マートンのヒット、上本が四球で、再びクリーンアップの前でチャンスができました。
ラストチャンス。それこそ、鳥谷が繋いで、ゴメスが一発打てば同点というところまで、持ってきてくれましたが、最後まで鳥谷に元気なしでした。力ないショートゴロで併殺ゲームセット。う〜ん、終盤、やっと形もできてきたのですが、最初の4点が結果的に重かったし、それでもコツコツちょっとづつ返していればなぁと悔やまれる展開でもあり。

ポイントになると考えていた8月、9月の直接対決。9試合で2勝7敗では、さすがにこんな状況になってしまいますね。ナゴドの3タテももちろん痛かったですが、それがなくても厳しい展開になっていたんでしょう。逆に、ジャイアンツは下位への取りこぼしはあるものの、この土壇場で、直接、カープとタイガース相手に全勝してしまうとは・・・。さすがにポイントを逃さないというか何というか。

ただ、まだまだ諦めませんよ。最初に書いたように、残り試合全勝目指して応援ですよ!今日の終盤の選手たちの動きに、まだ希望を見出したいと思います。

<今日の試合結果>
タイガース 2-6 ジャイアンツ(24回戦@甲子園)
(通算64勝62敗1分 vs.ジャイアンツ11勝13敗)
[試合開始] 18:00 [試合終了] 21:20 [観衆] 40,859人
[バッテリー]
(Giants)○澤村(7)(4勝3敗)青木(1)西村(1)-小林
(Tigers)●能見(5)(7勝13敗)金田(1)高宮(1)歳内(2)-梅野
*********優勝ライン80勝まで16勝1敗***********

猛虎神撃!明日から最後の踏ん張りを見せてほしい!!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
対G最終戦観戦はしんどかっただけ
 仕事を終えて、甲子園に着いた時にはすでに4点取られてしまっていた。反撃は7回の2点だけ。まあ、今日の観戦は勝ったところでそない嬉しくなかったやろうし、結局はまた負けてしもうたんやけど、それでも口惜しくもなかったですな。(対巨人 24回戦 甲子園 2対6で負け) ...続きを見る
なんやかんや、そしてTigers
2014/09/11 23:59
【阪神】巨人にも3タテ食らう
(甲子園) 巨 人400 002 000=6 阪 神000 000 200=2 ...続きを見る
FUKUHIROのブログ・其の参
2014/09/12 04:57
9月11日(木)のプロ野球の件を前振りに、「隣のアノ人との付き合い方がわかる! 47都道府県 ケン...
まずは、昨日のプロ野球の結果から。 【9月11日のパ・リーグ】 ◇日本ハム7―2ソフトバンク(東京ドーム)  日本ハムは1回に近藤の2点適時二塁打などで3点を先取し、3回には中田が3ラン。試合の主導権を握った。メンドーサは来日初完投勝ち。 ◇ロッテ―西武(QV… ...続きを見る
ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2
2014/09/12 05:59
暗黒時代以来の甲子園で読売戦3連敗
去年の東京ドームの3連敗を思い出してしまう。あのときは終わりの始まりだったが、今回は完全に引導を渡されてしもたか。 ...続きを見る
虎談巷説 阪神タイガース的日常
2014/09/12 17:32
暗黒時代以来の甲子園で読売戦3連敗
去年の東京ドームの3連敗を思い出してしまう。あのときは終わりの始まりだったが、今回は完全に引導を渡されてしもたか。 ...続きを見る
自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガ...
2014/09/12 17:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ここにきての痛恨の6連敗・・・ りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる