りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS ラストゲームを勝ちきって、いざCSへ!!

<<   作成日時 : 2014/10/01 21:52   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

泣いても笑ってもこれで最後のラストゲームです。とにかく、シンプルに『勝つしかない』カープとの直接対決。脳内変換すれば、マジック1のカープに対して、残り1試合のタイガースが最後の望みをかけての戦い。まぁ、優勝争いと2位争いでは、その重みは全然違いますけど、今日はもうそんな気分で応援です。

最近のタイガース打線は、特に打てないところが目立つんですけど、直近のお互いの試合を振り返ってみれば、タイガースは投手陣はしっかりと相手を抑えていて、ある意味ではタイガースらしい野球をやってきているとも言えます。
一方のカープなんですけど、確かに一昨日、昨日と打線爆発でスワローズとのシーソーゲームを制してきていますが、タイガースとは逆で投手陣はかなりシンドイんじゃないかなという展開ですよね。
だとすれば、このシーズン最終盤、去年とは違って、しっかりと自分たちの形を作ってきているのは、タイガースの方で、これはポストシーズンに向けては大きく期待も膨らむ部分ではあるんですよ。もちろん、開催がどちらになるかは時の運かもしれません。対戦成績的には、お互いに本拠地の方が当然戦いやすいのは確かなのですが・・・どちらで戦うにしても、自分たちの野球ができた方が、ファーストステージを勝ち抜けるような気がするんですよ。
今日はそんなことなんかも加味しつつ、CS前哨戦という意味でも注目の試合でした。

今日はJ Sports1でのテレビ観戦で、解説は小林誠二さんと苫篠さん。
テレビをつけると、3回裏。ちょうど二死からの大和の「超絶プレー」のリプレイだったのですが、あれ、アウトっぽいよなぁ。最初はどうなっているのか、わからなかったのですが、VTRが終っても大和が守っていたので、セーフ判定だったことを理解。ただ、今日の能見さんの立ち上がりは、なかなか良かったみたいですね。このあと、恐い菊池も平凡なレフトフライに討ち取って、事なきを得て、改めてスコアを見ると2-0でリードしてました。とりあえず、優位に試合を進めての序盤でした。

もう何度も言っていることですが、個人的には和田野球って、初回の送りバントに象徴されるように、自分の好みの野球ではありません。ただ、唯一、和田野球で評価したいところは、勝負が遅くなるキライはあるにせよ、相手の先発に球数を投げさせて中盤以降に攻略するという形がよくあるってところなんですね。最近の試合に関しては、こういう良さもあまりでてなくて、相手の先発にスイスイと投げられるというケースも目立ちますが、そういうときはやっぱりダメですし、逆に相手ピッチャーの球数が多いと、今日はいけるぞ・・・という気持ちになってきます。

今日の対大瀬良。4回表の最初が70球目ということで、もちろん立ち上がりから、相手のミスに乗じて加点していることもありますが、先発攻略という観点で見れば、まずまずの展開。1イニング20球以上であれば、まず合格レベルです。
で、このイニングも先頭の福留が出塁。ここから、カープの方にミスが連発で、結果的に1点もらえるわけですけど、今日はカープのミスにしっかりとつけ込むことができたということでしょうか。
まずは新井さんのショートゴロ。完全にやっちゃったなぁという併殺コースでしたが、セカンドの菊池の送球がワンバウンドになってエルドレッド捕れず。新井さんはセカンドへ。鶴岡ヒットで繋いだ一死1,3塁でした。
バッター能見さんですが、まずはタイガースベンチ。普通に打たせるかねぇ。もちろん、能見さんのバッティングは期待感はありますけど、あくまでもピッチャーですからね。で、結局、強打でピッチャーゴロ。
ここで大瀬良のプレーなんですけど、一塁ランナーが鶴岡で、バッターが能見さんだっただけに、普通に1-6-3のダブルプレーを狙った方が良かったような気がしましたけどね。新井さんの飛び出しが目に入ったか、直前の併殺崩れのエラーが脳裏をよぎったか、三本間での狭殺プレーとなりました。
まぁ、これでも間違いではないかもしれませんが、タイガースにとっては、というか、このイニングの新井さんのラッキーボーイぶりが発揮されたのか、新井さんがキャッチャーをかわしてのホームイン。ラッキープレーでしたね。

能見さんの方は、その裏の対クリーンアップで、簡単に二死を取ったあとにロサリオに弾丸一発を浴びてしまいますが、ここは逆にホームランで良かったです。変にランナーが溜める方が展開的にはシンドイですからね。
ただ、5回裏は、そのランナーを溜める展開。一死1,2塁からの鈴木誠のサードゴロは、併殺狙った一塁送球がVTRでみれば完璧にアウトなんだけど、ヘッドスライディングとホームアドバンテージでセーフになっちゃいました。ちょっと嫌な流れだぁという状況の中でバッター菊池というのも、嫌な予感に拍車をかけました。それでも、ここは能見さんがしっかりと切り抜けてくれました。バッティングをさせずのサードファールフライ。ナイスピッチングでした。

7回表に能見さんに代打を出して、噂されていた「藤浪リリーフ」の展開か?と思われましたけど、ここは松田で繋いできました。正直、ホッとしました。藤浪って、立ち上がり悪いですよね。力はあるにせよ、リリーフでどうかっていうのも未知数なところで、本当にでてきたら恐いかなと思ってたんですよ。
松田が二死から四球を出して、そのあと長打で失点してしまったのは結果論として、これを将来の糧にしてくれれば良し。小窪の打球もマートンじゃなかったら、捕れただろうしね・・・というのは、あまり意味のない仮定の話ですが・・・。
このあとの代打松山に対して、高宮を出したのも良しです。まぁ、左のリリーフでこの場面を任せられるのは、今のブルペンでは高宮しかいないというのも事実なんです。で、その期待に応えて、ワイルドピッチでランナーを三塁には進めてしまいましけど、松山はショートゴロに討ち取って、何とかリードをキープ。
試合としては、1点差というちょっとシンドイ展開にはなってきましたが、今日の試合に関しては、こういう展開もいいじゃないかなという気持ちでは見れましたけどね。もう達観ですよ。

ここで高宮がリードを保ってくれたことが、タイガースにとってもいい流れを呼んでくれましたかね。たぶん、同点にされていれば、一気に劣勢に押し込まれていたに違いない球場の雰囲気でしたが、そこを押し戻した直後のクリーンアップの攻撃。
鳥谷ヒットから、またもカープのバッテリーエラーで、ラッキーな三塁進塁。こうなるとゴメスは楽だわなぁ。一塁にランナーがいたら力みかえって、いい結果は出なかった可能性は高かった最近のバッティング内容でしたけど、ここは楽に外野フライでの追加点。取られたあとの1点だけに、本当に大きな1点でした。

2点差になりましたが、8回の守備での福原投入。最近の福原、安藤はちょっと投げてみないと不安だなぁというところなんですが、まず菊池にバッティングをさせなかったところで、まずまず行けるのかなと思ったんですが・・・・対クリーンアップ、丸にはいい形で攻めてたんですが、最後にフェンス直撃の二塁打を打たれてしまいました。
ランナー置いてのエルドレッド、ロサリオは、さすがにヒヤヒヤもの。まずエルドレッドにはフルカウントから内角に外れて四球。というところで、福原に代えて呉昇桓を投入ということになってしまいました。

この選択は、今のタイガースのブルペンを考えると、致し方ないかな。とにかく、今日は引き分けてもダメなわけで、ここまでくれば玉砕覚悟って感じでしょう。
まずはロサリオを高いバウンドのサードゴロでセカンド封殺。続く堂林の打席では、代走の赤松に盗塁を決められて一打同点のピンチに広がりましたが、しっかりと空振り三振に仕留めてくれました。さすが、呉昇桓!

9回表の攻撃で、先頭の鶴岡がらしい流し打ちのヒットを打つと、守備に入っていたセッキーが送りバント。やると思ったけど、元々、送りバントと言えばセッキーにとっても専売特許だったんだよね。何となく、懐かしいことを思い出させてもらいました。そして、もうここまできたら、和田監督の思う通りにやればいいよってこと。きっちり送って上位打線・・・というより、上本、大和がどう応えていけるか。

期待はしたんですが・・・・応えてくれませんでした。上本の打席で、ミコライオが緊急降板したので、そこにも乗じていきたいかったんだけどなぁ。

結局、2点差のまま、呉昇桓、イニング跨ぎの最終回。きっちり三人で抑えきりました。8回が大きな山だっただけに、ここを切り抜けたことで、かなり楽になりました。

とにもかくにも、今日の試合、勝ち切ることができて本当に良かった。相手のミスに助けられた試合でしたが、それでも自分たちの野球ができたのは、カープじゃなくてタイガースだったということ。この結果は大きい。これで、カープの最終戦の結果は関係なく、気持ちを切り替えてCSを迎えることができそうです。このズムスタでやることになっても、決して気後れすることなく戦ってくれるでしょう。

本当に144試合、きっちり戦い抜いて、ここまできてくれました。お疲れ様でした!
また、約二週間、しっかり休んで、そして万全の態勢でCSで躍動してくれることを期待したいと思います。

<今日の試合結果>
カープ 2-4 タイガース(24回戦@ズムスタ)
(通算75勝68敗1分 vs.カープ14勝10敗)
[試合開始] 18:00 [試合終了] : [観衆] ,人
[バッテリー]
(Tigers)○能見(6)(9勝13敗)松田(2/3)高宮(1/3)福原(1/3)S呉昇桓(1 2/3)(2勝4敗39S)-鶴岡、藤井
(Carp)●大瀬良(4)(10勝8敗)永川勝(2)中崎(1)戸田(1)ミコライオ(1/3)中田(2/3)-會澤
[本塁打]
(Carp)ロサリオ14号(1)
*********144試合お疲れ様でした!CSもがんばれ!***********

能見さんで始まり能見さんで終った今シーズン。最後はしっかりエースの仕事でした!

BBM2014 阪神タイガース Tiger Spirit No.TS2 能見篤史
かーど屋本店

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by BBM2014 阪神タイガース Tiger Spirit No.TS2 能見篤史 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
10/1 なでしこアジア大会連覇ならずと阪神レギュラーシーズン全日程終了など
まずは、アジア大会サッカー女子決勝戦をTBSで前半途中まで見て、8時半でいったんみんベルに切り替えて、 キャプテンから大竹へのビデオレターです pic.twitter.com/53aL5IPCNb&amp;mdash; よーへい(‘ へ ‘) (@you_bellmare) 2014, 10月 1ssasachan / スーパーサウ… ...続きを見る
ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2
2014/10/02 06:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラストゲームを勝ちきって、いざCSへ!! りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる