りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳥谷の土壇場逆転ホームランで連敗脱出!【○4-3】

<<   作成日時 : 2015/04/12 17:19   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 0

今日はGAORAでのテレビ観戦でした。解説は久慈さん。
先発ですが、タイガースは岩田を飛ばしてローテ通りの藤浪で、カープは初戦の予定だったジョンソン。この辺り、両チームの考え方がよく出てますね。今年は2連戦も多くなってくるし、もちろん雨天中止もあるでしょうから、先発ローテの組み方もこれからポイントになってくるんでしょうね。

「打線テコ入れ」
先日の上本7番で俊介を入れたテコ入れ第一弾。この打順に変えてからは、上本がらしさを取り戻しかけていることや、俊介は俊介で自分の仕事はしっかりできていることで、形はできているんですけどね。それでも全体として打線の結果が出ていません。正直なところ、和田監督の組むオーダーって、あまり選択肢がないっていうのも事実なんですけどね。

で、テコ入れ第二弾を、今日組んできました。俊介を大和に変えて、鳥谷と西岡をチェンジ。鳥谷一番に拘った和田監督ですが、遂に変えてきましたね。この並びでは、二番の大和というところに、若干拘りを残しているような気がして、嫌な予感がしたのも事実なんですが、この新打線がどう転んでいくかは、大きなポイントになるだろうし、いい形にしていかないとダメですよね。
キャッチャーも梅野に代わって藤井の初スタメン。連敗の流れを止めるためにも、梅野自身のリフレッシュのためにも妥当でしょう。まぁ、昨日の最後に藤井がマスクをかぶった時点で、これは予想できましたけどね。

「序盤、新打線の攻撃・・・」
テコ入れ打線の最初の攻撃。いきなり、西岡が左中間を破る二塁打で出塁しました。
ここで、大和。まぁ、和田監督だから、送りバントしかないんだろうなぁと思いつつ、今年の大和は下位を打っていたこともあって、あまりこのシチュエーションに馴染んでいないこと、今年に関しては、その下位での送りバントでも失敗している印象が強く、嫌な感じしかしませんでした。
案の定というか・・・・まず、やっぱり送りバントってことで、わかっちゃいるけどガッカリしたこと。更にはバントが転がらずに、西岡が三塁に進めなかったこと。最悪ですね。
続く、鳥谷のファーストゴロをエラーしてくれて、チャンスこそ広がりましたが、こういう拙い攻撃をしていては、今の打線の調子ではリカバーできる流れにはならない。ゴメス、マートンが倒れて得点できず。立ち上がりのジョンソンを崩すチャンスを逸してしまいました。

2回にも、先頭の福留がライト線への二塁打で出塁。さて、続く上本がどうするかなという形でしたね。さすがに送りバントが無くてホッとしましたが、アウトコース高めのボールを引っ掛けてしまってショートゴロ。ただ、久慈さんも指摘されていたように、サインがなければフリーで打っていけばいいところ。上本に関しては、こういう場面でも思い切り打っていくことが重要で、上位に戻っていったときの試金石にもなるかなと思った場面でした。もちろん、結果的にうまく進塁打でも打てれば良かったんだけど・・・。
で、意外なところ・・・というのは失礼なんだけど、藤井がチャンスを広げてくれたのも、今日のテコ入れ策の副産物でしょうか。ヒットで一死1,3塁となって、藤浪の打席。

まぁ、悪い流れというのがあれば、藤浪が打ってしまってダブルプレーというのも、考えなくはなかったけれども、強振する藤浪を見ていたら、とりあえず三振でもいいから、思い切り打っていけという思いで見ていました。最後、当たりましたね。浅い当たりのレフトフライでしたが、福留はゴー!高代コーチのジャッジも的確でした。この一週間、本当に欲しかった先制点が、やっと入りました。
更には西岡の三塁線の当たりがサードベースのアシストを得て、藤井が生還。こういうラッキーも、今年は全くなかっただけに、やっと来たかなという先制シーンでした。
願わくば、この流れに乗って、大和にもいい結果が出て欲しかったんだけど・・・。

「藤浪対カープ打線」
カープは藤浪対策ということで、左をズラッと並べてきました。藤浪にとっては、試練でしょうけど、こういう徹底してきた相手に対して、しっかり結果を出すということも、将来の大エースになるためには、絶対に必要なステップであって、むしろ、ここまで徹底してくれた方が結果はともかくとして、ありがたい。
立ち上がりから、ランナーは出すものの、ほとんど危なげない内容だったように思います。ボールの力、コースともに、ほとんど間違いはなかったんじゃないかと思うし、実際に安心して見ていられました。

ただ、5回に先頭の野間に打たれた右中間の三塁打は、ちょっと調子に乗って簡単に行き過ぎたかなぁ。下位に続くところで、何とか無失点に抑えて欲しかったピンチになりましたが、石原に軽く合わされてタイムリーを打たれてしまいました。
そのあとのジョンソンのスリーバントを簡単に決められてしまったのも、正直もったいなかった。安部は何とか抑えたものの、菊池にフルカウントから三遊間を破られる同点タイムリー。これだけ左を並べた打線で、右打者二人にタイムリーを打たれるという皮肉な結果でしたね。
同点に追いつかれた直後の丸の打球は、福留のファインプレイでした。これ、捕球できなかったら、確実に菊池はホームに返ってきていた打球だっただけに、藤浪は助けられました。

「同点直後の攻防」
同点に追いつかれた直後の5回ウラのタイガースの攻撃は西岡からの上位打線だったのですが、ここで簡単に三者凡退に終ってしまったところで流れが変わってしまったでしょうか。
6回表は、いきなり松山に二塁打を打たれ、天谷の右中間の当たりは大和の「普通の」ファインプレーで助けられるものの、田中のセーフティバントが西岡の送球エラーを誘って、勝ち越し点を奪われてしまいました。
ただ、そのあとを落ち着いて抑えきったところは、良かったですね。とにかく1点差で踏みとどまったのは、まだまだ流れが移りきっていないと思えたし、内容的にも、牽制死、バットを折ってのセカンドゴロでしたから、カープにとってもトドメを刺し損ねたという展開でした。藤浪に勝ちはつきませんでしたが、最後の踏ん張りは見せてくれました。

ただ、ビハインドになってからのタイガース打線の反発力の無さは、もう筋金入りですしね。とにかく、塁にランナー出ない、出ても作戦なく、ただただ打つだけでは、なかなか突破口すら掴めませんし、そういう雰囲気になっちゃっているんだよなぁ。
6回ウラは先頭のゴメスがヒット、7回ウラも一死から藤浪の代打の狩野がヒットと、1点差の甲子園であれば、一気に球場の雰囲気も変わっていきそうなところなんだけど、応援しているファンもイマイチ疑心暗鬼になっているのか、盛り上がっていけないし、結果もその通りになってしまっています。

「終盤の継投勝負」
そんな雰囲気を変えてくれるかなと思えたのが、8回に登板した松田のピッチング。カープ打線を圧倒して三者凡退で抑えてくれました。堂林、天谷の連続三振、完璧でしたよ。6回ウラのジョンソンのピッチングの裏返しで、何とかこれで流れを変えていかなければいけないし、ここは開幕シリーズの松田の強運の再来というのも、期待したいところでした。

そして、頃合いもよく、ジョンソンも代わってくれました。完全攻略できなかったのは、今後の課題にはなりますが、今日に関しては、このタイミングで代わってくれたのは助かりました。
代わった中崎の立ち上がりで、先頭の良太がボール球を振らずに四球を選んでくれたのも大きい仕事でした。昨日は黒田に翻弄されてしまった良太ですけど、中崎に対してはやや優位な気持ちで打席に立てたようですね。
で、これで中崎も追い込まれたんじゃないでしょうか。終盤の1点差でキープしていたということもありますし、中崎自身も今年はいい結果が出ていなかったはず。その隙を鳥谷が見事に捉えてくれました。しっかり三番、クリーンアップの仕事でした。逆転ツーラン。鳥谷、ナイスバッティングでした。

最後は一番いい形で、久しぶりの呉昇桓に託すことができました。先頭の田中には際どい内野安打を打たれて、野間の送りバントで得点圏にランナーを送りましたが、比較的、安心してみていられました。もう、ここまで来たら、ジタバタしても仕方がありませんし。
カープも代打攻勢で、新井さん、ロサリオと投入してきましたけど、完全に力で押し勝って、何とか連敗ストップ!とりあえず、甲子園で一つ勝って遠征に行けるっていうのも、気分的には本当に良かった。また、明後日からの逆襲に期待しましょう!

「甲子園初勝利!ここから連勝していこう!」

<今日の試合結果>
タイガース 4-3 カープ (2回戦@甲子園)
(通算6勝8敗 対カープ 1勝1敗)
[試合開始] 14:01 [試合終了] 16:59 [観衆] 46,057人
[バッテリー]
(Tigers)藤浪(7)○松田(1)(3勝)S呉昇桓(1)(4S)-藤井
(Carp)ジョンソン(7)●中崎(1)(2敗)-石原
[本塁打]
(Tigers)鳥谷1号(2)
[盗塁]
(Carp)丸(1回)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
鳥谷の逆転2ランで連敗脱出
 2回裏、藤浪の犠牲フライと今日1番に入った西岡の3塁ベースに当たるラッキーなヒットで2点を先制。しかし、5回に同点に追いつかれ、さらに6回には1点勝ち越されてしまう。そのまま回は進み、今日もこのまま連敗してしまうのかという8回裏。1塁にランナーを置いて今日3番に入った鳥谷がライナーでライトスタンドに突き刺さる逆転ホームラン。9回は久し振り登板の呉昇桓が締めて連敗脱出。今季甲子園でやっとこさ勝ちました。(対広島 2回戦 甲子園 4対3で勝ち) ...続きを見る
なんやかんや、そしてTigers
2015/04/12 22:15
【阪神】ようやく2015甲子園初勝利!
(甲子園) 広 島000 021 000=3 阪 神020 000 02X=4 ...続きを見る
FUKUHIROのブログ・其の参
2015/04/13 20:51
鳥谷逆転弾で連敗をストップ
ようやく甲子園で今期1勝目。打線をいじったからというより、運がよかったんやろね。まあ運も大事。 ...続きを見る
虎談巷説 阪神タイガース的日常
2015/04/13 21:45
鳥谷逆転弾で連敗をストップ
ようやく甲子園で今期1勝目。打線をいじったからというより、運がよかったんやろね。まあ運も大事。 ...続きを見る
自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガ...
2015/04/13 21:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鳥谷の土壇場逆転ホームランで連敗脱出!【○4-3】 りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる