りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS 最後はなんとかサヨナラ勝ち!五割復帰で東京へ!【○3x-2】

<<   作成日時 : 2015/07/09 22:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

このカード連敗で迎えた3試合目。ドラゴンズには4連敗中なんですね。今日はきっちり勝って終りたい試合でした。今日はスカイAでのテレビ観戦でした。解説は工藤さん。

「ひさびさの先制攻撃!」
1回ウラ、先頭の上本がちょうどレフト前にヒットを打った場面から。相変わらず、大和が初球で送りバント。勝ち星のない小熊に対して、どうなんだかなぁ。一方の秋山は初回を抑えて、スコアレス。

一死2塁から、福留がセカンドゴロで二死になりましたが、上本が3塁へ進塁。ゴメスが四球で歩いて、マートンのバットに託す形になりました。
そのマートン。四球の直後の初球。しっかり狙って打ってくれました。レフトへのタイムリーヒット。何か久しぶりに先制したなぁ・・・というか、この三連戦で言えば、初めてリードをとった瞬間でした。

「秋山の成長!?」
今日はお互いに久々の勝利を狙う秋山と小熊のマッチアップということで、この先制は、非常に大きな得点ではあるんですけど、逆に1点だけっていうのが、大丈夫かなぁというのが、ここまで秋山を見ていても不安が募るところなんですよね。
今年で言えば、二軍で結果を出しているという情報は伝わってくるんですけど、どうしても一軍での登板で、らしさを発揮できないことが何年も続いてしまうと、期待よりも不安の方が大きくなってしまいます。

1点リードした直後の2回表。いきなり先頭のナニータに四球を出してしまうところなんかは、ここ数年のダメな秋山を彷彿させた場面。ただ、このあとのエルナンデスの打球が、痛烈ながらもゴメスの正面で、飛び出したナニータにタッチアウトで、ラッキーな併殺。今日の秋山、運も持っているなぁという感じで、この回、無失点。

秋山の成長の一端は打席でも。
2回ウラは、逆に先頭の今成が四球で出塁。続く、鶴岡には、どうせバントさせるんやろなぁと思ったら、まさかのランエンドバスター。ボテボテの打球ながら、これが内野安打になって無死1,2塁。
ここで、当然、秋山には送りバントなんですけど、こういうところで、何度失敗してきたことか。総じて、タイガースのピッチャーのバント失敗は多いですけど、秋山の場合は失敗した上に、それがピッチングにひきずってしまうからなぁ。ただ、この場面では、素晴らしいサード前のバントを決めてくれました。

このイニングの攻撃では、上本四球で一死満塁となりながら、大和がピッチャーゴロ併殺。
さらに次のイニングも、二死1,2塁で今成がセンター前ヒットが出るものの、当たりが強かったのと、ゴメスが二塁ランナーだったので、ホームへ返れず。結局、2イニング連続で満塁のチャンスに点が入らないという残塁祭り・・・・。

ただ、こういうチャンスを逃したあとも、秋山がドラゴンズ打線をきっちり抑えてリードを保ちました。この辺りは、ここ数年の秋山にはない力強さでしたね。

「唯一合ってしまう相手に・・・・」
なかなか追加点が取れないタイガースでしたが、5回ウラにゴメスが完璧な一発!これで欲しかった2点目が入ったので、タイガースのペースにはまってくるかなぁと思ったのですが、そう簡単に行かないのが、野球の恐いところ。6回表の秋山が、中盤の山場で遂に捕まってしまいました。

先頭の代打の亀澤にヒットを打たれたのは仕方ないにしても、続く遠藤に四球を出したのが課題でしょう。ここまでは、ランナーを出しても、何とか下位打線に回ってきたりして、危なげなく抑えてきましたけど、このイニングは、このピンチに上位打線。苦しい場面になってしまいました。
大島に送られて一死2,3塁と一打同点の場面を作られて、迎えるバッターが、今日唯一と言っていいほど、秋山に合っていた平田。途中、いいコースに素晴らしいストレートを投げ込んで、ここは何とか抑えて欲しかったんですが、最後はしっかりレフト前に打ち返されてしまいました。なかなか2本出たら、次の1本も出ないものなんだけど、合ってしまうんでしょうね。

続くナニータにも、左中間に打たれてしまいましたが、これは平田が三塁を大きくオーバーランをして、大和からの返球でアウトにできたので、なんとか同点で留めることができたのは、まだ今日の秋山にはラッキーがありましたね。

「今日も勝負は後半に・・・」
まぁ、本当にラッキーがあれば、直後の攻撃で代打を出されても、そこで1点でも入って勝ちの権利が残ったりもするんでしょうけどね。代打の良太は死球で出塁したものの、ウエヤマの1,2番コンビがここも不発。結局、打線が秋山を援護できませんでした。

お互いに継投勝負になって、8回表にタイガースのピンチ。
再び先頭の亀澤に、2イニング目の高宮がヒットを打たれて、遠藤に送られました。左対左で、何とか大島は討ち取って欲しかったのですが、ここは四球で歩かせてしまいました。
そして、前の打席で同点打を打たれた平田。タイガースは、福原を投入して、抑えにかかりましたが、ここもフルカウントから四球で満塁・・・。

この一死満塁の場面で、ルナ。首位打者ですが、今日は秋山の前に全くタイミングがあっていない感じだったので、ピッチャーが代わってどうなるかなぁというドキドキのシーン・・・初球をピッチャーゴロ併殺!まさに2回の大和の打席の完全なるお返しになりました。やれやれ。

で、この流れに乗っていきたい8回ウラは、先頭の今成がセンターへのクリーンヒット。いい流れになりそうにはなるんですが、この場面で、鶴岡が送りバント失敗。お互いに流れをつかみきれません。
不満なのは、送りバント失敗した時点で、得点意欲を欠いたような無策の攻撃・・・。福原には坂を代打に送りましたが、打たせるだけでセカンドゴロで二塁封殺。結局、ランナーを進めることもできずに、上本も凡退。流れがすっかり断ち切られた感覚になってしまいました。

「大和、ファインプレーで呉昇桓を救う!」
何となく、イヤな流れでしたが、9回はもちろん呉昇桓を投入・・・なんですが、いきなり森野にボール先行。不安を抱える中で打たれた打球は、まさかのセンターバックスクリーン!?
が、ここに守っていたのは大和でした。フェンス直撃になろうかという打球を見事に好捕。大和のこの守備はまさにホームランに値しますね。
とにかく、この1つのアウトで、呉昇桓の本来のピッチングが戻ってきました。藤井には飛んだところがアンラッキーなヒットを二死から打たれましたが、しっかり無失点で締めてくれました。つくづくも、大和のプレーが無ければ、本当にヤバかったと思います。

「9回ウラ、サヨナラならず・・・」
直後の9回ウラの攻撃は、その大和から。流れ的には、ファインプレーで盛り上げた大和が出て・・・という展開を期待しましたが、粘りながらも結局、セカンドゴロ。
となれば、いつもの福留の一発を期待・・・でしたが、ここはライト前ヒットで出塁。こういう試合展開で、福留ヒットだと、ちょっと残念に思えてしまうのは、ちょっと贅沢ですね。

さぁ、ランナーが出て、ゴメス、マートン。ここで決着つけて欲しいという期待を込めての応援になるわけですけど、ボール先行から、ゴメスはちょっと力み過ぎでした。3-1からの完全なボール球を振ってしまった時点で、良くない結果になるのは必然だったでしょうか。最後はボテボテで、ランナーこそ進めましたけど、アウトが1つ増えてしまいました。
マートンに期待がかかりましたけど、ピッチャー返しで打ち返した打球が、セカンド亀澤のポジショニングの網にかかってしまって、セカンドゴロ。サヨナラならず、延長戦に突入です。

「延長10回の攻防」
10回表、呉昇桓の2イニング目。再びタイガースが絶体絶命のピンチ。
またもや亀澤からの打席になって、ここは四球で先頭を出してしまいました。遠藤に送られて、大島にはヒット。ライト前進守備で、ホームへは返さず。それでも、再び、一死1,3塁というところで、平田という、どっかで見てきたような場面になってしまいました。
カウントが悪くなって、ここも歩かせて一死満塁で、この場面では、ルナに代わってピッチャーが入っていたので、代打。和田が残ってるんですよねぇ。しかも、その和田に対して、フルカウントになってしまいました。際どいコースが全部ボール判定されてしまい、さらには変化球もコースを外れる。もうストレートで押すしかないケースで、最後は押しきってショートへのインフィールドフライ。そうそう、それでいいんや・・・で、ツーアウトになって、最後は森野。
ここも恐いバッターでしたし、センターへ鋭い打球を打ち返されましたが、大和が余裕のポジショニング。再び、満塁のピンチを切り抜けることができました。

お互い、何してるんやろね。なんにせよ、タイガースとしては、再びサヨナラを狙える展開になりましたが、そのウラ、あっさり無得点。二死から鶴岡がヒットで出たものの、代打の俊介が簡単にセカンドゴロ。完全に押されている感じで、勝ち筋が見えませんでした。

「決めるならここ!11回の攻防」
延長11回は、安藤を投入。とにかく、攻められっ放しで、タイガースのリズムにできていないというのが、ここまでの終盤の展開。下位打線に続いていく、このイニングはすっきりと終らせて、流れを掴んでいきたいイニングでした。
先頭のエルナンデスには苦労しながらセンターライナーに抑えて、さらに藤井もセカンドゴロ。三人目が谷繁監督だったので、三人できっちりと思ったところがポテンヒット・・・。なかなか、うまくいきませんね。

それでも亀澤を抑えたウラの攻撃はトップの上本から。タイガースが決めるなら、まさにここだという打順の流れ。そして、その先頭の上本に、福谷がストライク入らずに四球で歩かせてもらえました。
大和が初球で送りバントを決めて、一打サヨナラのチャンスを作って、福留に代わって代走、守備についていた田上に代打・狩野。
まずは、初球ワンバウンド。これはキャッチャーの桂がミットに止めて弾くのが精一杯の投球で、上本が三塁に進塁して、一気にサヨナラの機運が高まります。ただ、福谷が全くストライクが入らない。狩野で決めて欲しいところでしたが、四球で歩くことになって、続く打席はゴメス。

前の打席で力みまくって結果が出なかったゴメスですが、とにかく外野フライでOKな場面・・・なんだけど、ここもストライクが入らずに、連続四球で、一死満塁となってマートン。

一死満塁が今日のポイントでした。マートンの一打でサヨナラ!を期待しましたが、まさかの初球、内角高めのボール球を桂がパスボール。横に弾く間に、上本ホームインで、結局、ノーヒットでサヨナラ勝ち!まぁ、粘り勝ち・・・ってことにしておきましょうか。

何はともあれ、三タテ阻止。借金即完済で東京へ迎えますね。一応、首位攻防、頑張りましょう!

<今日の試合結果>
タイガース 3x-2 ドラゴンズ (延長11回)(15回戦@甲子園)
(通算39勝39敗1分 対ドラゴンズ8勝7敗)
[試合開始] 18:00 [試合終了] 22:13 [観衆] 31,308人
[バッテリー]
(Tigers)秋山(6)H高宮(1 1/3)H福原(2/3)H呉昇桓(2)○安藤(1)(1勝2敗)-鶴岡
(Dragons)小熊(5)H又吉(2)H田島(2)H岡田(1)●福谷(1/3)(2勝3敗18S)-谷繁、桂
[本塁打]
(Tigers)ゴメス12号(1)

New秋山の片鱗は見せてもらった!次回こそ、勝ち星をつかもう!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ヒーロー無きさよなら勝利
 2対2で延長戦になり、11回裏1死満塁でマートンの打席。内角のボールをキャッチャーが取り損ねてパスボールで3塁ランナーの上本がホームイン。タイガースの勝ちとなったんやけど、なんか白けた最後でした。(対中日 15回戦 甲子園 3対2で勝ち) ...続きを見る
なんやかんや、そしてTigers
2015/07/09 23:42
守り勝って連敗ストップ
延長10回まで12安打も打ちながら得点は2点だけ。残塁15の拙攻を繰り広げる。最後は中日の自滅でサヨナラ勝ち。まあ勝てたら何でもええねん。 ...続きを見る
虎談巷説 阪神タイガース的日常
2015/07/10 07:28
守り勝って連敗ストップ
延長10回まで12安打も打ちながら得点は2点だけ。残塁15の拙攻を繰り広げる。最後は中日の自滅でサヨナラ勝ち。まあ勝てたら何でもええねん。 ...続きを見る
自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガ...
2015/07/10 07:28
【阪神】中日にサヨナラ勝ち!
(甲子園) 中 日000 002 000 00=2 阪 神100 010 000 01X=3 〔延長11回〕 ...続きを見る
FUKUHIROのブログ・其の参
2015/07/10 11:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最後はなんとかサヨナラ勝ち!五割復帰で東京へ!【○3x-2】 りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる