りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS あえなく4連敗で貯金遂に底をつく・・・【●2-4】

<<   作成日時 : 2015/09/24 22:01   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 0

なんか、もう諦めているファンも多いようですが、どんな状況でも最後の最後まで何があるかわからないのが野球。残り8試合、全勝フィニッシュで!って、毎年、この時期に言っているような気がしますが・・・。

今日のドラゴンズ最終戦@ナゴドは、J Sports2でのテレビ観戦。解説は鹿島さんでした。
テレビをつけたら・・・・!?なんてこったい!!

「引退試合に花を添える・・・・」
今日はドラゴンズの和田が引退試合で、谷繁はナゴド最後の試合とのこと。日程を確認してないので、わからないのですが、谷繁は浜スタで引退試合?
で、二人ともスタメンって、イヤな予感しかしなかったなぁ。タイガースって、相手の引退選手に優しいというか、何と言うか。記憶に新しいところでは、ベイスターズの小池に2打席連続ホームランを打たれたり、個人的に強烈に印象に残っているのは、ちょうど故・中村GMが監督をしていた頃、これも浜スタで、田代さんに満塁ホームランを打たれたりしたんですよね。

で、今日も。先発の秋山のピッチングを楽しみにしていたんですが、テレビをつけたら、すでにピッチャーが代わってました。2回ウラ、0-3でなお二死満塁で平田が打席。ピッチャーは二神で、すでに3番手だって?
このイニングは、先頭の和田にヒットを打たれたあと、1,3塁から谷繁にタイムリー。秋山はさらにバルデスにまで打たれて玉砕。島本を挟んで、二神が2者連続押し出しで、結局4点を献上してしまいました。最後は和田を三振で、なんとか守備を終らせることはできましたけどね。

抑えておきたい選手(和田、谷繁、バルデス)に打たれていては、大量失点も致し方なしですが、失点を抑えたいという継投で、結局、バタバタしていた感はありますね。一番の誤算は秋山がバルデスに打たれたことなんでしょうが、それにしても2回から必殺ワンポイント継投っていうのはなぁ。
二神が押し出しを2つ出してしまいましたが、いきなり満塁でルナ、平田と対戦するなんて状況で出されたら、そうなっても仕方ないかなぁと思うんですよね。今年は特に、こういう配慮のない交代で傷口を広げるケースが多かったような気がします。まぁ。こういうところで抑えてこそ、二神も一歩先に進めるんでしょうが、今日のこの場面は二神の経験値として、今後に活かしてもらうことを願うしかないかな。

「結局、打線が・・・」
この状況で、みんなが諦めちゃうのも、先制されると圧倒的に重くなっちゃうのも、やっぱり打てないからですよねぇ。優勝した年は、やっぱり何点取られても最後まで試合はわからなかったですしね。今のスワローズは勢いに乗ってる感じですけど、そういう感覚があるんじゃないかな。点を取ってくれると思えば、ピッチャーも気持ち的に楽に投げられるでしょうしね。

今日の相手のバルデス。このピッチャーにも今年は抑えられたんですよね。まぁ、そういうピッチャーばっかりなんだけど、バルデスに関しては実はまだ負けてないという実績はあるんですよね。とは言え、そろそろ攻略しようよ・・・ということで、序盤から球数も投げさせているようだし、チャンスはいっぱいありましたが、なかなかホームは遠かったな。

2回二死からは、良太、江越の連打から、梅ちゃんが四球を選んで満塁。ここは秋山がレフトフライで、まぁ仕方ないところでしたけど、この直後に秋山が打たれて交代しちゃったことを考えると、どうにも流れが良くないなぁと思っちゃいますね。これは結果論ですけど。
3回は一死後に大和の死球から福留が繋ぎましたが、ゴメスがショートゴロ併殺。4回には、先頭のマートンのヒットから、良太三振を挟んで、江越がヒットで繋ぎましたが、梅ちゃんピッチャーゴロで、マートンが三本間でアウト。代打の俊介はキャッチャーフライで、またもチャンス活かせず。もどかしい攻撃でしたねぇ。

5回には大和がヒット、盗塁で二死2塁でゴメスという場面。ゴメスの打球はセンター前に抜けて1点返したと、普通なら言えるような打球でしたが・・・セカンドの亀澤のポジショニング、あそこで守っているか?というところで、ショートが捕ってもおかしくないところを捕球されて、ゴメスが一塁でアウト。何をやっても、いい流れがやってこないなぁ。

「最後まで諦めない!」
5回ウラ、和田の最終打席をショートゴロで打ちとり花束贈呈。何となくイベントが終った感もあって、仕切り直しという雰囲気。で、何気にこのイニングは歳内が、初めてドラゴンズを三者凡退に抑えたこともあって、試合を流れを変えるなら、ここ!という後半スタートの6回表の攻撃でした。

いきなりマートンがレフトスタンドへホームラン!久々に打球が上がったんじゃないですか。
良太は差し込まれてサードフライに終ってしまいましたが、江越が猛打賞となるレフト前ヒット。バルデスに合いまくってましたね、江越。さらに梅ちゃんが積極的に打っていった打球が三遊間で、エルナンデスが抑えるも送球できず内野安打。チャンスが広がりました。
バルデスはここで交代。打ち砕いたという感じではありませんでしたが、球数は投げさせて消耗させることはできましたかね。

相手ピッチャーが祖父江に代わって、タイガースも代打セッキー。セッキーもらしい選球と捌きで、いい感じで盛り上がってきたのですが、最後は内角の変化球に手が出ず。読みが外れたんでしょうか。三振・・・。
それでも、鳥谷がしぶく流してタイムリー。江越とは逆に、バルデスには全く合っていなかっただけに、ピッチャー交代で期待はしましたが、結果を出してくれました。
大和は倒れて2点まででしたけど、ここからの終盤で2点ビハインドなら、まだまだわからない試合展開になってきました。

「流れ、掴み切れず・・・・」
シーズン同様、ここが正念場というところで、2点差になった直後にマウンドにあがったのが、5番手の高宮。ちょっとだけ傾いた流れを、こちらに持ってくるたけには、重要なマウンドになりました。
ここですんなり3人で終ってリズムを作っていきたいんですよね、下位打線だったし。でも、ここで先頭の桂に粘られまくって、結果、歩かせてしまいました。なかなか、すんなりと行かない。
で、こうなると、タイガースの投手陣は、さらに慎重になって、重苦しいピッチングに終始しちゃうことになるんですよね。これも、今年、ずっと見てきた風景・・・・。
それでも、代打の赤坂にはズバッと内角ストレートで三振。大島には苦労しましたが、最後はフルカウントからショートゴロ、亀澤は押し込んでのショートフライで、とにかく点差をキープ。そして、7回表のクリーンアップからの攻撃へ・・・。

ドラゴンズは田島に代わりましたが、制球定まらず、福留、ゴメスと連続四球。福留のときは、際どいところをしっかり選んだという形でしたが、その影響もあってか、ゴメスには完全なボール球が続きましたね。四球2つで無死1,2塁。流れを考えれば、まさにここだったんですが・・・・。

マートンも積極的に打っていっていましたが、微妙にボール球をファールしていたという感じで、2-2と並行カウントからの真ん中からの落ちるボールを空振りしてしまって三振。ちょっと、イヤな予感がした良太の打席は、案の定、ピッチャーゴロ併殺とは!なんてイヤな予感が的中してしまうんだ!

「まぁ、お互いに・・・」
逆に7回ウラ、高宮がまたもや先頭のルナを歩かせてしまいます。解説の鹿島さんは、急に判定が辛くなったみたいなことを、おっしゃっていましたが、こういうことをしていると、やっぱり流れが悪くなってしまいますね。
続く平田には高めのボールでしたけど、レフト前に打たれて、直前のタイガースと同じように無死1,2塁。タイガースは、マートンだったので、当然打たせるだけでしたけど、ドラゴンズは藤井だったので、送ってきました。で、続く森野には肩口からのスライダーが暴れて死球で満塁・・・。
このイニングの高宮は、ちょっとボールが高めに抜けていたりしてので、かなり不安なエルナンデスとの対戦でした。エルナンデスもちょっと力が入ってましたかね。追い込んでからの並行カウントからの一打は超ボテボテのキャッチャーゴロ。梅ちゃんがホームを踏んで一塁送球のダブルプレー。助かりましたね。まぁ、お互い、何してるんやろなぁって試合展開でしたけど、タイガースにとっては、終盤の攻撃に期待が残りました。

「チャンスはあれど、ホームが遠い・・・」
2点差キープのまま、8回表は下位打線・・・でしたが、今日の下位打線はいつもより期待値は大きい。江越、梅ちゃんからの攻撃でした。
ドラゴンズは又吉。今年の春先は、又吉、福谷からよく逆転させてもらいましたが、ここでも、再現を期待。先頭の江越は思い切り振り切っての三振。それもまた良し。

梅ちゃんは、やや態勢を崩されながらも逆方向のライトフェンス上段直撃の二塁打でチャンスメーク。このバッティングは、やっぱり魅力です。さらには、代打の今成が四球で歩いて、またもや一死1,2塁となって、打順はトップへ。ここは一気にいきたいところでしたけどねぇ。
鳥谷は内角のストレートにバットが止まらず、ハーフスイングを取られて三振。7回のマートンもそうでしたが、どんな形でも繋いでいって欲しいところでの三振、痛いですね。

大和に代打の隼太。ピッチャーも左の岡田に代わりましたが、3-1のカウントから、ボール球に手を出してしまってボテボテの当たり。ただ、この当たりがボテボテすぎて、ラッキーな内野安打になって、タイガースにとっては、これ以上ない二死満塁で福留という場面も迎えることになりました。それこそ、ラストチャンスと言ってもいい場面でしたが、最後はまっすぐで押しきられてしまった。センターフライで、またも得点できず。う〜む。

「最後の期待も・・・・」
安藤が8回ウラを抑えて、結局、2回に取られた4失点のみで、後続のリリーフ陣がよく踏ん張ったという試合。こういう展開なら、逆転して勝ってもおかしくないし、それだけのチャンスもいっぱいあったんですけどね。

ゴメスからの打順。1点差ならまだしも、2点ある状況ですから、一発出てもダメなわけで、いかにして繋いでいってくれるかというところでしが・・・ゴメスはセカンドゴロ、マートンはショートゴロとなって、簡単に二死になってしまいました。
ただ、良太はボール球をしっかり見切って、とは言っても、かなりはっきりしたボールばかりでしたが、良太にしてはよく選んだという四球で出塁。ある意味、今日に関しては、こちらの方が期待できそうな下位打線に回りました。
そして、一発同点の場面で江越。2-1からのボール球を振ってしまったところで勝負ありでしたかね。江越らしいバッティングだし、これはこれで仕方ないとしか・・・・。

これで4連敗、貯金ゼロかぁ。
残り7試合・・・とにかく、7連勝フィニッシュ目指して、最後まで頑張りましょう!

<今日の試合結果>
ドラゴンズ 4-2 タイガース (25回戦@ナゴド)
(通算67勝67敗2分 対ドラゴンズ16勝9敗)
[試合開始] 18:01 [試合終了] 21:48 [観衆] 35,269人
[バッテリー]
(Dragons)○バルデス(5 1/3)(5勝8敗)H祖父江(2/3)H田島(1)H又吉(2/3)H岡田(1/3)S浅尾(1)(1勝3S)-谷繁、桂
(Tigers)●秋山(1 1/3)(1敗)島本(1/3)二神(1 1/3)歳内(2)高宮(2)安藤(1)-梅野
[本塁打]
(Tigers)マートン9号(1)
[盗塁]
(Tigers)大和(5回)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
4連敗でとうとう勝率5割に
 ここへ来ての12連戦はやはりきつかったようやね。勝たねば勝たねばという気持ちだけが先行して結果ともなわずの4連敗。今季大きく勝ち越しているドラゴンズにも敢え無く敗戦。(対中日 25回戦 ナゴヤD 2対4で負け) ...続きを見る
なんやかんや、そしてTigers
2015/09/24 23:35
GMの弔い試合も落として4連敗
中村GMに弔意を表して両軍喪章を着けての試合。谷繁の本拠地最終戦と和田の引退試合ということもあって、お互いに勝ちたい試合ではあるものの、消化試合感が漂う試合やった。 ...続きを見る
自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガ...
2015/09/25 07:21
GMの弔い試合も落として4連敗
中村GMに弔意を表して両軍喪章を着けての試合。谷繁の本拠地最終戦と和田の引退試合ということもあって、お互いに勝ちたい試合ではあるものの、消化試合感が漂う試合やった。 ...続きを見る
虎談巷説 阪神タイガース的日常
2015/09/25 07:21
3日連続訃報の件を前振りに、9月24日のプロ野球関連+α
数日前にTVで見たときはだいぶやせたなあと思ってはいたんですが… まさか、お亡くなりになるとわね(泣) 「ゴールデン☆ベスト 川島なお美」 「失楽園 DVD BOOK 上巻(宝島社DVD BOOKシリーズ)」 慎んでお悔やみ申し上げます。 亡くなった女優の川島なお美さんは名古屋出… ...続きを見る
ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ3
2015/09/25 07:38
【阪神】中日に完敗
(ナゴヤドーム) 阪 神000 002 000=2 中 日040 000 00X=4 ...続きを見る
FUKUHIROのブログ・其の参
2015/09/25 10:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あえなく4連敗で貯金遂に底をつく・・・【●2-4】 りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる