りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS 連敗で遂に借金生活再突入・・・【●2-5】

<<   作成日時 : 2015/09/27 17:32   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 0

12連戦の10試合目。ズムスタでのラストゲームです。
今日もJ Sports1でのテレビ観戦。解説は、北別府さん&前田さん。タイトルからして、「カープ応援中継」と銘打っていて、ちょっとドンヨリ・・・・。例によって、どうして今のカープの状況で、ここまでポジティブになれるのか、羨ましいような中継でした。逆にタイガースにとってはネガティブになる状況も拍車を掛けているのですが・・・・。

「定番の先制シーン!」
対ジョンソンということで、何とか打ち崩して欲しい今日の試合でしたが、昨日のマエケンに対する対応なんかを見ていても、よっぽどジョンソンの調子が悪くなければ、厳しい展開になるんだろうなぁという予想はできましたね。そんな中でも、まずは立ち上がり。
先頭の鳥谷がフルカウントまで粘って四球。立ち上がりのジョンソン、やはり制球が安定していない感じでした。で、今日の2番は大和。まぁ、送りバントでしょうねっていうことで、初球きっちり。
ここで、福留が定番どおりのタイムリー。「型通り」の1点先制でした。まぁ、ここまでさっぱりジョンソンからは点を取っていないだけに、まず得点できたというのは、幸先良かったですけどね。

このあと、ゴメスの四球を選んだのですが、このあとですね。マートンも続けば、初回から一気に大量点ということも期待できたのですが、最後は外角のボールを見逃し三振。確かに際どいコースだったし、マートンにしてみれば自信をもってボールと見切ったんでしょうが、今年は、マートンが際どいところを見送るとストライク取られてるような傾向もあるので、ある程度の対応はして欲しかったかな。とにかく、初回先制しても、マートンのところで切れちゃうんですよね。
続く今成も粘りに粘って、ジョンソンに球数こそ投げさせましたが、結局三振。これまた定番の1点どまりの先制攻撃となってしまいました。

「いきなり継投・・・・」
中4日の岩崎。不安しかありませんでしたが、いつものように飄々と投げてくれれば、カープ相手なら何とかなるんじゃないかとも思いましたけどね。やっぱり、そうそう甘くはなかった。
いきなり丸に同点ホームランを打たれたのも影響したかと思いますが、菊池にも詰まりながらもヒットを打たれて、汲々としてしまいましたか。新井さんには、何とか苦労して三振を取りましたが、最後のボールのときに菊池に走られて、ランナー得点圏へ。この盗塁も、いいボールが二塁へ行けばアウトにできたような際どいプレーでした。
一死2塁でエルドレッド。ここも、うまく内角を攻めて追い込んで、ファールも続きましたが、ボールは前に飛ばないような投球はできていたと思いますが、最後にやや藤井さんが外角に寄って、イヤな予感がした一球。鋭い打球がレフトフェンス直撃となって、あっさり逆転されてしまいましたね。

それでも、まだここで踏ん張っていれば・・・という立ち上がりだったんですが、二死後に堂林、田中に連打を浴びて3点目。ここで、早くも鶴に交代。

「チャンスはあれども・・・・」
こういう試合は、2番手以降が、とにかく失点を抑えていけば、逆にいい流れがくるというのも、野球ではよくあること。そういう意味で、鶴の役割っていうのは大きかったと思いますが、引き継いだ二死1,3塁で、石原を三振にとって、このピンチを切り抜けると、2回以降、ランナーこそ出しましたが、2回から4回まで、しっかりと無失点に抑えるピッチングで、期待に応えてくれました。打席の関係がなければ、もうちょっと続投しても良かったんじゃないかなとも思いましたが・・・・。

となれば、打線の方の対ジョンソンなんですが、例によって、立ち上がりのチャンスに畳み込むことができずに、立ち直らせるという、これまた定番の試合展開。
4回表は、ゴメス、マートンの連続ヒットで無死1,2塁とチャンスを掴みましたが、このあとの下位打線で、全くの策なし。こういうシーンでの策なし、打つだけで、ランナーを動かすことすらできないというのも、見慣れた光景ですよねぇ。こういうところでは、送りバントでも良かったと思うし、今成にしても、打ち上げずにランナーを進めるバッティングができればなぁ。チャンスになっても、打率の低い下位打線に回って、何もしなければ、なかなか点に繋げることは難しいよね。

5回は代打の良太が倒れたあと、鳥谷のショートゴロがセーフ判定で、ラッキーな出塁。これ、完全にアウトでしたけどね。ショートのバウンドした送球を新井さんがよく捕球しましたけど、ちょうど審判からはボールが体で隠れるような形になって、目の錯覚を誘いましたか・・・。こういうラッキーを活かせれば、ここも一気にいけそうな場面でした。
ここで大和がヒットで繋いで、一死1,3塁で福留という最高のシチュエーションにはなりましたが・・・大和の打球はコースヒットでしたが、福留の打球は完全に捕えて当たり。これがセカンドベース寄りのライナーになってしまって、大和が帰れずダブルプレー。ゴロ併殺の可能性もあるような打球だったので、大和の判断も難しいところで、結果は仕方ないと思いますが、惜しい攻撃になってしまいました。

「ジョンソンを降板させて反撃も・・・・」
ジョンソンに対しては球数は投げさせられるんですけどね。ちょうど春先にズムスタ参戦したとき、能見さんとの投げ合いで、ジョンソンを早いイニングで降板させてリリーフ陣から点と取って大勝した試合があったのですが、やはりリードを許す展開だと球数が多くても、それなりに抑え込まれてしまうのが、今のタイガース打線なんだろうなぁ。
6回にも、先頭のゴメスがヒットで出塁するも、後続が続かず。やはり上位打線がチャンスメーカーになる展開では、下位が極端に弱くなってしまっている打線では対抗できない・・・・。

そういう意味では、すでに100球を越えていたジョンソンが続投の7回は藤井さんからの打順で、タイガースとしては、当然、代打攻勢でチャンスを作っていきたいイニング。その期待通り、先頭の俊介が、しぶとくセカンドへの内野安打。代打の2番手の梅ちゃんは、ここも粘りは見せてくれましたが、最後は空振り三振ということで、一死1塁で上位打線。
まず、鳥谷がレフトへうまく流し打ってくれてチャンス拡大。一死1,2塁になって、ここでカープはジョンソンから大瀬良にスィッチしてきました。タイガースは大和に代わってセッキーが打席へ・・・・。
そのセッキーが、フルカウントまで粘ったあと、しっかりと引っ張った打球でレフト前のタイムリーで1点差。いい形で点差を詰めて、さぁ福留!という場面になりました。

その福留の打席。高くバウンドした打球で、おもしろいかと思ったのですが、なんとアンラッキーなことに、サード塁上に落ちてくる打球になって、堂林がベースを踏みながら捕球、そして一塁送球で、ここもダブルプレーで攻撃を終ることになってしまいました。

「逆転期待の大チャンスも・・・」
8回、イニング跨ぎの大瀬良に対してゴメスからの攻撃。
まず、大瀬良は慎重になりすぎていたんでしょうか、ゴメスに対してストライクが入らず、まず歩かせてくれました。ここは大きくチャンスを広げていきたいところで、マートンがヒットで繋いで、無死1,2塁で今成。4回と同じシチュエーションでしたが、一球、バントを構えこそしたものの、ここでもヒッティング。左のジョンソンと右の大瀬良という違いもあるでしょうが、ここは今成がうまく引っ張り込んで、これがライト前のヒットになって、無死満塁という絶好の大チャンスを掴みました。

無死満塁は点にならないということも言われますけど、このイニングの大瀬良の内容からいけば、とにかく同点にすれば何とかなりそうな気がしたんだけどなぁ。
このシチュエーションでは、まず最初のバッターが重要とは、よく言われることで、ここで代打の西岡。勝負強さに賭けるという代打でしょうが、正直、ここまでの復帰打席では、らしいバッティングを見せてくれていなかったので、ちょっと不安もよぎるところ。何とか結果を出してくれ・・・と願いながら見ていたのですが、打ち上げてしまいましたねぇ。セカンドフライ。これでは何も起きない。
西岡も本調子ではないとは思うので、代打の順番も逆かなぁと思った、続く代打の隼太は内角低めのストレートを見逃して三振。和田監督も、ここは名前で代打の順番を決めちゃったなと、これは結果論ですが、残念な結果。
二死満塁で梅ちゃん。今年はこういうケースで、何とか二死からタイムリーを打った場面があったので、その再現を期待しましたが、やはり無死満塁で点が取れないパターンにハマッてしまいました。

「最後は力尽きる・・・」
チャンスの潰しあいの様相を呈していた今日の試合。
その中でも、絶対的な無死満塁を逃したあと、8回ウラは注意したいなと思ったのですが、福原は痛恨の2失点。先頭のエルドレッドにヒットで出塁を許したあと、送りバントを決められ、代打の松山の四球のときに、代走の赤松に3塁へ盗塁され・・・・。
福原も一死1,3塁で、より慎重になってしまったか、執拗に3塁への牽制を繰り返すところで、ボール先行。ストライクを取りにいったところを、完全に狙われて、それがライト線のいいところに飛んでいってしまいました。走者一掃の三塁打。これで3点ビハインドとなってしまいました。

最後の攻撃は、それでも鳥谷からという好打順。
まず、鳥谷がヒットで出塁。先頭バッター、どれだけ出てるんだろうか・・・・。鳥谷は昨日に続く、猛打賞だしね。
2番に入っていた坂の打球は、ショート正面の打球で、やれやれ、またゲッツーかという当たりで天を仰ぎかけましたが、これをショートの田中がファンブルする形で手につかずエラー。最後の最後に、またもラッキーでチャンスが広がりました。

福留の打球は、前の打席のように高く弾んだサードゴロ。今度は三遊間寄りだったので、ランナーを進める形になって、一死2,3塁とはなりましたが、こうなると、直前のイニングの2失点が効いてきますね。1点差のままなら、ピッチャーの心理も追い込まれるはずですが・・・・。
この最後のチャンスも、ゴメス三振、マートンレフトフライで結局、得点ならず。

先発が1回もたずに降板した試合で、一打同点、逆転になるようなチャンスも多々あったので、健闘した感はあるのですが・・・・やはり、弱いなぁという印象を強くした試合でしたね。
で、遂に借金生活に再突入・・・・残り4試合。とにかく、踏ん張っていくしかありませんね。

<今日の試合結果>
カープ 5-2 タイガース (24回戦@ズムスタ)
(通算68勝69敗2分 対カープ8勝14敗2分)
[試合開始] 13:30 [試合終了] 17:19 [観衆] 31,792人
[バッテリー]
(Carp)○ジョンソン(6 1/3)(14勝7敗)H大瀬良(1 2/3)S中崎(1)(6敗27S)-石原
(Tigers)●岩崎(2/3)(3勝10敗)鶴(3 1/3)石崎(2)安藤(1)福原(1)-藤井、梅野
[本塁打]
(Carp)丸17号(1)
[盗塁]
(Carp)菊池(1回)、赤松(8回)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
逆転負けでリーグ優勝完全消滅
1回表、幸先よく1点先制するも、先発岩崎がピリッとせず3失点で逆転を許す[E:down] その後継投で粘りを見せると、7 ...続きを見る
けんぴーの回遊録
2015/09/27 18:04
昨日言った通りの負け方
 だからさぁ。もう見飽きたっちゅうねん。昨日言った通りやん。もうええわ!(対広島 24回戦 マツダ 2対5で負け) ...続きを見る
なんやかんや、そしてTigers
2015/09/27 21:48
【阪神】広島に連敗【2015観戦試合?】
(マツダスタジアム) 阪 神100 000 100=2 広 島300 000 02X=5 ...続きを見る
FUKUHIROのブログ・其の参
2015/09/28 11:01
またも拙攻、12残塁で逆転できず
12安打もしながら肝心なところであと1本が出ず。今シーズンは何度こういう試合を見せられたことか。この日の敗戦で数字上の優勝の可能性もなくなってV逸が確定。 ...続きを見る
虎談巷説 阪神タイガース的日常
2015/09/28 16:03
またも拙攻、12残塁で逆転できず
12安打もしながら肝心なところであと1本が出ず。今シーズンは何度こういう試合を見せられたことか。この日の敗戦で数字上の優勝の可能性もなくなってV逸が確定。 ...続きを見る
自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガ...
2015/09/28 16:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
連敗で遂に借金生活再突入・・・【●2-5】 りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる