りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS 不思議な不思議なサヨナラ勝利!【○4x-3】

<<   作成日時 : 2015/09/29 21:51   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 0

今シーズン残り3試合。今日は甲子園での対ベイスターズ最終戦!
先発メッセは二桁勝利のかかった今シーズンのラスト登板・・・・何とか勝って締めて欲しい試合は、スカイAでのテレビ観戦でした。解説は湯舟さん。
3回表二死1塁で、バッター梶谷を三振にとって切り抜けたところからで、2回に筒香、ロペスの連打で先制されて、0-1で1点ビハインド。

「前半、打線に雰囲気なし・・・・」
メッセが1点は取られましたが、一球速報をチェックしたら、そのあとバルにもヒットを打たれて、無死からの三連打を浴びていたようですね。よく1点で凌いでくれたって感じでしょうか。無死1,2塁からの飛雄馬の併殺打に助けられましたかね。

ただ、1点取られた・・・・というのが、今のタイガースにとっては重いんだよね。初回に得点できないと、あとはどうやって点を取っていくのか・・・?
ベイスターズの先発が山口なので、つけいる隙はあるかと思ったんですけど、何かタイガース打線に対して、すごく力を抜いて楽に投げている感じ。実況での関川コーチのコメント。カウント球を狙っていけ・・・・狙っていって凡打では、逆に淡白に見えてしまいますね。4回なんて、大和からの打順で、大和、マートンが初球打ちでツーアウト。ゴメスがヒットを打って、簡単には終りませんでしたけど、今成も平凡なセカンドゴロ。5回もペレスこそ粘りましたが、江越は止めたバットに当ててのセカンドゴロに、藤井さんは粘ることなく高めのつり球を振って三振。

今日もやっぱり、点を取るような雰囲気がないんだよなぁ・・・・。

「メッセ、踏ん張る!」
メッセの調子はどうだったんかな。2回の筒香からの三連打、実況氏はきっちり打たれたのは筒香の二塁打だけだったみたいなことを言っていましたが・・・。まぁ、そのあとのピンチでも、しっかりと抑えきったところを見ると、気持ち的には緊張感もって投げていたのかな。もちろん、二桁勝利もかかっていますからね。

6回表、二死から梶谷にライト線への二塁打を打たれて、筒香の場面。正直なところ、ここはツーアウトでしたけど、大きなピンチでしたよね。ベイスターズ打線の中では、筒香と両外国人のところは、やっぱり怖い。
で、筒香に対してはフルカウントから、フォークをちらつかせながらもストレート勝負。見事にバットに
空を切らせて、ここを切り抜けることができました。

ここで、ちょっと球場の空気も変わった?

「珍しく中盤逆転!」
その直後の6回ウラ。メッセ三振の一死での鳥谷センター前ヒットからの攻撃。大和の打席で、ヒットエンドランを仕掛けました。これはファールになりましたが、そこから山口がボーク。ランナーが走ったことで、やや投げ急いで完全に静止していませんでした。投げた瞬間に球審がコール。
ここは一死ですから、もちろん送りバントはないケースですけど、こうやって動いていくことで、相手ピッチャーの心理も変わってくるだろうし、このあとの展開にも繋がっていくんですよね。まさに、そういう流れを証明してくれたようなイニングとなったのは、ちょっと皮肉。

大和の打球は三遊間深いところへのショートへのゴロ。これが内野安打になりましたが、もし鳥谷が1塁のままだったら?ギリギリでしょうが、セカンドへの送球で短い距離だったからアウトになっていたかもしれません。
そして、一死1,2塁からのマートンのレフト前タイムリーで同点。ゴメスは三振に倒れてしまいましたけど、今成がセンター前への逆転タイムリー。タイガース打線にしては、珍しく中盤に打線が繋がりました。このヒットでマートンが3塁でタッチアウトになってしまったのが、流れの上ではちょっと気になりましたけど、積極走塁、責められないかな。ただ、センターがホームに投げると思ったでしょうかね。

「積極的代打策で貴重な追加点!」
点が入って、ちょっと試合が動きかけた7回表は、ロペスのボテボテのサードゴロが、前進する今成の捕球寸前でイレギュラー。これがエラーになって、直前のマートン三塁アウトと相まって、ちょっとイヤな出塁になりました。
コワいバルに対しては、ボール球を振らせて三振。さらに、メッセにとっては甲子園で逆転スリーランを打たれた記憶も新しい代打の乙坂も三振で、ツーアウト。前回の浜スタでホームランを打たれた嶺井に対してもフルカウントから、サードゴロ。ここは平凡な当たりで、今成がきっちりファーストへ送球。イヤな予感もした7回表も切り抜けて、まずは一息。

無事にジェット風船が飛んでからの7回ウラ。ペレスがレフトフライに終って、なかなか初ヒットが出ない中、江越が右中間へ痛烈な二塁打を打ち、さて、藤井さんどうするかと思ったら、ここはセンター前で繋いでくれました。
打順はメッセ。呉昇桓がいない状況でしたが、和田監督は思い切って代打の福留というカードを切ってきましたね。おそらく、シーズン中だったらメッセを打席に立たせて続投だったでしょうが、今年のメッセの傾向を考えると、ぼちぼちやられそうなイニング、球数に入ってくるところ。やはり得点差を広げるという積極策は良かったんじゃないかな。で、福留はきっちり狙った犠牲フライ。さすがですね。

「8回バタバタ継投で追いつかれ・・・」
2点リードになりましたが、呉昇桓のいないリリーフ陣。どうするかなということで、まず高宮を投入。能見さんがブルペンに待機しているということで、いきなり能見さん来るのかなと思いましたが、ここは奇をてらわずに高宮できましたね。
まずは代打の柳田をレフトフライにとって、一死からトップの荒波。ここもショートゴロにしっかり抑えたのですが、鳥谷捕球の寸前にややイレギュラーでエラー・・・・。
代打に後藤が出てきたところで、安藤にスィッチ。ここで安藤投入なら、代打攻勢も踏まえて、最初から安藤でも良かった気もしますが、それは結果論。高宮自身は仕事はしてくれましたし、ひょっとしたら、荒波を抑えて代打が出たところで安藤というのは、規定路線だったかもしれませんね。

安藤対後藤。初球打ち上げて、サード、ショート、レフト中間のファールゾーンへの打球。何となく危なっかしいなという感じで、今成、鳥谷が譲り合った形で捕球できず。ちょっとミスが重なって、イヤな流れでしたが、最後はボテボテのセカンドゴロに打ち取って、ランナーは進みましたが、ツーアウトまで漕ぎ着けました。
ここから、クリーンアップ。結局、ここを見越しての高宮投入だったんでしょうが、結果的には安藤に任せるという形でしたが、梶谷にうまくレフト前に流されてタイムリー。これで1点差。

筒香を迎えて、ピッチャーは島本。う〜ん、安藤を簡単には代えられないとは言え、筒香のところに島本がくるのであれば、梶谷からでも良かったような・・・。

実況では島本は対梶谷5-0、筒香4-0とのことですが、おそらく、対戦したときの状況が違うでしょうし、この土壇場のシーンは島本にとっては貴重な体験になります。とにかく抑えてくれと祈りながら、キレのいいボールで追い込んで、一球ファール、一球際どいボールから、サイン違いでのパスボールというミスがさらに重なってしまいました。
ここで、心理状態が完全に逆転してしまいましたかね。ストライクが取れずに四球になってしまい、残念ながら仕事ができずに交代・・・・。

福原に代わって対ロペス。追い込んでから、またもや際どいところのボールコールのあと、三遊間を破られて、遂に同点。これだけミスが重なっては抑え切れませんかねぇ。
バルはセカンドライナーに抑えて、何とか同点で踏みとどまりましたけど、これでメッセの勝ちの権利が消滅・・・ミスが絡んだだけに残念な結果になってしまいました。

「勝ちに不思議の勝ちあり!」
同点のまま9回へ。8回のバタバタ継投で、安藤、福原を含めて4人を投入してしまっただけに、継投に関しては、ホームチームながら明らかに不利な展開。とにかく、ベイスターズ打線を抑えつつ、サヨナラの機会を常に作っておきたいところで、歳内を投入。下位打線相手ということで、サクサクと終らせてリズムよく攻撃に移りたいイニングは、期待通り山崎、嶺井、柳田と抑えてくれました。

問題は攻撃陣。どうしても、このところの得点シーンは、1試合1イニングなので、今日は使い切った感もあるんですよね。集中力が続かないのか・・・・。
9回ウラはタイガースも下位打線で、まずは江越でしたが・・・・・三上のスライダーに全くバットに当たる気配もなく、もうベイスターズバッテリーの計算通り、空振り三振・・・・ワンバウンドの完全なボール球を振りましたが、これがキャッチャー捕れずに振り逃げという形で、思わぬ出塁になりました。

俊介は送りバント・・・なんだけど、2球ファール。もう見慣れた光景でしたけど、本当に和田野球はバント多用の割りには下手なんだよなぁ。それでも、俊介がスリーバントを決めると、三上からの送球をロペスが落球?動きを見ていると、自分では捕球したつもりで、ボールはこぼれていたという感じでしょうか。全く送球する素振りもなく、江越はサードへヘッドスライディング。これは好走塁でしたね。
思わぬ形で巡ってきた無死1,3塁のチャンスで、代打セッキー。今季で引退という報道もありましたが、ここで一発大仕事を期待。簡単に追い込まれましたけど、ここからの選球がセッキーの真骨頂。セッキーの顔でしょうか、警戒するバッテリーが最後はパスボールで、江越がホームイン、サヨナラ!

今日はこちらのミスも失点に繋がりましたけど、それ以上に、ベイスターズのミスからことごとく得点を取ることができました。お互いにミスが命取りになった今日の試合は、最後の最後にミスが4つ重なったベイスターズの自滅だったと思います。ラッキーはラッキーですね。
とにかく、勝って甲子園CSに首の皮一枚残りました。スワローズが、今日は負けたみたいなので、明後日の神宮は胴上げ阻止の試合になりそうです。今日のようなラッキーな展開には、なかなかならないとは思いますが、とにかく勝ち続けて甲子園でのCSを最後まで狙っていきましょう!

<今日の試合結果>
タイガース 4x-3 ベイスターズ (25回戦@甲子園)
(通算70勝69敗2分 対ベイスターズ14勝11敗)
[試合開始] 18:00 [試合終了] 21:20 [観衆] 41,951人
[バッテリー]
(Tigers)メッセンジャー(7)H高宮(1/3)安藤(1/3)島本(0/3)福原(1/3)○歳内(1)(1勝1敗)-藤井、鶴岡
(BayStars)山口俊(6 1/3)大原(1/3)須田(1/3)●三上(1 0/3)(1勝1敗)-嶺井
[盗塁]
(Tigers)大和(1回)、俊介(7回)
(BayStars)梶谷(8回)

今日のヒーローは・・・?メッセ、二桁勝利ならずでしたが、ナイスピッチングでした!

BBH2011 PUV 黒カード メッセンジャー(阪神)
コナミ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by BBH2011 PUV 黒カード メッセンジャー(阪神) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プロとして恥ずかしい試合やったね
 同点で迎えた9回裏、先頭打者の江越が振り逃げで出塁。次打者俊介が投手前に送りバント。投手からの送球を1塁手が取り損ね、ぼけーっとしている間に江越は3塁へ。1・3塁の場面で代打関本の打席の時にキャッチャーが大きくボールを後ろに逸らして、江越がさよならのホームイン。(対DeNA 25回戦 甲子園 4対3で勝ち) ...続きを見る
なんやかんや、そしてTigers
2015/09/29 23:54
ヤクルトの優勝は10月1日以降に持ち越しはじめ9月29日のプロ野球の件+α
昨晩はTVでは他の番組を見つつ、ニッポン放送のラジオ中継を聴いていたんですが… 9月29日(火)ヤクルト vs. 広島・24回戦(神宮、33,522人) 広 000 030 010|4 ヤ 001 000 100|2 【バッテリー】 ヤクルト:館山●(6勝3敗)、ロマン、久古、秋吉−中村 広島:野村○… ...続きを見る
ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ3
2015/09/30 06:29
【阪神】DeNAにサヨナラ勝ち!&明後日、観戦します!
(甲子園) DeNA010 000 020=3 阪  神000 002 101X=4 ...続きを見る
FUKUHIROのブログ・其の参
2015/09/30 11:21
タナボタのサヨナラ勝ち
2位がかかっているというのに何ともレベルの低い試合やね。神宮では優勝マジック1のヤクルトと3位滑り込みを狙う広島が必死の試合をしてるというのにねえ。 ...続きを見る
自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガ...
2015/09/30 22:48
タナボタのサヨナラ勝ち
2位がかかっているというのに何ともレベルの低い試合やね。神宮では優勝マジック1のヤクルトと3位滑り込みを狙う広島が必死の試合をしてるというのにねえ。 ...続きを見る
虎談巷説 阪神タイガース的日常
2015/09/30 22:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
不思議な不思議なサヨナラ勝利!【○4x-3】 りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる