りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS 【録画後追い】2015ドラフト会議

<<   作成日時 : 2015/10/24 23:04   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

日本シリーズ、始まりましたね。まぁ、何となく見ています。第一戦、ホークスの松田が打ったり、武田が淡々と好投してたり・・・・去年の日本シリーズを思い出しますね。あれから、もう一年が経ったんだなぁ。今年も本当にあっという間でした。

というわけで、ドラフト関連の記事を書いていなかったので、後追いですが、今年も。
このところ、ずっとドラフトは生中継でチェックできたのですが、今年は録画しての確認作業でした。結果は速報でチェックしてました。もちろん、いつもの参考文献も予め購入して予習もしてました。

↓今年も参考文献はこちら↓

ドラフト2015 (アマチュア野球VOL.39)
日刊スポーツ出版社
2015-10-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ドラフト2015 (アマチュア野球VOL.39) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



指名選手を振り返る前に・・・今年のタイガースのドラフト。いつもと違ったと思いませんか?もちろん、去年まで仕切っていたであろう中村GMが亡くなられて、新監督も直前に決まるという状況もあったと思うのですが・・・・。
タイガースのドラフト指名選手って、ドラフト前にスポーツ紙とかで予想されますが、抽選とかない限りは、上位から下位までほぼ完璧に予想されていることが多いんですよね。もう完全に読まれているか、もしくはリストが直前に洩れているんじゃないかと思うほどの正確さで・・・。
ただ、今年は完全にスポーツ紙の裏をかいた指名だったような気がします。やっぱり事前に公表したり、ガチガチの目玉選手がいる以外は、これが健全だよなぁ。金本監督誕生以来、急速に何かが変わってきているという実感の一端だと思うのは気のせいでしょうか。

では、今年の指名選手の復習です。
【1位指名】高山俊(明治大・外野手)2球団競合→選択権確定
(181cm/86kg 右投左打 評価A)
スポーツ紙を熟読しているわけでなく、ほとんどコンビニやキヨスクで見出しをチラ見するくらいなのですが、当初の一位予想は岐阜商の高橋純平くんが多かったようですし、それ以外でも高校生が候補に上がっていたような気がしますが、蓋を開けてみれば大学生の高山くん。事前にスワローズが指名を宣言していたので、あえて抽選に挑んだって形でしたね。まぁ、他の選手にいっても抽選は避けられなかったでしょうけどね。
で、抽選は例の事件が・・・・実は一位指名はスマホでチェックしていて、最初はスワローズに○がついていたので、金本新監督もクジ引き弱いタイガース監督の系譜を引きずってしまってるのかなぁと思いましたね。で、外れは誰かなぁとチョコチョコとチェックしている間に、スワローズのところに×、そしてタイガースに○となって、???でした。まぁ、録画していたものも見ましたけど、会場やテレビで見ていても???でしたね。
とにもかくにも、抽選で「予定通り」逸材を獲得。参考文献もカラーページ3ページを割いてのクローズアップ記事。実は参考文献には、各球団の指名予想選手の記事があって、メインはやっぱり高橋、そして東海大相模の小笠原、さらには内野手で仙台育英の平沢大河(江越に続くタイガ!)でしたが、一応、その他ということで、高山も名前は載ってたんですよね。だから、ちょっとだけチェックはしてましたが、本当に行くとは思っていませんでした。特集記事でもスワローズ、ジャイアンツが狙っているような書き方でしたしね。
六大学の安打記録を更新しているということで、安打製造機的な位置づけで、あまり波がないということ。足と守備も使えるということで、イメージとしては即戦力なんですが、直前に骨折もしてしまったということもあって、いきなりスタートからという感じではありませんね。で、金本監督の意向としては、もっと大きく育てようという意志を表明しています。掛布二軍監督の名前を出して鍛えることを表明していたことから、即戦力というよりは短期育成で作り直そうとしているかもしれません。そういう意味では、怪我をしたことも不幸中の幸いだったかもしれません。とにかく、スケールの大きな選手に育てて欲しいですね。
あと、おそらくは、スワローズのファンも、彼は気になる存在になるはず。甲子園ではもちろんのこと、神宮でも大暴れして欲しいですよね。

【2位指名】坂本誠志郎(明治大・捕手)
(175cm/77kg 右投右打 評価B)
2位でキャッチャーを指名してきましたね。高山と同じ明治大。去年の横山、石崎に続き、同じチームからの1,2位指名でした。
タイガースの場合は、とにかくキャッチャーが多いんですが、結局、今年もメインは藤井、鶴岡に梅ちゃん加えた布陣で、清水や小宮山は完全に二軍ズレしている状況。その中で藤井さんが引退してキャッチャー1枠が完全に空いたということもあり、そもそも、事前にキャッチャーは指名するっていう話でしたからね。で、指名した坂本ですが、球歴みると、履正社出身なんですね。将来的には梅ちゃん一歩リードのタイガース捕手陣の中で、どれだけ迫れることができるか。持ち味がお互いに違うように思いますし、他のメンバーも含めて「熾烈な」競争を更に激しくしていって欲しいと思ってます。

で、今年の3位以下の選手たち。参考文献ではほぼ情報なしなんですよね。タイガースに入ってからのお楽しみですね。3位以下でピッチャー3人。ただ、タイガースの場合、下位指名のほうが一軍登板が多かったりするんで、侮れませんよ。岩崎は一昨年の6位指名ですし、松田、山本も下位指名。

【3位指名】竹安大知(熊本ゴールデンラークス・投手)
(182cm/70kg 右投右打)
一応、隠し球的な記事もあったかと記憶してますが、去年手術もしているみたいです。今年、上位でピッチャーを指名しなかったのは、ある程度、現有戦力の底上げを考えているんだろうなと感じました。確かに素材がいいのは、いるんだよなぁ。正直、宝の持ち腐れ的なところもあったと思うので、今年獲ったピッチャーは、さらにその次に備えて・・・という感じなんでしょうか。

【4位指名】望月惇志(横浜創学館高・投手)
(188cm/78kg 右投右打 評価C)
今年の指名、唯一の高校生です。身長も一番大きいし、是非とも藤浪に続いていって欲しいですね。タイガース出世指名順位の4位ですしね!

【5位指名】青柳晃洋(帝京大・投手)
(181cm/80kg 右投右打 評価C)
アンダーに近いサイドスローのピッチャー。動画探して見ましたけど、スワローズの高津コーチの現役時代のようなフォームでしょうか。タイガース投手陣、こういう変則的なフォームのピッチャーがほぼ絶滅していただけに、おもしろい存在になってくれるんじゃないでしょうか。意外と早く出てきてくれるかも?と期待。

【6位指名】板山祐太郎(亜細亜大・外野手)
(180cm/79kg 右投左打 評価C)
今年はここで指名終了。1位の高山に続いて、最後に同じ右投左打の外野手の指名。タイガースの外野陣ということになると、どうしても福留、マートンの壁が高く、どんぐりの背比べ。マートンの去就が不透明な上に、福留も年齢の問題があるわけで、もっともっとレベルを上げていかないといけないという危機感が金本監督にはあるんでしょうね。個人的にもそう思いますし、そういう意味での指名のように感じます。鳥谷後継も含めて内野手指名がなかったという指摘もありますけど、この順位になると、陽川、北條辺りと競争できるようなレベルの選手がいなければ、あえて指名する必要もないでしょうしね。

今年も育成指名はなし。
新生タイガース、今までの指名とは一味違ったところをしっかり見せてくれたんじゃないでしょうか。あとは、入ってくれた選手たちが、どれだけ成長し、先輩たちを刺激し、チーム力があがっていくか。やや停滞していたここ数年のチームに、大いに「波乱」を巻き起こして欲しいものです!

過去5年間のブログ記事は↓
2014年ドラフト会議
2013年ドラフト会議
2012年ドラフト会議
2011年ドラフト会議
2010年ドラフト会議
2009年ドラフト会議

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
10/22 プロ野球ドラフト会議2015とその裏でコソーリサッカー天皇杯4回戦抽選の件
本題に入る前に「なかにしむかつく」 藤浪くんお大事に… その藤浪くんは4球団競合の末、阪神に指名されたのは3年前のドラフト会議でしたが… 今年は、 【ドラフト1位】&amp;#10;楽 平沢&amp;#10;D 今永&amp;#10;オ 吉田正&amp;#10;中 高橋純&amp;#10;西 多和田&a… ...続きを見る
ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ3
2015/10/26 09:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【録画後追い】2015ドラフト会議 りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる