りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS 【2016沖縄6日目】第1クール終了!チームの雰囲気はいい感じ・・・もファンのマナーは?

<<   作成日時 : 2016/02/04 23:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

キャンプ4日目。第1クール最終日です。
キャンプインしてから、初めて雨の心配がない一日でした。雨具をホテルに置いて出かけるのは、キャンプ始まって以来初でしたね。

画像


今日も入り待ちから。選手たちは早くに球場入りしてきたのですが、今日は監督、コーチ陣がちょっと遅かったような・・・・。かなり待たされている間に、選手たちはグラウンドに続々と集結してきました。

画像


そうこうしているうちに、監督もコーチ陣も球場入りして、メイングラウンドでのアップ開始。何気なく選手の様子を写真で撮っていて、談笑しているなぁと思った中に、背番号6の金本監督の姿が・・・!?
思い切り、現役選手の中に溶け込んでいるし、何より、全く違和感がないんですよねぇ。

画像


アップ終了後、キャッチボールからトスバッティング、それからシートノックとルーチンでメニューが進んでいきます。さて、今日もサードの守備を注目しようと思ったら、外野ノックのところで、サードには良太とヘイグの2人?さて、今成はどうしたんかなぁと不思議に思っていたら、なんとセカンドを守ってました。今成、セカンドにも挑戦かぁと思っていたら、内野ノックになったところで、セカンドを守っていた大和が、サード、そしてショートに移動。いやぁ、守備位置も一通りではないということなんでしょうね。いろいろと報道されている外野コンバートも含めて、いろいろな選択肢があるってことなのかな。まぁ、アリだと思いますが。

画像


今日の投内連携では、投手陣は福原、能見のベテラン陣に、メッセ、マテオ、ドリスの外国人勢が参加。特にマテオ、ドリスが守備面でどういう動きを見せるかってのは、ある意味、興味深いところでしたね。
最初はやや戸惑い気味のミスも見られましたが、まぁ、それなりにこなしてくれていましたかね。特に、最後のピッチャーゴロ、キャッチャーへのグラブトスってところで、ドリスが見事なバックトスを見せてくれたので、ちょっと安心・・・。

画像


本当は、このあとの盗塁練習、逆に言えば盗塁阻止練習で、マテオ&ドリスの対応を見たかったんですけどね。牽制含めて、やっぱり心配はありますからね。ちなみに、このあとサブで投手陣だけの投内連携で牽制も含めてやってましたけどね。まぁ、こちらは、これからってところでしょうか。
で、盗塁練習・・・・。思い起こせば、和田監督の初年度、いきなりバントゲームってのをやって、これが良くも悪くも、和田野球の集大成であり元凶でもありましたね。そういう意味では、この盗塁練習は、金本野球の原点になってくれると嬉しいのですが・・・ただ、タイガース野球の盗塁、特にこの数年を思い起こすと、やはり企画数は別にして、成功率はもっともっと上げて欲しいですよね。今日の練習の感じだと、やや盗塁阻止練習の比重が大きかった感があって、やや盗塁を成功させるという意識が足りないような気がしました。もっともっと、盗塁の意識を上げていって欲しいな。

画像


盗塁練習が終ったあと、昼食へ。ランチバッティングは、センター後方からチラ見。ちょうど監督が外野にいましたね。監督、ずっとバットを持っていて、たまに素振りしてたりするんですが、打ちたいのかなぁ。試しに打てばいいのに・・・。(笑)

画像


午後はぶらぶらと歩き回っていましたが、今日はサブの練習が充実してましたね。
まずは若手の内野特守。久慈コーチのノックで、北條、陽川、荒木の特守を見守ってました。で、一通り終ったところで、3人でバックトスでのキャッチボールが始まったんですよね。これ、面白いと思いました。

画像


で、このバックトス練習しているときに、ゴメスとヘイグがサブにやってきたんですよね。ゴメスがこの練習を見ていて、かなり気に入ったのか、このあと、北條と2人でバックトス・・・というか、ほとんどレシーブみたいな感じでボール遊びをしてました。で、北條たちが上がったあとに、ヘイグとやり始めました。本当に楽しんでましたね。

画像


さて、その後、今日のメインイベントである全選手参加によるリレーがメイングラウンドで始まりました。これは、今回のキャンプで一番楽しみだった練習。去年の秋季練習でもやったということですが、個人的にはもちろん初めて見る練習ですし、かなり楽しみでした。
やっぱり、勝負がかかると、ついつい、みんな頑張っちゃいますよね。見ている方も、選手の頑張りや順位もひと目で分かるという意味で、スタンドも一体となって盛り上がりました。

画像


最初は5チームに分かれてのレースでしたが、2巡目は下位3チームによる追加レース。最初から、上位2チームと差がついたチームがあったのですが・・・・監督自らのインターセプト?や、認定フライングなんかもあって、思いの他盛り上がる展開に!!

画像


そんなインチキ?もありながらも、結局はみんな勝負師なんだよね。やっぱり、勝つと嬉しいもの。2巡目のレースも大盛り上がりのうちに決着!楽しみながらの全力疾走。見ているこちらも楽しませてもらえました。

画像


で、これで締めとならないところが、また良しですよね。それぞれの練習に分かれていったわけですが、サブグラウンドでのキャッチャー陣の練習を見届けさせていただきました。
矢野コーチのノックで、まずは内野ノックの形での練習があったあと、梅野、小宮山、岡崎の3人がホームに陣取って、矢野コーチはまずショートの位置へ。

画像


矢野コーチのノックを外野からの返球に見立てての、ホームタッチアウトの練習でした。今年からブロックしたらダメというルールに即して、シートノックでも気にして練習していたものを、しっかりと反復練習していました。とにかく、ミットを下から出すということを徹底していて、勝負をかけてのミスはOKということで、何球も練習してましたね。タイガースの選手って、なまじっか周りからの評価を気にして萎縮しすぎなところがありますが、積極的な「正しい」ミスであればOKと言ってくれることで、思い切りのいいプレーが生まれるような気がしますね。そういう意味でも、ここでもいい練習を見させていただけたと思いました。

チームとしては、非常にいい雰囲気で第1クールを終えることができたんじゃないでしょうか。とにかく、選手の気持ちが前向きになっていくように首脳陣がお膳立てをしているって感じですね。うまく乗せていると思いますし、やはり金本監督効果が出ているように思えました。

・・・・が、正直言うと、この第1クール、ファンのマナーはここ10年で史上最低でしたね。選手にサインを求める場面、ファンとしては欲しいという気持ちは十二分にわかります。自分も欲しいですからね。ただ、我先にと殺到する姿は、ここ数年で一番酷い。列ができている場面でも、その列を無視してもらいに行く神経は、正直信じられません。この時期にしてはファンの数が多いということも関係しているかもしれませんが、実際に混乱することでせっかくサインしてくれている選手やちゃんと待っているファンが危険な状態になったりして、途中で打ち切られてしまうことが何回もありました。タイガースの選手はファンサービスが悪いというようなことをよく言われたりするのですが、ファンがこの程度だと、致し方ないなぁというのが正直なところですね。第2クール以降、さらにファンが増えたときに不測の事態が起こらないことを切に願います・・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【2016沖縄6日目】第1クール終了!チームの雰囲気はいい感じ・・・もファンのマナーは? りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる