りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS 【2016観戦記-15】vs.カープ WL9回戦@甲子園【○8-1】

<<   作成日時 : 2016/05/04 21:31   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今日も甲子園へファームの応援に行ってきました。
昨日は、試合には全く影響ありませんでしたが、ちょうど帰りに雨が降ってきて、その後、深夜は凄い風でしたね。そのおかげか、ちょうど台風一過という感じで、今日は朝から雲ひとつない晴天!
ちょっと早めに出ようかなと思い、昨日より30分ほど早めに出発。10時半頃に甲子園に到着しましたが、入場券売り場の列は高速の下を越えて、ショップアルプスくらいまで延びてました。まぁ、昨日より発売時間に近かったんだろうなと思い、そのまま並んだんですが、結局、入場券を手にするまで20分くらい。実は昨日と並んでいる時間的には同じくらいでした。

画像


チケットも手に入れて、さぁ、入場の列はどこまで伸びているんだ?と決意を固めて8号門付近に行くと・・・あれっ?列がない。おそらく、昨日は最初開けていなかった7号門も開いていたので、開門時間も含めて、対応したんでしょうね。
入場の際には、昨日と同じく、掛布監督カード、タイガースプリッツ、そして粉末飲料をタイガースガールズや広報さんから受け取ってスタンドへ。掛布監督カード、昨日は監督バージョンで、確か現役時代バージョンもあると聞いていたので、そっちだったらいいなと確認したら、当たりでした。プリッツの方に入っているフィギュアは村山さん。

スタンド、今日は30分ほど早めに入れたのですが、すでにプリーズシートも開放中。バックネット裏も空いているには空いていましたが、今日はアイビーシートへ。昨日以上に出足が早いと思いましたが、結果、観客動員12,000越え!記録更新しましたね。

画像


今日の先発は、先日、プロ初先発を果たした守屋。リアルタイムで投げている姿を見れなかったので、オープン戦をテレビで見て以来ですかね。
いきなり初回に一死後ストレートの四球を与えたところから、岩本にタイムリーを浴びて先制されてしまいました。序盤は、3回くらいまでは、不安定な感じだったかなぁ。とは言え、初回は外国人2人をしっかり三振に討ち取ってましたし、2回の二死1,3塁のピンチも落ち着いて切り抜けました。3回はファーストのヘイグとショート坂がそれぞれ好プレーでバックアップ。
4回以降は、リードも広がってきたということもありましたが、安心して見ていられるピッチングだったと思います。

画像


いきなり1点を先取されましたが、そのウラにすかさず同点に追いつきました。
一死後に荒木がストレートの四球で出塁。直前のカープの攻撃と全く同じシチュエーションから、どうやって得点していくかなぁと思いながら応援していたんですが、いきなりヘイグがセンターオーバーの二塁打で同点。センターのグラブに触れていたので、うまいセンターなら捕られていたかもしれませんが、打球自体は力強かった。
さらに、3回には再び一死から荒木が四球。ヘイグの打席でランエンドヒットの形で、ヘイグがきっちりとセンター返しのバッティングで一死1,3塁とチャンスを広げました。そして、「四番」上本の犠牲フライで逆転に成功しました。

画像


今日も荒木の足が光ってました。初回、そして3回の得点は、いずれも荒木の四球出塁が起点になりましたが、初回は盗塁、そして3回の場面でも走って、ヘイグのセンター前ヒットで三塁まで進みました。このあとの上本の犠牲フライはいい当たりながら、ライト前へやや浅いフライ。コリジョンルールがあるにせよ、やや際どいプレーになりましたが、うまくスライディングして左手でホームをタッチ。ここで、逆転できたのは、試合展開の上でも大きかったですし、昨日、今日といい働きをしてくれています。

画像


試合をほぼ決定つけたのは、4回の攻撃でした。
いきなり坂の二塁打で始まった攻撃でしたが、中谷、坂本と簡単に倒れてしまい、あっさり二死3塁。俊介が四球を選び、さらに盗塁で繋いだ2,3塁のチャンス。打席の緒方はいい当たりの1,2塁間の打球だったのですが、ファーストの岩本が横っ飛びのファインプレーで、あぁあかんかぁと思った瞬間のヘッスラでしたね。希薄のヘッドスライディングは内野安打になって、2塁ランナーの俊介までホームに返る2点タイムリー。この一打が試合の中で大きな得点になったと思います。

そのあとはイケイケ!一気にタイガースに流れがきましたね。
緒方がすかさず盗塁すれば、荒木がエラーで出塁し、ここで代わった江草から、ヘイグ四球でつくった満塁の場面で上本がきっちりと2点タイムリー!足を使い、ヒットで繋ぎ・・・本当に痛快な攻撃でした。

画像


先発の守屋は6回まで投げて1失点。しっかりと試合をつくって、7回からは田面、小嶋、桑原で1イニングづつの継投で無失点リレー。
特に田面のピッチングに注目したのですが、ストレートに力があり変化球も制球よく、ナイスピッチングでした。三者凡退、2奪三振。良かったと思います。
小嶋はどうしても先入観があって・・・先頭をヒットで出塁させたときは、やっぱりなぁ・・・なんて思っちゃいましたが、そのあとの高いバウンドのピッチャーゴロをうまく処理してダブルプレー。未然にピンチを防いで、とにもかくにもナイスリリーフ。

画像


最後はスカッとホームラン!というわけで、7回ウラに先頭の中谷が打った瞬間に確信できる一発をレフトスタンドへ。ダメ押しでした。このあと、代打の柴田のタイムリーも出て、攻撃面では、もう言うことなしでした。

最終回登板の桑原も先頭にヒットは打たれましたが、そのあと、三者連続三振で締め。完勝でしたし、走りまくり、打ちまくり、ファインプレー満載と、攻守に気持ちいい勝ち方でした。

画像


<今日の試合の観戦記録>
2016. 5. 4 阪神タイガース vs. 広島東洋カープ WL9回戦
阪神甲子園球場 12:30〜15:41 天候:晴れ
主審 梅木 塁審(1)柳内 (2)須山 (3)今岡
観衆 12,631人 自由席(アイビーシート23段80番)で観戦

画像

○阪神タイガース 8-1 広島東洋カープ

[バッテリー]
(Tigers)○守屋(6)(3勝)田面(1)小嶋(1)桑原(1)−坂本
(Carp)●辻(3 2/3)(3敗)江草(1/3)今井(1)永川(1)藤井(1)岡田(1)−中村亘
[本塁打]
(Tigers)中谷2号(1)
[盗塁]
(Tigers)荒木(1回)、俊介(4回)、緒方(4回)、植田(6回)

画像

ウェスタンリーグ初のヒーローインタビューは、3安打1四球1打点のヘイグでした。3打点の上本も有りかなぁと思いましたけど、ヘイグも有りでしたね。インタビューの後半では、スタンドの掛布コールに応えて監督も登場。お立ち台こそありませんでしたが、一軍のヒロインより、贅沢な感じで盛り上がりました。ヘイグも枠の問題で、現状ではすぐに一軍という状況にはないですけど、しっかりと牙を研いで、勝負どころで一軍戦力に戻ってきて欲しいですし、今日の活躍を見れば、必ず期待に応えてくれるように感じました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【2016観戦記-15】vs.カープ WL9回戦@甲子園【○8-1】 りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる