りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS 踏ん張りきれずにホークス戦負け越し・・・

<<   作成日時 : 2016/06/19 18:10   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 0

勝ち越しを懸けたホークスとの最終戦は、今日もスカイAでのテレビ観戦。中継前の虎バン途中からの視聴になりました。解説は黒田さん。
球場からの中継が始まると、いきなり阪神園芸さん大活躍の映像。今日は関西の天気予報を全くチェックしていなかったので、正直「えっ?」って感じでした。昨日、あれだけ好天だっただけにね。いつも思うけど、日本は広いなぁ。
グラウンド整備中の両チームのベンチの様子をいつも以上に映してましたけど、ホークスベンチ、やっぱり明るいなぁ。あれだけ勝っていれば、そりゃ明るくなるでしょうよ。タイガースベンチ、特に若手陣、ちょっと悲壮感漂ってますな。シーズン序盤の前向きなところから、いろいろと壁にもぶち当たって、今は辛抱しどきなんですよね。

ゴメスがスタメン落ち。まぁ、昨日までの状態があまりにも悪かったので、仕方ないですかね、本当は試合の中で修正していきたいところですが、今のタイガース打線に、その余裕はないというのが正直なところでしょう。不幸中の幸いは、今日と明日のバファローズ戦が終れば、リーグ戦まで若干のインターバルがあるということ。ゴメスのバッティングは、それこそタイガースの命運を握る一つの要因であるだけに、ここはタイガースにとっては、いい方向に繋げていきたいですね。

岩貞、粘ってくれていましたが、藤浪、メッセと同じように下位打線からの攻撃で痛恨の失点・・・。
3回に先頭の高田に四球を出したところは、武田のバントを好フィールディングで併殺にとってくれて、この2戦でのホークス打線のプレッシャーを払拭できたと思いましたが、問題の5回でした。ここでも先頭の松田の四球が起点になってしまいました。ここから下位打線に続くところなので、本当なら、何のことなく切り抜けて欲しかったところだったんでえすが、中村晃を三振にとったあと、鶴岡、高田に連続ヒット。高田の打球は、アンラッキーな内野安打でしたけど、鶴岡には、ちょっとボールが高めに浮いてきてましたねぇ。武田三振で、二死まではたどりついたのですが・・・。
結局、打線が点を取れないところで、1点も与えられないという雰囲気で慎重になりすぎたところはあったんじゃないかと感じました。もちろん、ピッチャーと上位打線では、注意のレベルも違いますが、武田へ投じたストレートの威力を持ってすれば、今宮も抑えきれたと思うし、結果的にその今宮に与えた押し出しの四球から、城所にも慎重になった末のボール先行のカウントから、思い切り振り切られてしまってのフェンス越えギリギリでしたが、痛恨のグランドスラム。
勝手にプレッシャーを受けて自滅した感じになってしまいました。

まぁ、こうなったら打線が奮起していかないといけないんですけどね。
ただ、相手は、一昨年の日本シリーズ、去年の交流戦と、全くいいイメージのない武田。今日も、昨日に比べれば、序盤からヒットでチャンスは作りましたが、いずれも二死からというところで、ホームが遠い。ましてや、中盤で5点差がついて、なかなか厳しい展開になってしまいました。
そんな状況の中で、7回に原口のレフト線二塁打から、まず中谷のセンターフェンス直撃の二塁打で、ようやく1点を返しました。また「プロ初」出ましたね。中谷はプロ初打点!やはり、こういう停滞気味なときには、長打が出ることが、一気に雰囲気を変えてくれます。さらには、北條が粘った末に、レフト前にタイムリーヒット。一気に盛り上がってきました。
ただ、下位打線で盛り上がってきたところで、続いていけないのが、現状でのタイガースとホークスの差になってしまっているのかなぁ。代打の高山が三振のあと、鳥谷は四球を選んでチャンスは広がったのですが、西岡が続けず。点差を活かされて、うまくかわされてしまったって感じになってしまいました。

ただ、全く打てなかった武田に対して、ようやく得点。しかも、若手陣のバッティングで奪った得点だけに、終盤、おもしろくなってくるかなぁという流れにもなってきていたのですが、直後に榎田が二死から内川に被弾。この3連戦、特にクリーンアップに対しては、藤浪、メッセは言うに及ばず、リリーフ陣も、今日の岩貞も、うまく抑えていただけに、最後の最後に、この一打は痛かった。こういうところ、詰めが甘いんだよな。逆に、ホークスはこういうポイントを外しませんねぇ。

サクサクと終らせて最後の攻撃に挑みたかった9回表の守備も、青柳を投入しながら、下位打線に対して二塁打、死球、四球で無死満塁。青柳らしいと言えば、青柳らしい暴れぶりでしたが、ここは無失点で切り抜けたとしても、流れを考えれば不合格な内容。で、この場面で、代打の長谷川がきっちりとレフト前にタイムリーを打ってダメを押すホークス打線・・・。

最終回、先頭の中谷のヒット、北條の二塁打と、終盤でのこの二人のバッティングは、負けてなお光明でした。中谷も、思い切り自分のスイングでのヒットが出て、気持ちが楽になりましたかね。ここから、本来の姿を一軍で魅せてくれるでしょうか。期待ですね。
このあと、一気に畳み掛けられればという流れになりかけましたが、代打の梅ちゃんの内野フライで、ほぼ、その流れが断ち切られてしまった感。このあと、鳥谷のセカンドゴロの間の1点、そして西岡のタイムリーで反撃は見せてくれましたけど、そこまでの失点が大きかった。特に、ほとんど防げる失点だっただけに、本当に残念。

今回のホークス3連戦は、先発が揃っただけに勝負になるとは思っていましたし、結局、負け越し。やっぱり、主軸の不振が響いて打てなかったというのが、この結果に繋がってしまいました。まぁ、何とか試合にはなりましたけど、ホークスには、なかなかごまかしが効かなかったということ。やはり、本当の意味での実力をつけていかなければ・・・。

とりあえず、交流戦の残り1試合を有終の美で飾れるように、頑張ってもらいましょう!

<今日の試合結果>
●タイガース 4-8 ホークス(3回戦@甲子園)
(通算31勝36敗3分 交流戦6勝11敗 対ホークス1勝2敗)
[試合開始] 14:12 [試合終了] 17:26 [観衆] 46,552人
[審判] 主審 山村達 塁審(1)芦原(2)福家(3)橘
[バッテリー]
(Tigers)●岩貞(5)(4勝4敗)伊藤和(2)榎田(1)青柳(1)−原口
(Hawks)○武田(7)(8勝1敗)岩嵜(1)森(1)−鶴岡
[本塁打]
(Hawks)城所6号(4)、内川12号(1)
[盗塁]
(Hawks)城所(1回)

終盤、中谷と北條のバッティングには諦めない気持ちが出ていて良かった。まぁ、本人たちは試合の結果よりも、自分の結果だろうけど。なんとなく、一軍にあがってきた若手陣が、結果を求めて小さくまとまりかけている印象というか壁みたいなものを感じていただけに、中谷の最初の二塁打のスイングは、何かを変えてくれるような予感が!・・・若手みんなに、いい影響を与えてくれる一振りになるといいな。

BBM 2013 阪神タイガースカードセット『若虎2013』 BOX
ベースボールマガジン社
2013-09-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by BBM 2013 阪神タイガースカードセット『若虎2013』 BOX の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【阪神】ソフトバンクに連敗&緊急特命
(甲子園) ソフトバンク000 050 012=8 阪    神000 000 202=4 ...続きを見る
FUKUHIROのブログ・其の参
2016/06/19 19:58
岩貞、痛恨の満塁弾
 今日は朝から外出していて、帰宅してテレビを付けたらすでに5点取られて負けていた。満塁から押し出し四球のあとに満塁ホームランを打たれたとか。話になりまへんな。もう中継も見る気を無くしてしまい、録画してあった洋画を見ていた。(対ソフトバンク 3回戦 甲子園 4対8で負け) ...続きを見る
なんやかんや、そしてTigers
2016/06/19 23:36
監督の檄に奮起するも追いつけず
負けたものの若手野手が奮起してくれたのが救い。ベテラン、中堅はしっかりせんかい。 ...続きを見る
虎談巷説 阪神タイガース的日常
2016/06/20 14:14
監督の檄に奮起するも追いつけず
負けたものの若手野手が奮起してくれたのが救い。ベテラン、中堅はしっかりせんかい。 ...続きを見る
自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガ...
2016/06/20 14:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
踏ん張りきれずにホークス戦負け越し・・・ りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる