りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS 甲子園で守り負け・・・してたら、あかんなぁ

<<   作成日時 : 2016/09/06 22:25   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 0

ようやく連敗を脱出してからの、甲子園でのジャイアンツ戦。こちらの連敗も何とかストップして欲しいところですが・・・悩めるエース、藤浪と菅野の先発で始まったカード初戦でした。

今日も前半はラジオを聴きながらの帰宅。藤浪も菅野も球数が多いというか、お互いの打線が粘っていたというか、テレビをつけた時点で、まだ4回ウラでした。最近、平日はほとんどテレビをつけたら終盤以降の展開だったので、すごく長くテレビを見れたような気がします。ラジオの解説は有田さんで、テレビがGAORAで湯舟さんの解説。

まずは藤浪ですねぇ。有田さんが初回から、腕が振れていない。ストレートも球速は出ているけど、それほど威力がない。というようなことを再三言われていました。実際に、ずっと空振りもとれていなかったし、スライダーにしろ、ストレートにしろ、簡単に当てられているという流れでしたね。
先週のピッチングがあったから・・・というよりは、今年ずっと続いている内容を引きずって、あまりにも慎重になりすぎのような気がしました。慎重だから、リズムが出ないし、それは攻守に、あまりいい影響を与えていなかったように思いました。
ただ、先日もちらっと触れたように、今年の藤浪に関しては、もうどんどん悩めばいいのかなぁと思っているんですよね。ここまで順調に勝ち星も増えてきたところで、今年はいろいろと思い通りにいかない状況が続いていますが、それこそが藤浪にとって初めてぶち当たるプロの壁だと思うし、それを自分の力で乗り越えていくことが、将来、本当の意味でエースと呼ばれるために必要な試練なんじゃないかなぁ。・・・・なんて、最近、本当にそう思い始めてますし、しんどいピッチングが続くほど、逆に楽しみになってきています。まぁ、先週みたいなピッチングは、ちょっと狙い下げですけどね。

今日も、なかなか思い通りにいかないピッチングで、リズムも悪いし、重い重い試合展開になってしまいました。そのような展開の中、2回、連打と死球で作ってしまった無死満塁から、長野の犠牲フライの1点のみに抑えた場面。そして、4回、菅野にまさかのタイムリー二塁打を打たれて上位打線に回った場面。さらには、5回の上本の拙い守備から、併殺無失点と思われた打球での再度の上本の悪送球で失点したあと。展開的には、このあと、ガタガタと崩れていってもおかしくない展開のイニングで、何とか踏ん張った点は、良かったんじゃないかな。もちろん、ジャイアンツ打線の調子の悪さに助けられた感はありましたけどね。
ナゴドでのピッチングがありましたから、それを一気に挽回する内容ではなかったものの、まずは再起の第一歩という意味では、収穫あり・・・ということにしておきましょうか。とりあえず、次回の登板ですね。

イタイイタイ1点になった5回の失点。
先頭の阿部のセカンドゴロ、確かにセカンド横のヒットコースの打球でしたが、バックハンドで追いついていただけに、上本にはきっちり捕球してアウトにして欲しかった内野安打がきっかけでした。このあと、一死1,3塁からのクルーズのセカンドゴロも、普通のプレーであれば併殺で、無失点で切り抜けられるという打球でしたから、本当に痛い悪送球になりました。

そんな上本でしたが、守備のミスはバッティングで・・・という形で意地を見せてくれたのが、直後の5回ウラの攻撃でした。二死ランナーなしから、北條がヒットで出たあとの打席で、粘って粘って、最後は三遊間を破るヒットで繋いでくれました。結果的に、このあと高山、福留の連続タイムリーが出て、1点差に迫ることができたというのは、試合展開をわからなくしてくれたし、そこまでランナーを出しながらも、進めることさえできなかった菅野に対して、本当にいい攻撃をしてくれたと思いましたね。
エラーしたあとに、シュンとなってバッティングでも引きずって凡打・・・というのが、若いタイガース野手陣にありがちな姿だっただけに、今日の上本のこの打席は気持ちが入っていて、見せてほしい姿をを見せてくれたように思いました。もちろん、ミスがないのが一番なんだけどね。

今日の試合のポイントの1つとしてチームとして惜しかったのは、ここまで2安打を打っていたゴメスが、続くチャンスで、きっちり三振したところですかね。有田さんが、ランナーがいる場面であれば、攻め方も変わると言っていましたが、まさにそんなピッチングをされてしまって、追いつき、追い抜くチャンスを逃してしまいました。
ここは勢いに乗って、一気にいきたかったし、菅野相手にそういう展開に持ち込めれば、また、さらに勢いに乗っていけたんじゃないかなぁ。さすが、菅野ってところでしたが、ここで一気に行きたかった。

藤浪のあとを受けた松田、サターホワイト、藤川が完璧なピッチングを魅せてくれました。特に、松田は、1点差においついた直後に、きっちりと上位打線を3人で打ちとって、流れを完全に持ってきてくれた感がありましたが・・・9回のマテオが痛い失点。
一死から片岡に四球を出してしまったのがキッカケになりましたが、亀井のセンター前ヒットを柴田が打球をグラブの土手に当てて捕球しきれずに、一塁ランナーを三塁まで進めてしまいました。柴田の守備・・・相変わらず、軽いんだよなぁ。このあと、バッテリーミスで1点に繋がってしまうわけで、きっちり守りきっていればという悔いが残るプレーになってしまいました。
柴田は、そのウラの先頭打者でヒットを打って、上本に続き意地を見せてくれましたが・・・・こうなってくると、上本の守備、柴田の守備。本当にもったいなかったですし、結果的に守り負けと言ってもいい試合になってしまいました。

今日の上本、柴田に限らず、今年のタイガースは守備のミスも本当に多かったし、これを無くすことで、勝敗も逆とまでは言わないけど、全く違ったものになっていたと思う。となれば、今後、何をしていくべきかは、おのずと明らかですね。秋から春にかけて、鍛えるべきところは多いけど、それだけ楽しみも多いと言うべきか・・・。

<今日の試合結果>
タイガース 2-4 ジャイアンツ (20回戦@甲子園)
(通算55勝70敗3分 対ジャイアンツ 6勝13敗1分)
[試合開始] 18:01 [試合終了] 21:47 [観衆] 36,231人
[審判] 主審 嶋田 塁審(1)橘(2)土山(3)丹波
[バッテリー]
(Tigers)●藤浪(5)(6勝11敗)松田(1)サターホワイト(1)藤川(1)マテオ(1)−坂本、原口
(Giants)○菅野(6)(9勝6敗)H田原誠(2/3)H山口(1/3)Hマシソン(1)S澤村(1)(4勝3敗35S)−小林誠
[盗塁]
(Giants)長野(1回、4回)

それにしても甲子園で勝てませんねぇ。やっぱり、甲子園では守備をしっかりしなければ・・・ということを、今さらながら、再度痛感した試合でした。明日はしっかり守りきって、勝ちましょう!

阪神タイガース 甲子園伝統の一戦 3連戦3連勝伝説 [DVD]
ポニーキャニオン
2014-07-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 阪神タイガース 甲子園伝統の一戦 3連戦3連勝伝説 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【阪神】巨人に完敗
(甲子園) 巨 人010 110 001=4 阪 神000 020 000=2 ...続きを見る
FUKUHIROのブログ・其の参
2016/09/07 05:11
甲子園で巨人で勝てない阪神とW杯アジア最終予選日本2-0タイの件をメインに、9月6日の野球・サッカー...
まずは、甲子園の阪神対巨人20回戦の件。ダイジェスト動画をどうぞ。 「柴田さるほー」9月6日【阪神×巨人|甲子園|36231人|3時間46分】[巨|010 110 001 = 4|10H/残塁10][神|000 020 000 = 2|10H/残塁7](勝)菅野[9勝6敗](S)沢村[35S](敗)藤浪[6勝11敗]&amp;mdash; T… ...続きを見る
ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ3
2016/09/07 06:20
菅野を攻略するも守りのミスで試合を落とす
ミスがなければ勝てたかもしれない試合。菅野から今季初自責点を奪ったというのにもったいない。 ...続きを見る
自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガ...
2016/09/07 12:48
菅野を攻略するも守りのミスで試合を落とす
ミスがなければ勝てたかもしれない試合。菅野から今季初自責点を奪ったというのにもったいない。 ...続きを見る
虎談巷説 阪神タイガース的日常
2016/09/07 12:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
甲子園で守り負け・・・してたら、あかんなぁ りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる