りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS シーズン終わりの甲子園7連戦は再逆転負けスタート・・・

<<   作成日時 : 2016/09/14 22:27   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 0

関東最後の試合も終わり、火曜に試合がない日程で、何となくシーズンも終わりっていう雰囲気を実感してきています。そして、今日からは、もう一つのシーズン終盤の風物詩、変則長期連戦です。今年は甲子園での7連戦。今日も雨が降る中の試合で、天候の具合も気になるところですが、多少の雨なら強攻していくんでしょうね。

以前から書いていますが、個人的にはCSは反対。でも、今年のような状況で、まだわずかながらも可能性があるというのは、正直、ありがたいなと思っています。というのも、今年は例年になく、若手が起用されてきているものの、監督が言っているように最後まで緊張感を持って「結果」を出すことが重要。その舞台装置として、やはり「勝負」を背負った場面での経験値というのは、所謂、消化試合における経験値とは段違いの差があるはずなんですよね。
CSのない頃は、それこそ消化試合になってから、若手に経験を積ませるために出場機会を作る・・・ということが、よく言われていたし、実践されてきたと思うんですが、昔から、それはあまり意味がないんじゃないかなぁと思っていたのも事実だし、実際に残り数試合に申し訳程度に一軍の試合に出るくらいなら、今の時期から来季に向けて猛練習を始めた方がいいと思います。
そういう意味で、今季、ここまで経験値を積み重ねてきた若手陣に関しては、さらにCSに出ることの価値は大きいんじゃないかなと思うんですけどね。ただ、そこに至るまでの残り11試合というのは、ゲーム差を考えると、さすがに少なくなってきたのも事実ですから、実際には、その残り試合で、より上を目指す勝負をしていく中で、どういう姿を見せてくれるかっていうのが、ここからの注目ポイントなんでしょうね。

という目で見たときに今日の注目は、やはり藤浪と、ようやく一軍にあがってきた梅ちゃんのバッテリーでしょうか。今季は本当に苦しんだ二人ですけど、その苦しいところから何を学んで、這い上がっていくキッカケを残り試合の中から掴んでいくか。あまりいいイメージがないカープ戦で、あえて藤浪を先発させるという首脳陣の意図の中にも、そういう点は当然あったはず。

今日の試合はラジオで下柳さん、テレビはスカイAの岡さんの解説でチェック。
問題の立ち上がり。う〜ん、自己最速の159キロ、160キロと遂に大台を越えるストレートはあったものの、いつものようにボール先行でランナーを溜めて失点するというパターン。下柳さんの指摘にもあったのですが、ストライクが欲しいときにストライクが入らず、ボールでもいいときにはストライクコースに入って打たれるというピッチングでしたし、初回はラジオで聴いていたので、実際のところは確認できませんでしたが、ストレートと変化球の腕の振りも明らかに違ったようですね。
ここは、藤浪自身の精度が今日も低かったということもあるでしょうし、梅ちゃんの配球の問題も多少はあったかもしれませんね。
ただ、2回に四球で出した田中の盗塁を梅ちゃんが余裕の送球で刺して以降、まずまず内容のあるピッチングは見せてくれたかなぁと思いました。

ただ、味方がチャンスを作りながら、あと1本が出ずに、なかなか同点に追いつけない試合展開の中でクリーンアップを迎えた6回表。ちょっと嫌な流れがあるかなぁというところで、先頭の丸をストレートの四球で出してしまい、さらに盗塁。今度は梅ちゃんの送球がワンバウンドになるところを北條が止めきれずに三塁まで進めてしまい、結局、鈴木にタイムリーを打たれてしまいました。
試合展開としてはタイガースが押していた上に、なかなか点が取れない悪い流れの中で、それでも抑え込んでいって欲しいのが、エースのピッチングなんだよなぁ。そうすることで、流れをこちらに呼び込むということもできるだろうし、それができるのが勝てるピッチャー。藤浪には、そのレベルを求めているだけに、初回はともかく、この6回のピッチングは残念でした。

結局、7回も先頭の代打の西川に四球を与えたあと、田中と菊池は抑えましたが、丸と迎えたところで、球数もあったでしょうが高橋に交代。いいところも垣間見えましたけど、全体的には、今日も物足りなかったかな。前回も書きましたが、今季の藤浪。いろいろと試行錯誤、苦しめばいいかなとも思うし、こうした負の経験も経験値として将来に積み重ねていって欲しいな。

試合は7回ウラに、今季のカープらしからぬ四死球とエラー2つのノーヒットで同点に追いつかせてもらったあと、ゴメスのタイムリーで逆転したものの、その直後にサターホワイトが、ここもまた四球をキッカケに打たれて再逆転を許してしまいました。最終回、チャンスは作るものの、結局、最後はカープペースで終ってしまったという感じでしたね。再逆転する力がないというよりも、序盤からの試合の流れで圧倒できるところを、できなかった。させてもらえなかったという試合だったでしょうか。
だからこそ、やっぱり藤浪に踏ん張って欲しかったし、それができれば、十分にカープとも張り合える試合でしたけどね。

<今日の試合結果>
タイガース 4-6 カープ (24回戦@甲子園)
(通算56勝74敗3分 対カープ 6勝18敗)
[試合開始] 18:00 [試合終了] 21:43 [観衆] 46,341人
[審判] 主審 佐藤 塁審(1)橘(2)山本貴(3)丹波
[バッテリー]
(Tigers)藤浪(6 2/3)高橋(1/3)●サターホワイト(1)(1敗)松田(1)−梅野、原口
(Carp)薮田(6)(勝敗)○九里(1)(2勝2敗)H一岡(1)S中崎(1)(3勝4敗34S)−會澤、石原
[本塁打]
(Carp)ルナ4号(1)
[盗塁]
(Tigers)上本(7回)
(Carp)丸(6回)

今日の下位打線は祐太郎、隆太郎、晋太郎の三太郎でしたね。来季は、この三人でのヒーローインタビューを見てみたいな。

阪神タイガース 甲子園が一番や!ワッペン
シャープ産業株式会社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 阪神タイガース 甲子園が一番や!ワッペン の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
鯉さん、まだ勝つんでっか?
 カープさん、もうええやん。そんなに一所懸命やらんでも。と思ってしまいましたねえ。優勝した後も手を抜かずやってくれますわ。ホンマ強いです。恐れ入りました。(対広島 24回戦 甲子園 6対4で負け) ...続きを見る
なんやかんや、そしてTigers
2016/09/15 00:19
9月14日のプロ野球の件を前振りに、『長尾先生、「近藤誠理論」のどこが間違っているのですか?』
まずは、昨日のプロ野球の結果をまとめて。 【9月14日のパ・リーグ】 ◇西武2―1ロッテ(QVCマリン)  西武は十一回、浅村が勝ち越し本塁打。10回1失点の岸に勝ち星をつけた。ロッテは角中のソロで追いついたが、5番手の内が打たれた。なお、この試合で西武・岸が… ...続きを見る
ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ3
2016/09/15 06:25
中継ぎが打たれて逆転負け
終盤に逆転しながら、逃げ切りに失敗。セットアッパーを誰に代えても同じや。 ...続きを見る
自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガ...
2016/09/15 12:21
中継ぎが打たれて逆転負け
終盤に逆転しながら、逃げ切りに失敗。セットアッパーを誰に代えても同じや。 ...続きを見る
虎談巷説 阪神タイガース的日常
2016/09/15 12:21
【阪神】広島に完敗
(甲子園) 広 島200 001 021=6 阪 神100 000 300=4 ...続きを見る
FUKUHIROのブログ・其の参
2016/09/15 19:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シーズン終わりの甲子園7連戦は再逆転負けスタート・・・ りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる