りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS 【2016観戦記-57】ファン感謝デー@甲子園【番外編】

<<   作成日時 : 2016/11/19 23:58   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

5年連続、今年もファン感謝デーで応援締めをしてきました!
天気が心配だったのですが、何とか保ってくれましたね。曇り空でしたが、時折、陽の光も差し込んできて、無事に開催できて、本当によかったです。ただ、さすがに夜から朝にかけての雨でグラウンドコンディションはよくなくて、イベント自体には多少影響あったかなぁとは思いましたが・・・。

画像


そういえば、最初にファン感にきた4年前も天気がよくなくて、途中、雨に降られた記憶が蘇ってきました。あのときは1アルだったので、ポンチョ着て観ていたなぁ。今年はグリーン席だったので、多少の雨なら大丈夫な状況でしたけど、降らないなら、その方がいいですからね。
で、その4年前の1アルから、実はレフト、3アル、プリーズと毎年、席を代えながら、遂に今年はグリーンシート。ファン感は、チケット入手するまで、どの席になるかわかりませんが、ライトスタンドは飛ばしましたものの、5年をかけて無駄なく一周することができました。

画像


今年も入場前のハイタッチ会のチケットを虎友がゲットしてくれていて、去年に引き続き参加することができました。去年は確か3レーンあって選手も5人でしたが、今年は2レーンで並んでいた選手の数も大幅アップで10人ほどだったかな。そんなに待機してくれているとは心の準備もできていなかったし、ハイタッチは一瞬なので、誰がいてくれたのか半分くらいトンでしまった・・・。で、いきなり最初に高山がいたわけですが、タッチした左手の豆がすごくて、これだけでも今日の収穫だったような気がします。安芸で振り込んでいたんだなぁというのが、まさに実感できたわけで来季への期待感が更に高まりましたね。
ハイタッチ会が終ったところで、場内に入場。去年と同じようにアーリーイベントで開催時間までマッタリな時間を過ごしました。今日は天候もはっきりしない感じだったからなのか、場外のグッズ売り場もかなり長蛇の列だったからなのか、スタンドへの入りもみんな早めだったのかな。球場内の売店が凄く混んでました。

画像


そして、12時をまわったところで選手入場。ハイタッチ会に上本も秋山もいたのですが、さすがに背番号は変わっていなかったので、当然、今年のユニで出てくると思ったのですが、球児だけはすでに22になって登場でしたね。さすがですね。もうかなり前から決まっていたんでしょうね。

画像


西岡が元気な姿を見せてくれたのも良かった。入場の際はミニセグウェイに乗ってきて、まだまだ万全じゃないのかなぁという感じでしたけど、こういうイベントは姿を見せてくれるだけでも、嬉しいものですから。で、このセグウェイが後のイベントの前振りになっていたとは・・・。

画像


上本選手会長の挨拶のあと、監督が出てきて、恒例の来季スローガンの発表。ただ、今年はすでにマスコミで流れてきていたので、去年の超変革に比べたらインパクトは小さかったかなぁ。ただ、サブで今年もついている英語の部分・・・"Tigers Change"・・・まだまだ変わっていくぞという、超変革の次段階をしっかり意識しているところも示して、いい感じです。

画像


イベントのプログラムを見ると、去年の流れをそのまま引き継いでいるところがあって、しばらくはこれが定番になってくるのかな。まずは選手がスタンド内に入って○○なファンを探すというコーナー。今年もそっくりさんを探すということでしたが、あの広いエリアをそれぞれ1人、2人で探すというのは、かなり無理があるような・・・なんですが、それぞれ個性的な面々を連れてきていて、なかなか良かった。
このあと、去年もあったトークコーナーのコーチ編。このあと、選手編もありましたが、タイガースコーチ陣もキャラが立っているので、話もおもしろかったですね。

画像


チーム対抗戦。去年はラジコンリレーで「森越ダッシュ」という瞬間流行語?も生み出しましたが、今年は縄跳び対決。これ、結構、参加した選手たちも体力消耗していたみたいですが、キャンプメニュー昇格もありかな。

画像


リレー対決もありました。ここでセグウェイ登場。頭の上のボールを落とさないようにして、セグウェイ乗ってリレーするという内容でした。結構、みんな器用に乗りこなしていましたが、ボールを落とさないようにするのが、むしろ難しかったみたい。
で、このリレー対決。内野のグラウンド状態が悪かったからかなぁ。たぶん問題がなければグラウンド一周だったような気がします。外野の往復になってしまって、ちょっと内野側から遠くて残念でした。

画像


恒例の新人仮装大会もありました。去年はグラウンドでの生着替えでしたが、今年は五輪選手に扮してベンチから出てくるという趣向。相変わらず、今年も今成が目立ってましたね。とりあえず、ファン感に関しては今成は別枠になったようで、表彰なし。まぁ、それでいいと思いますけどね。来季はシーズンで目立って欲しいな。

画像


選手たちのトークショーのあとは、いよいよラストのイベント試合・・・だったんですが、今年は若手対OBの真剣勝負ということで、いつものような試合形式ではありませんでした。登場OBは桧山さんと下さん。去年に引き続きの登場でした。
まずは桧山さんと松田、岩崎の対戦。現役チームが桧山さんを2打席抑えてくれましたが、最後のセンターライナーの当たりは、さすがひーやんですね。桧山さんも言っていましたが、現役チームも力が抜けて、逆にいいボールが行っていたんじゃないかな。2人には来季、リリーフとして期待が高まってますから、しっかり怪我せず、頑張って欲しいですね。

画像


マウンドは下さんに代わって、対するバッターは北條、高山、原口の超変革3人組でした。
こちらは逆に下さんが三者凡退に討ち取るピッチング。いずれもフルカウントになった後のボール球を打ってしまった三人でしたが、これはイベント的に無理矢理打ちにいったって感じだったのかなぁ。高山なんて、ワンバウンドのボールを当てて、三塁線のピッチャーゴロ。討ち取られた中にも、さすがのバットコントロールを見せてくれました。

画像


そして、下さんがマウンドに上がったときにキャッチャーも交代・・・というアナウンスがあって、矢野コーチかなと思ったら、ここでサプライズの鶴岡登場。引退イベントなかったもんなぁ。というわけで、下さんの好投の要因として、鶴岡のリードも一役買ったはず。
対決が終ったあと、鳥谷から花束を受け取り、そして胴上げ。キャッチャーの防具したままの胴上げって、なかなか大変そうでしたが、見事に4回宙を舞いました。お疲れさま!

画像


そしてフィナーレ。今年の表彰は敢闘賞で青柳、板山のルーキーコンビに、ベテラン福留の3人。そして、MVPは遂に今成の牙城を崩して、原口が受賞でした。チーム対抗では、原口チームをしっかり率いてましたし、本当に今年は大飛躍の年になりましたよね。来季以降もしっかりと地位を築いていって欲しいですね。
このあと、六甲おろしに乗って、場内一周かなという例年の流れですが、今年は内野から外野方向へ行って挨拶、そして内野に戻ってきて解散という形でした。これもグラウンドコンディションかなぁと思いつつ、今年も終ってしまいました。

今年は優勝こそ逃しBクラスに終ってしまいましたけど、今年のファン感の活躍メンバーを見ても本当にチーム変わったなぁという一年になりました。来年こそはチャンピオンフラッグの元でのファン感、期待したいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
11/19 阪神タイガースファン感謝デーと湘南ベルマーレ「2016感謝の集い」の件←どっちも行ってな...
昨日は、阪神タイガースファン感謝デー(一般公募・抽選で5,000名ご招待)と湘南ベルマーレ「2016感謝の集い」(「2016ベル12 シーズンチケット付きコース」および「法人シーズンチケット」購入者限定)があったわけですが、いずれも行けず。 本日19日(土)の「ファン感謝デ… ...続きを見る
ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ3
2016/11/20 09:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【2016観戦記-57】ファン感謝デー@甲子園【番外編】 りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる