【2012観戦記-29】vs.カープ15回戦@京セラD【8勝16敗3分】

・・・・・・・・・・・漫画のような逆転負け・・・・・・・・・・・・
2012. 8.11 阪神タイガースvs広島東洋カープ15回戦
京セラドーム大阪 18:00開始~21:07終了 天候:曇り
主審 丹波、塁審(1)白井 (2)友寄 (3)杉本
観衆 34,118人 スペシャルAシートIブロックスタンド中央12通路下段18列61番で観戦

123456789TOTAL
Carp
Tigers

(対戦成績6勝8敗1分、通算35勝54敗10分:5位 24.0差)
[バッテリー]
(Tigers)能見(7 1/3)●福原(2/3)(3敗1S)加藤(1/3)鶴(2/3)-藤井
(Carp)バリントン(6)○横山(1)(1勝)H今村(1)Sミコライオ(1)(2勝3敗15S)-石原
[本塁打]
(Tigers)上本1号(1)
(Carp)エルドレッド5号(2)

今日から夏の集中観戦の後半戦です。というわけで、またお昼過ぎに神戸に戻り、一息ついてから、京セラドームへ向かいました。阪神なんば線でドーム前駅へ。今日も開門時間に京セラドームに到着。やっぱりドームということで、客足は早かったですか?甲子園だと、開門直後に入り口に並ぶことなく入場できるんですが、今日はすでに結構並んでいたなぁ。

画像
さて、京セラドームだと、まだ勝利のアイテムも確立していないんですけど、去年はスワローズ相手に3タテしたときに、確かたこ焼き食べたなぁということを思い出して、ちょっとうろうろして、たこ焼きを購入することにしました。で、売店に行くと・・・ハバネロたこ焼きという文字を目にしました。ちょっと店の人に聞いたら、かなり辛いとのこと。ちょっと挑戦することにしました。確かに辛かったんですが、なかなか癖になりそうな感じ。これが勝利のアイテムになってくれるとうれしかったのですが・・・。

さて、今日のオーダーも上本、俊介の1,2番に、4番に良太。1,2番はタイプ的にもハマルかなぁと思うんですが、この数試合見る限りでは良太の4番はまだキツイなぁという感じなんですけどね。将来的に4番として育てようということなんでしょうか。その辺りもはっきりしないんですけど、やはり4番となるとチームの勝敗をそれこそ背負わなくてはいけない存在。特にタイガースの場合は、現状を見ているだけでもわかるように、周囲が必要以上にウルサイわけで、そういう洗礼を受けている兄貴や金本に託すべきなんじゃないかなぁと思っています。仮に良太に将来の4番を託すとしても、今の打線の状態で矢面に立たせるのは、明らかに時期尚早。他のチームの場合を考えてみても、若手の4番を育てる場合は、その周りがしっかりとカバーする態勢を作らなければ・・・そういう意味で共倒れになる可能性もありますし、良太4番っていうのは、ちょっと唐突感もあるんですよね。まぁ、こういう状況を良太自身が乗り越えてくれると、うれしいんですが、打線全体の調子を含めて、ベンチの考えがよくわかりませんね。

画像
で、ハマルかなぁと思う上本、俊介の並びにしても、ベンチがそれを全く活かしてないなぁと思ったのが、初回の攻撃。能見が最初のピンチを乗り切って、ここは一気に流れをつかんで優位に進めたいところ。
上本がしっかりとヒットで出塁して、それからですよね。ここでは執拗に書いてることですが、今のチームの悪い流れの中で、序盤にきっちりバントで送って・・・という作戦は、自ら試合を重くしてしまっていると思うし、相手に対しても精神的に楽にしちゃっていると感じるんですよ。東京ドームの試合のテレビ中継で、誰だかが解説で、今のタイガースはきっちりランナーを送って1点を大事にしなければみたいなことを言っていたんですけど、バントで送ることが得点圏にランナーを置くということよりも、アウトを1つ増やしてしまうという側面の方が大きい現状があるし、じゃあ1点を取ったところで後が続くのか、その1点をきっちり守りきって最後の藤川に繋ぐことができるのか・・・というと、ことごとく、それができていないというのが、今シーズンずっと続いているわけで、何か大きく変えて打開して欲しいところなんですよね。

で、上本がいきなりヒットで出塁したあとの俊介。まぁ、諦めていましたが、作戦はやっぱり送りバント。これだと、せっかく足のある上本、俊介を並べた意味がないし、相手のピッチャーも楽でしょ。足を絡めるなり、ピッチャーを牽制するなり。この2人を並べることで、選択肢は大きく広がらなきゃいけないのに、結局、マートン、平野とかの1,2番の並びのときと同じ作戦しかとれない。ただ、若手を使うだけじゃダメっていうのは、こういうところで、出すなら出すで、それなりの舞台を作ってあげなければ・・・。
鳥谷の内野安打の間に、上本は三塁に進んだんですが、結局、良太が倒れて無得点。バントにより一死が結局、良太がヒットを打たなければいけないという状況になって、あと一本が出ないという結果になってしまいます。もう、こんな立ち上がりが何試合あったことか・・・。今度暇になったら、集計したいものです。

今日の能見は良かったんでしょうか、イマイチだったんでしょうか。基本的には良かったと思ったし、かなり安心して見ていられるピッチングではあったんですが、二死から長打を打たれたり、ピッチャーに対してカウント悪くして打たれてみたり。まぁ、でも二死から打たれても、たぶん大丈夫だろうなという内容のピッチングはしてくれていたと思いました。ただ、こういうきっちり抑えられるところを、抑えられないことの精神的、肉体的な疲労は終盤に効いてくるんだよなぁ。

画像
今日の先制はタイガースでした。下位打線からの攻撃で、簡単に二死になったあとの上本の一発。膠着状態で、バリントンも調子があがってきたところだっただけに、値千金のホームランでしたね。まさか、上本!?ということで、カープに対するダメージも大きかったと思うんですが、これで優位な流れになるかというと、決してそうではないのが、今のタイガースの苦しいところ。
それでも、能見のピッチングである程度は抑え込めるという雰囲気だったし、正直なところ、カープ打線も実は迫力なくて、あまり調子もよくないかなぁと言ったところで、何とかこのまま勝って欲しいなという展開でした。

ちょっといやな流れを感じたのが7回裏の攻撃で、一死から藤井がヒットで出塁してからの能見のバント。終盤1点差で能見ですから、当然、ここは二死になってでもバントでOK。ただし、これを能見が失敗するわけですよ。バントが前に転がらない。能見にしては珍しいなという部分と、昨日までの悪い流れがプレッシャーになっちゃったかなという部分がありましたね。

で、ちょっとイヤなイメージの攻撃が終わったあとの8回表。いきなり赤松にヒットを打たれ、きっちり送られて・・・。ここで、ピッチャーは福原に交代。この交代はまぁ妥当でしょうね。ここで代えるんなら、このイニング入ったところでという悔いは残りますが、それはもう結果論ですしね。
ただ、ちょっと気になったのが、エルドレッドの存在。昨日は岩田からホームランを打ちましたけど、今日の能見を含めて、どうもサウスポーの方が合っていないようなバッターというのが、先週そして今週見ていて感じたことで、特に先週の安藤からの二発は強烈でしたからね。で、福原相手となると、ちょっと安藤との対戦が脳裏に浮かんだのは、正直なところでした。そういうこともあって、慎重に攻めていたとは思うのですが、フルカウントからのボールが・・・きっちり捕えられてしまいましたねぇ。もう漫画みたいに、まさにここしかないというホームランで一気に逆転されてしまいました。
福原自身は、このホームラン以外は、きっちりカープ打線を抑えてましたからね。本当にここだけという感じです。

ただ、ガックリしている暇はもうありません。8回裏、俊介の代打・今成がクリーンヒットで出塁して、鳥谷。いきなりバントの構えが出て、おぃおぃまたかよ・・・と思ったのですが、そのあと、今成の代走・大和が盗塁成功。こういう攻撃をもっともっとしていかなければ。これで一気にチャンスは広がったわけです。
ただ、ここで鳥谷が大和を三塁に送るバント。ちょっとセーフティ気味で、一塁も際どいタイミングでしたけど、正直なところ、カープはこれで助かったと思ったんじゃないかなぁ。
タイガースとしては、ここで一気に逆転して、最後に藤川を出すというパターンで勝ちたいところ。逆にカープとしては、無死2塁というところで鳥谷って、一番イヤな場面だったんじゃないでしょうか。それをバントでアウト1つくれたわけですから、同点のピンチであっても、精神的にはイケルとなったのは想像に難くありません。この精神的な部分は大きいわけで、大和の盗塁でちょっと追い詰められたところを、鳥谷のバントで楽にしてしまったと思うんですよね。

画像
で、この場面で良太。東京ドームのこともあったんで、まさかスクイズしないよねとは思いましたが、この場面で良太は完全に力入りすぎでしょう。そういう場面にあえてしたんだから、これはベンチの責任だと思うんですけど、ピッチャー返しの打球は今村がうまく捕球して、飛び出した大和が挟殺プレーでアウト。大和が粘ってくれて、良太が三塁まで来ることができたので結果的に三塁にランナーを残すことができたのですが、アウトカウントは1つ増えてしまいました。
流れが悪くなると、それを逆流させるのは、かなりのエネルギーが必要なわけで、続く平野も強い当たりの三塁線の打球ながら、三塁手のジャンピングキャッチにあってのサードライナー。結局、この絶対的チャンスも無得点。返す返すも、鳥谷のバントに悔いが残ります。

余談ですけど、これだけバントしてランナー進めても得点できないシーンばかり見ているので、バントを禁止してほしいとまで思っているんですが、総バント数でいうと、タイガースが一番少ないらしいですね。まぁ、今日もあったけど、失敗も結構あるし、どちらにしても、今年のタイガースにとっては、効率的な攻撃ではないのは確かみたいですね。

最終回を残してましたけど、結局、この8回がラストチャンス。たった1点ですが、今日も、その1点がはるかに遠く届きませんでした。力及ばず、応援で連敗を止めることができませんでした。

まぁ、先週にしても、最初の観戦で連敗を伸ばしたものの、その次の試合から3連勝しましたからね。また明日、頑張って応援します!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 若手を使こうて若手がホームラン打ったけど負けた

    Excerpt:  どこまでもどこまでも負け続ける弱猫タイガース。若手を使え若手をつかえって、アホのひとつ覚えみたいにゆわれとる和田さんやけど、若手使こうとるやないの。きょうかて、マートンを外して、上本、俊介、伊藤を使.. Weblog: とつぜんブログ racked: 2012-08-12 04:34
  • 男・村田ボクシング男子ミドル級金メダル&女子バレー日本、韓国を下して銅メダル獲得\(^o^)/など8/11のロンドン五輪+プロ野球+高校野球+Jリーグ

    Excerpt: まずは、時系列的に早い方で日本女子バレーの銅メダルおめでとうございます。 ssasachan / スーパーサウスポーあさちゃん。やはり、そこが女子バレーと男子サッカーとがまったく真逆の結果になった大き.. Weblog: ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2 racked: 2012-08-12 09:18
  • 上本キュン先制今季第1号もフイ、今日は福原が被弾しベンチで能見が涙目…ファンも涙目の今季初8連敗

    Excerpt: ●阪神1-2広島○/京セラドーム大阪 折角上本キュンが、 正真正銘オトコマエ先制アーチを放ったのに… 元祖オトコマエ・ワサオ藤井の復習が足らず、 またしてもアメリカの新車のよう.. Weblog: 勇皇の気炎万笑~野球と虎道楽~ racked: 2012-08-12 09:37
  • ここへ至っても目先の1勝に拘り勝利を逃す

    Excerpt: [画像] 阪神1-2広島 広 島 000000020=2 阪 神 000010000=1 通算=35勝53敗10分 対広島15回戦(阪神6勝8敗1分) 【投手】 阪神=能見-★福原(0勝3敗.. Weblog: 虎虎虎 racked: 2012-08-12 10:00
  • 【阪神】広島に逆転負け

    Excerpt: (京セラドーム大阪) 広 島000 000 020=2 阪 神000 010 000=1 <投手> (広)バリントン-横山-今村-ミコライオ (神)能見-福原-加藤-鶴 ○横山1勝 Sミコライオ2.. Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参 racked: 2012-08-12 10:00
  • ここへ至っても目先の1勝に拘り勝利を逃す

    Excerpt: Weblog: 虎虎虎「ミラー版」 racked: 2012-08-12 10:00
  • 江草佳江

    Excerpt: サッカーの敵をバレーで討つ日韓戦に勝利して、28年ぶりの銅メダルをもたらしたバレーボール女子ですがセッター竹下佳江元阪神江草仁貴結婚!?菅山かおると濱中治の熱愛はガセや... Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... racked: 2012-08-12 11:01
  • 江草佳江

    Excerpt: サッカーの敵を バレーで討つ日韓戦に勝利して、28年ぶりの銅メダルをもたらしたバ Weblog: 虎団Jr. 虎ックバック専用機 racked: 2012-08-12 11:01
  • 阪神1-2広島  ソロと2ランの差は大きかったなあ!怒涛の8連敗!

    Excerpt:  日本女子バレーが28年ぶりに銅メダル、韓国を破りました。めでたしめでたし。  しかしながら、我が阪神タイガースは今夜も敗北。なんと、引き分けを挟み、怒涛の8連敗!  5回裏、阪神は上本が、広島先.. Weblog: 成り行きアラカルト日記 racked: 2012-08-12 17:40