歳内のプロ初先発が最後の最後に報われた!

今日はスカイAでのテレビ観戦でした。解説はイチオシ佐野さんでしたが、今日は歳内が先発ということだったので、背番号26の先輩、工藤さんでも良かったかな。とりあえず、今日の注目は歳内のピッチングでしたね。
スカイAでは試合中継の前に虎バンもやっていたので、それも見ていたのですが、ちょうど最後に、今日の登板に向けた歳内の特集をやっていたので、そういう意味ではちょっと気分も盛り上がったかな?

歳内の立ち上がりでしたが、とりあえず比較対象で考えていたのが、プロ初先発だった二神。もう一人、高卒ルーキーという意味では、秋山、鶴なんかを想像していたのですが、とりあえず、二神に比べれば、しっかりとストライクも取れていたし、佐野さんによれば、かなり気負っているということでしたけど、落ち着いて投げていたという印象ですね。
特に感心したのが、初回の一死満塁といういきなりの大ピンチの場面で、丸、堂林という打者を迎えて、小宮山のサインに首を振りながらストレートで攻めて見事に力で抑えきったところですね。あの場面で、高卒ルーキーとは思えないマウンド度胸を見せてくれたと思いました。球数を要してしまいましたが、初登板のピッチングとしては、なかなかお見事でした。

2回には東出の打たれたピッチャー強襲ヒットで初失点してしまいましたが、ここも打球は抑え切れませんでしたが、一応、打ちとってるんですよねぇ。まぁ、ここで失点したこともあったでしょうけど、3回以降は、これが本来のピッチングという感じで、さらに落ち着いたピッチングのように見えました。
4回には振り逃げ、そして送りバントを小宮山と良太がお見合いしてという2つの先輩のミスが出て無死1,2塁のピンチでしたが、バントで送られた後の前田健のライトフライで、平野-上本の見事な中継プレーと、最後は小宮山のナイスなブロックで追加点を阻止。

5回裏に同点のチャンスになって代打が出て、結局5回1失点で降板ということになってしまいましたが、ポテンシャルの高さは十分に見せてくれたと思います。まぁ、試合展開で代わってしまったのは仕方ないかなぁと思うのですが、佐野さんが言われていたように、この交代は本当に「もったいない」の一言。前田健との投げ合いの形になって、もうちょっと見たかった歳内のピッチングでしたが、また次回に期待したいですね。

5回裏の、その歳内の打席は二死3塁と同点のチャンス。ここで代打の金本がタイムリーを打って、とりあえずの歳内の負けを消してくれました。ここからは、先輩たちが頑張って、ルーキーの踏ん張りを勝ちゲームに繋げていかないとねぇ。佐野さんも再三言われていましたけど、こういう形になった以上は、試合に勝つことで歳内の初登板に報いることで、次の登板へと繋げてあげたいところ。

とは言え、相手はマエケン。そうそう簡単には攻略できないのは想定内。特に今日の前田健は絶好調だったんじゃないの?一死満塁まで攻め込んだ4回、そして何とか1点を取った5回以外は、全く手も足も出ないという内容でした。これはタイガース打線が・・・というよりも、やっぱりマエケン、さすがやなぁという感じ。でも、そんなピッチャーからでも、何とか点を取っていかないと「勝ち」にはならないわけで・・・。

とにかく、こういう試合展開のときは、相手に点をやらないようにピッチャー頑張らなあかんということで、我慢比べですよね。ホームなんだから、終盤になればなるほど、粘っていれば優位にはなるはずなんです。幸いなことに、この連戦を見ていて、カープ打線もそれほど勢いが感じられませんでした。ミスさえなければ、何とか抑え切ってしまえるんじゃないかなという雰囲気はありました。

ポイントの9回の守備。2イニング目の加藤が一死から赤松にヒットを打たれたあとの、石原の打球は、ライト線に落ちようかというかなり微妙な当たりでしたが、ここで平野のファインプレーが出ました。
ランナーを溜めたり、進めたりすることなく、マエケンに代打を出させたことで、ちょっと流れがこちらに来たかなと思ったのですが、そのあと代打・迎の場面で赤松に走られてしまいました。明らかに狙ってくるところで、ちょっと不注意だったかなというケースで、迎を敬遠。
次は東出ということで、ちょっと今日のラッキーボーイ的なところのある打者だったので、嫌な感じがしましたが、対左ということでしょうか、代打・梵と加藤の勝負になります。かなりドキドキものでしたけど、加藤が堂々たるピッチングで粘りきってくれましたね。見事に三振で切り抜けてくれました。

マエケンを降ろして、なおかつ1点さえ取れば勝てるという展開にした時点で、かなりタイガースに流れが来たかなという9回裏の攻撃。大和は粘ったもののライトフライに終わりましたが、鳥谷がヒットで出塁して、まずサヨナラのランナーが出ました。良太は三振に倒れますが、そのときに鳥谷が盗塁成功で、二死2塁。表のカープの攻撃と全く同じ形になりました。
ここで代打・今成。先日、明らかに敬遠されるだろうという場面で桧山を出して、まんまと得点できなかったケースがありましたから、ここではベンチも学習してましたか。で、計算通り、今成は敬遠で、予定通りの代打・桧山。個人的には、今日に関しては逆でも良かったけどなぁと思ったんですが、最後に桧山に託すという形を取るならば、これもありでしょう。
ただ、ここは河内との勝負になってライトへのファールフライ・・・サヨナラならず。お互いに9回のチャンスを代打攻勢で決め切れませんでしたね。

延長戦。微妙な時間帯に入ってきましたが、10回はお互いにサクサクと三者凡退で11回に突入。
最後は藤川でいくのかなぁと思っていたんですが、榎田がイニング跨ぎでした。今日は歳内のあと、鶴、加藤と2イニングづつという継投でした。今日のような試合展開であれば、こういう継投もいいのかなぁ。今日の榎田はリズム感よく、延長戦を締めてくれましたね。

もう負けがなくなった11回裏の攻撃。
一死後に大和が四球を選んで出塁するも、鳥谷がセカンドフライに倒れてツーアウト。そして「四番」良太ですね。今日は3三振1四球という結果がテレビ画面に映っていたのですが、こういうところで打つのが四番なんだけどなぁと思いながら見ていたら・・・本当に打っちゃったよ。サヨナラツーラン。風にも乗って土壇場で決めてくれました。

とにかく、歳内の初登板試合で、マエケン相手でどんな試合になるんかなぁと、ちょっと期待と不安が交錯していた試合でしたが、いい結果で終わって本当によかった。久しぶりに見所のある試合だったと思います。

どうやら優勝の可能性が完全に無くなったようですが、残り試合、出来る限り多く、今日のような試合を見せて欲しいですね。


<今日の試合結果>
タイガース 3x-1 カープ (延長11回)(22回戦@甲子園)
 (対戦成績10勝10敗2分、通算44勝62敗12分:5位 26.5差)
[投手]
(Tigers)歳内-鶴-加藤-○榎田(3勝2敗2S)
(Carp)前田健-横山-河内-●今村(1勝2敗3S)
[本塁打]
(Tigers)新井良10号(2)
********残り26試合/めざせ27連勝!?***********

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック