先頭出塁5回も1点が取れないチグハグ打線・・・・

今日から最後の9連戦ですね。例年、この秋の9連戦は『正念場』という言葉で表されるシーズンの展開がここ数年の常だったわけですが、今年場合はちょっと趣の異なるシーズンになってしまいました。

とは言え・・・今日からのスワローズのとの3連戦の結果如何では、もうちょっと楽しめるかなぁということも言えるかなぁ。もちろん、ナゴドで登板した岩本や、おそらくまた上がってくる歳内他、若手のチャレンジする姿も楽しめるでしょうし、当然、ベテラン、中堅陣の最後の踏ん張りにも期待したい。
ということを加味した上で、このスワローズとの3連戦、そして、月末の神宮での4連戦。全部勝ってしまえば、現在6ゲーム差のスワローズをひっくり返すことも可能ですし、カープの戦い方次第では・・・?まぁ、そういう最後の楽しみを、どこまで見せてくれるかも、実は来年に繋がるところであるんですよね。

今日はGAORAで濱ちゃんの解説でのテレビ観戦でした。いきなりテレビをつけたら1回裏一死1,3塁で良太の打席というチャンスの場面でした。良太が四球で出て、スワローズ先発のロマンもイマイチの立ち上がりだったので、ここで一気に先制という形にしたかったんですけどねぇ。マートン、ブラゼル両外人が結果を出せずに無得点。う~ん。
もちろん、この場面でチャンスに倒れたマートン、ブラゼルが残念なだったことは間違いないのですが、テーブルスコアを見ると上本の二塁打のあとに、やっぱり大和が送りバントしてるんですよね。百歩譲って、ランナー一塁での送りバントは許容するとして、いきなりの無死二塁でのバントって、特に立ち上がり不安な相手の先発に一息入れさせる意味しかないような気がするんですけどね。
それに、そういう作戦取るって、上本、大和で一二番を形成している意味がないんじゃないかと思うんですけどね。結果論だけど、いつも立ち上がりでバントすることでチャンスを潰しているような気がしてなりません。

メッセンジャーは今日も絶好調の立ち上がりでしたし、ロマンの方も初回のピンチを乗り切ってペースを掴んできました。やっぱり今日も投手戦の様相になってきてしまいましたな。

2回以降、快調なロマンの前に、ただ一人、相性良い結果を残していたのが上本。
二打席目は無死からのヒットで出塁も、大和がバント失敗のあと内野ゴロでランナー進めず。しかしながら、5回の第三打席では二死から四球で出塁しました。ロマンも、ちょっと意識したかな。

二死からだったので、早いカウントで盗塁でも仕掛けて欲しかったところでしたが、なかなかスタートが切れず、大和も追い込まれて・・・という展開で、3球目に上本が走って、大和が転がすというランエンドヒットの形で1,3塁のチャンスに広げました。ショートが二塁に入ったところに、見事に大和がゴロを転がしていけました。こういう攻撃が見たいわけですよ。これこそ、上本、大和を並べている意味があるというものです。和田監督の作戦って、ある程度、型を決めてる部分があると思うのですが、それがどういう打順であっても、同じような型を作ろうとしていたような気がします。それって、選手の個性を殺しているように思うし、結果的にうまく回っていかなかった要因だったんじゃないかな。打順の決め方も含めて、ある程度の臨機応変な作戦を立てることも、相手に対する以上に、自分たちの実力を十二分に発揮できる形になるんじゃないでしょうかね。

このチャンスは鳥谷四球の満塁で良太が倒れて、また得点できませんでしたけど、攻撃の形としては良かったと思います。点が入らなかったのは、それこそ結果論ですからね。どういう形でチャンスを作ったのかが、今後の伏線として繋がっていくんだと思います。仮にこのイニングの攻撃が上本からだったとしたら・・・・良太の打球は併殺になっていたかもしれませんが、そこで1点は入ってるわけですからね。大和が送りバントなら、点は入ってないわけで、これをどう捉えるかですね。

まぁ、同じことはスワローズにも言えるわけで、3回までパーフェクトだったメッセンジャーから、4回先頭で出た比屋根を、田中浩が送りバントで送ったあと、バレンティン三振、ミレッジを歩かせて川端を抑えて無失点。田中が最初にバントを失敗したときに、比屋根が完全にモーションを盗まれていてたわけで、まず盗塁されていたら、また展開も変わっていたでしょう。
さらに、6回表にも、同じように先頭の比屋根をヒットで出しながらも、田中が送ったあと、バレンティンを内野フライに打ち取るわけです。得点圏にランナーを置きながらも、バレンティンを抑えて二死になったことで、打率の高いミレッジに対して「歩かせてもいい」というピッチングができるわけですよね。
ここもミレッジを歩かせて川端勝負。ここは川端にうまく三遊間を破られて、1点を取られてしまうわけですけど、じゃあ、田中の送りバントが有効に効いての得点かというと、決してそうじゃないですよね。川端の打球も紙一重でしたしね。本当にバントが有効な作戦なんかなぁということを、改めて感じた両チームの攻撃でした。まぁ、あそこまでいけば、川端もしっかり抑えて欲しかったというのが本音ですけどね。

なんだかんだと1点先制されたわけで、なかなか点が取れない状況で、出来る限り早く追いつきたい。6回裏、先頭のマートンがヒットで出ますが、二死からの藤井のライト線の打球をバレンティンのファインプレーに阻まれ・・・どうもスワローズに流れが行きかけている感じになってきましたか。

7回も先頭のメッセンジャーに代わる金本がヒットで出塁。
金本の代打も、徐々に結果が伴ってきましたね。やはり、レギュラーでやってきた選手が代打の一振りという形になると、なかなか難しいところがあると思うし、実際に金本も代打では結果が出ていないというイメージがありましたけどね。
4回目の無死1塁。代走・田上でバッター上本。上本がロマンにあっていただけに、勿体無いところですが、ここも送りバント。1点ビハインドで終盤ですから、致し方ないところでしょうかね。
上本への初球も頭の辺りにきましたが、大和の初球も内角にきての死球。かなり制球も乱れてきたところで、ここは初回以来の大きなチャンスと言えたと思います。ここで、ロマンに更なる制球の乱れが出て、鳥谷の打席でワイルドピッチ。ランナー進んで、鳥谷が3つ目の四球が出て、またも満塁になりました。

さて、満塁で四番・良太です。かなり気負ってた感じでしたが、最後の打球は三遊間へのいい当たりだ・・と思ったんですけどねぇ。宮本にうまく裁かれての5-4-3のダブルプレー。う~ん、ここまでの鳥谷への3四球でのチャンス拡大が、逆にこちらには裏目に出てしまっている流れですね。好投していたメッセンジャーへの援護には繋がらず・・・・。

悪い流れはいきなり8回表の先頭打者を鳥谷のエラーで出塁させてしまうという展開になってしまい、これをキッカケに、きっちりとバレンティンの外野フライで1点を失うことになってしまいます。大チャンスを逃したあとのエラーからの失点・・・今日も重苦しい流れになってしまいましたね。

そんな流れも、8回の先頭マートンのヒットで、何とか打開して欲しかったんですが、今日のブラゼルは全くダメ。ピッチャーが代わっても、タイミングが全然取れていないし、やっぱりボール球を振ってしまってます。空振りするならまだしも、ただ当てるバッティングで、ここは併殺打でした。なんか、打線が繋がらないなぁ。このあと、平野、藤井に連続ヒットが出るんですけど、打線になってないとは、こういうことですよね。
それでも二死1,2塁で、代打・桧山という場面は作ることができました。ここまでの形はいいんですよね。でも、ここでも桧山がファーストゴロに倒れて、5回目の先頭打者出塁のイニングもモノにできず。チグハグな攻撃も、ここまでくると・・・・。

9回は加藤がしっかりと締めて、上本からの最後の攻撃に期待だったんですが・・・・上本、大和がと連続ショートゴロで簡単に二死。それでも、あっさりな若手二人とは対照的に、鳥谷は粘って粘っての四球を選んだのは、さすが。こういう土俵際の粘りというものを、若手は身をもって学んで欲しいところです。
で、こうなれば、もう良太の一発だけを期待。三振してでもいいから、思い切り振っていけ!と言う場面でしたけど、最後の変化球、ちょっと中途半端のスイングになってしまいましたねぇ。

チャンスで打てなかったということもありますが、全体的には守り負けかなぁ、今日も。球際の守備の粘りがスワローズの方が勝っていたということでしょう。バレンティンや宮本の守備に対して、失点した場面での良太や鳥谷の守備。ちょっとした差でしたが、大きな違いになって結果に出てしまったと思います。残念・・・。


<今日の試合結果>
タイガース 0-2 スワローズ (17回戦@甲子園)
 (対戦成績9勝7敗1分、通算47勝65敗13分:5位)
[投手]
(Tigers)●メッセンジャー(7勝11敗)-鶴-加藤
(Swallows)○ロマン(9勝9敗)-山本哲-Sバーネット(1勝2敗24S)
********残り19試合/目指せ19連勝&シーズン勝ち越し!***********

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 何がしたいのか?

    Excerpt: [画像] 阪神0-2ヤクルト ヤクルト 000001010=2 阪 神 000000000=0 通算=47勝65敗13分 対ヤクルト17回戦(阪神9勝7敗1分) 【投手】 阪神=★メッセンジ.. Weblog: 虎虎虎 racked: 2012-09-11 21:24
  • 何がしたいのか?

    Excerpt: 阪神0-2ヤクルトヤクルト 000001010=2阪 神 000000000=0 Weblog: 虎虎虎「ミラー版」 racked: 2012-09-11 21:24
  • 今日はメッセを見殺し…またしても零封負け、打線強化は指導者の入替と新外国人選手が必須

    Excerpt: ●阪神0-2東京ヤクルト○/甲子園球場 シーズン最後のヤマ。 9連戦の初戦は… 今季毎度お馴染みの、いつもの零封負け。 最近タイガースのニュースは、 既にストーブ.. Weblog: 勇皇の気炎万笑~野球と虎道楽~ racked: 2012-09-11 22:08
  • 乗り切れない★継続できないタイガース

    Excerpt: どうしても勝利を呼び込めない歯がゆいゲーム・・・ Weblog: ウル虎の★ racked: 2012-09-11 22:16
  • 【阪神】ヤクルトに完封負け

    Excerpt: (甲子園) ヤクルト000 001 010=2 阪  神000 000 000=0 <投手> (ヤ)ロマン-山本哲-バーネット (神)メッセンジャー-鶴-加藤 ○ロマン9勝9敗 Sバーネット1勝2.. Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参 racked: 2012-09-11 23:10
  • 阪神、今季20度目の完封負け!

    Excerpt: 押してたのは阪神。でも得点出来たのはヤクルト。 ここのところが順位に現れているのかな。 ヤクルト|000|001|010|2 阪  神|000|000|000|0 1回裏、5回裏、7回裏と3度も満.. Weblog: ぼけ~~~っと人生充電記! racked: 2012-09-11 23:25
  • 下手やねえ この期に及んで まだこんな

    Excerpt:  また0封敗戦。今季20回目やて。ランナーが出てへん訳でもないんやけどねえ。最後の最後まで、点を取るのが下手くそやねえ。(対ヤクルト 17回戦 甲子園 0対2で負け) Weblog: なんやかんや、そしてTigers racked: 2012-09-12 00:17
  • 阪神0-2ヤクルト  好投メッセを打線援護できず完封負け

    Excerpt:  いやいや、嬉しいね。  ・・・サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会アジア最終予選で、B組首位の日本は11日、埼玉スタジアムでイラクに1―0  で勝ち、通算3勝1分けで勝ち点を10に伸ばし.. Weblog: 成り行きアラカルト日記 racked: 2012-09-12 00:53
  • きょうは4番新井がブレーキ

    Excerpt:  しっかし相手の倍ヒット打って、3回も満塁のチャンス作って負けるか?好投するピッチャーを見殺しにしつつ、チャンスをつぶし続ける。こりゃ、負けるというより、勝ちとうないゆうてるみたいな阪神の試合やったな.. Weblog: とつぜんブログ racked: 2012-09-12 04:31
  • 甘いわな♪

    Excerpt: 今岡誠38歳玉置隆26歳寅年生まれの2人の誕生日9月11日20年前の同じ日には、優勝をかけて日本プロ野球史上最長の6時間26分の死闘を戦った阪神とヤクルトの一戦は今季ワ... Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... racked: 2012-09-12 09:11
  • 甘いわな♪

    Excerpt: 今岡誠38歳 玉置隆26歳 寅年生まれの2人の誕生日9月11日20年前の同じ日に Weblog: 虎団Jr. 虎ックバック専用機 racked: 2012-09-12 09:12