福留の満塁ホームランでサヨナラ!

今日から甲子園に戻ってのスワローズ戦です。
昨日は、「東京ドーム」をあまり意識する必要はないというようなことを書きましたが、甲子園に戻ってきて、今度は十分にいいイメージを意識して戦って欲しいところですね。

そんな今日の試合は、スカイAで濱ちゃんの解説での応援でした。
ちょっと帰りが遅くなったからなのか、試合がサクサク進んでいたのか・・・・テレビをつけたら、もう5回裏のタイガースの攻撃で、すでに二死ランナーなしの坂の打席から。三振で攻撃終了で0-0でした。
ちょうど、リプレイで前半のハイライトが流れたのですが、それなりに両チームにチャンスはあったみたいですね。両投手が踏ん張っての「投手戦」ということにしておきましょう。

メッセンジャーは、今日も前回のピッチング同様、相手打線を無失点に抑えてくれていましたけど、ちょっとイヤなイメージがあるのは、結構、打線の援護がないときは、踏ん張りきれずに簡単に失点するようなところがあるんですよね。それでも、甲子園ということを頭に入れて、我慢の投球を続けて欲しいところだったんですがね・・・・。

心配が現実となってしまいました。

6回の守備で、一死からミレッジにヒットを打たれたあと、盗塁、ワイルドピッチで、いきなりの一死3塁のピンチ。ミスが絡んでの場面だったし、前半のゲームの雰囲気は見ていませんでしたが、何となく流れはイヤ~な流れは感じました。

前半のメッセンジャーのピッチングは、快調だったんでしょうか。それとも、苦しみながらも抑えていたのか・・・・このイニングの投球を見ている限り、とても0点で抑え込んでいたピッチャーとは思えないくらい、制球もバラバラでした。ランナーを三塁に置いて、中盤という意識もあったんでしょうか。川島に粘らたということもあるかもしれませんが、結果的に四球で出してしまいます。さらには代打・飯原にも制球定まらず四球で満塁で遂に満塁。徐々にボール球も際どいところに行かずに、完全に外れていってしまう始末。

満塁で畠山。ここは何とか併殺で切り抜けていきたいところなんですが、残念ながら、それが期待できるほどのコントロールは感じられませんでした。何とか打ち損じてくれと願いましたが、初球高めのストレートを完璧に右中間に打ち返されてしまいました。畠山にとっては、もうここは野球の鉄則に従って、四球のあとの初球を狙われたって場面でした。満塁でストライクを取りたいところで、ややボール気味ながら、高めのストレート・・・・打ち損じてはくれませんでした。

この時点で、すでにストライクも入らない状態に陥っていたと思うので、もう交代するべきだと思いました。確かにボールの力はまだまだでしたが、こうなるとメッセンジャーは脆いところがありますからね。
それでも、続投はどういう判断だったんでしょうか。
少なくとも、バレンティンも四球で出して、再度、満塁になった場面では代えてあげた方が良かったんじゃないかな。岩村に対して、押し出しのイメージしか浮かばなかったし、案の定・・・・。

ここで、メッセンジャーは交代。ワンテンポ遅れたかなぁ。
このあと、加藤が一死満塁の場面をしっかりと抑えただけに、少なくとも、最後の押し出しの1点はもったいなかった。

こうなると、打線の奮起に期待せざるを得ないわけですが、ロマンには何となく抑え込まれる印象もあって、ちょっとイヤな展開を予想してしまいました。

で、7回に歳内がマウンドに立つわけですが、ここで先頭のロマンにレフト線の二塁打を打たれてしまうわけです。正直、何してんの?っていう場面なんですけど、結果的に0点に抑えたことで、ロマンが非常に寒い状態で塁上に残ったという形になりました。災い転じて・・・ではないですけど、結果的に、これがまた試合を動かす要因になったんじゃないかな?

7回裏は先頭の大和がヒットで出塁して反撃開始。それでも、鳥谷が「らしくない」バッティングで、内野フライに倒れたときは、またイヤな流れかなと思いましたが・・・・今日もマートンが突破口を開いてくれました。左中間へのあわやホームランかというタイムリー三塁打で、まず1点。

神宮では2戦、3戦と完封負けしているんで、何気にスワローズからは点が取れてなかったんですよね。ジャイアンツのこと、あまり言えないなぁなんてことを思っていた矢先の1点だったので、ここで諏訪ローズに対する潮目も変わってきたでしょうか。

とりあえず、三塁に進んだマートンを返して!という思いで福留の打席を見守りましたが、3-0というカウントから、思い切り打ち返した打球は、何とバックスクリーンへの同点ホームラン!やっと、甲子園でのホームランが出ました。
これで、一気に同点となったわけですけど、自分の頭の中では、ホームランで同点という想定は全くなかっただけに、何となく変な感覚がありましたし、かなり望外な喜びでした。

本当なら、この流れに乗って、一気に逆転といきたかったところです。新井さんがヒットで続き、さらにワイルドピッチがあって得点圏に進むという、勢いをつける形になっただけに・・・。坂三振、日高死球の二死1,2塁のところで、代打・関本。ちょっと、今年の代打陣、期待薄なんですよね。

同点に追いついたあとのイニングは、福原が完璧なピッチングで締めてくれたので、これで完全にタイガースペースになったかなと思ったのですが。やっぱり、流れに乗ったときは、一気にいかないと、逆に苦しくなってきてしまいます。
8回、先頭の西岡がヒットで出塁し、得点圏に送ってクリーンアップという最高の場面でしたが、ここでも、あと一本が出ず。結果、勝ち越しのチャンスを2イニング連続で逃したという形になってしまいました。

9回表は久保がランナーを出しながらも、しっかりと抑えて、さぁ、サヨナラ期待しましょ!という展開。9回も、先頭の新井さんがきっちり四球を選んで出塁しました。新井さんはヒットも出始めたし、この打席のように際どいコースにもバットが止まるようになってきたところを見ると、徐々に上昇機運に入ってきたのかな。
坂がファーストストライクで送りバントを決めて、3イニング連続の勝ち越しチャンス。ここで日高の打席です。

再三書いていますが、個人的に日高といえば「サヨナラヒット」。昔、神戸でパ・リーグの試合を見に行ったときの、レフト線へのサヨナラヒットの強烈な印象が残っていたので、この場面でも、その再現を期待しました。ここでも、日高に決めて欲しかったんですが、残念ながらセカンドゴロ、ランナーは三塁に進めましたが・・・。

代打は桧山ということで、サヨナラのチャンスを決めて欲しかったけど、う~ん、関本ともども、今のところ、打ってくれるイメージが湧かないんですよね。ここも、ファーストファールフライで、ノーチャンスでした。

延長10回の攻防は、まず安藤がスワローズ打線を完璧に抑えてくれました。特に畠山、バレンティンといったところは、一発があるだけに、甲子園であっても気を使わなければいけないバッター。今日のような試合展開では尚更なんですけど、この二人を制球よく連続三振にとってくれました。
で、この流れで、西岡からの攻撃で、ここでこそサヨナラ決めていきたい展開で、西岡にヒットも出て、形は整いつつあったんですが、ここで大和が送りバント失敗。サードの森岡の守備も素晴らしかったと言えば、素晴らしかったんですが、こういうところ、きっちりできないのは、後々に響きます。鳥谷もショート正面のゴロで、結局、併殺で得点できず。これだけ、チャンスを逃していると、本当に何が起こるかわからないだけに、気が気ではありませんでした。

でも、そんな心配も杞憂とばかりの安藤の安定したピッチング!本当に今年はいいですね。中継ぎ全盛期の姿が戻ってきた感があります。
そして、今度こそ決めたい11回裏は、先頭のマートンがきっちりと三遊間を破るヒットで出塁。都合、4イニング連続の勝ち越しチャンスです。ここまでは先頭出る⇒送りバントという常道の攻めでしたが、ここは福留、打っていくしかありません・・・が、フルカウントから高いバウンドのピッチャーゴロ。結局、送りバントと同じ形になって、とにもかくにも、ランナーはセカンドへ進みました。

ここで、打席は守備から入っていたコンラッド。ここで、サヨナラ打ってくれれば、コンラッドも吹っ切れて、また実力発揮してくれるのになぁと期待はしましたけど、一塁が空いていることもあって、スワローズベンチは敬遠という手を打ってきました。この辺りは、さすがにソツがない・・・んだけど、こうなれば、坂に期待です。というか、そろそろ決めてくれというところ。

まぁ、でも坂が古野に全然あってないんですよ。打てるタイミングで振れてない。あげくの果てに、最後は見送り三振とは。せっかく守備でアピールして先発のチャンスをもらったのに、こういう美味しいところで、このバッティングではなぁ。レギュラー取るには、まだまだ厳しいなぁ。
ただ、ここで再び日高ですよ。打った瞬間、やった!と思ったものの、前進守備のセンター上田がスライディングキャッチで、わずかに及ばずで、またもあと一歩及ばず。う~ん、最後の一本が出ない!

12回、遂にラストイニング。
最後のマウンドは筒井です。昨日、投げるチャンスがあって、本当によかった。いきなり、今日のような展開というのは、さすがに厳しいかもしれませんからね。そういう意味でも、シーズン全体という点では、タイガースに流れが来ているのかもしれません。
筒井が三者凡退に抑えて、これでタイガースの負けはなし。ただ、4度も勝ち越せる場面を逃していては、おのずと勝機も離れていってしまうもので、ちょっと厳しいかなという想いもちらほら。
先頭の代打・浅井は追い込まれてから、最後はど真ん中の変化球にタイミングが合わず見送り三振。こういう試合で見送りはいかんですよね。

やっぱりかなぁという雰囲気の中、それでも、一死から西岡がヒットで出塁します。西岡は終盤から延長にかけての3打席連続のヒット。さらに大和がうまくボールを拾ったバッティングでセンター前へのヒットで続きます。
マートンが下がっているだけに、ここは鳥谷に最大の期待が集まる場面。ただし、今日の鳥谷のバッティングは、本当に「らしくない」というか、ちょっと厳しいスイングだったんですよね。そんな試合でも、こいうところで打ってくれるのが主力だと思うのですが、今日はやっぱりダメな日でした。内野フライでツーアウト。

次がマートンに代わった俊介だったので、正直に言うと、ちょっとダメかなぁと思ってしまってました。これは本当に俊介には申し訳なかった。俊介が初球を三遊間に打って、福留に繋いでくれました。坂や浅井がイマイチな結果だっただけに、殊勲功です。
そして、二死満塁、福留の結果で全てが決まるという土壇場勝負となって、甲子園の盛り上がりは最高潮!

いやいや、それでも、まさかこういう結末は想像してなかったですよ。
レフトポールに当たるサヨナラ満塁ホームラン!さすがですね。今日は、完全に福留デーになりましたね。とにかく、勝ててよかった!


<今日の試合結果>
タイガース 7x-3 スワローズ (延長12回)(4回戦@甲子園)
 (対戦成績 2勝2敗、通算9勝8敗1分:2位)
[試合開始] 18:00 [試合終了] 22:38 [観衆] 32,109人
[バッテリー]
(Tigers)メッセンジャー(5 1/3)加藤(2/3)歳内(1)H福原(1)H久保(1)H安藤(2)○筒井(1)(1勝)-藤井彰、日高
(Swallows)ロマン(6 1/3)H江村(2/3)H石山(2)H山本哲(1)H古野(1)●七條(2/3)(1敗)-中村
[本塁打]
(Tigers)福留2号(2)、3号(4)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック