期待通りの僅差の展開も一歩及ばず・・・・

一昨日はドラゴンズが15点、昨日はジャイアンツが17点も取ったらしいのですが、味方がそれくらい打ってくれれば、確かにその試合は盛り上がって楽しい。それは、疑うことのない事実なんですけど、ただ、それが振り返ってみて面白い野球かどうかって言うと、どうなんだろうなぁと思うんですよ。あそこまで大量得点になってしまうと、打つ方も守る方も、どうしても緊張感が無くなって惰性で試合が進んでいくって感じになってしまいますしね。
もちろん、勝つこと前提ですけど、僅差の試合でお互いに最後まで勝敗がわからないっていうのが、おもしろいし、それで勝てば、喜びも倍増って感じじゃないでしょうか。

たまに、勝っても、いろいろと注文をつける人もいますけど、個々のケースにおいては、選手もベンチもわかっていることでしょう。個人的には、全てが完璧の試合はありえないし、成功、失敗の積み重ねでゲームが作られていくことを考えると、勝った試合っていうのは、失敗が相手より少なかったってことで、納得すればいいんじゃないでしょうか。

って、こんなことを、一昨日、昨日の試合を見て、ちょっくら考えていました。

で、今日の試合。まさに、期待していたような僅差の試合で、1点が非常に重い展開になりました。

今日もJ Sports2でのテレビ観戦。解説は藤波さん。いきなり日高と谷繁のリードの差のお話から入ってきましたが、あまりにも谷繁ヨイショで、ちょっと辟易・・・・。
試合は、2回表二死1塁で日高の打席からの観戦でした。日高は、ヒットで繋いで1,3塁となりましたが、榎田が倒れて無得点。ナゴドらしい、0-0の立ち上がりでした。

今日の榎田は、見ていても変化球がコントロールされずに大きく外れて、かなり苦しいピッチングのように見えました。見ていても、安定感はないのですが、それでも、何とかかんとか抑えていくのは、さすが防御率1位のピッチャー!

4回裏、そんな榎田にミスが出てしまいます。
相変わらず変化球がばらついて、先頭の和田に四球を与えてしまいます。続く井端のバントなんですけど、アウトかなという絶妙のタイミングでセカンドに送球。ここはナイスジャッジと思ったんですけど、榎田が送球をひっかけてしまって、フィルダースチョイス。これは痛いプレーでした。

榎田にしても自らのミスで、かなり気負う場面になってしまいましたが、藤浪さん曰く、2球投げたところで落ちついてきたとのこと。その言葉通り、クラークは完全なボール球を振らせて三振。さらには、谷繁に対して、フルカウントからの三振ゲッツー。お見事、今年の先発のマウンドでしばしば見せてくれる、こういう絶体絶命なピンチでも動じない精神力はリリーバーの経験の賜物でしょうか。

ただ、5回裏は一死からピッチャーの岩田に四球を与えたところから、大島のショートゴロが併殺崩れになって二死にしたものの、ここからピンチ拡大。
盗塁を決められてしまいまったのは良しとしても、ここで痛かったのはワイルドピッチでランナーをサードに進めてしまったこと。ここで、荒木に初ヒットを打たれてしまって、1点先制されてしまいました。

今日の榎田は、最初から制球が定まらないといった感じで、終始苦しいピッチングでしたが、それでも、 6回1安打1失点に抑えたというのは、さすがでしたね。悪いなら悪い中で何とか抑えていくというピッチングが、これくらいできるなら、これからも期待できそうです。

そんな榎田を援護したかった打線の方ですが、序盤はチャンスもそこそこあって、何とかなるかなぁと思いながら見ていたのですが、中盤以降、完全に岩田がリズムを取り戻してしまいました。ランナーもでなくなってしまった・・・。

7回裏は加藤がドラゴンズ打線を三者凡退に抑えるわけですが、ボールの軌道を見ていたら、今日は榎田よりも安心して見ていられたなぁ。それくらい、今日の榎田は荒れていたわけですが・・・。
とにかく、きっちり抑えて、8回から相手ピッチャーも代わるというところで、流れを変えていきたい展開でした。残り2イニングでしたが、とにかく、たった1点差ですから、ここからどう攻めていくかは、かなり注目でしたし、野球の面白さを見せて欲しい、そんな終盤の攻防になってきました。

8回、田島に対して、まず代打・今成。粘ってフルカウントまでいきましたが、最後は空振り三振。まず、先頭が出て、プレッシャーかけていきたかったのですが、ここは残念。どうも、今年は代打陣の精彩がないよなぁ。
それでも、西岡が、これもフルカウントから、ボール球を選んで出塁。ここで、大和はセカンドゴロで何とかランナーを進めるバッティングで、とにもかくにも一打同点の場面を作りました。
ここで鳥谷は、これまた粘って、フルカウントから四球でマートンに繋げます。ここは、一気にいきたいチャンスが広がってきましたが・・・・・マートンはサードゴロ。う~ん、今日は1本が出ないなぁ。

結局、1点差でラストイニングは対岩瀬。
まずは福留が、追い込まれながらもライト前に快打で出塁。ノーアウトからのラストチャンス、ここでどういう攻撃を見せてくれるか。本当の意味で乗っていけるかどうか、真価の問われる場面でした。
新井は最後、際どいコースに決められての見逃し三振・・・・に倒れてしまったものの、良太が三遊間を破ってチャンス拡大です。

で、ここで代打・関本・・・・ちょっと、どうなんかなぁと思ったのですが、期待に応えてセンター前にヒットを打ってくれました。セカンドランナーの代走・田上が同点のホームを狙いましたが、う~ん、好返球が返ってきてしまった。これは、ドラゴンズの中継が素晴らしかった間一髪のプレー。田上も当然、行くべき打球だったし、残念だったけど、もうこれは仕方ない。

今までなら、ここであっさりと終わるところですが、藤井が何とかフルカウントまで粘って、岩瀬を追い詰めるところまでは、いけたんですけどね。最後はセカンドへの高いバウンド。ちょっと送球が低くて、期待しましたが・・・さすがに、そうはうまくはいかないか。

最後はかなり盛り上げましたけど、結局、今日もナゴドのゲームらしく、1点が重い試合になってしまいました。最後、あっさり終わらなかったことが、去年までとは違うところかなぁって感じでしたが、結局は、こちらはミスが失点に繋がり、あちらは守備の堅さで守りきられちゃったなという試合でした。調子が悪いとは言っても、ドラゴンズはドラゴンズだったなぁという今日の試合でした。

あとは、榎田のピッチング。悪いなりに抑えることができて、それなりのポテンシャルの高さを示してはくれたのですが、やっぱり、今日は全体にリズムが悪かったので、それが攻撃にも波及しちゃったかなという懸念は無きにしもあらず。この辺りは、当然わかっているとは思いますが、反省して次回の登板に活かしていってもらいたいな。


<今日の試合結果>
ドラゴンズ 1-0 タイガース (6回戦@ナゴヤD)
 (対戦成績 2勝4敗、通算12勝10敗1分:2位)
[試合開始] 18:00 [試合終了] 21:03 [観衆] 26,612人
[バッテリー]
(Dragons)○岩田(7)(1勝)H田島(1)S岩瀬(1)(5S)-谷繁
(Tigers)●榎田(6)(2勝2敗)加藤(1)鶴(1)-日高

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 相変わらず点を取るのが下手くそやねえ

    Excerpt:  榎田くん、被安打1本で負け投手ですか。お気の毒にねえ。(中日 6回戦 ナゴヤD 0対1で負け) Weblog: なんやかんや、そしてTigers racked: 2013-04-25 23:27
  • アンハッピー・バースデー

    Excerpt: ミスタータイガースにおれはなる!解説者の掛布さんに宣言した森田だったが2三振ゲッツー荒木郁也25歳の誕生日甲子園で行われたウエスタンの試合「崩れる勇気を持つ事がバッティ... Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... racked: 2013-04-25 23:57
  • 阪神7安打中日2安打。で、なんで負けんのん

    Excerpt:  野球はヒット打ちゲームやない。点取りゲームや。なんぼようけヒット打っても点にならんかったらあかん。きょうなんか阪神7安打中日2安打。で、なんで1対0で阪神負けんの。けど、印象としては阪神が7安打もし.. Weblog: とつぜんブログ racked: 2013-04-26 04:31
  • ナゴヤドームで打てない打線が榎田投手を見殺し!

    Excerpt:  一二三四五六七八九 計HE阪  神000000000 070中  日00001000x 120 相変わらず、ナゴヤドームではホームが遠いことを思い知らさ.. Weblog: ポケモン的なるブログ racked: 2013-04-26 07:13
  • ナゴヤドームで打てない打線が榎田投手を見殺し!

    Excerpt: 一二三四五六七八九計HE阪  神000000000070中  日00001000x120 相変わらず、ナゴヤドームではホームが遠いことを思い知らされました。榎田投手は荒れていましたが、好投だったと私は.. Weblog: ポケモン的なるブログ racked: 2013-04-26 07:13
  • 【阪神】中日に連勝ならず

    Excerpt: (ナゴヤドーム) 阪 神000 000 000=0 中 日000 010 00X=1 <投手> (神)榎田-加藤-鶴 (中)岩田-田島-岩瀬 ○岩田1勝 S岩瀬5S ●榎田2勝2敗 ナゴヤドーム.. Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参 racked: 2013-04-26 08:14
  • トラ、7安打で無得点、1点に泣く・・・

    Excerpt: 結局、ナゴヤドームで負け越し、それも今日の試合の負けは、悔しい負けとなりました。この負けが、これからの試合に尾を引かないようにしなくてはなりません。まだ、負け越したぐらいで、鬼門とは言いたくありません.. Weblog: 徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ” racked: 2013-04-26 08:37