メッセンジャーが投げると打線が打つ!

野球って、相手があるわけですから、勝ったり負けたりするわけですが、やっぱり、どうしても負けたくない相手っていますよね。
まぁ、多くのタイガースファンにとって、その対象はジャイアンツっていう人も多いでしょうけど、自分の場合はちょっと違うんですよね。振り返ると、あの江川事件のときに、小林さんがトレードでタイガースにやってきたときが、転機でしたかね。ついこの前まで、憎くてたまらなかった相手がこちらに来た途端に何て心強く感じたことでしょうか。このとき、思ったんですよね。あれっ?ジャイアンツの選手だからって、別にタイガースの選手と一緒じゃないか・・・と。たぶん、ここから、本当の意味でプロ野球選手に対してのリスペクトの思いが強くなって、ジャイアンツも、他の相手チームと同じレベルに降りてきたんです。

ただ、自分にとって、絶対に負けたくないチームっていうのは、あるにはあるんです。それが、今日から戦うベイスターズ。実はベイスターズが優勝した年に、当時の権藤監督や佐々木、谷繁のバッテリー辺りが、テレビのインタビューで、本当にタイガースのことをバカにした発言をしたんですよね。まぁ、正直、当時のタイガースは暗黒時代真っ只中で、バカにされてもおかしくないチームではありましたが・・・それでも、それを公共の電波を通じて公言する監督や主力選手って、どうなんよって思ったんですよ。それから、ベイスターズは嫌いなチームの筆頭になってしまいました。ジャイアンツなんて、比較にならない。
まぁ、当時から、完全にチームは代変わりしてますし、段々、意識することもなくなっては来たんですけどね。

それでも、今年はその思いが非常に強くなりそうな感じです。
原因は中畑監督。シーズン入る前に「ジャイアンツ包囲網」ということを提唱して、まぁ、その想いは共感できたわけですが、実際にシーズンに入ってからやってることと言えば、それとは全く相容れない対ジャイアンツ戦での結果・・・・。もちろん、チーム事情もあって情状酌量の余地もありますが、シーズン前に堂々とあんなこと言わなけりゃね。あれじゃあ、現時点では単なるパフォーマンスにしか思えないし、やっぱり、そんな監督が率いるチームに負けるわけにはいかないですよ。

とは言え、ベイスターズ自身は打線は強化されてますし、表ローテに入れば、なかなか厳しい相手になるのは、間違いありません。そういう状況で、どうやって勝ちを積み重ねることができるか。特に浜スタでは、まずはピッチャーの踏ん張りが絶対にかかせません。

今日の試合は、TBSニュースバードでのテレビ観戦でした。解説は田淵さんでしたが、解説聞くの久しぶりだなぁ。

テレビをつけたのが、3回表2点先制の直後二死1塁のマートンの打席から。ちょうど得点シーンが見れなかったんですが、まずは大きな先制点でした。

ただ、その裏に、とんでもないピンチがやってきました。後から振り返ると、ここが今日一番のポイントの場面でしたね。
一死から高崎のショートライナーを鳥谷がはじいてヒットにしてしまいます。ピッチャーの打球で、比較的強い当たり。若干、打球も変化したんじゃないかな。でも、鳥谷なら、きっちり捕って欲しかった当たりでした。
まぁ、これだけなら、そう大したことはないかなというシーンなんですが、次の石川のセカンドゴロを西岡が軽率なグラブ捌きで捕球できずという、かなりイヤな形でランナーを溜めることに・・・・。さらには、内村にもうまく三遊間に合わされてヒットになり、一死満塁。中継を見始めたら、いきなりピンチだよ。変な形でランナーを出しただけに、本当にきつい場面でした。

今日のベイスターズは、ラミレスや中村紀がいなかったので、前回の甲子園での対戦より、やや迫力不足な感があったんですが、それでも、一番恐いバッターがいましたよね。とにかく、このピンチで、ブランコに回さないように梶谷は併殺でお願い!と思いながら見ていたのですが、ここは浅いライトフライ。まず失点せずに二死までたどり着きましたが、ここでブランコ。大勝負でした。

メッセンジャー、力投で踏ん張ってくれました。ブランコ、空振り三振!ここを無失点で切り抜けたのは、流れ的にも、チームのムードとしても、非常にいい形になるのは必然ですよね。

このメッセンジャーの力投に応えるかのように、直後の4回表の攻撃で新井兄弟連動攻撃がでました。しかも長打連弾、まずは新井さんの二塁打から、良太は打った瞬間にわかるツーランホームランで、ピンチを逃れたあとの大きな追加点となりました。ゲームの流れとしては、この一発でほぼ決まったと言っても過言ではないでしょう。

5回は完全に試合を決めた打者10人攻撃でした。
まずは鳥谷2ランから、後続が続いて藤井の押し出し、西岡の走者一掃3点スリーベースで、一挙6点のビッグイニング。流れって本当に恐い・・・・(^^;

点差が開いても、守る方はがっちり行って欲しかったのですが、メッセンジャーもさすがに気が抜けてしまったのか、5回裏には後藤のホームランとブランコの犠牲フライで2点、6回にも後藤に打たれて、もう1点と失点をしてしまいますが、試合としては、単発の失点ということで、大量点をやらなければ、ノープロブレムな展開。
球数から考えても、7回で代わるのかなぁと思ったのですが、8回も続投。ここは無理せずに、交代してもいいのかなぁと思ったら、いきなり井出、金城と連打を浴びたあと、二死まで取るものの、ここまで二打席連続で打たれている後藤に四球を出して満塁にしてしまいました。
ここで筒井に交代。何かバタバタしたなぁ。筒井が石川に打たれて、この場面では2点を取られてしまうわけですが、最初から筒井なり他のピッチャーに交代していれば、ここはすんなり無失点でいけたんじゃないかと思いますね。まぁ、実際はわかりませんけど、それが流れなんですよ。ここでバタバタすると、今日の試合はいいにしても、明日以降の試合に響くわけで、そういうことをベンチは考えてるのかなぁと、ちょっと疑問になりました。点差が開いて喜ぶのは、ファンだけでよろしい・・・。

明日に向けて、最後はきっちりと終わりたいところで、9回は安藤が簡単に三者凡退に抑えて勝利!
今日は、しっかりと流れを掴んで優位に試合を進めることができました。まずい守備もあって、どうなることかと思いましたが・・・・

とにかく、絶対負けられない相手に、まずは先勝で溜飲が下がりました。この調子で、また明日も頑張ってもらいましょう!


<今日の試合結果>
ベイスターズ 5-10 タイガース (4回戦@浜スタ)
 (対戦成績 3勝1敗、通算13勝10敗1分:2位)
[試合開始] 18:00 [試合終了] 21:49 [観衆] 15,305人
[バッテリー]
(BayStars)●高崎(4 1/3)(1勝2敗)吉川(2/3)藤江(2)三嶋(1)山口(1)-高城
(Tigers)○メッセンジャー(7 2/3)(3勝)筒井(1/3)安藤(1)-藤井彰
[本塁打]
(Tigers)新井良1号(2)、鳥谷2号(2)
(BayStars)後藤1号(1)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 阪神、乱打戦を制す

    Excerpt: 乱打戦や。ピッチャーへぼ合戦や。阪神14安打DeNA12安打。で、10対5で阪神勝つ。このところ投手力で勝ってたけど、打撃力で勝ったな。こんな気持ちよう打ち勝ったんは開幕戦以来ちゃうやろか。  メッ.. Weblog: とつぜんブログ racked: 2013-04-26 22:12
  • 阪神、今季初フタケタ得点勝利!

    Excerpt: 昨日は好投榎田が被安打1の1失点で負投手、中日に0-1で負けた。 最終回1死1、2塁。代打関本が打って2塁の代走田上がホームイン‥‥となるはずがタッチアウト。これが痛かった。ここで同点にしとけば分から.. Weblog: ぼけ~~~っと人生充電記! racked: 2013-04-26 22:59
  • 〔阪神タイガース〕新井・鳥谷に一発!10-0で楽勝の筈が、、、

    Excerpt: 3回裏に味方のミスから1アウト満塁の大ピンチ そこはメッセが気迫で無得点に抑え込み、 次の4回表には新井の今季初ホーマーで逆に追加点、 更には5回表に6点ゲットのビックイニング! ここで勝負あった!.. Weblog: しっとう?岩田亜矢那 racked: 2013-04-26 23:24
  • 良太1号!10点取って勝つには勝ったけど…

    Excerpt: 中日戦負け越しから気を取り直して横浜3連戦。 まず、初戦を取りました。 しかも、途中までは10-0と10点差をつけるシーンまで。 良太の今季1号や西岡の走者一掃、鳥谷の2ランとよく打ちました。 打つ.. Weblog: デラシネ(deracine) racked: 2013-04-26 23:38
  • 【阪神】DeNAに逃げ切り勝ち

    Excerpt: (横浜) 阪  神002 260 000=10 DeNA000 021 020=5 <投手> (神)メッセンジャー-筒井-安藤 (D)高崎-吉川-藤江-三嶋-山口 ○メッセンジャー3勝 ●高崎1勝.. Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参 racked: 2013-04-27 08:47