交流戦は惜敗スタートで連勝ストップ・・・

今日から、いよいよ交流戦です。交流戦が始まったときから、一貫して言ってますけど、正直言うと、個人的には交流戦はCS同様、止めて欲しいなとずっと思っているのですが、まぁ、やるならやるで、楽しみましょう・・・というスタンスで、今年も応援していきたいなと思っています。

開幕の甲子園、バファローズ戦はNHK BS1でのテレビ観戦。この前の東京ドームはBS1観戦で勝ちましたしね。しかも、今日の解説は、高校の後輩である田口壮でした。これは見てあげないとね。

試合は、1回裏一死1塁。ちょうど、大和が窮屈な右打ちで西岡を送ろうとしたけど、一塁ゴロになったリプレーが映ったところで、画面切り替わって、鳥谷の打席からの観戦でした。

バファローズのピッチャー、ディクソン・・・全く知らん。正直なところ、最近はパ・リーグの試合もあまり見てないので、特に新外人とか、一部を除けば、ほとんど知らないんですよね。あちらの5番のロッティーノっていう選手も知らないんだよなぁ。

このところの中継を見ていると、解説の人が、今年のタイガースは相手をよく研究している・・・みたいなことを言っていて、実際に試合ぶりを見ていると、確かにそうなんだろうなという片鱗は見せてくれています。交流戦前の日程がかなり偏っていて、同じチーム、同じピッチャーとのマッチアップが多かったこともあって、見ていても、ちょっと安心しながら応援していたところもあったのですが、さて、交流戦で、よく知らない選手相手に、果たしてタイガースの戦い方が変わっていくのか、もしくは変わらずに安定した戦いぶりを見せてくれるのか。非常に注目すべきポイントだと思います。

で、ディクソン。見た感じは軟投派な感じで、ちょっと手こずりそうな雰囲気はありましたね。
テレビをつけた場面、鳥谷が四球を選んで、立ち上がり、ちょっと不安定なんかなぁという感じはあったので、ここで一気に畳み掛けて欲しいと思ったのですが、マートン三振の良太が内野ゴロと先制ならず。

チャンスのあとのピンチ。2回表、これも知らん外人、ロッティーノに先頭で二塁打打たれてしまいました。それでも、このあと、後藤、伊藤と抑えて二死3塁の場面で、8番の安達は敬遠。ちょっとスタンリッジが敬遠したくなさげだったのと、次のピッチャー・ディクソンが、当然、バッティングのデータは皆無なわけで、嫌な雰囲気はあったんですけどね。まぁ、無事にディクソンはサードゴロに打ち取って、ヤレヤレでした。

ディクソンは、正直、いいのか、悪いのか、掴みどころがないピッチャーでしたねぇ。
2回の攻撃では、二死から隼太が二塁打を打って、スタンリッジまで打順を回して、良し良しと思ったのですが、そのスタンリッジにストライクが入らず四球。こうなったら、西岡に打ってもらおうと期待したら、フルカウントから空振り三振・・・・。ここまで、マートンや新井さんも三振してましたけど、このボール打てないの?っていうようなところで、バットにボールが当たらないんですよね。マートンにしろ、新井さんにしろ、そして西岡にしろ、比較的好調だと思うので、そういう打者たちが、打てないっていうのも、何か不思議な感じを持って見ていました。

一方のスタンリッジも、調子としてはイマイチだったんじゃないでしょうか。毎回のピンチで球数も増えていきます。
3回は上位の坂口、平野と打ちとって、調子は戻ってくるかなぁというところで、バルディリスの当たりが外野の前にポトリと落ちてしまい、また制球が狂ってくるわけです。李に四球で、大丈夫かいなっていうところで、何とかロッティーノを抑えました。
4回には、先頭の後藤にまたまた二塁打で出塁を許してしまうわけで、なかなか落ち着きませんね。ただ、ここはあちらのスクイズを見事に外してピンチ脱出。綱渡りピッチングが続きました。

このスクイズ失敗で、流れを呼び込んでいきたかったところですが、その裏の攻撃は新井さん、藤井、隼太で、簡単に三者凡退。で、その流れで、5回にはスタンリッジが、坂口にポール際に先制ホームランを打たれてしまうわけです。ここまでは、どうしても、あちら寄りの展開になってしまっていました。

なんとなくディクソンの軟投ペースにハマッてしまい、ランナーも出なくなってしまって、ジリジリする展開になってきました。これがセ・リーグの見知った相手だと、何となく継投を含めて読めてくるのですが、やっぱり相手がわからないと、先が読めないよなぁ。
6回二死から、良太が四球を選んで、久しぶりにランナーが出ますが、新井さんが続けず・・・。

結局、ディクソンには7回まで完璧に抑えられて、試合の方も膠着状態。
8回表には、福原が作ったピンチを勝とうが抑えて、流れを堰き止め、さぁ、あちらもピッチャーが代わってしかも西岡からの攻撃ということで、何とかしたい8回裏の攻撃でしたが・・・軟投ディクソンに代わって、速球派の佐藤達ということで、目先を変えられてしまった感じですね。

最終回、あちらは、もちろん平野を投入。マートンからの打順で、何とか点をもぎ取って欲しかった。
マートンが倒れたあと、良太が2-2から打った三塁線のファール。真ん中に入ってきたボールで、あれを一発で仕留めたかった。このあとも粘りましたが、最後は外に落ちるフォークを注文通りに振ってしまいました。
次の新井さんも追い込まれてしまいましたが、ライトへ流し打ち。ちょっと伸びすぎたかなぁというライトライナーでしたが、これを川端がグラブに当てて落としてくれての、本当にラストチャンス。ここで代走・田上、代打・桧山の東京ドーム12回表のパターンの再現狙いだったんですけどね。そうそう、何度もおいしいことは起きませんなぁ。平野からはそうそう連打も期待できないところで、ここはセオリー通りに田上が走って、一打同点という形にはしたかったんですが、桧山が初球を打ち上げてしまった・・・・。

スタンリッジも苦労しながら、1点に抑えてくれましたが、一発に泣いて、結果的には打線も、見慣れない軟投ペースに巻き込まれてしまったっていうところでしょうか。やっぱりデータ不足だったのかなぁ。そういう意味では、やや苦しい交流戦のスタートということになってきそうです。
て言うか、ディクソンって、今日で4勝目だったのか・・・・意外と言っては失礼ですが、各バッターの対応を見ていると、実際に当たってみないと、難しい細かい変化のあるピッチャーだったんでしょうかね。次回、当たったときは、今日の対戦経験を活かして絶対に打ち崩して欲しい。

とにもかくにも、交流戦は惜敗スタートということになってしまいましたが、まぁ、そろそろ連勝も止まる頃と考えたら、しゃあないかなと思うし、また切り替えて明日から出直しましょう。

<今日の試合結果>
タイガース 0-1 バファローズ (1回戦@甲子園)
 (対戦成績 1敗、通算23勝15敗1分:2位)
[試合開始] 18:00 [試合終了] 21:13 [観衆] 33,508人
[バッテリー]
(Tigers)●スタンリッジ(7)(3勝3敗)福原(1/3)加藤(2/3)筒井(1)-藤井彰
(Buffaloes)○ディクソン(7)(4勝1敗)H佐藤達(1)S平野佳(1)(1勝7S)-伊藤
[本塁打]
(Buffaloes)坂口2号(1)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【阪神】2013交流戦、黒星スタート

    Excerpt: (甲子園) オリックス000 010 000=1 阪   神000 000 000=0 <投手> (オ)ディクソン-佐藤達-平野佳 (神)スタンリッジ-福原-加藤-筒井 ○ディクソン4勝1敗 S平.. Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参 racked: 2013-05-15 19:14