またも荒れ球に翻弄され、久々の連敗・・・

今年の交流戦ラストカード、仙台でのイーグルス戦。甲子園では、惜しい試合もありましたが、連敗してしまっただけに、リベンジして、気持ちよくリーグ戦に戻っていきたいところです。

今日は日テレプラスでのテレビ中継でした。解説は高橋雅裕さん。たぶん初めて解説を聞くかも。
この時期ということもありますが、仙台の試合はいつも雨っていうイメージがあって、昨日の天気予報でも、仙台地方は朝から「ザーザー降り」ってなことを言っていました。心配してましたけど、試合開始前には、何とかやんだみたいでしたね。まぁ、かなり降っても土日のタイガース戦はかなり強攻して試合はやるっていうのは、例年のことなんですが、やはり、コンディションはいい中でやって欲しいので、とりあえずは良かった。

初回の攻撃。永井の立ち上がりは、いかにも悪い感じで、ボールが抜けているような感じ。いきなり西岡がストレートの四球で出塁しました。ここで大和のバントなんですけどね。西岡の足を考えれば、致し方ない作戦で、最近は容認しているんですが、今日に関しては永井が苦しいところだったので、あっさりとアウトをやってしまったのは、もったいないなぁと思いました。ちょっとプッシュ気味で自分も生きようとしたようなバントでしたが、リーグ戦に向けて、ぼちぼちオートマチック送りバントは止める方向で作戦立てて欲しいですね。大和もやや持ち直してきたところでしょうし・・・・。
そういえば、交流戦で優勝したホークスの秋山監督が、交流戦に入って送りバントをやめて、打線が回りだしたというような記事も読んだんですけど、和田監督にも、そういう部分は参考にして欲しいな。

で、鳥谷にも四球を出して、これは先制のチャンスというところだったんですが、マートン、新井さんが抑えられて無得点。マートンに対してもボール先行でしたが、3-1からのボール球をファールにしてしまったところと、最後のボールが、初めて指にしっかりと掛かった素晴らしいアウトコースへのストレートでした。ちょっと荒れ球いやだなぁと思っていたところで、新井さんも3ボールになってからの永井のボールがいいところにいくんですよね。
甲子園でも戸村でしたっけ。こういう荒れ荒れのピッチングで、四球はたくさんもらったんだけど、結局決め球が絞りきれずに、いつのまにか抑えられたってことがありましたよねぇ。なんとなく、そんな感じのピッチングで、ちょっと苦労しそうだなって形になってしまいました。

一方の能見は相変わらずの絶好調な立ち上がり。連続三振のあと、聖沢にセンターへのヒヤッとする当たりを打たれますが、ボールの力があったので、意外と打球は伸びずに大和が楽々キャッチ。対照的な立ち上がりでしたけど、こういうときは逆に気をつけないといけないというのは、もう常々書いていることですが・・・・好調ピッチャーと不調ピッチャーの対戦で、不調な方が何とか抑えていると、結構、好調な方がやられてしまうという、今日に関しては嫌な流れがあるわけですが、逆に言えば、不調は不調なまま打ち込んでいってしまえば、その調子のままの試合結果は得られるだけに、とにもかくにも先制点が欲しかったですね。

ちょっと気になっていたのが、初回の永井のピッチングで、主審の石山さんのジャッジが辛いなぁという点。これが能見にも影響しないかなということで、気にはなっていたのですが、さっそく、2回に、その悪い予感が的中してしまいました。
先頭のジョーンズへの四球は仕方ないかなと思ったのですが、二死1,2塁からの嶋への内容ですね。2球くらいはストライクと言ってくれても問題ないようなところに投げ込んでいたんですが、ボール判定で四球。永井へのジャッジを考えると、まぁ、これもボール判定仕方ないとは思ったんですが、結果的に、このあとワイルドピッチで、嫌だなと思っていた先制を与えてしまいました。

ただ、ここで1点に抑えたことで、もちろん、まだまだ試合はわかりません。とにかく、流れを普通に戻すためにも、永井のリズムは戻る前に打ち崩していきたい。3回には鳥谷ヒットと盗塁のあと、二死から新井さんが勝負を避けられての坂というシーン。ここで、坂が落ちるボールをうまくすくってのセンター前タイムリー。すかさず同点で、嫌な流れは断ち切れたし、ここは坂が打ってくれたことも嬉しかったですね。
このあと、さらに野原が打ってくれれば、良かったんだけどなぁ。野原自身にとっても、大きなチャンスでしたけど、ここは打ち上げてしまい残念でした。野原、せっかくチャンスはもらっているんだけど、なかなか結果が出ないなぁ。コンラッドと同じで、最初に結果が出ないと精神的に追い込まれてしまって、悪循環ってのがあるだけに、とにかく結果が欲しいところなのですが。

で、両チームに得点が入って、試合が動いてきたのか、その裏に能見が松井に一発を打たれて、またも勝ち越されてしまいました。とにかく、失点は抑えて(能見だから当然抑えてくれるだろう・・・)、何とか点を重ねて勝っていこう(タイガース打線、簡単には終わらないよ・・・)という応援態勢でしたが、どうしても主導権を奪うことができません。となれば、今日はこんな試合だから、とにかく打ち勝っていこうと、気持ちを切り替えて中盤以降に期待でしたね。
永井にしても、序盤からチャンスは作っていましたから、球数を投げさせてはいました。だから、このまま抑えられるわけはないだろうと・・・・。恐いのは荒れ球に翻弄されることのみ!

・・・・と思って応援していたのですが、結局、6回まで翻弄され・・・・立ち上がりの荒れ球の軌道にすっかり幻惑されているような攻撃になってしまいました。そうこうしているうちに、7回からは青山にスイッチされてしまい、永井を取り逃がしたって感じになってしまった。うまくはぐらかされてしまったなぁ。
で、こうなれば、繰り出されるリリーフ陣を打ち砕いていかなければ!と意気込んでいくところでしたが、2イニングを青山には抑えられてしまいました。甲子園では、うまく攻略したイメージもあったのですけどね。

能見は松井に打たれた後は、本当に完璧で、結局最後まで、危なげなく投げ切ってくれたんですけどねぇ。何とか、その力投に応えたい打線は、後がない最終回、ラズナーに対しての最後の代打攻勢。
まずは代打の今成。あわや同点弾かというような大きなファールを挟みつつ、ファールで粘って結局、12球目を選んで四球で出塁。いい仕事でした。
藤井がしっかりと送っての2枚目の代打・桧山。解説の高橋さんは打率を見て、大丈夫(イーグルス目線で・・・)と言っていたので、何とか見返して欲しいなと思ったんですけどね。セカンドゴロで、ランナーを進めただけ。
二死3塁で西岡。今日はここまで、ちょっと元気なく精彩を欠いているかなぁという感じだったんですが、ここは、最後の集中力に期待でした。

が・・・・・・最後のストレート、手が出なかったなぁ。打席の西岡はボールと思ったんでしょうけど、最後の最後に、いいコースに投げ込まれてしまいました。

今日の試合は、展開的に勝ちたかったなぁ。やっぱり、序盤、永井が不安定な間に主導権を握れなかったことで、ありがちな攻守逆転の展開になってしまいました。やや打線の繋がりも落ち気味って感じの連敗になってしまいましたねぇ。う~ん、残念。

とにもかくにも、とにかく交流戦はあと1試合。これが終われば、しばらく試合の間隔も開きますから、最終戦の明日は気持ちよく勝って終わりたいですね。藤浪対マー君の甲子園ヒーローズ対決でもあります。打線の奮起にも期待しましょう。


<今日の試合結果>
イーグルス 2-1 タイガース (3回戦@Kスタ宮城)
 (対戦成績3敗、通算35勝24敗2分:2位)
[試合開始] 14:00 [試合終了] 16:40 [観衆] 21,252人
[バッテリー]
(Eagles)○永井(6)(2勝2敗)H青山(2)Sラズナー(1)(1勝1敗6S)-嶋
(Tigers)●能見(8)(6勝3敗)-藤井彰
[本塁打]
(Eagles)松井6号(1)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 楽天には勝てまへんなあ

    Excerpt:  痛い敗戦には違いないですが、そりゃあ、能見を立てても負けることもありまっせ。けど、何故かイーグルスには勝てまへんなあ。やっぱり星野監督が怖いのですかねえ。(対楽天 3回戦 Kスタ宮城 1対2で負け).. Weblog: なんやかんや、そしてTigers racked: 2013-06-16 00:19
  • 【阪神】楽天に3連敗…。

    Excerpt: (Kスタ宮城) 阪 神001 000 000=1 楽 天011 000 00X=2 <投手> (神)能見 (楽)永井-青山-ラズナー ○永井2勝2敗 Sラズナー1勝1敗6S ●能見6勝3敗 <本.. Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参 racked: 2013-06-16 10:26