消極策連発で連勝ストップ・・・

今日の先発はいつものサンデー藤浪ではなく、秋山。前回の藤浪登板のときにも書いたのですが、交流戦明け、長野の試合が中止になった時点で、浜スタでの登板を一度飛ばしても良かったのかなぁと思っていました。藤浪に関しては、疲れもあるだろうし、ややプロの壁にもぶつかっている感じで、ローテーションを飛ばすには、他の投手との兼ね合いも考えて、そのあとの北陸2連戦で試合数も少ないわけで、タイミング的には、それもアリかなと思ったわけです。
実際には浜スタでは予定通りに投げて、負けてしまったのですが、今年の藤浪に関しては、それもまた正解ではあるわけですよね。で、榎田の状態もあるんでしょうけど、ここで1回インターバルを開けて、サンデー登板を飛ばしてきました。秋山も、金沢の試合が中止にならなければ、このカープ3連戦の初戦に投げる予定だったわけで、意気込んで一軍に上がってきたのに、時間を開けてコンディショニングを難しくするよりも、ここで投げさせてあげるっていうのも、正解でしょうね。
藤浪もジャイアンツに当てるということで、中西コーチ談では「やられてもデメリットはない」というリスク覚悟で投げさせるという気持ちでのローテ再編なら、その結果は逆に楽しみになってきます。

もう一つ、藤浪の順番を飛ばす理由に思いつくところはあるのですが、とりあえず、その理由も含めて、藤浪のピッチングはそのジャイアンツ戦のお楽しみというところで、今日はとにかく秋山に注目ですよね。

今日もスカイAの中継でのテレビ観戦。福本さん&矢野さんのダブル解説でした。関西での地上波対応の中継ですかね。

で、注目の秋山の立ち上がりですが、いきなりルイスにライトフェンス直撃の二塁打を打たれてしまいました。確かにいい当たりではあったのですが、隼太、捕れなかったかなぁ。飛球の追い方が危なっかしいし、まだまだ安心して見ていられるレベルではないですね。

送りバントで三塁に送られたあと、丸にはレフトへの犠牲フライで、あっさり先制を許したわけですが、まぁ、いきなりの二塁打から、この1点だけなら、久しぶりの先発ということを考えれば上々でしょうか。でも、結構、いい打球をガンガン打たれてましたねぇ。変化球が入らないので、ストレート中心の組み立てでしたけど、それをきっちりと打ち返されていました。
丸の犠牲フライもそうでしたけど、2回には松山にフェンス際まで飛ばされてヒヤッとしたレフトフライ。さらに一死から梵にセンターオーバーの二塁打。堂林は何とか詰まらせてファーストファールフライに打ち取るわけですけど、こういう状態の中で、石原を敬遠して、マエケン勝負。
マエケンでなければ、この作戦もアリだと思うのですが、さすがに秋山クラスでストレート系しかないとなれば、さすがのバッティングしてきますねぇ。カットボールでしたけど、三遊間を破られての追加点・・・ピッチャーだから、ダメ元で思い切って絞って打ってきていると思うので、結果論ではなく、逆に石原勝負の方が良かったと思うんだけどなぁ。矢野さんが言うように、ちょっと消極的だと思ったし、その姿勢自体が流れを相手に譲ってしまう形になるような気がして、嫌なんですよね。秋山って、新人の頃は、もっと強気なイメージがあったんだけどなぁ。

3回のピッチングは、ようやくカーブも交えて、何とか落ち着いてきたかなぁという内容になってきて、さて、打線の方もマエケン相手に反撃に転じたいところ。で、早速、3回裏に先頭の日高がヒットで出塁します。そして、もちろん秋山は送りバント・・・なんですけど、これがマエケンのフィールディングに阻まれて失敗。さらには、西岡がヒットで繋いだあと、大和が三遊間を破ったところで、秋山がホーム突入で石原のブロックに阻まれてしまってアウト。これはまた吉竹コーチへの非難が集中するかなという判断でしたけど、ボテボテの当たりで、かなり際どいタイミング、かつ秋山がランナーということも微妙なところでしたが、秋山の身体能力を考えたら、突っ込ませるのもアリなんですよね。まぁ、際どい当たりで、ホームへのスライディングがピッチャーでどうよ?ということを考えたら、クリーンアップに期待しても良かったのかな。結局、流れがまだあちらにあったというところで、鳥谷のスリーボールから打ちにいった打球も、ルイスのファインプレー(福本さんから言わせると普通だそうですが・・・)で3安打集中しながらも無得点。石原敬遠のところからのもどかしい雰囲気が、攻撃でも引きずっている感じでしたね。

5回裏に日高がヒットで出塁したところで、秋山は交代。立ち上がりが苦しかったですけど、3回以降は、何とか形にはしてくれました。個人的には攻守にイマイチというか、もっとできるはずだと思っているので、全然満足できない内容でしたね。終盤に矢野さんが言っていましたけど、走塁も含めての気迫や気持ちが伝わってこないと・・・同感ですね。ただ、榎田の状態次第ですが、次回、今日の登板を踏まえてのピッチングを、もうワンチャンス見てみたいですね。出てきてくれないと困る選手でもありますし。

対マエケンですが、右打者、特にマートン、新井兄弟といった打線の中心のところが、全くタイミングが合わずに、今日もなかなか点が取れるという雰囲気にはならなかったなぁ。むしろ、下位打線の日高から上位にどう繋いでいくかっていう展開になって、たった2点差なんですけど、なかなか厳しいなという流れでした。
そういう意味で期待した8回の日高からの攻撃でしたが・・・。まずは日高がファーストゴロ。ここまで2安打打っている日高でしたが、さすがにマエケンからの猛打賞ってのもキツイか。それでも、今成がヒットで出塁。マートン&新井兄弟のときはスイスイ投げてきたマエケンも、それ以外の打順だと、意外と苦労している感を醸し出していたので、とにかく、今日のところは、そこで何とかするしかないかなという場面になってきました。

その期待通り、西岡が、追い込まれてからのチェンジアップをうまく拾ってセンター前ヒットで続きました。そして、大和。右打者では唯一ヒットを打っているだけに、何とかチャンスを拡大したところで鳥谷に回したいところでした。
・・・・・が、ここでバントですか?ややプッシュ気味だったので、大和の判断でのセーフティバントだたtかもしれないんですけど、ここも、あまりにも消極的。しかも、打ち上げてしまってはどうしようもありません。繰り返しますけど、石原への敬遠から、この場面でのバントまで、あまりにも消極的で、これでは流れも呼び込めません。
鳥谷の打球も、際どい当たりで完全に一塁セーフだと思ったんですけど、判定はアウト。まぁ、そのあとの梵のセーフティバントをアウトにしてくれたから、お互い様でしょうか。それでも、負けているタイガースにとっては、痛い判定でした。ただ、その判定をさせてしまったのも、大和のバントなんだよなぁ。

2点差で最終回。ここまでの展開からいくと、マートンからの攻撃で期待できるかと言われると、ちょっと厳しい打順。それでも、ここはマートンと新井兄弟の反発力、集中力に期待せざるを得ないところでした。
まずはマートン。さすがでした。ここまで苦労していたスライダーをきっちりセンター前ヒットで出塁。さぁ、新井兄弟というところで、まず新井さんがライトへ流してヒットで繋いでくれました。最後の最後、大きなチャンスが広がりました。

こうなれば、良太にはバントという策が考えられますが、全く、そんな策なんか考えていないかのような強攻策。あれだけ、タイミングがあっていない中で、ここにきての積極策。どうなんでしょうか。どうも、作戦のタイミングのチグハグ感は否めません。もちろん、良太の思い切りに賭けたにせよ、良太の力量やここまでの打席を考えても、いい結果が出るイメージはなかったですね。実際に、ここは甘い球を打ち損じてしまって浅いレフトフライ。逆に内野ゴロにならなかっただけ、打ち上げてくれて幸いだったというところでしょうかね。
一死1,2塁で代打・桧山でしたが、ライトフライでツーアウト。マートンがタッチアップで三塁に進んで、二死1,3塁となり、ここまで一番マエケンに結果を出している日高の打席に起死回生の一打に期待したのですが・・・いい当たりも不運なファーストライナー。一塁にランナーがいた故のアンラッキーな打球でした。う~ん、残念。

今日の試合に関しては、石原の敬遠、そして大和のバントと消極的な作戦が、流れを断ち切ってしまったと思うし、最後の良太の強攻策との対比でちょっと押すところと引くところが逆だったんじゃないかなという感じのもったいない試合になってしまいました。

とは言え、このカードはとにもかくにも勝ち越したわけですし、とりあえず2.5差でジャイアンツとの直接対決に望めるという点で、まずはミッションクリアでしょうか。最初の天王山に近い試合になるでしょうけど、まずは自分たちの野球がどれだけできるか。そこに注目していきたいですね。

<今日の試合結果>
タイガース 0-2 カープ (8回戦@甲子園)
 (対戦成績4勝4敗、通算38勝28敗2分:2位)
[試合開始] 14:02 [試合終了] 17:05 [観衆] 46,335人
[バッテリー]
(Tigers)●秋山(5)(1敗)筒井(1 2/3)渡辺(1/3)ボイヤー(2)-日高
(Carp)○前田(9)(6勝4敗)-石原

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • マエケンに完封負けで、3タテならず。

    Excerpt: 今期2度目の先発の秋山。1回、2回はやや高めに浮き1点づつ失う[E:down] 阪神打線も3回裏に反撃。1死2,1塁。大 Weblog: けんぴーの回遊録 racked: 2013-06-30 17:33
  • マエケンから点を奪えず完封負け

    Excerpt:  やっぱり、マエケンを倒せなかったか……。9安打もしたのにねえ……。最後は惜しいところまで詰め寄ったんやけどねえ……。(対広島 8回戦 甲子園 0対2で負け) Weblog: なんやかんや、そしてTigers racked: 2013-06-30 19:01
  • 【阪神】広島に3タテならず

    Excerpt: (甲子園) 広 島110 000 000=2 阪 神000 000 000=0 <投手> (広)前田健 (神)秋山-筒井-渡辺-ボイヤー ○前田健6勝4敗 ●秋山1敗 3タテするのは難しい。広島.. Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参 racked: 2013-06-30 20:26
  • 〔阪神タイガース〕マエケンに投打でやられる!先発マスク藤井が無理なら、もうひとりキャッチャーを!

    Excerpt: ゴールデンルーキー「サンデー晋太郎」を温存して 4年前のドラ4秋山拓巳を 「ジャイアンツ戦からは徹底して逃げる日本のエース」 マエケンにぶつける。 「阪神タイガース最大のイベント」株主総会が終わった.. Weblog: しっとう?岩田亜矢那 racked: 2013-06-30 20:27