もったいない失点を重ねて首位攻防初戦を落とす・・・

オールスター前のラストカード。今年は、偏ったスケジュールでいろいろと不満もありましたけど、ここはジャイアンツとの首位攻防戦という最高の舞台になりました。正直なところ、勝負はオールスター以降だとは思うのですが、とにかく、球宴前の3試合、思う存分楽しみたいところです。

今日はNHK BS1でのテレビ観戦。解説は大野さん&小久保さん。甲子園でのジャイアンツ戦ということでは、ちょっと珍しい組み合わせかな。

能見と杉内の先発ということで、当然、今日も1点を争う試合になるのかなぁと予想していました。唯一の心配は、選手の入れ込み過ぎ。特に先にマウンドに上がる能見ですね。力が入りすぎて、本来のピッチングができないっていうことは、多々ありますから、とにかく立ち上がりをスムーズに投げ切ってくれればと思いながら見ていたのですが・・・。

初回の能見ですが、力が入って制球が定まりませんでした。低めのボールも見極められたところがあって、四球3つで二死満塁。ここで、村田に初球をセンターオーバーの走者一掃を打たれてしまって先制を許すわけですけど、甘いところに入っちゃいましたね。ヒットを打たれての満塁なら、おそらく、あそこに投げてなかったと思うし、何とか抑え込めたんじゃないかなと思ったのですが、やはり四球でランナーを溜めたというところで、気持ちとして中に入ってしまいましたね。

杉内相手に、いきなりの3点ビハインドは、厳しいと言えば厳しい展開ですが、まだまだ序盤ということを考えれば、まずは1点でも2点でも返していきたい。で、注目した杉内の立ち上がりですが、正直、あまり良くないな、つけ入る隙は十分にあるなという内容でした。

初回、西岡の二遊間へのゴロは寺内-坂本のプレーに阻まれましたが、大和がヒット、鳥谷四球とランナーを貯めてのマートン。いい当たりだったんですが、サードゴロ併殺。まぁ、これは仕方ありませんが、十分に反撃可能という雰囲気はありましたね。
そして、2回、新井さんの四球から、ついに左投手に対しても先発で起用された今成が結果を出してくれたライト前ヒット。良太は残念な三振で、ちょっと水を差された感はありましたけど、ここで藤井が読み勝ちの三塁線を破るタイムリー。藤井らしくない引っ張りでしたけど、お見事でした。
1点取って一死2,3塁で能見の打席、本当に期待感があります。あわや逆転3ランか?というような大ファールも含めて、杉内が勝負を嫌がった感がありましたよね。四球で出塁して満塁。ここで、一気に同点、逆転までいきたかったなぁ。
結果、西岡の犠牲フライで、とりあえず1点差まで詰め寄って、杉内に楽なピッチングをさせない布石は打つことができた攻撃にはなりました。

こうなると、能見本来のピッチングで、まずジャイアンツ打線をしっかりと抑え込んでいって欲しいところ。3回はクリーンアップ相手に力の抜けたナイスピッチングだったんですが、4回に村田に詰まったヒットを打たれたところから、矢野にライト線に打たれて一死2,3塁。ここは流れとして、絶対に失点してはいけない場面で、杉内は2球連続してスクイズしてきたところで、ファールを打たせてスリーバント失敗。ここは、助かりました。
ツーアウトとって、バッターは中井。ちょっと嫌なバッターだなと思っていましたが、この前の2打席を見ていても、正直、二週間前の勢いはないなとは感じました。そんな中井を能見がしっかりと三振に抑えて、とりあえず切り抜けることができました。

ただ、5回にはいい感じで寺内と坂本を抑えたあと、阿部に粘られた末に被弾・・・・。大野さんが再三、もっと丁寧にと言っていた矢先で、苦し紛れに投げた一球を仕留められてしまいました。ちょっとらしくない投球になってしまいました。

反撃していきたいタイガース打線でしたが、杉内相手に、ランナーは出すものの、なかなか突破口を開くまでには行かない、苦しい展開。お互いに球数も多くなってきている中で、何とか、杉内が投げている間に追いついていきたいなと思っていたのですが、その前に痛い守備のミスが出て、6回表に1点を失ってしまいました。一死1塁、併殺崩れで残ってしまった走者で嫌な感じもありましたが、矢野の三遊間を破るヒットで、走者の亀井が三塁へ走りました。小久保さんの解説によれば、良太が横っ飛びで捕れなかった時点で、サードに戻れないと判断した亀井の好走塁とのこと。ただ、焦ったマートンの送球、それを止め切れなかった良太の守備とバックアップが遅れた能見。いくつものミスが重なっての無駄な1点になってしまったし、流れの上でも、やらずもがなのこの失点は、阿部のホームラン以上に痛かった・・・・。

6回裏、新井さんが完璧な一発で反撃開始。ただ、二死になって良太を迎えたところで、ジャイアンツは杉内を代えて継投に入ってきました。杉内が投げている間に・・・という思惑はここで断たれたわけですけど、まだまだ試合はわからんぞと気持ちを切り替えです。
代わったマシソンの初球を良太が強振してレフト前ヒット。これで雰囲気的にも、まだまだいけるという感じにはなってきたと思います。そして、藤井のセンター前ヒットで、良太が三塁へ。かなり暴走気味かなと思ったのですが、ここは結果オーライ。代打の坂は三振で、ここは得点できませんでしたが、試合の方は面白くなってきました。

7回からはお互いの継投勝負。7回は安藤、マシソンが抑えてお互いに無得点でしたが、8回に筒井が、村田に打たれてしまいました。今日は、能見にしろ、ここでの筒井にしろ、ちょっと不用意な投球が目立ちました。また、これをしっかりと逃さずに打ちこむジャイアンツ打線も、さすがに脅威ではあるのですが・・・。

8回の攻撃では、新井さんのセンター前に抜けようかという打球を坂本にファインプレーで阻まれ、どうしてもジャイアンツから流れを奪えない中、3点差ということもあり、9回は松田が一昨日に続いての登板。堂々としたピッチングで上位打線は三者凡退。

松田の活きのいいピッチングが見れたところで、いよいよ3点ビハインドでの最後の攻撃は対西村。あちらは、一応、勝ち試合の継投でしたが、明日からの試合のことも考えれば、何とか一矢は報いておきたい。そんな良太からの攻撃。最初はボール球を振って、ちょっと雰囲気ないなぁと思いながら見ていたのですが、2-2からの2球は、よくバットが止まって、先頭打者として四球で出塁。
これを何とかキッカケにしたいところでしたが、藤井が初球を簡単に打ち上げてライトフライ。ちょっと追い込まれた気持ちになりましたけど、代打・桧山が一二塁間を破るヒットで繋いでくれました。
一死1,2塁で西岡。とにかく繋いでくれというところだったのですが、ショートゴロ。ただ、ラッキーがまだ残っていて、完全な併殺コースが併殺崩れになってランナーが残りました。

ここで、大和に代わって代打・森田。もうここは土壇場勝負の一発狙いって感じの起用でしょうか。いいんじゃないでしょうかね。相手にもプレッシャーはかかるし、少し前までだったら、大和に繋いでもらう展開しか考えられなかったことからすれば、昨日の結果を踏まえた上でも理にかなってました。
結果、フルカウントからの空振り三振に終わり、最後も無得点で終わってしまったのですが、西村に対しては、前回の対戦でもあと一歩というところまでいったし、明日以降も、きっとチャンスは生まれてくると思います。

というわけで、首位攻防初戦は、残念ながら敗戦。ただし、相手に対しては、かなり不利な立ち上がりから、ただでは終わらないというところは見せることができたと思うし、もちろん勝てれば良かったですが、今はまだこれでもオーケー。今日の試合に関しては、もったいない失点が多く、タイガースの野球がやりきれなかったという反省点も踏まえつつ、また、明日頑張りましょう。


<今日の試合結果>
タイガース 3-6 ジャイアンツ (12回戦@甲子園)
 (対戦成績6勝5敗1分、通算45勝32敗2分:2位)
[試合開始] 18:01 [試合終了] 21:28 [観衆] 46,876人
[バッテリー]
(Tigers)●能見(6)(8勝4敗)安藤(1)筒井(1)松田(1)-藤井彰
(Giants)○杉内(5 2/3)(8勝4敗)Hマシソン(1 1/3)H山口(1)S西村(1)(2勝3敗23S)-阿部
[本塁打]
(Tigers)新井11号(1)
(Giants)阿部23号(1)、村田11号(1)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 前半戦最後の決戦 初戦を落とす

    Excerpt:  先発能見が初回に3失点。これを取り返すことができず、大事な初戦を落としてしまった。(対巨人 12回戦 甲子園 6対3で負け) Weblog: なんやかんや、そしてTigers racked: 2013-07-15 23:32
  • 【阪神】巨人に完敗

    Excerpt: (甲子園) 巨 人300 011 010=6 阪 神020 001 000=3 <投手> (巨)杉内-マシソン-山口-西村 (神)能見-安藤-筒井-松田 ○杉内8勝4敗 S西村2勝3敗23S ●能.. Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参 racked: 2013-07-16 07:34
  • 前半の天王山、負けるべくして負け

    Excerpt: 西岡が前日の自打球にかかわらず先発出場。もしかすると痛み止めの注射打ちながらの出場かも知れんけど、骨や腱に以上が無くてよかった。 セカンドスタメンと思ってた坂はベンチスタート。サードスタメンは良太。.. Weblog: 自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガース racked: 2013-07-16 08:10
  • 前半の天王山、負けるべくして負け

    Excerpt: 西岡が前日の自打球にかかわらず先発出場。もしかすると痛み止めの注射打ちながらの出場かも知れんけど、骨や腱に以上が無くてよかった。 セカンドスタメンと思ってた坂はベンチスタート。サードスタメンは良太。.. Weblog: 虎談巷説 阪神タイガース的日常 racked: 2013-07-16 20:14