今年のタイガースはやっぱり違う!

オールスター前のラストゲーム。
首位攻防3連戦が、2連敗ということになって迎えた第3戦です。ここは負けられないという以上に、やっぱり、今年のタイガースは違うというところを見せるために、当然のことながら、ぜひとも勝って終わりたい試合です。
思い起こせば、最初の東京ドームの3連戦。能見、スタンリッジで連敗したあと、榎田で1つ勝つことができました。このときも思ったのが、去年までだったら、あっさりと3タテ食らっていただろうな・・・ということ。あの試合に勝ち切ったことで、今年は何か違うんじゃないかなという兆候が見られたと思うんです。
そういう意味で、今日の試合ですね。東京ドームのときと比べて、負け方があまりにも悪かっただけに、この勢いに負けて、またジャイアンツの前に屈してしまうのか、それとも、これを跳ね返してオールスター明けの戦いにも十分に期待を持って挑めることができるか。単に連敗ストップということ以上に、非常に大きなポイントになる試合だと思って観戦していました。

今回の3連戦は、全部BS1での放送があって、一昨日、昨日とそちらでテレビ観戦していたのですが、さすがにゲンを担いで、今日はBS1はやめてスカイAでの観戦でした。解説は佐野さん。

テレビをつけると、初回の新井さんのタイムリーで1-0のリード。2回裏一死2,3塁で西岡というチャンスの場面からでした。注目した西岡は三振・・・・昨日の今日で、ここで点を取れないと、また重い雰囲気になっちゃうかなぁというシーンになりました。
で、ここで、負傷の大和に代わって今日はスタメンで出場の俊介。いやぁ、昨日と同じように、しっかりとアピールしました。センター前に貴重なタイムリー。しぶとく、持っていきました。このところ、今成にしても、坂にしても、最初は代役という形での出場から、勢いを見せてくれているわけですが、俊介も乗り遅れるな!って感じで、頑張ってくれています。というか、レギュラーとっていても、おかしくない立場の選手だけにね。ようやく、来てくれたかって感じですよ。まだまだ、これからですけどね。

この1点が、昨日からの重苦しい雰囲気を打ち破ってくれたか、続く鳥谷にもタイムリーが出て、さらにはレフト谷の送球エラーで、ラッキーな追加点。ちょうど、一昨日のマートン⇒良太の送球エラーの裏返しのようなプレーが出て、今日も序盤に大きくリードを取ることができました。昨日より良かったのは、1イニングだけの得点じゃなく、回を跨いで点が取れたこと。これは流れを作る意味では、点数以上に大きなポイントですよね。

3回裏も先頭の新井さんのセンター前ヒットを起点に、相手のバッテリーエラーもありつつ、今成の進塁打、そして坂の犠牲フライと、ここもきっちりと追加点。昨日の嫌な流れを完全に払拭しつつある、いい攻撃が続きましたね。

1イニング挟んで、5回の攻撃もお見事。鳥谷のヒットから、新井さんのライトへのヒットで作った一死1,3塁から、今度は今成がきっちり犠牲フライ。ソツのない攻撃でしたよね。


援護点にも恵まれたとも言えますけど、榎田は対ジャイアンツ打線、今日も快調。交流戦に入る前後くらいから、榎田もボール球が多くなって、本当にリズムが悪いピッチングの時期が続いたんですけど、肘痛から復帰してから、コントロールもまとまってきて、それこそ、安心して見ていられる域に登ってきてくれたような気がします。
大きなポイントになるかなという4回のピンチ。二死から村田の二塁打、長野のヒットでの二死1,3塁。この場面では、まず村田が三塁を回ったところでストップしてくれて、助かりました。で、谷を歩かせて、満塁にしたところで、出てきたのが、代打・矢野。原監督、早い仕掛けですが、ここで打たれるのと、抑えるのでは、試合の流れの上でも本当に大きな「勝負どころ」でした。
結果、矢野をセカンド正面のゴロに打ち取って、榎田がまずは1つ目のヤマを乗り切ってくれました。

2回目のヤマは6回。阿部のセカンドフライを挟んで、坂本と村田に四球。際どいコースに投げてましたけど、微妙に外れていたんでしょうか。イニング的にも、ちょっと苦しいところでした。
長野はフルカウントから粘って三振に討ち取ったものの、高橋由には追い込んでから、最後のボールが高くなってしまい、センター前タイムリーで、遂に1点を失ってしまいました。
そして、再度の矢野との対決でしたが、追い込んでから、最後の最後に、膝元の素晴らしいストレート。お見事、ここも踏ん張りました。

失った1点も、すぐに取り返せるのは、流れがいい証拠。というわけで、6回裏には、西岡のヒットを俊介が送り、ここまで音無しだったマートンがきっちりと一二塁間を破るタイムリー。本当にソツがない。こういう攻撃も、流れがいいと、すんなりと点が入っていくんですねぇ。

6回で100球を越えて、さらに結構しんどいイニングが続いたところで、榎田も交代で、どういう継投をするのかなぁと思っていたら、7回からメッセンジャーを投入。オールスター前、先発投手はローテーションが終われば、登録外して野手なり、リリーフなりを補充していくのが普通なのですが、メッセンジャーはそのままだったのは、こういうことだったんですね。今年の変則日程のおかげで、メッセンジャーにとっては、ジャイアンツ戦初登板。中継でも言っていましたが、オールスター明けに向けて、当然、メッセのローテ順にジャイアンツ戦が回ってくることも当然アリですから、ここで投げておくのは、いいアイデアです。点差も開いて、いいタイミングでした。
ただ、立ち上がりの悪いメッセンジャー・・・アンラッキーなヒットもありましたが、一死1,2塁から、坂本に軽打されてのライト線の二塁打で1点失ってしまいます。ちょっとストライクを揃え過ぎかなという内容でした。
で、さらに、得点圏に2人のランナーを置いて阿部という場面。ここも、詰まった当たりながら、深く守っていた俊介の前に落ちて2点目。ちょっと、嫌な感じですが、ここは落ち着いて投げ抜いて欲しいところ。昨日の悪夢を振り払うための、必要な試練だと思いながら、見ていました。
村田は何とか三振で切り抜けたんですが、長野には何とバックスクリーンへのホームラン・・・1点差になってしまいました。メッセンジャーのリリーフというところで、いつもと違うところで、やや集中を欠いてしまっていたかなぁ。

まぁ、昨日と違うところは、これでランナーがなくなって、さらにまだ1点リード。落ち着いて、立て直せばいいだけの場面で、加藤のリベンジ登板になります。ここは高橋由に全くタイミングを合わせずに、三振斬り。とりあえず、リードを保っての終盤になりました。

取られたら取り返せ・・・というわけで、7回裏はタイガースもチャンス到来。
先頭の浅井の打球を、セカンドに回った中井が弾いてラッキーな内野安打。坂が送ったあとの藤井の打球もセンターに抜けようかというところを、これまた中井が捕球しながらも、ファーストへの送球が逸れての内野安打。
ラッキーなヒットが続いての一死1,3塁で、代打は森田でした。いい場面での起用に応えて欲しいところ・・・・フルカウントから高めのボール球、振ってしまいました。三振、残念・・・。

西岡が歩いて満塁になったところで、俊介です。今日は俊介がポイントになって欲しいなという期待を込めての打席。追い込まれたら、厳しいかなと思った2-2からの一球。2打席目のタイムリーと同じようにセンター返しのバッティングが、再びのタイムリーになって、大きな大きな1点をもぎ取ることができました。
さらに満塁で、ダメ押しを取りたかったのですが、鳥谷が自信を持って見逃したボールがストライク判定で三振に終わり、完全に息の根を止めるに至らずで、まだまだ気が抜けない終盤になってしまいましたが・・・・・。

8回は安藤を投入。安藤にとっても、昨日のリベンジは絶対に果たしておきたい場面での登板でしたが、亀井への四球、ボウカーのヒットもあって、二死1,2塁で坂本という非常に心臓に悪い展開でしたねぇ。本当に楽に勝たせてくれないんですが、ここも安藤が粘りきって、浅いセンターフライに仕留めました。ランナーは出したものの、結果的には坂本と阿部を分断することには成功しました。あと1イニング!

9回の攻撃でマートン、新井さんと倒れて、ラストイニングは何とか2点を守りきって・・・と思っていたところで、浅井がファンの誰もが予想していなかった、びっくりな一発!俊介といい、浅井といい・・・今日はまさかのメンバーが躍動してくれました。

最後は福原。3点差になって、やや安心はしていたのですが、そうは言っても昨日の今日。さらには今日の7回の流れ・・・最後まで気は抜けません。
まずは阿部をしっかりと三振にとり先頭を切ったところで、ほぼ勝利を確信・・・したものの村田がヒット。ただ、ここで浅井のホームランが効いてますね。長野にホームラン打たれたって、まだ勝ってるよという気持ちの上での余裕がありました。結果、長野はピッチャーゴロ併殺でゲームセット。何とか、勝ち切ることができました。

というわけで、やっぱり、今年のタイガースは違った!昨日までの悪い流れを断ち切っての見事な連敗ストップ。今日、負けなかったことは、今年の大きなポイントになりそうな気がします。オールスター前で貯金13の首位と2.5ゲーム差。ジャイアンツにも勝ち越しターン。いい位置じゃないですか。いろいろな選手の活躍もあり、また後半戦に向けての期待大ですよね。

一週間、ちょっと一休みして、またオールスター明け、気合入れて応援していきましょう!!

<今日の試合結果>
タイガース 9-6 ジャイアンツ (14回戦@甲子園)
 (対戦成績7勝6敗1分、通算46勝33敗2分:2位)
[試合開始] 18:00 [試合終了] 21:32 [観衆] 43,290人
[バッテリー]
(Tigers)○榎田(6)(4勝5敗)メッセンジャー(2/3)H加藤(1/3)H安藤(1)S福原(3勝4S)-藤井彰
(Giants)●宮國(3)(4勝4敗)田原(2)青木高(1)笠原(1)マシソン(1)-阿部
[本塁打]
(Tigers)浅井1号(1)
(Giants)長野11号(3)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【阪神】前半戦最終戦を白星で飾る!

    Excerpt: (甲子園) 巨 人000 001 500=6 阪 神131 011 11X=9 <投手> (巨)宮國-田原誠-青木-笠原-マシソン (神)榎田-メッセンジャー-加藤-安藤-福原 ○榎田4勝5敗 S.. Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参 racked: 2013-07-17 22:33
  • 阪神、何とか逃げ切り前半戦終了!

    Excerpt: 3つとも勝てば首位で前半を終えることが出来ると意気込んで迎えた巨人戦。 一昨日は終始追いつけずに3-6で破れ、昨日は3-0で勝っていたのに魔の7回表、先発スタンリッジが打たれて次に出て来る投手陣がポカ.. Weblog: ぼけ~~~っと人生充電記! racked: 2013-07-17 23:06
  • 前半戦最終戦はヒヤヒヤの勝利

    Excerpt: 前半戦最終戦。3連敗は避けたい。 阪神打線は、1回から巨人先発の宮國を攻め、3回5得点でKO[E:punch] 一方、阪 Weblog: けんぴーの回遊録 racked: 2013-07-17 23:22
  • 勝てて良かった ホンマに良かった

    Excerpt:  昨日、最後にチラッと言うたけど、これは落ち込んでしまうのかと思うた一瞬があったけど、そうならんで良かった。ホッとした。勝てて良かった。(対巨人 14回戦 甲子園 9対6で勝ち) Weblog: なんやかんや、そしてTigers racked: 2013-07-18 00:28
  • 7/17 湘南0-2新潟(BMWス)~生観戦した青対オレンジはオレンジが勝ったものの、野球のオレンジは終盤追い上げるも負けたし…【阪神9-6巨人(甲子園)】

    Excerpt: 悪天候には強い湘南ベルマーレ(^O^)のはずが… 前半押している段階で先制できれば違う展開になったはずだったんですが… 2013J1第17節(7月17日19:00キックオフ(Shonan BMWス.. Weblog: ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2 racked: 2013-07-18 07:38
  • 楽勝の筈が一転、それでも前半戦白星で締めた

    Excerpt: 前日指をケガした大和に代わって、2番センターは俊介。この日も大和の穴を埋めて余りある活躍をしてくれた。ヒーローというより、MVPの大活躍。大和もバント失敗でケガしてる場合とちゃうで。 Weblog: 自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガース racked: 2013-07-18 08:09
  • 楽勝の筈が一転、それでも前半戦白星で締めた

    Excerpt: 前日指をケガした大和に代わって、2番センターは俊介。この日も大和の穴を埋めて余りある活躍をしてくれた。ヒーローというより、MVPの大活躍。大和もバント失敗でケガしてる場合とちゃうで。 Weblog: 虎談巷説 阪神タイガース的日常 racked: 2013-07-18 08:10