りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS 序盤の送りバントは敗戦フラグ・・・・

<<   作成日時 : 2013/07/25 21:13   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 0

後半戦開幕2連戦の2戦目。昨日は大勝だっただけに、今日は気持ちを切り替えて戦っていきたいところ。今日もフジテレビONEでのテレビ観戦。解説は大矢さん。
1回裏、お互いに1点を取り合っての二死1,3塁で藤浪が畠山を三振に取ったところからだったんですが、今日の藤浪は、コントロールもバラけていて、ちょっと状態が悪かったですね。ここ2試合、オールスターも含めれば3試合ですけど、割といい感じで投げていただけに、久しぶりに、こんな藤浪を見たなぁという感じです。それでも、序盤から大崩れしないのは、さすがだと思いますが・・・。

そんなことより、今日は久々に突っ込むべき序盤の作戦でしたねぇ。
まぁ、今日の試合展開は、やっぱり、ここに起因しているんじゃないかなと、結果論ではなく思ってしまうんですよねぇ。

テレビを見始めてからの初めてのチャンスは、3回の先頭・西岡がヒットで出塁した場面だったんですけど、ここで俊介にバントさせるわけですよ。常々言っているように、序盤の送りバントほど、勢いを削ぐ作戦はないと思うんですよ。
岡田監督時代は、まさに岡田監督自身がそういう考えだったので、そういう作戦は皆無だったんですが、真弓監督、和田監督と、何度、同じことを繰り返せば気がすむんでしょうか。終盤の1点を争う場面なら、まだしも、序盤に送りバントをすると、必ず試合が僅差になって、競り負けるケースが本当に多いんですよね。

で、テーブルスコアを見ると、初回も西岡のいきなりの二塁打のあと、俊介に送りバントさせてる。
もうこれは気持ち的なものでしょうけど、昨日の一死1塁から盗塁の一死2塁と、今日の一死3塁で、どちらが大きなチャンスかと言われれば、気持ちが前に出ていた昨日の方が、流れも良かったし、結果も良かったのは、偶然とは思えませんし、このところ、序盤にバントをするケースが少なかったから、打線が好調だったというのも、たまたまではないはず。和田監督の考え方が変わって、いい傾向だなと思っていたんですが、決してそうではなかったようです。

案の定、今日も初回の得点は1点で終わってしまったし、そのあと、重苦しい流れになってしまった。個人的には、「やっぱりな・・・・」という試合展開でした。
相手が石川だったから、連打が出にくいという考えだとしたら、それは間違い。むしろ、序盤の石川自身も不安な立ち上がりだからこそ、簡単に1つのアウトをあげるのではなく、いろいろな形で揺さぶっていく必要があったんじゃないかなぁ。それは石川だけではなく、他のピッチャーでも同じこと。

今日にしても、俊介にヒットが出なくてもよくて、打っていっての進塁打でもいいと思う。同じ一死3塁でも、そのあとの流れは絶対に違うはず。むしろ、大和にしろ、俊介にしろ、送りバントじゃなく、ランナーを進めるバッティングをさせることが、「いやらしい2番打者」にレベルアップするために必要なステップだし、やらせないとできるようにはならない。タイガース「打線」も、さらに上を目指すためには、こういう殻を破っていかないとね。というか、これはもう和田監督の殻っていう気がするけど・・・。

さらに言うならば、今日の1回裏のスワローズの攻撃。一死から上田がヒットで出塁してからの盗塁で、藤浪を揺さぶったこと。もう、それだけで、1回表の俊介の送りバントとの対比で、今日の試合の流れは決定づけられてしまったのかもしれない。というか、藤浪の調子がイマイチだったにせよ、見事に、そんな流れに自ら嵌ってしまったと思わざるを得ないんだよなぁ。

タイガースがこれから優勝を目指していくためには、いかに和田監督に序盤の送りバントをさせない状況にできるか・・・にかかっているような気がしてきました。

そうは言っても、何とか流れを引き込んで逆転していきたい中盤。
6回裏、スワローズはヒットで出た相川を石川がバントで送れずで、ここは流れの変わり目かなと思ったのですが、フラフラしている渡辺が、結局、満塁にしてしまって、継投すら後手後手を踏むことになってしまいました。
ミレッジ、バレンティンを迎えるところで、ボイヤーにスイッチ。ボイヤーはうまくミレッジを崩してショートゴロに打ち取ったものの、当たりが弱く併殺崩れで1点を取られてしまいます。結局、こういうところで、流れの悪さを引きずってしまうわけで、結果的に攻守に渡ってのベンチワークの拙さが気になってしまいます。で、バレンティンに打たれたスリーランは、もう流れの中では、打たれるべくして打たれたんじゃなかなと思っちゃうんだよな。

こうなると、石川くらいの経験値があると、なかなか打ち崩していくのは厳しい。流れが完全にスワローズになってしまったので、こちらには守備のミスが出る一方で、あちらは好プレーが出るという悪循環・・・・というよりも、やっぱりピッチャーのリズムが全然違う。そうであれば、攻守にこういう展開になっても、おかしくはありません。

唯一、今日良かったなと思ったのは、大量ビハインドで高宮の初登板の機会が得られたこと。せっかく上げたわけですけど、こういう展開にならないと、どうしても実績のないピッチャーは出してもらえないからなぁ。とは言え、そのアピールの場を活かせなかったのは残念。でも、登板しないと白も黒も出ないし、反省点も見出せませんからね。高宮には、今日の登板をキッカケにして、またしっかりと自分の居場所を見つけていって欲しい。とは言え、いきなり2本の被本塁打はキツイなぁ。

結局、決して調子がいいとは思えなかった石川に、流れの中で完投を許すハメになってしまいました。点差を考えれば、致し方ないですけど、やはり序盤の攻撃で崩しきれなかったのが悔やまれます。返す返すも、俊介の2つのバントが・・・・。もちろん俊介はきっちり決めてくれましたが、それがチームの勢いに繋がったとは言えないだけに、やはりベンチワークの課題として今日もモヤモヤ感が残る試合になってしまいました。

救いはジャイアンツも大敗しているということ。まぁ、着かず離れずパターンで、明日から甲子園に帰って出直しましょ!

<今日の試合結果>
スワローズ 11-1 タイガース (14回戦@神宮)
 (対戦成績10勝4敗、通算47勝34敗2分:2位)
[試合開始] 18:00 [試合終了] 21:05 [観衆] 29,904人
[バッテリー]
(Swallows)○石川(9)(3勝7敗)−相川
(Tigers)●藤浪(4)(6勝4敗)渡辺(1 1/3)ボイヤー(1 2/3)高宮(1)-藤井彰、小宮山
[本塁打]
(Swallows)相川4号(2)、バレンティン33号(3)、ミレッジ12号(1)、川島3号(2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
トラ、藤浪と共に沈む、昨日のお返しされ完敗。
昨日、打ち過ぎた反動なのでしょうか・・・と言うより、ヤクルトの意地が勝ったのではないでしょうか?昨日のお返しをされました。試合前のデーターでは、藤浪は対ヤクルトには1勝1敗で防御率1.80これに対して、石川の対トラには1勝3敗で防御率4.91と完全に藤... ...続きを見る
徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ”
2013/07/25 21:52
7/25の高校野球とプロ野球とサッカー東アジア杯の件
まずは、高校野球の件。 昨日は、岩手と山形の決勝は雨天順延になったようですが、茨城では常総学院、新潟では日本文理が甲子園行き決定。 しかしながら、それより話題になったのは埼玉と神奈川の準々決勝。 埼玉の浦和学院対埼玉平成戦は浦和学院・小島投手が完全試合。し… ...続きを見る
ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2
2013/07/26 06:45
【阪神】ヤクルトに大敗
(神宮) 阪  神100 000 000=1 ヤクルト100 204 13X=11 ...続きを見る
FUKUHIROのブログ・其の参
2013/07/26 07:41
大勝の翌日は大敗
大量得点の翌日の貧打は想像がついたが、そこに投手陣が軒並み炎上して大敗。あまりの大差なので野手陣は切り替えることができると思うが、中継ぎ投手陣はどうなるかな。 ...続きを見る
自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガ...
2013/07/27 08:28
大勝の翌日は大敗
大量得点の翌日の貧打は想像がついたが、そこに投手陣が軒並み炎上して大敗。あまりの大差なので野手陣は切り替えることができると思うが、中継ぎ投手陣はどうなるかな。 ...続きを見る
虎談巷説 阪神タイガース的日常
2013/07/27 08:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
序盤の送りバントは敗戦フラグ・・・・ りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる