【2013観戦記-32】vs.ドラゴンズ17回戦@ナゴド【観戦成績14勝14敗】

・・・・・・・・・・・岩瀬をとらえて9回逆転!ナゴド4連勝!・・・・・・・・・・・・
2013. 8.24 中日ドラゴンズvs.阪神タイガース17回戦
京セラドーム大阪 14:00~17:36 天候:曇り
主審 石山、塁審(1)橘髙 (2)名幸 (3)栄村
観衆 35,078人 内野指定席3塁側B41通路25列406番で観戦

123456789TOTAL
Tigers
Dragons

[バッテリー]
(Dragons)カブレラ(7)Hマドリガル(1/3)H浅尾(2/3)●岩瀬(1)(1勝3敗29S)-小田、谷繁
(Tigers)藤浪(6)○ボイヤー(2)(2勝)S福原(1)(4勝10S)-清水、日高、藤井彰

 (対戦成績10勝7敗、通算61勝45敗2分:2位)

画像
さて、今週は日帰りでナゴドへ応援に行こうと計画していまして、本日、実行に移しました。生涯2回目のナゴド日帰りツアー。いや、先々週の途中下車の観戦も含めると3回目かな?最初は、初めてナゴドへ行ったときでして、延長でタイガースが勝利した試合でした。そういえば、二週間前の試合も、際どく勝利しましたよね。日帰りナゴド、意外と縁起がいいかもしれません。
多くのファンが、「ナゴドは鬼門」と悲観的に称する中で、このあとも、結構、勝率は高く、個人的には、あまり嫌なイメージはない球場ではあります。史上唯一のナゴド3タテも見てますしね。

今日の最初のミッションは、ファンクラブ応援デーの虎ひもゲットです。タイガースショップへ行って、交換してきたのですが、これで一応、スタンプがセ5球団+交流戦揃ったので、ペナント型の虎ひもも、何とかラストチャンスでもらうことができました。どうしても、ビジター中心になるので、カープ戦、ドラゴンズ戦のタイミング次第なんですよね。

開門と同時に入場。前回の試合前を踏襲し、とりあえず腹ごしらえ。ナゴド勝利のアイテムは、餃子と、売り子のお兄さんから缶ビール&ビーフジャーキー。試合前に今度は売り子のお姉さんから生ビール。これで、完璧なはず?
今日は手負いのドアラの応援に、トラッキー&ラッキーが来場!さらには、始球式に貞子&小貞子!?

先発は初の中5日の藤浪。よくよく考えたら、二週間前のナゴドも1日だけでしたけど、藤浪の登板日でした。とりあえず、今のところ、藤浪のナゴド登板を「全部」見ているということになりますね。今日も好投で、「ナゴド大好き」になって欲しいところです。

画像
ただ、今日はかなり制球に苦しんでましたねぇ。いつ修正してくるかなと思いながら、応援していましたが、なかなかリズムに乗り切れないって感じでした。常にランナーを置く苦しいピッチングってところでしょうか。ただ、藤浪の場合には、それでも点を取られるイメージがないのが、凄いんですけどね。

初回は一死1,2塁から和田と平田を抑え、2回にはこれまた一死1,2塁からカブレラ、藤井を連続三振。3回は井端に四球を与えたあとに、森野を併殺。このときなんて、フルカウントでランナーが走っていたので、もうここしかないというセカンド正面へ絶妙な打球が飛びましたね。
藤浪のピッチングって、こういう「ここしかない」というところへ打たせているんじゃないかと思わせるくらい、うまく抑えていってくれます。

見ていて、この併殺で乗っていってくれるかなと思ったんですけどね。相変わらず、制球はまとまらず、常にボール先行、追い込んでもボールが増える・・・という印象のピッチングでした。抑えてはいるんですが、今日の観戦中の口癖は「ストライク、入らんなぁ・・・」でした。

それが最も悪い形で出てしまったのが、5回でした。先頭のカブレラは軽く打ちとって欲しかったのですが、追い込んでからストライクが入らず、四球で出してしまいました。先頭打者、ピッチャーに四球出塁を許す・・・失点する確率が極めて高いパターンですし、下手をすると大量失点に繋がるマズイ状況。
案の定、藤井にヒットで繋がれたあと、井端に送られて、一死2,3塁。なんだかんだで、これで初めてランナーを三塁へ置くことに。それでも、森野を打ち取れば、何とかなったと思ったんですけどね。

画像
ちょうど、4回の攻撃でしたけど、マートンの二塁打から相手のエラーももらっての一死満塁のチャンスがありました。絶対、先制点が取れそうな場面で、最初のバッターの良太が打ち上げてしまって、ファールサードフライに終ってしまいました。一番、何もできない打球・・・。こうなると、もう清水がヒットを打つしかないわけで、いい形でチャンスを作りながらも、そのあとに続いていきませんでした。

まぁ、それと同じ状況を期待していたんですけど、藤浪は森野に四球を与えてしまうわけです。藤浪らしからぬというか、このあとが和田、平田ですしね。かなりキツイ。ヒットを続けられたのなら、まだ、何とかなりそうな気もしたのですが、四球を出すっていうことは、ボールが思うところに行っていないということでしょうから、かなり心配な場面でした。
結果的に、和田には犠牲フライを打たれるわけですが、正直、これでOKだと思いました。あとは、平田をしっかり抑えてくれれば・・・・見事に三振。大きなピンチも決して崩れない。藤浪の凄いところは、こんなところなんですよねぇ。

打線が打てずに、0-1のビハインドの状況で、7回の攻撃に藤浪に代打が出たことで、今日の勝ち投手の権利を得ることができなかったわけで、それはそれで残念だったんですけど、不思議と負け投手になるというイメージが、最後の最後までありませんでした。
もちろん、最期の逆転劇を予感していたわけでも、なかったんですけど、ちょっと不思議な感覚で終盤の試合を見ていたような気がします。

画像
正直なところ、4回のチャンスを逃したあと、タイガース側の攻撃は、ランナーはちょこちょこと出ながらも、それこそ淡々と進んでいて、ちょっと反撃の気配もありませんでした。何となく、いつものナゴドの、いつもの1点だけどっちかに入って終るという試合になっちゃうのかなぁと、さすがに思ってしまいました。8回はクリーンアップに回るから、そこがラストチャンスかなぁと思いつつ、多分、浅尾-岩瀬で来るだろうなと思った、その8回。何故か、ドラゴンズはマドリガル投入。延長考えた?もしや浅尾にアクシデント?とか、いろいろ考えたんですが、結果、先頭の代打・今成の四球からの一死2塁、マートンの打席で浅尾投入。同点のチャンスながら、マートン、新井さんが抑えられてしまったわけですけど、ちょっと不可解なドラゴンズの継投に感じました。

最期はもちろん岩瀬を投入してきたわけですけど、ここでタイガースの底力がやっと出てくれました!
まずは福留でしたけど、打率はなかなか上がってきませんが、本当に肝になる場面で、期待通りの働きをしてくれていると思うんですよね。追い込まれながらも、際どいボールを選んで、四球で出塁します。良太はセカンドゴロでしたけど、併殺崩れでランナー残ったあと、代打の関本が二塁打で繋ぎました。これも、もちろん大きかった。一死2,3塁。

この後、代打・浅井のサードゴロを高橋周が送球し損ねて、まず同点。ちょっとボテボテの当たりだったので、ホームにきっちり投げられていても、セーフになっていたような気もしましたが、それ以上に大きかったのは、これで逆転の確率も一気に膨らんできたこと。打席は西岡。もう打ってくれるイメージしかなかった。

画像
いい当たりじゃなかったけど、きっちり内野と外野の間に落ちて逆転。さらに今成が続いての満塁でクリーンアップ。鳥谷が浅い外野フライ・・・って、今年はお約束のような気がしますが、このあとは確実にマートンが打ってくれる!で、本当に打ってくれた。もうスタンドは狂喜乱舞・・・だったんで、最期のアウトがどうやって取られたのかが、よくわからんかった。気がつけばチェンジになっていましたが、スコアボードに4点が刻まれていることを確認して、まずは一安心。

さすがに、この流れで3点あれば大丈夫でしょ。
最期は福原が締めて、お見事な逆転勝利!途中、かなり重苦しい展開でしたが、最期の最期で、一気に爆発できました。
ボイヤーが、まさか?の2試合連続の勝利投手。今日もしっかり抑えてくれました。

というわけで、しっかりと勝利の六甲おろしを歌って、帰ってきました。さすがに、ちょっとキツくて、帰りの新幹線では爆睡でしたけど、気持ちよく戻ってくることができました。勝ち方もいいよね。
逆転優勝、本当に楽しみになってきました!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【阪神】中日に2試合連続逆転勝ち!

    Excerpt: (ナゴヤドーム) 阪 神000 000 004=4 中 日000 010 000=1 <投手> (神)藤浪-ボイヤー-福原 (中)カブレラ-マドリガル-浅尾-岩瀬 ○ボイヤー2勝 S福原4勝10S.. Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参 racked: 2013-08-25 04:57
  • 岩瀬を打ち崩して逆転勝ち

    Excerpt: ツキがあったとは言え、中日の勝ちパターンに入ってから逆転勝ちしたのは大きいね。 それにしても、中日は落合が築いたものが、年々崩れて来ているように見える。高木監督に代わってから采配の嫌らしさがないし、.. Weblog: 虎談巷説 阪神タイガース的日常 racked: 2013-08-25 13:17
  • 岩瀬を打ち崩して逆転勝ち

    Excerpt: ツキがあったとは言え、中日の勝ちパターンに入ってから逆転勝ちしたのは大きいね。 それにしても、中日は落合が築いたものが、年々崩れて来ているように見える。高木監督に代わってから采配の嫌らしさがないし、.. Weblog: 自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガース racked: 2013-08-25 13:18