例によっての粘り負け・・・

今日のベイスターズの先発が、これまでなかなか打ち崩せない三嶋ということで、CSに向けての試金石という意味では、ちょっと楽しみな対戦になりました。当然、今までと同じことをしていたら、同じようにやられる可能性は高いだろうし、昨日の流れで、いろいろな攻撃パターンを見せていくことができると、面白いけどな・・・という感じで、ちょっと楽しみなゲームでした。

今日もスカイAでのテレビ観戦で、解説は濱ちゃん。1回裏の攻撃から見始めました。
ちょうど西岡の打席の途中からだったのですが、西岡が8球、俊介が9球と、見事な粘り。ややあっさり目なバッティング(積極的なバッティングと言えなくはないものの、仕留められなければ淡白だと言われてしまいます)が目立つタイガース打線にあって、立ち上がりから、こうやって粘っていけば、徐々にボディーブローのように効いてくるはず。マートンが2球目をヒットのあと、鳥谷も8球目を内野安打と、立ち上がりの三嶋に球数を投げさせて、かつチャンスを作るという形を見せてくれました。

まぁ、一方のスタンリッジも球数を投げさせられた・・・・というか、ボール先行のピッチングで苦しんでましたけどね。2回に松本のタイムリーで先制されてしまいましたが、ビハインドのケースで、どういう反発力を見せてくれるのかという点も、CSに向けたチェックポイントだと思っているので、1点くらいなら許容範囲でした。

3回に、ようやく三嶋から1点。スタンリッジのヒットが起点なので、それほど作戦という作戦も取れない状況で、一死後に俊介が渋く繋いで、マートンが四球で満塁。ここで、鳥谷が一二塁間への緩いゴロでの内野安打。同点になったあと、俊介がホームを突きましたが、これは間一髪アウト。ただ、こういう走塁はいいですよね。セカンドの石川が冷静にホームへ送球しましたけど、こういう当たりで得点できれば、相手へのダメージも大きいですし、この場面はアウトになってしまいましたが、失敗を恐れず、隙を突いた走塁は、もっともっと見せて欲しい。

4回以降は、お互いにランナーを出すものの、決め手なく膠着状態。ただ、内容的には、スタンリッジは先頭打者を出しつつも、何とか抑えているという感じだったし、一方のタイガース打線は、ちょっとアッサリな雰囲気が戻ってきて、どうもそこを打破する勢いというものが感じられませんでした。

6回表も、先頭の梶谷にヒットを打たれ、さらにブランコにもセンター前で繋がれて、中村紀。やっぱり藤井がマスクをかぶったときに気になるのが、外角中心の配球ですよね。スタンリッジも際どいコースに投げようとした変化球が大きく外れるし、球数が多くなっていくのも、この配球にあるような気がするんですよね。ジャイアンツやベイスターズって、最近はこのリードを見越して、踏み込んで打ってきているような気がするんだけど、どうなんでしょうか。本当に見ていてドキドキしてしまいます。
ただ、スタンリッジのボールには力があるし、たまにコントロールミスで内角に行ってしまうのも、いいアクセントになって、何とか抑えてはくれていましたけどね。ここも、中村紀がその外角の変化球を振ってくれて三振。代打・多村もフルカウントから打ち損じのライトフライで、最後は先制打を打たれた松本を三振。

しかし、濱ちゃんにまで、もっと動くべきと指摘された和田采配・・・CSに向けて、どこまで変われるんでしょうか。
スタンリッジがピンチを抑えた直後の6回裏。先頭の福留がヒットで出たあと、良太に送りバント。もちろん、僅差の中盤で膠着した状況での送りバント、わからなくはないのですが、まぁ、良太に送らせたということ以外は、意外性もない、いつもの作戦って感じで、これでいつも点が取れてないんですけどね。
だとすれば、もっと大胆に選手を入れ替えるとかして、足で揺さぶるとか、いろいろやって欲しかったんだけど、和田監督では、そこまで大胆には動けないかなぁ。

で、この場面で森田に代わって新井さんが代打。
ひたすら若手を使って欲しいというファンには絶大な期待度のある森田ですけど、どうも一軍に上がると、らしいバッティングを見せてくれませんね。正直、チャンスは十分にもらっていると思うんだけど、昨日の加賀美、そして三嶋と、若手のピッチャー相手に翻弄されている内容で、はっきり言って論外だし、守備でも正面の当たりを逸らしたり、二塁への送球が中途半端だったりでは、なかなか「我慢して使い続けよう」という感じにはなりませんね。あまり勝敗にこだわる必要もない状況の今だからこそ、思い切って力を発揮して欲しいんだけど・・・・。本当に勝負がかかった場面で、森田自身、実力を発揮することができるのかっていうと、今のままだと厳しいと思うなぁ。だから、良太に送りバントをさせてまで作ったチャンスは森田には託せませんよね。

結果として、新井さんが三振に倒れてしまって、じゃあ森田を打たせていても・・・っていうのは、あくまで結果論であって、ここは、これまでの打席で結果を出せなかった、期待値を上げることができなかった森田の課題ですよね。正直、もう与えられるチャンスも少ないでしょうが、来季に向けては桧山も抜けるわけだし、頑張って欲しい想いはあるんですが・・・・。

スタンリッジの後を受けたボイヤーも、なかなか内容のあるピッチングを見せてはくれたのですが・・・7回は三者三振ながら、8回にはスタンリッジ同様、先頭の荒波にヒット、一死後にブランコにヒットと、一死1,3塁のピンチ。ここで中村紀は力で抑えて浅いライトフライに打ち取ったものの、多村にはストレートを続けたところを、打ち返されてしまいました。センターバックスクリーンへの痛い痛いスリーラン。もったいない一球になってしまいました。

3点ビハインドで終盤の攻撃。さて、どれだけの反発力を見せてくれるものか・・・と期待して見ていたわけですが、相変わらずですねぇ。こういう展開になると、どうもシュンとしてしまう。追いつかないまでも、相手を慌てさせるようなチャンスくらいは作ってくれるといいんだけど、同点のときには出ていたランナーまで、パッタリと出なくなってしまうんですよね。まぁ、流れの中では仕方ない部分はあるんだけど、残念だなぁ。

9回二死から西岡がヒットで出ましたけど、やっぱり、その前の二人、柴田と坂には何とか出塁するという気持ちを出して打席に立って欲しかったですね。あっさり三振っていう感じに見えて仕方ないんだよね。そういう意味では、俊介はいいアピールを続けています。最後は完全にレフトの落球だったけど、いいところに打球が飛んだのも確かだし、そういうラッキーを引き寄せるプレーを続けていた結果かな。

結局、最後はマートンが三振。状況でちょっと力が入ってしまったみたいですね。まぁ、ここは打つか打たないかで仕方ないところですが、チームとしての方向性としては、クリーンアップとは言え、後ろに繋ぐという意識も欲しかったところです。そういうところが、やっぱり甘いんだろうし、そういう意識付けもベンチワークだと思うんですけどね。

<今日の試合結果>
タイガース 2-4 ベイスターズ (21回戦@甲子園)
 (対戦成績9勝12敗、通算69勝62敗4分:2位)
[試合開始] 18:00 [試合終了] 21:49 [観衆] 29,251人
[バッテリー]
(Tigers)スタンリッジ(6)●ボイヤー(2)(2勝1敗)安藤(1)-藤井彰
(BayStars)○三嶋(7)(6勝9敗)H藤江(1)Sソーサ(1)(2勝4敗17S)-黒羽根、鶴岡
[本塁打]
(BayStars)多村12号(3)
***********2位確定まで、あと3勝*************

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【阪神】DeNAにまさかの完敗&いまだに和田監督批判をする人たちへ

    Excerpt: (甲子園) DeNA010 000 030=4 阪  神001 000 001=2 <投手> (D)三嶋-藤江-ソーサ (神)スタンリッジ-ボイヤー-安藤 ○三嶋6勝9敗 Sソーサ2勝4敗17S .. Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参 racked: 2013-09-25 22:53
  • 9月25日のラッキーカラーは赤、そしてアンラッキーカラーは黄色?【プロ野球とACL総括】

    Excerpt: 赤といえば、まずは広島東洋カープの16年ぶりのAクラス、すなわちクライマックスシリーズ進出決定おめでとうざいます。 カープファンの喜びのブログエントリーはこちらで。   ↓  ↓  ↓ そして、ホー.. Weblog: ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2 racked: 2013-09-26 07:35
  • 拙攻、リリーフ被弾で敗戦

    Excerpt: 藤井といい、三嶋といい、他球団がまったく苦にしてないピッチャーに何でそんなにやられてるのか分からんわ。 Weblog: 自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガース racked: 2013-09-26 07:57
  • 拙攻、リリーフ被弾で敗戦

    Excerpt: 藤井といい、三嶋といい、他球団がまったく苦にしてないピッチャーに何でそんなにやられてるのか分からんわ。 Weblog: 虎談巷説 阪神タイガース的日常 racked: 2013-09-26 07:57