またもカード負け越し&甲子園負け越し・・・・

昨日、カープがAクラスを決めて、いよいよCSファーストステージの相手が決まりました。これは以前にも書いたことがあるのですが、正直、最初からCS狙いだったカープとベイスターズには、Aクラスに入って欲しくなかった。戦力的なものや、去年までの成績はあるかもしれませんが、シーズン前からCS狙いだと、戦い方はもちろんのこと、戦力整備も含めて、全く戦略が変わってしまうんですよね。
特に戦力均衡しているパ・リーグは違いますが、セ・リーグはジャイアンツが図抜けた戦力を持っているのは、自他ともに認めるところであって、とすれば、ジャイアンツ相手には喧嘩しないという戦略も、アリッちゃ有りなんですよね。そうなると、今年がそうであったように、優勝は最初から決まってしまっていて、セ・リーグの興味は最初からAクラス争い・・・という低レベルな展開になってしまうのは、もう必然なわけです。そもそも、CSから勝ち上がって「下克上」なんて、もてはやす風潮はクダラないと思っているし、今朝の報道見ても、イーグルスの優勝とカープのAクラス入りが同じようなレベルで語られるのは、ちょっと違うんじゃないかなぁと違和感バリバリなんですよ。

ただ、最近、ちょっと違う考えも浮かんできたんですよね。これでカープも、シーズンの目標が最初から「優勝」ということに目が移っていってくれれば、それはそれでいいんじゃないかということ。やっぱり、シーズン始まったら、最初は全球団が「優勝」を目標に戦うからこそ、白熱したペナントレースが楽しめるわけですからね。
ポストシーズンの結果がどう転ぶか、わかりませんけど、来年もまた「2年連続CS」を目標にするようなら、遠慮なく批判しますぜ、カープさん!とりあえず、今年のCSではお手柔らかに・・・・。

そうなると、あとはベイスターズなんだけど、タイガース戦だけ見ると、そんなに弱いとも思えないんだけどなぁ。打線はともかく、投手陣が課題というのは、シーズン前からわかっていたことなんですけど、その投手陣も、タイガースに特化したピッチャーが多すぎますよね。まぁ、まずは最下位脱出が最初の一歩でしょうか。
で、そのベイスターズとの最後の3連戦のラストゲーム。久々のカード勝ち越しを決めたい試合は、今日もスカイAでのテレビ観戦でした。解説は佐野さん。

テレビをつけたら、1回裏の攻撃で打席には新井さん・・・・って、あれっと思ったら、お互いに点の取り合いで、スコアが2-2でした。ちょうど鳥谷が同点タイムリーを打った後だったんですね。

ベイスターズの先発はソトでした。ベイスターズに移ってからは初めてですよね。
去年までは、何故か打てないピッチャーの一人ではありましたが、ドラゴンズから移籍して、実はある持論をあって対戦を心待ちにしていたんです。
ソトの場合、それほど球威もある感じがなく、コースの投げ分け、コントロールの良さで打ち取られているという印象がありました。そう、ソトの場合は、谷繁ありきのキャッチャーなんじゃないかなと思っていたのです。だから、投手陣の弱いベイスターズに行ったとしても、ドラゴンズ時代ほどの活躍はできないんじゃないかなと予想していました。
実際に今年はパッとしない内容だったようなのですが、タイガース打線に当たってみないと、この持論が正しいかどうか、わからない。そうこうしているうちに、「タイガース特化」の藤井とか三嶋なんかに、やられ続けてしまったわけですが、そういう背景もあったので、ソトは打ち込みたいなと、ずっと思っていたんですよね。

今日1試合だけでは、もちろん、わかりませんけど、少なくとも、去年までのように、何故か抑え込まれてしまうというイメージはありませんでしたね。初回の同点劇は、ベイスターズのエラー絡みだったようですが、これもドラゴンズの守備との相関関係みたいなもので、だとしても、去年だったら、点は取れなかったような気がしますね。
3回には、去年はいなかった西岡がホームランで勝ち越し。二死から歩いた鳥谷が盗塁したあとに、新井さんのタイムリーで追加点・・と、理想的な得点の仕方で、結果、ソトを4回で降板させることができました。まぁ、去年までのソトを考えれば、谷繁抜きで、こんなものかな。下位打線が全く対応できなかったのは、やっぱり課題としては残ってしまいましたけど。

一方のタイガース先発の白仁田。久々の一軍マウンドで、しかも初回のピッチングは見れませんでしたが、2回、自らのミスで作ってしまった一死3塁を切り抜けました。上位をしっかり抑えたことで、ここから立ち直ってくれるかなぁと思ったところで、その裏の攻撃で打席が回ってきたところで、代打が出て交代。う~ん、内容はともかくとして、2回で先発を降ろしてしまう意図がよくわかりませんでしたねぇ。特にピンチを切り抜けた後だったということと、これからの期待値、満を持しての先発ということを考えれば、ここで交代という選択肢はあまりないかな。もちろん、ここで勝たなければ、後がないという試合なら、わからなくもないのですが、決して、そんなシチュエーションではないはずですからね。

実は3回から、久保が登板したので、ひょっとしたらポストシーズンに向けて、久保先発復帰の伏線かな?とも思ったのですが、その久保も3イニングで交代。リズムも内容も、去年までの久保が戻ってきた感じだったので、最後まで行っちゃってもいいんじゃないかな。。。なんてことも思ってしまいましたが。
で、久保を受けた久保田が、梶谷、ブランコに連続被弾で、一気に同点。なかなか、うまくいきませんなぁ。どうも、ベイスターズ戦となると、いつも継投がギクシャクするような印象もありますよね。
もちろん、打てないこともあるんだけど、結構、ベイスターズ戦になると打たれているような気がします。他の対戦をあまり見ていないのですが、タイガース相手にだけ、やたら打っている選手いませんか?

松田が何とか7回は抑えたものの、2イニング目に、またもや梶谷に一発打たれ、そこからピンチを広げて、満塁策のあと、安藤に継投。佐野さんも解説されていましたが、松田も2イニング目にはボールの力が落ちてきてしまいますね。CSでは1イニング限定かなぁ。

で、満塁にして安藤と言えば、先日、押し出しした記憶が蘇ってきたのですが、それ以前に、こういう状況でのリリーフとなると、当然、投げる方も厳しいわけで、わざわざ、キツイ状況を作って投げさせているとしか思えないし、攻撃だけじゃなく、守備の面でも重苦しい雰囲気になってしまってますよね。
鶴岡に対して、簡単に追い込みながら、際どいところを投げて、結局フルカウントから四球を出したくないところをセンターに打ち返されて追加点。そのあとは、安藤も開き直ったか金城、石川と抑えてくれましたが、痛い失点になってしまいました。

2点ビハインドで終盤の攻撃。昨日同様に、こういうところで、どれくらいの反発力を見せてくれるかというのは、残り試合では、しっかりと見ておきたいシチュエーションなわけで、特に俊介から始まる8回は、取られたら取り返すという姿勢を示すことができるかどうかは注目でした。

まずはその俊介がヒットで出塁。この打順だと、もう打つしかないわけなんですけど、これでは全くベンチが機能していないとしか、いいようがないですよね。佐野さんの指摘にもあったのですが、俊介が全く、相手バッテリーを揺さぶっていない。ピッチャーの長田が牽制もしないし、クイックで投げることもなく、マートンとの対戦に集中できてしまっているんですよね。これでは、なかなか連打でチャンスが広がるというのも、確率的に厳しくなってくるし、相手ピッチャーにしてみれば、例えランナーを置いてクリーンアップでも、楽ですよ。
結果、マートンの打球はセカンド横を抜けようかというところでしたけど、やや詰まっていたし、併殺にならなくて良かったという当たりでした。

ただ、こうなっちゃうと、もう各打者の力量に任せるという、いつもの和田野球・・・・。せっかく俊介を起用していても、送りバントの場面でしかサインがないというのでは、得点機を有効に活かすことはできませんよねぇ。
鳥谷の打球はいいところに飛んで、セカンド内野安打でしたが、新井さんは打ち上げてしまいレフトフライ。最後、福留は打ち上げてしまってサードフライで無得点。本当に各打者が打つだけじゃ、特にビハインドから活路を見出すのは厳しいなと今日も痛感する攻撃になってしまいました。打率はそんなに悪くないのに、得点が少ないという事実は、ただ、あと一本が出ない、流れをつかめないと言う監督談話で片付けられるものではなく、そういう形にもっていくというのがベンチワークだと思うんですが・・・監督、本当に気がついていないのかなぁ。3回の追加点をどうやって取ったのか、思い出して欲しいし、リードしているときでしか、そういう積極策が取れないとなると、本当に苦しい。

9回はソーサに対して、柴田から。
昨日も柴田が同じ場面でソーサに対して、あえなく三振に終ってしまい、粘り、気迫みたいなものが感じられなかったのですが、今日もVTRを見ているかのような三振。ファールで粘るとか、少しでも揺さぶってみるとか・・・・って、もうベンチが各打者に任せているから、同じことの繰り返しなんだろうね。
そういう意味では、やっぱりベテラン勢ってことになるわけで、日高がヒットで出塁。ただ、ここも打っていくしかないわけで、柴田同様、昨日は三振に終った坂の意地を見せてもらいたい場面。うまく打ったようには見えましたが、詰まった打球でセンターフライになってしまいました。

二死になって、西岡がファールで粘り、ボールは見極め。比較するのも失礼ですが、こういうところが柴田を筆頭にタイガースの若手に欲しい姿勢なんですよ。最後はしっかりと見逃しての四球で出塁。なんだかんだ言っても、実績ある選手はこういう土壇場で真価を発揮してくれますし、何より気持ちが伝わります。
最後は、そんな西岡の気持ちを引き継いで、俊介が粘りを見せてくれることを期待したのですが、結局、最後はボール球を振ってしまい三振でゲームセット。う~ん、この辺りがまだまだ・・・・。

正直なところ、攻守にベンチの迷走ぶりが、いつも以上に際立ってしまった試合でした。結局、何をしたかったのか、したくなかったのか。まぁ、とりあえず、2位マジックは1つ減ったようなので、好きなようにやってみれば、いいかもね。ファンとしては、今は暖かく見守るしか・・・・。


<今日の試合結果>
タイガース 4-6 ベイスターズ (22回戦@甲子園)
 (対戦成績9勝13敗、通算69勝63敗4分:2位)
[試合開始] 18:00 [試合終了] 21:23 [観衆] 29,643人
[バッテリー]
(Tigers)白仁田(2)H久保(3)久保田(1)●松田(1 1/3)(2敗)安藤(2/3)加藤(1)-清水
(BayStars)ソト(4)小林寛(2)○藤江(1)(3勝1敗)H長田(1)Sソーサ(1)(2勝4敗18S)-鶴岡
[本塁打]
(Tigers)西岡4号(1)
(BayStars)梶谷13号(1)14号(1)、ブランコ38号(1)
***********2位確定まで、あと2勝*************

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 9月26日 祝!東北楽天ゴールデンイーグルス、球団創設9年目の初優勝\(^o^)/+α

    Excerpt: まずは、東北楽天ゴールデンイーグルスの球団創設9年目の初優勝おめでとうざいます\(^o^)/ 9/26(木)18:01~ 西武-楽天22回戦(西武11勝9敗2分、西武ドーム、3時間46分、27869.. Weblog: ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2 racked: 2013-09-27 06:54
  • 【阪神】DeNAに連敗&お詫び

    Excerpt: (甲子園) DeNA200 002 020=6 阪  神202 000 000=4 <投手> (D)ソト-小林寛-藤江-長田-ソーサ (神)白仁田-久保-久保田-松田-安藤-    加藤 ○藤江3.. Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参 racked: 2013-09-27 09:02
  • またカード負け越し

    Excerpt: ダメ虎の負け試合の直後に楽天の優勝シーンを見たら、同じプロ野球の試合とは思えんかった。久しぶりにプロ野球って面白いと思ったわ。もし日本シリーズまでコマを進めても、あれじゃあ勝てんのとちゃうか。 Weblog: 自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガース racked: 2013-09-28 10:10
  • またカード負け越し

    Excerpt: ダメ虎の負け試合の直後に楽天の優勝シーンを見たら、同じプロ野球の試合とは思えんかった。久しぶりにプロ野球って面白いと思ったわ。もし日本シリーズまでコマを進めても、あれじゃあ勝てんのとちゃうか。 Weblog: 虎談巷説 阪神タイガース的日常 racked: 2013-09-28 10:10