【2013観戦記-40】vs.カープ CSセ1stステージ第1戦@甲子園

・・・・・・・・・・・CS初観戦はあえなく敗戦・・・・・・・・・・・・
2013.10.12 阪神タイガースvs.広島東洋カープCS1stステージ第1戦
阪神甲子園球場 14:00~17:34 天候:晴れ
主審 吉本、塁審(1)橘髙 (2)白井 (3)深谷、線審(LL)佐藤 (RL)嶋田
観衆 46,923人 1塁アイビーシート2-D通路7段51番で観戦

123456789TOTAL
Carp
Tigers

[バッテリー]
(Tigers)●藤浪(5)(1敗)久保(1)ボイヤー(2/3)加藤(1/3) 筒井(1 1/3)玉置(2/3)-藤井彰、日高
(Carp)○前田健(7)(1勝)H永川勝(1)ミコライオ(1)-石原
[本塁打]
(Carp)キラ(3)、丸(1)、岩本(3)

画像
初めてのCS参戦です。以前、東京ドームでのチケットをゲットできたことがあるのですが、そのときはタイガースがファーストステージ敗退。ドラゴンズがドームに来たのですが、まぁ見るだけ見ようかと楽しみにしてはいたのですが、ドラゴンズがスイープして、まさかの払い戻し。というわけで、何とかCSの雰囲気を初めて感じることができました。
今日の試合を見るために、今回は前日入りで昨日、新幹線で神戸に移動しました。これは、ちょっとしたゲン担ぎをしたかったため。今シーズンを振り返って、大阪に長期出張していたオープン戦の2試合、そして9月に入ってデーゲームだったので横浜から直行した2試合が、3敗1雨。あまりいい結果ではなかったので、とりあえず神戸からの甲子園入りすることにしたわけです。神戸から入って、必ず勝っているわけではありませんが、負けられない試合に悔いは残したくなかったので。まぁ、気分的なものですけどね。
三宮から阪神電車に乗ったわけですけど、赤いカープファン多し。みんな、気合が入ってるなぁ。今日はいつものビジターエリアだけではなく、レフトスタンド、3塁アルプスもカープファンで埋まりました。絶対数が多かったんですね。でも、これが普通なんだよなぁ。

画像
いつものように開門前に甲子園到着。さすがにガラコロも飽きてしまったので、今回はスルーしました。で、カード初戦のお約束で、マッチカードプログラムを購入。いつもの\200から、特別版ということで\300。いつもよりページ数多い?

和田監督の采配に関して、ずっと批判的に書いてきましたけど、CSでは、短期決戦という特別な気持ちで挑んで、いつもと違う味が出てくるといいなぁと思っていました。バント練習とかを徹底してやったというニュースも流れてきましたけど、それは当然な話で、実際に試合でどういう手を打ってくるかは、どっちに転ぶか期待と不安半々くらいで。選手に関しては、いつも通りのプレーを期待。何と言っても貯金17まで稼げたのは、選手の力あってこそ。決してフロックではないだろうし、ベンチワークはともかくとして、変に構えることなく、タイガースの試合をしてくれれば、何とかなるんじゃないかな。その実力が出るかでないか・・・短期決戦は、そこがポイントではあるのですが。

で、先発発表。多くのOB解説者が推奨していましたが、和田監督なら正攻法でメッセンジャーか能見だろうなと思いつつ、さて誰だろうと思っていたら、なんと藤浪!カープがどれくらい予想していたかわかりませんが、これは和田監督にしては、なかなか思い切ったことをやってきたなという感じ。
CSに関しては、どちらにしてもシーズンのオマケみたいに感じてきましたが、藤浪先発で一気にテンション上がりましたね。シーズンなら、ある程度、先発予想もできますけど、短期決戦はいろいろな選択肢があるわけで、こういうサプライズは本来のプロ野球なんですよね。やっぱり予告先発は面白くないわ・・・ということを改めて実感。

画像
今日はマートンのマフラータオルで応援するつもりでしたが、藤浪先発で藤浪マフラータオルにチェンジ。
藤浪先発に関しては、勝敗がどちらに転んでも意味はあるので、良かったんじゃないかなと思いました。勝てば勝ったで、もちろんOK。仮に負けたとしても、藤浪の経験値になるわけで、来季以降に向けてのステップになるでしょう。マエケン相手に勝っているのも、藤浪だけですしね。もちろん、甲子園での藤浪という特別のファクターもあるわけですし、結果はともかくとして、打つべき手を打ってくれたなという起用だったと思います。

その結果ですが、立ち上がりは期待通りの内容。ランナーを出しながらも、落ち着いて無失点で切り抜けるところは、CS初戦を任されたという気負いも感じられず、いつもの藤浪でした。
むしろ、9月以降の藤浪に関しては、2巡目に掴まることが多くて、そこが大きなポイントだなと思って見ていました。その4回は、案の定、先頭の梵にヒットを打たれたあと、キラにもヒット。詰まらせた当たりでしたけど、センター前に落ちてしまいました。ボール球も増えてきたところで、続く松山にもフルカウントから一二塁間を破られて先制を許してしまいました。キラにしても、松山にしても、いい当たりではなかったと思うのですが、打たれたところが悪かったなぁ。まぁ、力関係でやっぱりいいボールじゃなかったから、そこに打たれたっていう側面もあるんでしょうけどね。ただ、この場面は、無死1,3塁から後続をしっかり抑えたのはさすが。

画像
ただ、次のイニングの失点はもったいなかった。先頭のマエケンにヒットを打たれたことは仕方ない。マエケンですから、バッティングもいいわけで。丸はしっかり抑えたものの、菊地に繋がれ、それでも梵にはフルカウントから空振り三振。
あと一人、キラでしたけど、ここは同点に追いついた直後だっただけに、何とか抑え切って欲しかったなぁ。ヒットならまだしもでしたけど、まさかのスリーランで一気に劣勢になってしまいました。レギュラーシーズンでは、キラにはホームランを打たれていなかっただけに、ここで打たれるか・・・って感じでしたね。
藤浪も、結局、このイニングまでで、代打が出て交代。さすがという一面と、イマイチだった一面がありました。9月以降のポイントだった二巡目の打線への対応っていうのが、今日も修正できませんでしたけど、これはまた今後の課題というところで、藤浪ならきっと克服してステップアップしてくれるでしょう。

今日の試合は、キラの一発でほぼ決まったかなという試合でした。もちろん5回3点ビハインドって諦めるには早すぎるし、逆転を信じて応援していましたが・・・・。
6回以降、久保、ボイヤー、加藤、筒井とうまく繋いで無失点に抑えてきましたが、イニング跨ぎの筒井が9回に掴まって、最後は玉置が岩本にスリーランでダメ押しされてしまいました。7回はボイヤー、加藤と細かい継投でピンチを切り抜けただけに、8回を抑えた筒井を9回も行かせたのは、どうだったんかなぁ。イニング跨ぎが、最近ずっといい結果を生んでいないだけに、さらには、その前が細かく繋いでいただけに、もったいないラストイニングだったと思わざるを得ませんでした。

画像
最後に攻撃面。結局、今日もマエケンを打てずという内容でしたが、随所にいつもと違う側面が見られて、CSを戦う上での変化は感じられました。
まずは初回。一死から坂がヒットで出たあと、鳥谷の3-1というカウントから、坂を走らせてきました。エンドランだったかもしれませんし、結果として鳥谷が打ち上げてしまったので成果が出ませんでしたが、いつもなら、ただ打たせるだけの場面で、オッと思った立ち上がりの攻撃でしたね。

先制された直後の4回の攻撃も良かった。先頭の鳥谷の内野安打のあと、ここはただ打たせるだけ作戦で、マートン、福留が倒れてツーアウト。ここで、鳥谷が盗塁を決めて、「マエケンキラー」今成がきっちりタイムリー。
マートン、福留のところで動いても良かったと思うのですが、普段なら二死になっても動かなかったところです。二死になったので、マエケンから点を取るには、動いていくしかない場面で、こうして結果が出たのは良かった。

このあとの打線の見所は7回の福留四球からの一死1,3塁の場面だけでしたかね。点差が開いて、作戦はないところではあったのですが、代打に桧山はどうだったんだろう。もちろん、桧山に打ってもらえれば、雰囲気も一気に変わっていったんでしょうが、そこに期待するのは、さすがに酷かな。桧山には、もうちょっと楽なところで打ってもらうのが、結果も出るでしょうし、将来的にも意味があったと思うのですが・・・。

結局、初戦は大差負けになってしまいましたが、前向きに考えれば、ファーストステージは1敗はできるわけです。僅差で負けるよりは切り替えられるし、能見、メッセを残しているわけで、とにかく明日は勝つしかありませんね。負けるイメージは全くないのですが・・・さて?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 10/12 セ・パともCS 1st開幕戦は3位チームが大勝+α

    Excerpt: 逆に言えばこういうこと(^^ゞ 今日は…慰め合おうね… pic.twitter.com/mtWqeRuZDi— どら (@dora0329) October 12, 2013 初戦.. Weblog: ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2 racked: 2013-10-13 06:20
  • 【セCS】阪神、広島に大敗

    Excerpt: (甲子園) 広 島000 130 004=8 阪 神000 100 000=1 <投手> (広)前田健-永川勝-ミコライオ (神)藤浪-久保-ボイヤー-加藤-筒井-玉置 ○前田健 ●藤浪 <本塁.. Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参 racked: 2013-10-13 08:35
  • まさかの先発藤浪、そしてまさかの被弾

    Excerpt: 普段はレフトの一角に陣取っているカープファンだが、この日の甲子園は左半分が赤く染まるほどの大群。こういうのに慣れていないので、ホームやのにアウェーのように感じてしまった。1塁側のチケットを取っててよか.. Weblog: 自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガース racked: 2013-10-14 00:07
  • まさかの先発藤浪、そしてまさかの被弾

    Excerpt: 普段はレフトの一角に陣取っているカープファンだが、この日の甲子園は左半分が赤く染まるほどの大群。こういうのに慣れていないので、ホームやのにアウェーのように感じてしまった。1塁側のチケットを取っててよか.. Weblog: 虎談巷説 阪神タイガース的日常 racked: 2013-10-14 00:08