1点を争う攻防もあと一歩及ばず・・・・【●2-3】

甲子園に戻ってのジャイアンツ戦は、レジェンズデー。あのバックスクリーン3連発から30年ですか・・・。歳もとるはずですねぇ。
今日はNHK BS1でのテレビ観戦。解説は小早川さんで、2回表二死ランナーなしからメッセが片岡にフルカウントから四球を出してしまったところから。

「30年前のバックスクリーン3連発は・・・」
リアルタイムで映像は見れなかったと記憶してます。おそらく、学校の帰りに電車の中でラジオで聴いていたと思います。そのあと、映像は何度も見てますから、実感的にはリアルタイムで見ていた感覚はあるんですけどね。今日も放送の中でVTRが流れました。映像の粗さが時代を感じさせます。

さて、今日はテレビをつけたところで、すでに3点ビハインド。いきなり、初回にメッセがやられたみたいです。ただ、今日の場合は、それも吉兆かなと思いながら、応援してましたけどね。
30年前も、ジャイアンツに先制を許していたはず。3連発の一発目、バースのホームランが、逆転ホームランでした。
まぁ、一昨日までの打線だったら、もう初回の3点で暗澹たる気持ちになっていたかもしれませんけど、とりあえず、昨日の今日で、ちょっとは期待できる状態ではありましたしね。

「30年後のランディは・・・」
奇しくも、今日の先発のメッセもランディですよね。そういう意味では、快刀乱麻のピッチングを期待していましたが、初回はいきなり打ち込まれてしまったようです。2回以降のピッチングを見ていても、やや制球に苦しみ、球数が多くなっていくという前回と同じような内容。気になったのは、思ったように空振りが取れずにファールで粘られていたことですね。
そうは言っても、2回以降は苦しみながらも、要所はしっかりと抑えてくれていましたし、昨日のドラゴンズの山井に比べれば、かなり安心はできました。なかなか三者凡退が取れなかった点を考えても、リズムよくという形のピッチングではありませんでしたが、結果的に、7回、131球の11奪三振、3失点は、まずまず形は作ってくれたかなという感じでしょうか。

「反撃開始はゴメスの豪打!」
タイガースの反撃は4回。先頭の鳥谷がしぶく三遊間を破るヒットを打って出塁したところから。
続くゴメスが、それこそ今年初めてじゃないかと思うくらい、強烈な「らしい」打球をレフト線へ打って、これがレフトの金城のグラブを掠めてのタイムリー二塁打。これで、まず1点。
マートンの勢いのないセカンドゴロは残念な打球でしたけど、これが進塁打になって三塁に進んだゴメスを、今度は福留の会心の左中間を破る二塁打で、1点差。

昨日のドラゴンズじゃないけど、本当はここで、最低でも同点に追いつければ、打線も本調子に近づいていく雰囲気が出てくると思うんだけどな。俊介が死球で出塁したところの梅野の打席ですよね。完全にタイミングを狂わされて外角の緩いボールがバットに当たってしまった内野ゴロで、三塁ランナーの福留が三本間でアウト。
最後はメッセが三振で1点及ばずの攻撃になってしまいました。実は、ここで「ランディ」の同点打が出たら、話が出来すぎなのになぁと、かなり期待もしたのですが・・・。

「1点を巡る攻防・・・」
メッセが抑えている間に、追いつくチャンスもあったのですが、今日もあと1点が遠い展開。
唯一、メッセが三者凡退に抑えた直後の6回ウラのゴメスからの攻撃は、かなり期待大だったのですが、ゴメス、マートンとあえなく凡退。これでこのイニングもダメかなというところで、福留ヒットとポレダのボークが出て、一打同点のチャンス。何気にいい働きをしている俊介が、ここも粘って四球を選びましたが、梅野が三振。結局、ポレダを攻略できそうで、潰しきれませんでした。

追いつけないまま、8回からは継投になって、まずは金田がマウンドに上がりました。ただ、アンラッキーなヒットもあって、一死1,3塁という絶体絶命なピンチで、代打の高橋由を迎えたところで、高宮にスイッチ。
高宮は高橋由をゴメスへのファールフライに打ち取るものの、金城を歩かせて満塁になったところで、松田。その松田が、片岡をしっかりセカンドゴロに仕留めました。一人ワンアウトと、綱渡りリレーのイニングになってしまいましたが、ここを若手三人で得点を許さずに切り抜けることができたのは、ナイスでしたね。
で、こういう頑張りを攻撃の方に活かしていきたいんだけど、直後の8回ウラのクリーンアップの攻撃は・・・・。

「ピンチのあとのチャンスも・・・」
先頭の鳥谷が簡単に打ってしまってセカンドゴロ。まだまだ本調子でないゴメス&マートンということで、このイニングも厳しいかなぁという雰囲気でしたが、ここでゴメスが際どいボールをしっかりと選んで、四球で出塁。続くマートンの打席で、まずはワイルドピッチがあって、代走の大和が2塁へ。
さらに、マートンへの四球のボールが大きく外れて、これまたワイルドピッチ。一死1,3塁で、当たっている福留となれば、ここはもう同点は確実という感じだったんですけどねぇ。

ここでマシソン、開き直りましたか・・・。福留がまさかの三振のあと、代打のセッキーも面白い当たりでしたが、結果は平凡なセンターフライ。得点ならずで、お互いにチャンスを潰すという8回の攻防になってしまいました。

チャンスのあとには、またピンチ。
9回表は島本が初球をいきなりヒットされて、石崎に交代。盗塁されたり、犠牲フライを打たれたりで、結果的に3塁までランナーを進められてしまいましたが、最後は井端をライトフライに討ち取って、ここも無失点で切り抜けました。ノーアウト2塁になったところで、坂本をど真ん中のスライダーで見送り三振に仕留めたところが大きかったですね。5番の阿部が初回に怪我でリタイアしていて、ここに小林が入っていたことも、精神的には助かりました。

「最後の代打攻勢」
9回、先頭の梅野に代わって代打に隼太。落ちるボールにうまく合わせていい当たりでしたが、ファーストの井端の正面でした。昨日もそうでしたが、イマイチ、隼太にツキもない。
続く、良太ですが、これはもう・・・・全くバットにボールが当たる気がしない。最後はストライクをボールと判定しての見送りで、三球三振。まぁ、ここで良太を出さざるを得ないところが、ツライところですね。ただ、良太はずっとこの調子なので、今日に関しては、梅野打たせて、隼太代打の方が可能性はあったような気がしましたね。

で、野球は9回ツーアウトから・・・・。
トップに戻って上本が、ピッチャー強襲のヒットで出塁しましたから、まだまだ諦めるわけにはいきません。ここで、昨日からの新打線が再び炸裂すればという形になりました。
西岡のカウント3-1から、まずは上本が盗塁で二塁へ。さらにフルカウントから、西岡が三遊間を破って、1,3塁という形にしてくれました。さすがに外野も前進守備で、西岡の当たりでは返れませんね。
あとはクリーンアップに任せるだけ。鳥谷に大きな期待がかかりましたが、最後は詰まらされてのセカンドゴロ。残念。

今日の試合展開に関しては、先週までだったら、最後はあっさり三人で終ってたかもしれないし、ピッチャーも踏ん張りきれずにワンサイドになっていたかもしれない。紙一重だったと思いますが、あともう少しですね。また明日に期待しましょう!

「ナイスゲームでした。勝てば、なお良しだったんだけど・・・」

<今日の試合結果>
タイガース 2-3 ジャイアンツ (4回戦@甲子園)
(通算7勝11敗 対ジャイアンツ 1勝3敗)
[試合開始] 18:00 [試合終了] 21:35 [観衆] 42,293人
[バッテリー]
(Tigers)●メッセンジャー(7)(1勝2敗)金田(1/3)高宮(1/3)松田(1/3)島本(0/3)石崎(1)-梅野
(Giants)○ポレダ(6)(2勝1敗)山口(1)マシソン(1)S澤村(1)(1勝1敗4S)-阿部、小林
[盗塁]
(Tigers)上本(9回)
(Giants)橋本(9回)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 打線に決定力なく巨人に負ける!!

    Excerpt:  一二三四五六七八九 計HE読  売300000000 3110阪  神000200000 280 やっぱり、打線に決定力なく巨人に負けでした。4番ゴメス.. Weblog: ポケモン的なるブログ racked: 2015-04-17 22:54
  • 打線に決定力なく巨人に負ける!!

    Excerpt: 一二三四五六七八九計HE読  売3000000003110阪  神000200000280 やっぱり、打線に決定力なく巨人に負けでした。4番ゴメス選手にタイムリーが出たと思えば、日替わりのアンチ・ヒー.. Weblog: ポケモン的なるブログ racked: 2015-04-17 22:54
  • 初回の3失点が最後まで響く

    Excerpt:  先発メッセンジャーが立ち上がりを攻められて3点取られた。これが最後まで響いてしまった結果に終わった。(対巨人 4回戦 甲子園 2対3で負け) Weblog: なんやかんや、そしてTigers racked: 2015-04-18 04:30
  • 30年前の再現とはならなかった甲子園の試合はじめ4月17日のプロ野球の件

    Excerpt: まずは、バースさん。ナイスボケ(^_^;) おととい来日した「最強の助っ人」。巨人の原監督にも会えたと言うので、「インフルエンザで来られてないですよ」と突っ込んでみたら → あれから30年…バースさん.. Weblog: ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ3 racked: 2015-04-18 06:36
  • 記念の日に惜しい敗戦

    Excerpt: 30年前のこの日、伝説となるバックスクリーン3連発で読売に勝利し、勢いをつけて日本一になった。 あのときの再現を期待していたが、残念な結果に終わった。 Weblog: 虎談巷説 阪神タイガース的日常 racked: 2015-04-18 09:20
  • 記念の日に惜しい敗戦

    Excerpt: 30年前のこの日、伝説となるバックスクリーン3連発で読売に勝利し、勢いをつけて日本一になった。 あのときの再現を期待していたが、残念な結果に終わった。 Weblog: 自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガース racked: 2015-04-18 09:20
  • 【阪神】巨人に完敗

    Excerpt: (甲子園) 巨 人300 000 000=3 阪 神000 200 000=2 <投手> (巨)ポレダ-山口-マシソン-澤村 (神)メッセンジャー-金田-高宮-松田-島本-石崎 ○ポレダ2勝1敗 .. Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参 racked: 2015-04-18 09:34