【2015観戦記-17】vs.カープ5回戦@甲子園【●3-8】

神戸サブから甲子園に移動。結果的に、二軍の試合がサクサクと終わってしまったので、いつもより、若干遅め…開門直後の到着になりました。

今日もガラコロからスタート。キー太2つに鳥谷、西岡とダブりが来ましたが、新規で上本をゲット。さらに、鳥谷が欲しいという親子と、梅野とのトレードが成立しました。というわけで、藤浪とトラッキーを残すのみ。残り2日で、果たしてコンプリートなるか?

画像


とりあえず連勝中のルーチンをふまえて、鳥谷ウル虎ユニを着装して、カレーと生ビールで、腹ごしらえ…って、昼も神戸でカレー食べてるんだよねぇ。例によって、まったりと相手の練習を見ながら、時間を潰します。
タイガースの選手がグラウンドにでてきたところで、久しぶりの白ユニでしたね。ずっとウル虎イエロー見てたので、逆に違和感が…(^_^)

画像


前回は、ある程度の中身のあるピッチングを見せてくれた藤浪。ドキドキしながらの立ち上がりでしたが、まずは順調に三者凡退。今日もいいピッチングを魅せてくれるかなぁと期待も膨らみましたが…2回、3回と連続のピンチ。2回は一死から松山、野間の連打で一死2,3塁になりましたが、ここは木村を打ち取ったことで、ピッチャー勝負にして、きっちり切り抜けました。
ただ、3回は菊池のバントを梅野が送球ミス。完全に併殺にできるバントだっただけに焦ったかなぁ。ただ、こういうミスを無くしていかないと、今の打線の状況を考えてもシンドい。藤浪も踏ん張って、丸、新井さんと連続三振でツーアウトまで持ってきましたが、できれば新井さんで併殺というのがベストでしたかね。このあとの松山ヒットで1点は致し方ないとしても、満塁にして木村の押し出しが余計でした。更には、四球の後の初球、気をつけろよと思っていたら、簡単に入っていってしまいました。會澤の走者一掃のツーベース。若いバッテリー、それぞれのミスが重なって、冷静さを欠いていたと言われても仕方のない失点でした。

直後の1点返しましたが、すぐに丸にツーランで倍返しされたのも致命的。求めるものが高いだけに、もうちょっと粘りを見せて欲しかったなぁ。結局、5回100球越えで、代打が出て交代。最後は左打者にいいように打たれていたし、また宿題もらってしまいましたね。

画像


5点を取られた直後の3回ウラ。先頭の梅野の二塁打から藤浪が送って、西岡の犠牲フライで1点。ここは浅いイニングだし、まず1点を取るのが大事だし、作戦的には妥当なところ。ただし、本当は西岡には犠牲フライではなくて、ヒットで繋いで欲しかったかな。ただ、この時点では、1-5の4点差ですし、反撃の糸口はできたかなという得点でした。
かえすがえすも丸のホームランが余計でしたね。

画像


藤浪が投げている間は、今日に関しては、リズムも悪く、得点できるような雰囲気にはなりませんでした。
6回から、バッテリーごと交代で、ひさびさの小嶋と、キャッチャー鶴岡に代わりました。こういう展開の中継ぎが打たれて試合を壊すことが多いので、心配しましたが、今日の小嶋は良かった。2イニングを完璧に封じて、流れを呼び込んでくれたと思います。

ただ、この流れを活かせるほど、打線が機能せず。
6回ウラは先頭の上本のヒットから鳥谷が四球を選んで、無死1,2塁。7回ウラは一死後に、鶴岡、良太が連続四球で、一死1,2塁。
こういう序盤で点差が開いた試合は、こういう貰ったチャンスで、相手に対するプレッシャーという意味も含めて、追いつかないまでも2,3点取っていかないと、追いつかない…。
結局、6回は福留の内野ゴロの間、7回は上本のタイムリーでの各1点づつのみ。特に、6回はゴメスの大きなセンターフライで、一塁走者の鳥谷もタッチアップで進塁するという、今年のタイガースによく見られる積極的走塁があっただけに、もう一押しがなかったことが残念でした。

画像


8回表は島本が三者凡退に抑えて、小嶋の作ったいい流れを繋いだんですが、攻撃の方で8回ウラが無得点。こちらの流れを繋げられず、結局、8回ウラに島本が1点を失う展開になってしまいました。

5点ビハインドで最後の攻撃。ただ、ここまでの流れで、カープも万全ではない感じがしたので、それこそ奇跡の大逆転…期待してました。

先頭の代打・狩野に対して、一岡の投球が、多分ヘルメットに掠ったのか、頭部死球で一発退場。流れを引き込むには、こういうアクシデントが必要な局面になって、良太がヒットで繋げてくれました。良太、上向きになってきましたね。
で、続く代打がセッキー。もう、ここはセッキーしか残っていないというところで、なんとかして欲しかったんですが、こちらはまだまだですね。セカンドゴロで、ランナーを進めましたが、点差をかんがえると、これじゃあダメなんだなぁ。
上本サードゴロで、ツーアウトになって、最後の鳥谷お打球。完全に捉えましたが、菊池のファインプレー…。点差、流れ…全ての条件がちょっとでもタイガース側にあれば、抜けていた打球でしょうね。結局、一つ一つの積み重ねが、最後の打球に集約されたと言うことでしょう。

今日は守り負けでした。一つのミスが大きく局面を変えてしまいました。今年はミスからの致命的な失点が本当に多いし、打てない云々よりも、こちらの方をしっかりしていかないと、なかなか勢いをつけるのは厳しいかなぁ…と、今日も感じてしまいましたね。とは言え、また、明日も試合はあります。気持ちを切り替えて、明日は勝ちましょう!

<今日の試合の観戦記録>
2015. 5. 8 阪神タイガースvs.広島東洋カープ 5回戦
阪神甲子園球場 18:00~21:24 天候:晴れ
主審 丹波、塁審(1)坂井 (2)本田 (3)真鍋
観衆 40,664人 アイビーシート3-E通路36段50番で観戦

画像


●Tigers 3-8 Carp
(通算15勝18敗 対カープ2勝3敗)

[バッテリー]
(Tigers)●藤浪(5)(1勝4敗)小嶋(2)島本(2)-梅野、鶴岡
(Carp)○戸田(6)(1勝)今村(1)永川(1)一岡(0/3)中崎(1)-會澤
[本塁打]
(Carp)丸2号(2)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

FUKUHIRO
2015年05月09日 13:01
晋太郎を一度、2軍で調整させた方が良いと思います
じん
2015年05月09日 21:14
FUKUHIROさん>
若手を一軍で使って育てるか、二軍で鍛えるか・・・難しい問題ですね。個人的には、藤浪は一軍で思い切りもがき苦しんで、何かを掴んでくれれば良いと思ってます。

この記事へのトラックバック

  • 藤浪乱調で最下位の危機

    Excerpt:  最下位争いカードの1戦目は、藤浪の乱調で大敗を喫してしまった。(対広島 5回戦 甲子園 3対8で負け) Weblog: なんやかんや、そしてTigers racked: 2015-05-09 03:13
  • 5/8のプロ野球総括~開幕前は時流はカープかと思っていたが、今はベイスか?!

    Excerpt: GW中に首位に立った横浜DeNAベイスターズ。昨日は横浜スタジアムで2位巨人と首位攻防戦。 (今日と明日は北陸新幹線金沢開業のあおりを喰って不便になったと地元民から苦情殺到の上越新幹線の終点新潟開催で.. Weblog: ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ3 racked: 2015-05-09 07:40
  • 藤浪、自己ワースト7失点

    Excerpt: 広島打線に勢いがあるというより、藤浪の調子が悪すぎた。打線もしょぼい点の取り方しか出来ん。試合中盤で見る気がなくなったわ。 Weblog: 虎談巷説 阪神タイガース的日常 racked: 2015-05-09 11:59
  • 藤浪、自己ワースト7失点

    Excerpt: 広島打線に勢いがあるというより、藤浪の調子が悪すぎた。打線もしょぼい点の取り方しか出来ん。試合中盤で見る気がなくなったわ。 Weblog: 自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガース racked: 2015-05-09 11:59
  • 【阪神】広島に完敗

    Excerpt: (甲子園) 広 島005 200 001=8 阪 神001 001 100=3 <投手> (広)戸田-今村-永川-一岡-中崎 (神)藤浪-小嶋-島本 ○戸田1勝 ●藤浪1勝4敗 <本塁打> (広.. Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参 racked: 2015-05-09 13:03