藤浪好投で大野に投げ勝ち、連敗脱出!【○3-0】

今日は、シルバーウィークからの12連戦前のドラゴンズとの一戦。とりあえず、気持ちよく勝って、怒涛の12連戦に向けての勢いにしたい試合です。藤浪が投げる試合なので、絶対に勝ちたいけど、一方、相手は大野ですからね。今日も厳しい試合になるんじゃないかなという予想・・・・。

今日の試合はスカイAでのテレビ観戦でした。解説は佐野さん。0-0の2回ウラの攻撃で、先頭のゴメスの打席からでした。

「良太の一発、大きな先制!」
今年は、テレビをつけたら得点するっていう試合も多々ありました。結構、期待しながらスィッチ入れるんですよね。で、いきなりゴメスが打ったショートゴロを、エルナンデスが雑なグラブ捌きで、ゴロをスルーする形のエラーになって、ラッキーな出塁。
ここで、今日の6番、7番は、良太、俊介の並び。実況でデータをあげてくれていたのですが、大野に対して、良太は全く相性が悪く6打席で3三振?一方の俊介は、ここまで4打数3安打と好相性。良太の最近のバッティング内容を考えても、何とか得点圏にランナーを置いて俊介の相性にかける場面なんかなぁ・・・なんて思いましたけどね。
良太への初球。まさに、良太はここしか打てないだろうというコースに甘く入ってきてくれました。良太にしても、このボールをよく一発で仕留めてくれましたし、らしいホームランでしたね。序盤に相手のエラーに乗じて、大きな先制点でした。対大野、全く点がとれていない今シーズンだっただけに、何か重しが取れるような一打でした。

「今日の藤浪のピッチングは!?」
さて、幸先よく先制、しかも2点ということで、藤浪にとっては、精神的には楽になりましたかね。もちろん、2点はワンチャンスですけど、このところのタイガースといえば、1点を取るのにも汲々としていて、先発ピッチャーにとっては1点もあげられないという感じで、逆に苦しくなるという悪循環に嵌っていましたからね。その中でも、藤浪は精神力とか、球の力で抑え込んでくれていましたけど、やはり援護が1点でもあるか、ないかで全然違います。

今日の藤浪はばりばりに良かったというわけではなかったですが、決して悪くはなかったですね。まぁ、多少荒れてはいましたが、ここ数試合に見られたような暴れん坊将軍ではありませんでした。
それでも、序盤は先頭バッターを出してピンチを迎えるという連続でした。そこをズルズルいかずにしっかり抑えるのも、藤浪の成長ですよね。ピンチでギアをあげていくところなんか、まさにエースのピッチングでした。
初回、先頭の大島にヒットを打たれ、送りバントのあと、ルナのセカンドゴロで二死3塁、平田セカンドゴロ。
2回は、森野四球でエルナンデスが送って、藤井のヒットで一死1,3塁からの下位打線で、杉山、大野を連続三振。
3回もアンラッキーな大島の一塁内野安打から亀澤をセカンドゴロで二塁封殺。亀澤の盗塁を鶴岡が刺して二死になってから、ルナには三遊間を破られましたが、ここも平田をショートゴロ。
4回は三者凡退でしたが、5回に杉山にレフト線へ二塁打を打たれて、またも無死2塁。ここも大野をスリーバント失敗で討ち取ったあと、大島、亀澤もしっかり取って無失点。

振り返ってみれば、結構、ピンチの連続でしたが、そう思わせない堂々たるピッチングだったと思います。
6回、7回は四球1つで、逆にリズムに乗ってきましたかね。この辺りは危なげなく、球数もいつもの藤浪と比べれば、全く問題ない快調なピッチング。
相変わらず、大野からは追加点が取れないタイガース打線でしたが、藤浪のピッチングを見ていたら、かなり安心の観戦でした。

「8回、大ピンチを抑える!」
とは言え、2点差は決してセーフティリードではありません。
8回表、大島にセンター前ヒットを打たれて、再び先頭を出してしまいました。ここは上位打線、注意しなければいけないのは当然なところで、とりあえず2点差だったので、亀澤はヒッティング。ここをしっかりと三振に取ったのはさすが。それでも、ルナにうまくライト線に合わされて、一死2,3塁と、終盤の緊張する場面ということも踏まえて、今日一番のピンチになったと思います。
もちろん、ワンヒット同点の場面で、打席には平田。こわいバッターですが、藤浪は、ここでも高校の先輩を三振に打ちとってツーアウトまで漕ぎ着けました。あと一人。
続く森野には、追い込みながら結果的に四球を与えてしまい、二死満塁。ここで、代打に小笠原が出てきましたねぇ。ドラゴンズ、下位に沈んでいるとは言え、一人ひとりのバッターはやっぱり怖いです。特に、こういう僅差のゲームでは・・・・。

ここは見応えのある対決でした。ストレートで押す藤浪、いつものようにフルスイングの小笠原。カウントもフルカウントまでいって、最後は押し込んでサードフライ。藤浪、抑えきりました!こういうところの精神力は、藤浪ですよねぇ。

「貴重な追加点!」
ピンチのあとにチャンス・・・思わぬドラゴンズのミスから、大きなチャンスをもらいました。
8回ウラは鳥谷が倒れたあと、大和がヒットで出塁。マートンを迎えて、ここで大野の牽制悪送球が出て、大和が一気に三塁へ。
ここでマートンがライトへフライ。微妙な距離で、かつ平田の肩。かなり際どいプレーになりそうなタッチアップでしたが、大和の足がモノを言いましたね。もちろん、大和じゃなかったら、高代コーチもゴーを出さなかったでしょう。うまく回りこんで、ここは貴重な、そして大きな追加点になりました。

「しっかり繋いで完封リレー!」
3点リードになって、最終回は呉昇桓がマウンドへ。
藤浪に完封狙わせるかなとも思いましたが、ここからの正念場を控えて、万全を期しての降板でしょうね。2日間試合もないので、リリーフ出すのも問題ないところ。直前に追加点があったというのも、ゲームプランとしては助かったところでしょう。

一死から和田にはヒットを打たれましたが、きっちりと抑え切っての完封リレー。連敗ストップですが、今日の勝利は想定内。大野に対しても、ようやく勝てたというのも、とにかく良かった。
藤浪もさすがのピッチングでした。シーズン200奪三振も達成ですね。本当に頼もしいです!

これで気持ちよく、12連戦に挑んでいくことができますね。もう泣いても笑っても、ここで趨勢は決まってくるでしょう。とにかく、最後まで楽しんで応援していきたいですね。今日のような勝利を毎日見たいものです!

<今日の試合結果>
タイガース 3-0 ドラゴンズ (24回戦@甲子園)
(通算66勝61敗2分 対ドラゴンズ16勝8敗)
[試合開始] 18:00 [試合終了] 20:36 [観衆] 37,466人
[バッテリー]
(Tigers)○藤浪(8)(13勝6敗)S呉昇桓(1)(2勝2敗40S)-鶴岡
(Dragons)●大野(8)(11勝9敗)-杉山
[本塁打]
(Tigers)新井4号(2)

良太の一発は効きました!雰囲気を変えたナイスホームラン!!

BBH2013 SP新井良太(阪神)
コナミ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by BBH2013 SP新井良太(阪神) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 良太2ラン 藤浪踏ん張る

    Excerpt:  よっ、藤浪晋太郎! でかした! ランナーを出しながらもよう踏ん張った。良太の先制2ランを守り切りました。(対中日 24回戦 甲子園 3対0で勝ち) Weblog: なんやかんや、そしてTigers racked: 2015-09-15 22:14
  • 藤浪でしか勝てない?件【阪神3-0中日(甲子園)】はじめ9月15日のプロ野球など

    Excerpt: 9月15日(火)阪神 vs. 中日 24回戦(甲子園) 中日 000 000 000|0 阪神 020 000 01X|3 【バッテリー】 阪神:藤浪○(13勝6敗)、 呉昇桓S(2勝2敗40S)-.. Weblog: ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ3 racked: 2015-09-16 07:40
  • 【阪神】中日に完封勝ち!

    Excerpt: (甲子園) 中 日000 000 000=0 阪 神020 000 01X=3 <投手> (中)大野 (神)藤浪-呉昇桓 ○藤浪13勝6敗 S呉昇桓2勝2敗40S ●大野11勝9敗 <本塁打> .. Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参 racked: 2015-09-16 09:48
  • 藤浪、初のシーズン200K達成!良太、殊勲のツーラン!

    Excerpt: 中日大野とのエース対決。このところ藤浪の制球が荒れていたので心配していたが、ランナーを出しても要所を抑えるピッチングでなんとか踏ん張ってくれた。 Weblog: 自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガース racked: 2015-09-17 06:13
  • 藤浪、初のシーズン200K達成!良太、殊勲のツーラン!

    Excerpt: 中日大野とのエース対決。このところ藤浪の制球が荒れていたので心配していたが、ランナーを出しても要所を抑えるピッチングでなんとか踏ん張ってくれた。 Weblog: 虎談巷説 阪神タイガース的日常 racked: 2015-09-17 06:13