逆転サヨナラで7連勝フィニッシュまであと1つ!

いよいよ、今シーズンのラスト2試合。先々週の雨天中止の2試合がそのまま最後に回ってきました。
今日もラジオ&テレビでの応援になりましたが、ラジオの方はいつものABCがすでにオフ番組になっていたので中継なし。MBSの方で亀ちゃんの解説でのラジオ応援。ちょうど、家に着く前に7回ウラの雨天中断があって、テレビの方はちょうど再開したところからスカイAで上田さんの解説でした。

この2試合。ひょっとしたら、ジャイアンツの2位がまだ決まってなくて、結構、目の色変えてやってくるかなと思っていましたが、ジャイアンツがドラゴンズに連勝、ベイスターズもスワローズに負けて、あっさりと順位決定しての試合になりました。ベイスターズがスワローズに連敗したので、タイガースの順位がまだ決まらないという状況ですが、正直なところ、消化試合ですわな。
とは言え、CSもないタイガースにとっては、すでに来季への戦いが始まっています。オーダーや継投みても、しっかり次を見据えての試合だったような気がしました。

まずは先発の藤浪。前回のズムスタで、ようやく本来の姿が見えかけてきたところで、今シーズンは終了かなと思いましたが、もう一度、その形を再確認する場を与えてもらいました。正直なところ、悪いところが出てしまったら、元の木阿弥かなという不安もなくはありませんでしたが、長野、坂本、阿部の中軸抜きのジャイアンツ打線相手とは言え、しっかり自分のピッチングができていたように思えますね。
解説の亀ちゃんが、今シーズンずっと自分が感じていたイメージを言葉にしてくれたんですが、まさに天才が努力をしすぎて悩んでしまったシーズンだったような気がします。これまで順風満帆にやってきて、何をトライしても考えている通りに進んできていたところで、今年は生まれて初めて思い通りにいかなかったという感じですね。だからこそ、今年のような経験は、将来に向けて大きな財産になるんじゃないかなと、夏場辺りから思っていたし、それが同世代の選手たちがキッカケを掴んだ超変革の今年だったというのは、ある意味、非常に大きな意味があったんじゃないかな。そして、そのシーズン終盤の2試合のピッチングで、何か答えを見つけてくれていれば、来季は非常に楽しみになりますよね。というか、今から、すごく期待してるんだけど・・・。

本来なら完封ペースだった藤浪ですが、スコアレスの同点の7回で、あっさりと能見さんにスイッチ。ここは来季に向けたリリーフ陣再編テストですね。消化試合だからこそできる継投。さすが、能見さん、1イニングをピシャリでした。
リリーフテストということでは、8回は安藤が1人を抑えて、左の堂上を迎えたところで岩崎投入。先日のスワローズ戦では、抜群のリリーフ特性を見せてくれた岩崎でしたが、今日は打たれてしまいましたね。グラウンドもぬかるんで、いつもとは違う状態だったということもあるでしょうが、いきなり堂上にうまく三遊間を破られて、ちょっと単調になってしまったかな。バントで送られたあと、代打の長野には初球のストレートをストライクコースに入れてきたところを、うまく狙い打たれてフェンス直撃のタイムリー。スコアレスできた試合の終盤で、痛恨の失点になってしまいましたね。まぁ、リリーフ初体験中の岩崎にとっては、これも勉強にしてくれれば・・・。
リリーフ陣、ラストは金田。今年は投げる機会も限られてしまいましたが、シーズン終盤の登板では、なかなかいいところ、見せてくれていたように思います。今日も、まさかの先頭打者の内野フライを鳥谷が落球という、嫌な流れのマウンドになりましたが、しっかり後続を討ち取って無失点。この粘りが、最後の結末に繋がっていったと言っても過言ではないはず。

打線の方は、内海に今日も抑えられてしまいましたね。ラジオで聴いている限りでしたけど、チェンジアップが抜群だったみたいですが、若手中心の今日の打線では、なかなか対応が難しかったかなぁ。
ただ、スワローズ戦では1点リードされても、粘って追いつき、追い越した展開があっただけに、最後の最後まで期待を持って見ていましたが、今日もその粘り、見せてくれました。

最終回は、代打のゴメスからの攻撃でした。マウンドは澤村。
ゴメスの打球は三遊間を抜けるかと思いましたが、これは村田にうまく処理されてアウト。それでも、高山が坪井さんの新人記録を抜くピッチャー強襲のヒットで出塁すると、原口も続いて1,3塁。レフトへのヒットでしたが、雨で濡れた芝とレフトの守備位置を見越して、高山が三塁まで走る好走塁でした。そして、若手が作ったこのチャンスに、真打ち代打の福留が初球でレフト前へ同点タイムリー。さすがでしたね。
さらに鳥谷が痛烈なライトへのヒットで満塁にして、打席には俊介。代打はいないなぁと思いましたけど、ここで俊介が決めてくれましたね。ちょっと浅いかなぁと思ったセンターフライでしたが、原口がホームへヘッドスライディング!思えば、原口がコリジョンルールを取られてジャイアンツに負けた試合が、今年のターニングポイントの試合の1つだったと思うのですが、その呪縛を最後の最後で振り切れたかな。

逆転サヨナラで、今季初の6連勝!いよいよ7連勝フィニッシュまで、あと1つということになりましたね。ここまで来たら、やって欲しい!!

<今日の試合結果>
タイガース 2x-1 ジャイアンツ (24回戦@甲子園)
(通算63勝76敗3分 対ジャイアンツ 8勝15敗1分)
[試合開始] 18:00 [試合終了] 20:42 [観衆] 28,833人
[審判] 主審 山本貴 塁審(1)白井(2)飯塚(3)杉永
[バッテリー]
(Tigers)藤浪(6)H能見(1)H安藤(1/3)岩崎(2/3)○金田(1)(1勝)-梅野、坂本
(Giants)内海(7)Hマシソン(1)●澤村(2/3)(6勝4敗37S)-小林誠

明日は勝ってもヒーローインタビューがありません。というわけで、今季最後のインタビューは俊介でした。最終回、若手が作ってベテランが繋いだサヨナラのチャンスで結果を出してくれました。
今年は、若手に圧されて中堅陣の影がやや薄かったですが、最後にいいところを持っていってくれましたね。ラスト1試合も頑張れ!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 俊介サヨナラ犠飛で6連勝

    Excerpt: 消化試合でもサヨナラ勝ちは気持ちがいい。それにしても、ここ数試合の打線の粘りはなんやろう。 Weblog: 自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガース racked: 2016-10-01 13:40
  • 俊介サヨナラ犠飛で6連勝

    Excerpt: 消化試合でもサヨナラ勝ちは気持ちがいい。それにしても、ここ数試合の打線の粘りはなんやろう。 Weblog: 虎談巷説 阪神タイガース的日常 racked: 2016-10-01 13:40
  • 【阪神】巨人にサヨナラ勝ち!

    Excerpt: (甲子園) 巨 人000 000 010=1 阪 神000 000 002X=2 <投手> (巨)内海-マシソン-澤村 (神)藤浪-能見-安藤-岩崎-金田 ○金田1勝 ●澤村6勝4敗37S.. Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参 racked: 2016-10-01 20:08
  • 阪神2xー1巨人(甲子園)はじめ9月30日のプロ野球関連

    Excerpt: まずは、昨日の甲子園の試合の件。 最高wwwwwwwww pic.twitter.com/TLKZLB1wVI— たなけん@9/30甲子園 (@hanshin_ogata65) 2.. Weblog: ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ3 racked: 2016-10-02 10:37