神宮決戦に勝ち越して3位浮上!!

昨日の夜、プロ野球ニュースを見ていたんですよ。で、今日の先発予想、タイガースは能見(予想通り)で、スワローズは館山とか出てました。えっ?館山出るの?と思ったんですが、実際はユウキでしたね。
で、能見ですが、平松さん(だったかな?)が、スワローズに相性が悪いって言ってたんですよ。で、確かに成績は悪かったんですけど、記憶によれば、あの夏の東京ドームでの『覚醒』後、ローテーションのめぐり合わせで、スワローズには投げてないですよね。
というわけで、覚醒した能見が、いかにスワローズ打線に対するか・・・が、今日のポイントでした。

とは言え、今日の関東は、朝から雨。ずっと降り続いたら、どうなのかなぁと心配もしたのですが、まぁ、ずっと小降りだったし、神宮ならやるんだろうなという感じでした。すでに、試合の中止の決定権は連盟にあるはずなので、簡単には試合中止にはしないでしょうし、ただ、この雨の中の試合で、先日の赤星のように怪我人が出たら嫌だなぁというくらい。まぁ、案の定、無事、試合が挙行されて、仕事終わってから、いつものように序盤は携帯チェックでした。
雨の方も、テレビで見たら、人工芝がちょっと湿っている感じくらいで、試合には影響ないくらいの雨でしたね。

今日も初回に幸先良く先制。金本のタイムリーでした。ここにきての復活気配は心強いです。金本が打てば、それだけ点が入るってことですものね。で、今日の試合は、この1点が、本当に重い試合になりました。
能見は、序盤は調子良かったのですが、徐々にスワローズに攻め込まれてきました。1点差だけに、本当にハラハラする場面が多かったのですが、すっかりと要所を締めるピッチングで、さすが能見と言ってもいい内容でした。
我慢して、我慢して、結局、昨日の久保と同様、6回にランナーを残してアッチソンへスイッチとなりましたが、この重圧のかかる試合、中4日、最小得点のリードという厳しい状況下で、あれだけピンチを迎えながらも、しっかりと無失点に抑えたという内容は、本当に価値があったと思います。

1点を争う好ゲームになりましたが、6回のピンチをアッチソンが抑えた後の7回にブラゼルが遂にやってくれました。ライトポールに当てる、本当に欲しかった追加点が入りました。その前の打席で、一塁に走りこんだときに、また膝やっちゃった?って感じで、ずっと足をひきずっていて、もう、ここはホームランしかないって感じで振り切った打球。ようやくバットにボールが当たりました・・・・。(^^;
ここで、出た一発は、本当に大きくて、スワローズナインががっくり来ている様子が手に取るようにわかりました。これが逆なら、本当にガックリだもんなぁ。流れは完全にタイガースになりました。

6回途中から、厳しい場面で登板したアッチソンも、こうなれば7回は楽です。飯原にヒットは打たれましたが、アウト3つを全部三振で締め。そして8回からは藤川の投入・・・・。

でも、今日の藤川はイマイチの内容でした。2イニングの登板だったので、ちょっとセーブしているのかなぁという感じでしたが、結構、鋭い打球を打たれてましたねぇ。かなり、調子は悪い感じ。それでも、8回を何とか抑えたことで、またタイガースに勢いが!
9回は、大和、鳥谷の連打から、金本、新井がタイムリー、おまけに柴田のプロ入り初打点となる犠牲フライも出て、リードを一気に広げて勝利を確実にしました。
藤川は、9回も苦しく、青木にタイムリーを打たれて1点を失いましたが、何とかデントナを三振に切って、ゲームセット。大事な試合をきっちりと勝ち取ることができました。

本当に紙一重の試合だったと思いますが、今日はきっちりと流れを自分のものにできた結果ですね。途中のピンチで、1点でも取られていたら、逆の展開になっていても、おかしくはなかった。そういう意味でも大きな1勝になったと思います。
次は、甲子園に戻っての直接対決ですね。残り試合数は少ないですが、まだまだ厳しい戦いは続きます・・・。

"神宮決戦に勝ち越して3位浮上!!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント