今シーズンラストゲーム・・・金本、ありがとう!

画像

いよいよ、今季ラストゲームにして、金本の引退試合。最後の9イニングです。
遂に、このときが来てしまいましたね。甲子園には行けませんが、しっかりテレビで最後の姿を見させていただきました。

今日は試合開始からNHK-BS1でのテレビ観戦。とりあえず録画もしながら、鈴木啓示さんの解説にて。三浦から打った初ホームラン、初打点を含めて、いろいろな映像を流してくれて良かった。鈴木さんの解説はちょっとウルサイんで、副音声の球場音声だけで見ようかなと思ったんですが、いろいろと金本のこと言ってくれるんで、我慢して聞いてました(^^;。

ベイスターズの先発が三浦。前回の対戦で最後だろうなと思っていたところで、まさかの再戦がなって、結果的に金本の引退試合が対三浦という、これ以上ない形での舞台が整いました。やっぱり、これだけの大選手ですから、最後の最後まで持っているってことでしょうか。こうなれば、打点の長島さん越えも何とか見せてくれないかなぁという感じでテレビで応援してました。

まずは金本のことは置いておいて・・・。
先発は能見。もう奪三振のタイトル狙いですね。杉内まであと2つで並ぶというところで、いきなり初回に2つ取っちゃいました。いきなりの三振狙いのピッチングでしたが、きっちり取ってくるところはさすがです。
メッセンジャーの二桁勝利っていうこともあって、どこで代わってくるかなと思いましたけど、能見は杉内に並んだところで、もう代わっちゃいましたね。いろいろと意見はあるでしょうけど、自分はこれで良かったかなと思います。最後の3試合は、もうタイトル狙いの登板が重なりましたから、能見自身も多少の遠慮があったと思いますね。これを監督采配につなげちゃうのは、ちょっと無粋というか何というか。選手の気持ちを考えれば、こうなるのは当然かなとも思います。逆の立場になったら、どう思うかってことも考えて・・・最後の最後に、狙ってタイトルが取れたんだから、いいんじゃないかな。実際には、メッセンジャーにもチャンスがあるということで、能見自身が早く降板したいということだったようですけどね。とにもかくにも、能見初タイトル、おめでとう!

2回からは「予定通り」メッセンジャーが登板。二桁狙いですけど、実は10個三振を取れば、能見、杉内に並ぶという微妙なところで、この辺り、今日の采配は難しいかなと思ってました。ただ、メッセンジャー自身は全く三振には拘っていないピッチングで、打たせて取るって感じでしたね。また、それが力が抜けて、いい感じなんだな。
さらには、そのメッセンジャーが2回一死1,3塁のチャンスに、あっと驚くレフト線への弾丸ライナー。藤井が一塁からホームインできるくらい豪快な打球で先制点。あとから考えると、ここが能見の打席だったら・・・・これも野球の面白さですね。

さて、金本の打席です。四番レフト。
対三浦の第一打席は大和、鳥谷の連打で作った一死1,2塁のいきなりのチャンス。ここは内野ゴロでの進塁打になりました。打点こそなりませんが、これもまた金本の真髄でした。移籍してきた2003年は三番に座って、見事な繋ぎのバッティングを見せてくれましたし、それが優勝に繋がったのは周知の事実ですからね。
第二打席と第三打席はランナーなしからの三浦との真っ向勝負。二打席目はフルカウントから空振り三振でしたが、次の打席ではセンター前にしっかり打ち返してのヒット。魅せてくれたのは、そのあとの盗塁です。ベイスターズバッテリーが無警戒だったとは言え、これもまた金本らしいプレーでした。
さらには、新井のセンター前ヒットでの二塁から本塁への走塁。全然、アウトでしたけど、今日のこの試合に関しては、ただ金本が走っているだけで球場も盛り上がります。もちろん、あの打球でホーム突っ込むのは当然のプレーで、この積極的な走塁が、このあとの良太のタイムリーに繋がったと言ったら、褒めすぎでしょうか。金本&新井兄弟で取ったこの1点は、ある意味、感慨深いものがありますね。

7回裏。二死から大和のセカンドゴロがエラーになり、鳥谷が繋いで作った二死1,3塁というチャンスで・・・金本最後の打席・・・キャッチャーフライ。最後の1打点は遂に届きませんでしたが、それこそ最後まで金本らしさを存分に見せてくれたんじゃないかな。あっと言う間の四打席でしたけど、いつも以上に濃密な内容のある打席だったと思います。真っ向勝負の三浦もさすがでしたね。

8回裏、もう一度、金本の打席を・・・さすがに打者一巡は厳しいかぁ。先頭の関本がヒットで出塁するも、メッセンジャーまでの攻撃で終了。そして、9回表、金本のラストイニング。当然のようにレフトの守備につきます。

2回から登板のメッセンジャーも、本当に危なげないという感じで、さしたるピンチもなくベイスターズ打線を抑えきります。最後の最後にレフトに飛ばないかなぁと思いながら見ていましたけど、本当に最後の1アウト・・・レフトフライ。さすが、持ってますね。金本がウィニングボールを掴んでゲームセット。メッセンジャーの二桁勝利が決まり、そして遂に金本のラストゲームが終わってしまいました。

今シーズンのラストゲーム。金本の引退試合という付加価値もつきましたけど、それを度外視しても、面白い試合でした。細かく言えば、今日もあまり打てたというわけではないですけど、金本に引っ張られて、みんなが生き生き野球をしてたような気がしました。来年はこういう試合をもっともっと見たいですね。

引退セレモニー。最後まで中継してくれて嬉しかった。しっかりと見させていただきました。
金本らしいセレモニーでしたね。もう何も言うことはありません。
金本選手、10年間、本当にありがとう。そして、21年間、お疲れさまでした!!


<今日の試合結果>
タイガース 3-0 ベイスターズ (24回戦@甲子園)
 (対戦成績11勝10敗3分、通算55勝75敗14分:5位)
[投手]
(Tigers)能見-○メッセンジャー(10勝11敗)
(BayStars)●三浦(9勝9敗)
***********今シーズン終了/お疲れさまでした***********

"今シーズンラストゲーム・・・金本、ありがとう!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント