りが・みりてぃあ野球殿堂

アクセスカウンタ

zoom RSS 詰めを誤ってサヨナラ負け・・・・

<<   作成日時 : 2014/05/08 21:40   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

9連戦2カード目の最終戦。何とか勝ち越して、9連戦五割にして甲子園に戻りたいところです。今日もJ Sports2でのテレビ観戦で、解説は鈴木孝政さん。

3回裏スコアレスでのドラゴンズの攻撃から。このイニングの最後の平田の内野フライで気がついたんだけど、またセカンド大和の策だったんだね。まぁ、前回も書いたように大和の内野守備の心配してないし、今回が2試合目だから、またか・・・なんだけど、ちょっと迷走してるなぁって感じるなぁ。相手チームにしてみれば、そういう部分で気持ちが優位になったりしないものだろうか。

岩田は今日も立ち上がりを無失点で切り抜けていましたし、前回同様、ピンチは迎えるものの、ナイスピッチング。1度だけなら毎年あることだし、期待すると打たれるの繰り返しだっただけに、こういうピッチングを続けてくれると、本当に信頼感も戻ってくるし、ローテにきっちりと入るという形にもなりますよね。当然、そうなってもらわないといけないピッチャーだし、これからも期待したいな。
で、岩田を援護したい打線の方だけど、心配していた昨日の濱田に狂わされたバッティング。雄太に対して、内野ゴロの山という感じで、ちょっとノー感じでした。

岩田、雄太ともに、スイスイという感じでの投手戦の様相を呈してきました。こういう展開になると先に根をあげるのは岩田の方というのが、ここ数年の『岩田は好投するけど勝てないんだよなぁ』というパターンだったんですけど、そんな状況下で一番やばいなと思われた5回二死からの荒木、大島に連打を打たれたあとのルナの打席。ここを三振で切り抜けることができたのは、今年の岩田のいいところでしょうか。こういうところで粘れなかったのが、去年までの岩田ですからね。

そんな投手戦で先制したのがタイガースというのも、今年のタイガースかな。先頭の鳥谷への死球からマートンが繋いで、良太がライト前へのタイムリー。本当だったら、一気加勢に得点を重ねたかった、いい攻撃だったんだけど、このあとは福留が併殺で1点止まり。
それでも、そのあと岩田がきっちり三者凡退に抑えたときは、このままでも、そのまま勝てるかなと思いましたけどね、流れ的に。

8回からは福原にスイッチ。ドラゴンズは先頭からの打順だったんですが、ここは荒木と大島を討ち取って、ルナのホームランだけ気をつければ・・・と思った瞬間に初球を打ち込まれてしまいました。ここで岩田の勝ちが無くなってしまったのは、本当に残念。ここまで勝ち運に恵まれていただけに、その運は続けさせてあげたかった。まぁ、福原は責められないんだけど、ちょっと調子に乗っちゃったかな。

同点直後の9回表の攻撃で、イニング跨ぎの又吉に対して、4者連続三振のあと、鳥谷の四球から、ゴメス死球、マートン四球で作った一死満塁のチャンス。マートンへの投球を見ていたら、もうストライクは入ってこないんじゃないかなというアップアップのピッチングになっていたんですけどね。
ここは良太の三振が本当に痛かった。外野フライでも良かったんだけどね。又吉も苦しい内容だったので、正直、福留の選球眼に掛けたようなところがあったのですが、あえなくセカンドゴロ。

不注意で打たれた同点ホームランのあと、最後に残された流れを掴み損なったっていう感覚でした。良太、福留なら打たすしかないんでしょうが、何の策なしっていうのも、和田監督らしいっちゃ、らしい。
その裏も、またドタバタ。安藤が先頭の森野にあわやサヨナラホームランかというフェンス直撃の二塁打を打たれたところで、和田を敬遠で塁を埋めるまではいいでしょう。ここで、ゴメスを坂に交代させるんだけど、坂がベンチから出てきてちょっとキャッチボールしただけで出動・・・。計算づくの敬遠なら、ちゃんと準備して出して欲しいんだよね。ドタバタ感が半端なかったし、こういうのが隙になるんですよね。
まぁ、ドラゴンズもどっちもどっちって感じで、堂上直が送りバント失敗。そのあとの代打の小笠原はセカンドゴロで何とか抑えきれるかと思ったところで、大和の送球が逸れてしまいました。何とかホームに突っ込んだ和田をアウトにはしたものの、ここは大和を『急造』二塁手に起用した弊害がモロに出てしまいました。あの中途半端な距離・・・・ずっと外野をやっていた大和にとっては、なるべくしてなった送球だったかもしれません。そういう意味では、終盤の守備で坂を出すなら、大和をセンターに戻して、坂を二塁に入れておけば良かったかな。まぁ、これは結果論だけど。

それでもこれでツーアウトなので、何とか抑え切ってくれとは思ったのですが、代打の松井にショート深いところへの内野安打を打たれて満塁。そして、荒木に初球を叩かれて、あえなくサヨナラ。

満塁になったところで、和田監督が直接マウンドに行ったので、ちょっと嫌な予感がしたんだよね。小笠原を迎えたところで、左の加藤に代えるという『こだわり』を見せたなら、右が続くところで、何か手を打つことも必要だと思ったんですけど、こういう場面で気持ちだけ頑張れっていうのも、違うと思うんですよね。初球打たれたところを見ても、何か策を授けたってことでもないでしょうしね。その直前のバタバタ感も含めて、岡田監督がマウンドへ行ったときのようなプラスのイメージは全くありませんでした、残念ながら。

こういう僅少差の試合こそ、きっちり勝たなきゃいけないし、勝てる試合だっただけに、今日の試合は本当に残念。これでビジター2カード連続負け越し決定。岩田のピッチングは収穫でしたが、その岩田の勝ち運さえ逃しかねない試合になってしまいました。
明日から甲子園に戻って出直しです・・・・。

<今日の試合結果>
ドラゴンズ 2x-1 タイガース (9回戦@ナゴド)
 (通算21勝15敗 vs.ドラゴンズ5勝4敗)
[試合開始] 18:00 [試合終了] 21:16 [観衆] 21,484人
[バッテリー]
(Dragons)雄太(7)○又吉(2)(2勝)-谷繁
(Tigers)岩田(7)福原(1)●安藤(1/3)(1勝1敗)加藤(1/3)−鶴岡
[本塁打]
(Dragons)ルナ7号(1)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【阪神】中日にサヨナラ負け
(ナゴヤドーム) 阪 神000 000 100=1 中 日000 000 011X=2 ...続きを見る
FUKUHIROのブログ・其の参
2014/05/08 23:26
岩田好投も和田スパイス効かずサヨナラ負け
岩田が2試合連続の好投を見せるも、打線がふるわず。残念やが、これが本来の岩田の姿のような気がしなくもない。 ...続きを見る
虎談巷説 阪神タイガース的日常
2014/05/09 19:20
岩田好投も和田スパイス効かずサヨナラ負け
岩田が2試合連続の好投を見せるも、打線がふるわず。残念やが、これが本来の岩田の姿のような気がしなくもない。 ...続きを見る
自由気ままに虎など ガンバレ!阪神タイガ...
2014/05/09 19:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
詰めを誤ってサヨナラ負け・・・・ りが・みりてぃあ野球殿堂/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる